足の親指の付け根 曲げると痛い。 足裏の親指の付け根が痛い!スポーツで起きやすい母趾種子骨障害とは

「足の指が痛い!」『原因』と『場所』から分類します

足の親指の付け根 曲げると痛い

Sponsored Link 足の裏で親指の下が痛い場合は? 足の裏の痛みの中でも、全体でなく親指の下が痛い場合は、 どのような原因が考えられるでしょうか。 親指は走るときやバランスを取るときに踏み込んだり力を 入れるだけあって、考えられる病気は多岐にわたります。 原因の中でポピュラーなものは、「外反母趾」ではないでしょうか。 外反母趾は親指の付け根の骨が変形し、親指全体が人差し指に 寄りかかるようになってしまう病気です。 高いハイヒールやサイズの合わない靴を履くことによって、 足の裏にかかる体重や負荷が狂って骨が変形してしまうのです。 親指の骨自体が変形しますので、変形して出っ張った親指の 付け根だけでなく、力を入れやすい親指の下は特に痛みます。 もうひとつ考えられる原因として、「種子骨炎」があります。 あまり馴染みのない種子骨ですが、この骨は親指の付け根の出っ張っているところに 二つ並んでいる軟骨で、ハイヒールを履いたときに一番体重が かかるところといえば実感できるのではないでしょうか。 どんなに動かない人でも、食事をしたりやトイレに行くためには何回も 足の裏を使っていますので、痛みや違和感を感じたら足の裏の状態を良く観察してみましょう。 Sponsored Link 小指の下が痛い場合は? 親指ではなく、足の小指の下が痛いときに考えられる病気は何があるでしょうか。 小指は足の指の中でももっとも小さい指なので存在感が薄いですが、 歩行するときにまっすぐ歩けるようにバランスを取る大切な役割を持っています。 そんな小指の下が痛むとなると、多い原因としては「内反小趾 ないはんしょうし 」が考えられます。 内反小趾はあまり聞きなれない病名ですが、簡単に言うと外反母趾の小指版で、 小指の骨が変形して小指が薬指の寄りかかるように曲がる病気です。 原因も外反母趾と同じく靴や歩き方が挙げられますが、ほかにも偏平足で土踏まずが 十分に持ち上がっていない足の形であったり、O脚でまっすぐ立ったときにひざ頭が つま先よりも内側に入り込んでいる脚の形であると内反小趾になりやすいようです。 また、病気ではなくもっと単純に「小指の骨折」の可能性もありますね。 小指は指に見合っただけの小さな骨で構成されており、 ちょっとしたことでひびが入ったり骨折してしまうのです。 サッカーやキックボクシングといった足を使うスポーツをしている人はもちろん、 家具に足をぶつけたり物をつま先に落としてしまったときには、 当たり所が悪ければ簡単にひびや骨折を引き起こしてしまいます。 すねや足首といった大きな骨のひびや骨折は常に強い痛みがありますが、 小さな骨のひびや骨折では時に歩いているときやつま先立ちをしたタイミングでしか 痛みを感じないといったことがしばしば起こるようです。 親指の付け根が痛いのは何なの? 足の裏で、親指の裏が痛いのではなく親指の付け根が痛いときは、 外反母趾や種子骨炎以外に原因となるような病気はあるのでしょうか。 足の親指の付け根が痛むというと、 「痛風」を思い出す人も少なくないのではないでしょうか。 痛風は尿酸が血液中に過剰に混ざることによって起こる病気の一つで、 主な症状は関節の痛みや腫れ・しびれなのですが、多くの患者さんが 左右どちらかの足の親指の付け根に痛みを感じると言います。 一説によると、痛風にかかった80%の人が足の親指の付け根が 痛んだというくらいですから、親指が痛んだときは痛風を疑ってもいいでしょう。 ほかには、メインの症状ではないものの 「足底筋膜炎」もまれに親指の付け根が痛むことがあります。 足底筋膜炎はその名の通りに、かかとから指の付け根まで足の裏全体に 張り巡らされている筋肉と膜が炎症を起こしてしまっている病気です。 足底筋膜炎は炎症ではあるのですが、筋肉が固まっていることが主な原因ですので、 治療をするときは冷湿布で冷やしすぎてしまうと症状の悪化を招いてしまいますので、 症状が少し落ち着いているときは温めてあげるのが効果的です。 まとめ 足の裏の親指の下が痛いときは、外反母趾や種子骨炎が疑われます。 親指ではなく小指の下が痛むのは 内反小趾や小指の骨折の可能性がありますね。 親指の付け根が痛い原因には、痛風や足底筋膜炎の症状が出ているのかもしれません。 Sponsored Link•

次の

【画像あり】足の親指の付け根の痛み閲覧ありがとうございま...

足の親指の付け根 曲げると痛い

足の親指のつけ根のことを母趾球と言いますが、歩いたり立ったりしたときに痛む症状がいくつかあります。 代表的なものは ・強剛母趾 ・ ・種子骨障害(種子骨骨折) ・痛風 などがありますが、今回は足の親指の痛みで代表的な強剛母趾と、その靴選びやインソールについて説明します。 特に足の親指を曲げる蹴り出しの際には、強く体重がかかるため強い痛みが感じられます。 痛みがひどくなると、足の親指に体重をかけられなくなるため、歩き方が変わってしまい、膝を痛めるなどほかの箇所への影響が出てきます。 いわゆる膝の軟骨が減る変形性膝関節症のような状態が足の親指に起きているといえます。 外反母趾は15度以上の角度がついている曲がった状態ですが、強剛母趾の場合、骨と骨がぶつかって足の親指の関節が上に盛り上がったような状態になります。 自己判断をお勧めするわけではありませんが、親指のつけ根の関節の盛り上がっている部分を隠してみたときに、足の親指が外反母趾のように内側にあまり曲がっていなければ、外反母趾ではなく、強剛母趾の可能性があります。 強剛母趾になりやすい足の傾向としては、足首が硬い甲高のタイプの人に多いトラブルと言えます。 足首が硬いと蹴るように歩いてしまうため、足の親指に体重がかかる時間が長くなり負担が増えてしまいます。 また甲が高い人は、足の親指のつけ根の骨と、中足骨と呼ばれる足の甲の細い骨がぶつかりやすいため、関節面にかかる負担が高い足型といえます。 これはあくまで経験則ですが、この足のタイプの場合、蹴り出す足の利き足(右利きなら右足)に多い傾向があるように思います。 また甲が低くてもアーチ垂下足、外反扁平足の人は、常に足の親指(母趾球)への負担がかかっているため、強剛母趾になる可能性があります。 土踏まずが低下してくると、身体の中心に向かって体重がかかってくるため、足の親指(母趾)側へ荷重がかかる時間が長くなります。 これも経験則ですが、このタイプの足型の場合、軸足になる足(右利きなら左足)の方に負担がでることが多いと感じます。 足のの裏から軽く手で押し上げます。 これで足に体重がかかったような状態になっていると思いますが、ここから足の親指の先を上に反らすように曲げようとしたときに、あまり曲がらないと強剛母趾の可能性が高いといえます。 また、逆に足の親指をグーのように曲げようとしてもあまり曲がらない場合、また関節に痛みがある場合も強剛母趾の可能性があります。 気になる人は医師の診断をうけましょう。 よく間違えてしまうのは、良かれと思い柔らかい運動靴を買ってしまうことです。 強剛母趾の場合、足の親指を曲げると痛みがでるので、靴の先が良く曲がる運動靴を買ってしまうとかえって痛みが増してしまいます。 靴選びは、できれば靴底はやや硬めで厚いものがおすすめです。 また靴が自然に転がるように、つま先が反りあがっている「ローリング」の機能がある靴だと足の親指の負担が少なくなります。 極端な例ですが、登山靴のように靴底が硬く、初めから反っている靴は親指を過剰に蹴る必要がないので、強剛母趾には有効です。 最近はこの手の靴も増えているので多少選びやすくなっていますが、必要であれば当店ででは普通の靴を改造してローリング仕様に変えることも可能です。 ただ、市販のインソールは柔らかいものが多く、十分に親指の負担を軽減できないので、痛みが強い方はやはり足に合わせたオーダーインソール(中敷き)の作製をお勧めしています。 厚みがしっかりあるインソールだと、親指の下を削ってスペースを作るなど強剛母趾専用のインソールを作ることができます。 例えば、柔らかい運動靴にオーダーインソールを作っても、足の親指を強く曲げてしまうので痛みをとる力は半減してしまいます。 当店では、軽度の痛みなら既成の優れたインソールを内蔵したローリングのかかったドイツ靴(フィンコンフォートのフィンナミックシリーズなど)をお出しすることが多いですが、それ以上の痛みがある場合は、ドイツ健康靴のインソールをオーダーインソールに変更したり、靴そのものを作る場合もあります。 またどうしてもエレガンス系の靴を履きたい場合には、薄めのインソールを使ったり、直接加工をしたりしてお渡ししています。 (ただしこの場合は健康靴やウォーキングシューズほど楽にはなりません) いずれにせよ、気になるかたは一度店舗にてご相談いただければと思います。 医師の診断を優先してください。

次の

足の指の付け根の痛み(中足骨痛)

足の親指の付け根 曲げると痛い

足の親指の付け根が痛み、違和感を感じるのは、病気が関係している可能性があります。 足には腰から神経が通っています。 そのため、足が痛いのは足の病気・怪我だけでない場合があるのです。 腰のトラブルが足の神経に来ることがあります。 また、糖尿病では、悪化すると足の神経に栄養が行かなくなり、足が壊疽して動かせなくなるなど、思いがけない病気も隠れていることもあるので注意が必要です。 また、足の親指の付け根は、歩く時に体重がかかる部分なので、負担がかかりやすい場所です。 ですので、足の親指の付け根が痛いだけでも、歩くのはかなりつらいですよね。 足の親指の付け根が痛いのは、突然痛みが出たのか、徐々に違和感を感じて痛み・腫れがあったのかによって変わってきます。 そこで、足の親指の付け根が痛い、違和感を感じる原因・対策をご紹介します。 <足の親指の付け根が痛い・違和感の原因>• 外反母趾(がいはんぼし):親指が変形しているか? 外反母趾は、高いヒールの靴を履くことが原因で、足の親指が変形することで痛み(鈍痛)が生じます。 10代~20代、30代後半の女性に多く、履いている靴・歩き方に影響があります。 遺伝的に外反母趾になりやすい方もいると言われています。 外反母趾は、靴を履いている時に圧力で、親指が体の外側に向かって変形します。 長時間、同じ靴を履いているほど悪化しやすく、痛みが増していきます。 痛風:突然のトゲが刺さったような痛み 痛風は、突然に足の親指の付け根に激痛(トゲが刺さるような痛さ)が走ります。 痛風で傷む場所は、足の親指の付け根、足の甲、アキレス腱のある足のスネの裏側です。 激しい運動をしたり、プリン体を多く含むビールなどの飲食の後に起こりやすいです。 20代~の男性に多く、尿酸値が高いと血液中の尿酸が体中の関節に結晶として溜まっていき、突然痛みを生じます。 痛風は血液検査で尿酸値を計測し、尿酸値を下げる薬で改善します。 ただ、再発もしやすいので注意が必要です。 モートン病:足の人差し指・中指の付け根も痛い モートン病とは、足にある趾神経が中足骨を圧迫させ、足の指に痛み・違和感を感じる病気です。 モートン病の特徴は、裸足より靴を履いて歩く時の痛みが大きく感じる点です。 また足の親指だけでなく、人差し指・中指の方にも痛み・しびれを感じます。 歩く時に足を曲げて、足の裏が伸びる時に神経が圧迫されて痛みがヒドくなります。 関節リウマチ:足の変形・朝に足がこわばる 関節リウマチは、手足の関節が紡錘形(ぼうすいけい)に変形し、むくみ・こわばり・痛みを感じて動かすのがつらい疾患です。 関節リウマチは、30代~40代の女性に多く、足が紡錘形(ダイヤ型)に変形し、足の関節の他に足首、手・首など全身の関節に痛みが生じます。 関節リウマチの原因はハッキリしておらず、遺伝・細菌/ウイルス感染・生活習慣が関係すると言われています。 関節リウマチの特徴は、朝起きた時に、足がむくんでこわばって、動かしづらい症状が短時間起きます。 朝の足のむくみは毎日のように発生し、短時間で終わるため、疲れと勘違いしやすいです。 ですが、関節リウマチが進行していくと、徐々に足の親指の根本の痛みなど、足全体に広がっていきます。 進行すると、足の中足部分のショパール関節・リスフラン関節といった、足を動かす重要な関節が変形・痛みを生じさせます。 すると、足の親指は体の外に向く外反母趾、小指は体の内側を向く内反母趾になり、指が脱臼し扁平状三角変形(へんぺいじょう・さんかくへんけい)を起こします。 関節リウマチの進行が進むと、足の骨同士がくっついて癒着(ゆちゃく)することもあるので注意が必要です。 足の親指の痛み一つでも、様々な病気のリスクがあります。 痛風は痛みで病院にすぐ行くと思いますが、外反母趾・関節リウマチ・モートン病は痛みをガマン出来るので、進行してから病院で治療することが多いです。 そのため、外反母趾・関節リウマチ・モートン病の症状があるようなら、早めに形成外科で診断してもらって頂きたいです。 スポンサーリンク 親指が痛い!外反母趾の治療の方法とは? 外反母趾は、高いハイヒールなどの靴で親指が圧迫されることでなります。 外反母趾の治療のポイントは、足の指が変形してしているか?です。 親指が内側に入り込み、小指が外側に変形する紡錘形(ぼうすいけい・ダイヤの形)になってしまうと、手術が大掛かりになる可能性があります。 足の指の脱臼、扁平状三角変形など、外反母趾はヒドくなるほど足の痛みだけでなく、外科手術などの治療も大掛かりになります。 そのため、外反母趾の悪化を防ぐために、まずは靴を変えます。 基本的には、かかとの低いスニーカーがよいです。 仕事でどうしてもハイヒールを履く必要がある場合は、足の負担の少ないヒールが低目の靴を選ぶとよいです。 しっかりとシューフィッターしてくれる靴屋さんで靴を購入するといいです。 外反母趾で足の変形が軽度であれば、足の指の矯正グッズで対策・改善できます。 外反母趾で足の変形が重度で、痛みがヒドくて歩けない、見た目が悪いといった時に手術をします。 足の指の変形の状態により、手術方法が変わってきます。 代表的な外反母趾の手術は、親指の中足骨を切ることで変形を外科手術し、足骨の変形を改善します。 外反母趾の手術は足の状態によりますが、数日~約10日間の入院で、約2~3ヶ月後には普通に歩けるようになります。 激しい痛み 痛風の治療の方法 痛風は、形成外科・内科で血液検査をして尿酸値を調べます。 血液中の尿酸値が7. 5ml/dl以上であれば、痛風の可能性が高いです。 尿酸が増えてしまう、激しい運動・疲労を感じる運動を避けます。 食べ物も出来るだけ、プリン体が入った肉類・レバー・海産物(エビなど)、ビールなどは取らないようにします。 尿酸は食べた食事からだけでなく、通常時に体で作られる成分です。 そのため、尿酸値のコントロールをしっかりすることが再発予防になります。 モートン病の多くは、痛み止め・炎症抑制の注射で改善する事が多いです。 注射で強い痛みがなくなり、歩くことが苦痛でなければ、そのまま治療を行います。 注射で改善しない場合は、炎症で傷んだ趾神経を外科手術します。 足の指をよく動かすことで、モートン病は改善しやすいので、毎日、足の指の体操をするとよいです。 足の親指の違和感 関節リウマチの対策・治療の方法 関節リウマチは、30代~の女性で多くの方が疾患にかかるリスクが高いです。 従来は関節リウマチの完治は難しいとされていましたが、中軽度なら薬の進化によりほぼ治る状態になっています。 初期の関節リウマチは、治療が完治する可能性が高いので早めに形成外科(もしくは内科)で治療をして頂きたいです。 初期の関節リウマチは、朝に足のこわばり、むくみがあり、一時的に動かしづらくなります。 足の指関節の異常サインを早めに自覚することが大事です。 関節リウマチの治療は、抗リウマチ剤(メトトレキサート/商品名:リウマトレックス)での投薬治療が中心になります。 また、体内で生成するリウマチ因子の働きを抑制する生物学的製剤のリウマチへの効果が高いとされています。 変形した足の指については、変形した関節を戻す手術をする必要もあります。 足の指が変形する前に早めに形成外科医の診断を受けることをオススメします。 まとめ.

次の