所沢 ロイヤル 病院。 アクセス|医療法人啓仁会 所沢ロイヤル病院

医療法人啓仁会 所沢ロイヤル病院(所沢市) の基本情報・評判・採用

所沢 ロイヤル 病院

キャリアアップも、働きやすさも、休日も。 残業がほとんどありません。 有給休暇の取得促進、ワークライフバランスの 推進にも積極的に取り組んでいます。 受講料支給などのサポートも。 今回は、医療機関における医療事務経験者の募集。 あなたの経験を十分に発揮していただくことを 大いに期待しています。 「これからも医療機関で長くキャリアを積みたい」 「現場のみんなに頼りにされる存在になりたい」 「職場のリーダーとしての力をつけたい」 もしあなたがそうした思いを持っているなら、 所沢ロイヤル病院は、最適なフィールドです。 レセプト業務のプロとして活躍するのはもちろん、 経験を活かして、医療事務部門のメンバーの まとめ役になっていただきたいと考えています。 心地良い環境でオン・オフ両面を充実させながら、 キャリアアップもかなえる。 日本は超高齢化社会を迎え、 慢性期病院や地域包括ケアの重要性が ますます話題になってきています。 そうした中で所沢エリアの高齢者の方々や そのご家族とともに在り、頼りにしていただける 存在であり続けようとしています。 【医療法人啓仁会について】 埼玉県所沢市を基点に、宮城・埼玉・東京・静岡・ 愛知の1都4県で病院、クリニック、介護施設を 30施設展開しています。 「WAMタウン(WAM=Welfare And Medical 福祉と医療)」構想を基に、各エリアで 地域密着型の医療・保健・福祉を総合的に提供。 その1つである「所沢ロイヤル・ワム・タウン」の 医療を担う基幹病院が所沢ロイヤル病院です。 経験を活かして、部署のメンバーのまとめ役として 力を発揮していただきたいと考えています。

次の

【埼玉コロナ】所沢明生病院の職員が感染!県「もう一つ院内感染があるが言えない」|

所沢 ロイヤル 病院

療養病棟入院基本料1 3~6階病棟 入院患者さま20名に対し看護師1名・ケアワーカー1名以上を確保しております。 療養病棟入院基本料の注13に掲げる夜間看護加算 在宅復帰機能強化加算 地域包括ケア病棟入院料2 1階病棟 急性期医療を経過した患者さまや在宅において療養を行っている患者さまの受け入れ等を行う在宅復帰支援特化型の病棟です。 病棟には在宅復帰支援担当者 専任 を1名配置、理学療法または作業療法士・言語聴覚士 専従 を1名配置しています。 入院患者さま13名に対し看護師1名以上、ケアワーカーについては患者さま25名に対し1名配置しております。 看護職員配置加算 看護補助者配置加算 回復期リハビリテーション病棟1 2階病棟 医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士等が共同で作成したリハビリテーションプログラムに基づくリハビリテーションを集中的に行ないます。 入院患者さま13名に対し看護師1名以上・入院患者さま30名に対しケアワーカー1名以上・病室の床面積は入院患者さま1名あたり6. 4㎡以上を確保しております。 リハビリテーション体制強化加算2 療養病棟療養環境加算1 病室は1部屋あたり4名以下で1名あたり6. 4㎡以上、リハビリ訓練室や食堂、身体の不自由な入院患者さまの利用に適した浴室、患者さまとご家族とが談笑に利用される談話室などが完備されております。 栄養サポートチーム加算 栄養管理に係る専門知識を有した多職種チームが患者の生活の質の向上、原疾患の治癒促進および感染症等の合併症予防を目的として定期的な診療を実施し、栄養治療実施計画を策定します。 患者サポート体制充実加算 感染防止対策加算2 入退院支援加算1 診療録管理体制加算2 データ提出加算2 地域連携診療計画加算 認知症ケア加算2 がん性疼痛緩和指導管理料 ニコチン依存症管理料 薬剤管理指導料 医薬品情報室を設置し、薬剤師が入院患者さまごとに適切な薬学的管理を行ない、服薬に関する適切な指導を行なっております。

次の

<新型コロナ>2人感染…所沢ロイヤル病院の患者 川口の女児も…母すでに陽性 男性死亡、基礎疾患あり

所沢 ロイヤル 病院

埼玉県内の新型コロナウイルス感染者433人(13日午後6時時点)の内訳を市町村別に見ると、所沢市の多さが目を引く。 同市の感染者は60人で、最も多いさいたま市の62人に迫る人数だ。 両市の人口(さいたま市約131万人、所沢市約34万1千人)を考慮すると「発生率」の高さは際立つ。 所沢市では、所沢明生病院と、社会福祉法人「皆成会」は運営する2つの障害者施設でクラスター(感染者集団)が発生し、全体の感染者数を押し上げた形だ。 所沢明生病院では医療従事者や入院患者、入院患者の家族ら17人の感染が確認されている。 大野元裕知事は14日の記者会見で「昨日までに100人の医療従事者と患者の検査を完了し、全員が陰性だった」と述べた。 2つの障害者施設では介護職員や利用者ら10人の感染者が確認されている。 現在、関係者の検査を進めているが、さらに感染者が増える可能性もある。 医療機関や障害者施設から多くの感染者が出たことで、その家族らへの感染拡大も懸念される。 さらに、所沢明生病院から入院患者が転院した所沢ロイヤル病院も9人の感染が判明し、大野知事は「濃厚接触者の検査は終わり、今はそれ以外の方の検査をしている」と説明した。 県内の感染者数を自治体別でみると、東京都に隣接する県南部の感染者数が目立つ。 さいたま市と所沢市に次いで多いのは、荒川を挟んで東京都北区などに接する川口市の50人で、越谷市21人、春日部市20人、川越市18人、狭山市と入間市が各13人、草加市と戸田市が各12人、ふじみ野市11人、八潮市10人と続いている。

次の