家具 リメイク 方法。 簡単DIYのヒミツ?お気に入り家具をリメイクで大切に使おう

【あつ森】リメイクのやり方と解放条件【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

家具 リメイク 方法

皆様、こんにちは。 それなりの家具は、それなりの手順と手間をかけて行うことを強くオススメ致しますのでご注意下さい。 家具や小物雑貨に限らず、ペンキは塗るよりも剥がすのが大変! 家具に限らず、 ペンキを塗る場合は下地(ペンキを塗ろうと思っている面の状態)が非常に重要です。 この下地の状態が悪いと、どんなに丁寧に塗っても後から剥がれたり、そもそもキレイに塗ることが出来ません。 木製家具の場合、既にペンキやニスが塗ってある場合がほとんどですが、通常の手順は先ずサンドペーパーやヤスリを使用して、このペンキやニスを全て剥がして、新たなペンキを塗る下地を作ります。 実はこの古いペンキやニスをキレイに剥がして目荒らしする作業が、一番大変だったりします。 特に椅子などは立体なので、目荒らしする作業は本当に大変です。 (粉が舞いますし、、、) この作業を丁寧に行うと当然仕上がりが良くなるのですが、この作業で心が折れてしまったり、そこまでの手間はかけたくない場合が多いかと思います。 今回はこの剥がす作業を行わない(ここが手抜きです)方法をご紹介します。 塗ろうと思っている物の表面が手で触ってパリパリと塗膜が剥がれる状態の場合は、手間がかかりますが、一度サンドペーパー等を使用して剥がす必要があります。 さらに似たような塗料でシーラーと言うものがあります、これは密着性を高める効果もありますが主目的は塗料の吸い込みを防止します。 塗ろうと思っている面が、水分を多く吸い込みそうな場合は、予想以上に塗料を消費してしまうので下塗りでこのシーラーを塗ります。 それでは早速ペンキを家具に塗ってみましょう! ペンキ塗る前の家具 今回は 某北欧家具店で購入した子供用のテーブルと椅子の色を変えてイメージチェンジします。 数年使っていたのでそれなりに年季が入っていて、よーく見るとエンピツの落書きが所々にあります。 通常であれば、先ずはサンドペーパーを使って表面を目荒らしますが、手抜きですので気にせず ベンジャミンムーア フレッシュスタートを塗って行きましょう! 使用するツールは、塗る物に合わせて刷毛でもローラーでもどちらでも構いません。 ベンジャミンムーアの塗料は通常2回塗って仕上げますが、フレッシュスタートは下塗り材なので一度塗ればOKです。 プライマー塗料 なるべく均一に塗る方が良いですがあまり気にする必要は無く、写真の様な感じで問題ありません。 逆に厚塗りになってダマなどがそのまま固まると、仕上がりに影響しますのでご注意下さい。 塗り終わったら、30分から1時間程度で乾くので少々お待ちください。 この記事で使われているペンキカラー いよいよ、好きな色のペンキを家具に塗ります! 仕上げのペンキを塗る フレッシュスタートを塗り終えて乾いたら、早速お好きな色で塗っていきましょう! ベンジャミンムーアは3500色から選べるので迷いますが、今回はホワイトハウスでも使用されているWhite dove OC-17を塗ります。 ベンジャミンムーアの塗料には必ず、色を連想させる名前と番号(今回OC-17)が付いていますので、色を指定する場合は番号を使うと便利です。 ちなみに余談ですが white doveは白鳩です。 ホワイトハウスと白鳩、、、 イメージと合いますでしょうか? 塗るポイントですが、通常壁の場合は2回塗りで仕上げますが、家具のなどの場合は少し足りないと思ったら厚塗りせず、塗る回数を増やした方がきれいに仕上がります。 1回塗り後、乾燥(これも30分から1時間程度)させて2回目を塗ります。 この記事で使われているペンキカラー こどもと一緒にペンキを使って簡単に家具をDIY! 椅子をペンキで塗る 家族でDIYが出来たらは楽しいですよね? 特にお子さんも参加できるとなればさらに楽しさや喜びが倍増するでしょう。 そこで今回ご紹介した手抜きのやり方は、お子さんの椅子など最適だと思います。 作業自体難しいところはありませんので、完全武装すれば安心です。 家族でDIY 色選びも含めて自分で塗ると愛着も沸くので、きっと大切に使うでしょう! 色選びで悩んでしまう場合がありますが、こどもの成長に合わせて塗り直せることも出来るのでお気軽で大丈夫です。 (壁に使用して余ったペンキでも良いと思います。 ) 塗り終わった椅子.

次の

簡単DIYのヒミツ?お気に入り家具をリメイクで大切に使おう

家具 リメイク 方法

「椅子の色を塗り替える」と聞くと、道具を揃えるのが大変そうだったり、どんな塗料を選べばいいのか全く分からなかったり…。 家具の色の塗り替えは一見難しそうに思えますが、実は、DIYで好きな色へと簡単にリメイクすることができるんです! この記事では、「椅子の色が変われば、もっとおしゃれなインテリアになるのに…」と悩んでいるあなたのために、椅子の色をDIYで塗り替える方法・必要な道具・道具の選び方について詳しくご紹介しています。 椅子だけでなく、テーブルやシェルフ(棚)など、他の家具の塗り替えにも応用できる方法です。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 椅子の色はDIYで塗り替えができる! 長年家具を使っていると、デザインに飽きてしまったり、今のインテリアには合わなくなってしまったりして、家具の色がちょっとした悩みの種になることがあります。 なかでも、毎日使うような椅子の場合、塗装が剝げやすかったり、座るたびに気になって仕方なかったりして、もやもやしながら過ごしてしまうことにも…。 そんな時には、椅子の色をDIYで塗り替えてみましょう。 家具の雰囲気が一気に変わりますよ。 DIY塗り替えは、 新しく椅子を買い替えたり、専門業者へ塗り替えを依頼するよりも、費用を抑えられます。 もちろん、DIY初心者さんでも大丈夫。 ゆっくり時間がとれる休日にぜひ挑戦してみましょう! 色を塗り替えできる椅子・できない椅子がある DIYでの塗り替え方法を知る前に、まずは塗り替えができる椅子・できない椅子について知っておきましょう。 椅子のリメイクにおすすめは、「ペンキ」を使った色の塗り替え! ペンキを使った椅子の塗り替えには 刷毛(はけ)を使います。 刷毛は、 絵筆を使うような感覚で扱えるため、刷毛(はけ)を使ったことがない人でも、塗り替えのイメージがしやすいですよね。 必要な道具も、スプレーガンの塗装と比べて難しいものはありませんので、ペンキを使った塗り替えは、DIY初心者の女性にもとってもおすすめなんですよ。 椅子の色をDIY塗り替えしよう!使うペンキの選び方は? ペンキといっても、お店に行けばたくさんの種類があって、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。 家具の塗り替えにおすすめのペンキについても、あらかじめ知っておきましょう。 ペンキには「水性塗料」と「油性塗料」がある 市販のペンキは大きくわけて2種類に分けられます。 乾燥する時に水分か蒸発する「水性塗料」と、有機溶剤が揮発する「油性塗料」です。 それぞれの特徴は以下の通りになります。 ペンキを使って椅子の色をDIY塗り替えした参考例 必要なペンキの種類が分かったところで、実際にペンキを使って椅子の塗り替えを行った人の写真を見てみましょう。 ペンキの色によって、家具やインテリアのイメージが変わってきます。 DIY塗り替えの前には、塗り替え後の椅子のイメージを膨らませてみてくださいね。 ベビーチェアの塗り替え例 こちらは、木製のベビーチェアを水色の塗料で塗り替えている例です。 子供たちと一緒にDIYで塗り替えるのも楽しそうですね。 スツールの塗り替え例 こちらは、木製のスツールを茶色と水色の塗料で塗り替えている例です。 複数のペンキを使うことで、色に深みが出て味わいのある家具になりますよ。 ダイニングチェア・ベビーチェアの塗り替え例 こちらは、木製のダイニングチェア・ベビーチェアを白い塗料で塗り替えている例です。 椅子の色が茶色から白に変わるだけで、全く違う家具のように見えますね。 DIYで椅子の色を塗り替える方法• 荒目【#40~100】・・・表面の凹凸が目立つときに。 中目【#120~240】・・・荒目の紙やすりをかけた後、表面を平らに整えるときに。 細目【#280~800】・・・仕上げ用のやすり。 ペンキを重ね塗りする前にも使える。 作業が面倒に感じたら、 古い塗装は剥がさず、代わりに「プライマー」を塗るのがおすすめです。 やすりがけは、椅子の表面にペンキが乗りやすくなるように行う工程ですが、プライマーとは、塗料が乗りにくい素材とペンキとの密着性を上げるためのものです。 プライマーを塗れば、表面がツルツルした家具でも、ペンキが定着しやすくなります。 家具の表面に表情を出すことができる塗料です。 メディウムにはたくさんの種類があるため、今回はその中から一部をご紹介します。 古びた家具風にしたいなら「アンティークメディウム」 「アンティークメディウム」は、濃い茶色の塗料です。 椅子の塗り替えをした後に、使い古したような質感が出せます。 とろみがあるので、茶色のペンキを使うよりも扱いやすいことがポイントです。 まとめ 海外では、先祖代々受け継がれているアンティーク家具の色を大胆に塗り替えて使う、素敵な文化がある国もあります。 塗り替えを行うことで、お店で購入した椅子が、世界に1つだけの特別な椅子になりますよ。 全体の塗り替えをしなくても、カントリー調の家具のように、一部イラストを描くだけでも印象が変わります。 DIY塗り替えにあまり自信がない方は、まずはスパイスラックや小物入れなど、小さなものから挑戦してみると、失敗も少なくなることでしょう。 長く使えば使うほど愛着がわいてくる家具は、塗り替えをしながら大切にしてあげたいですね。

次の

テーブルを塗装でDIYリメイク!剥がし方と水性ウレタンニスの塗り方の注意点!

家具 リメイク 方法

Sponsored Link 家具のペイントの方法は? 私もDIYに関しては素人なのですが、ペイントをした家具と言えば色々あって、 ベットはペイントをする部分が多くて大変でした・・・。 先ほどご紹介しました、 水性ニスと コテ刷毛を使うと、 どのような出来映えになるか、一度ご覧下さい。 近くによると・・・ こんな感じです! 木目がすごく残っています。 木目を残したりする 家具のペイントの方法は、 やっぱり 水性ニスですね! こちらの元々のベッドの色は下記画像みたいな感じでした。 私の家のフローリング自体が深い茶系という問題や、 持っている家具に対してもそうですが、 あきらかにベッドの色は合わないと判断しまして、 家具をペイントする事になったのですが・・・。 今でも思いますが、DIYは経験にもなりますし、 やってみて正解でしたね! それでは 家具をペイントする方法を、 注意点交えながら紹介していきます。 Sponsored Link 家具のペイントの方法STEP1:家具の素材を確認! 家具には色々な素材でできた物がたくさんありますよね。 その素材を一度確認してみてください。 というか、ペイントする際、 色がのらないので使えません。 家具のペイントの方法STEP2:家具のペイントの方法 家具のペイントの方法としては、 上記であげた準備物をまず用意してDIYしてください。 そして、素材にあったペイント塗料を使いましょう。 このように工夫をすればかわいく仕上がります! 上記画像を見て、感が鋭い方は思ったのではないでしょうか? そーなんです! 素材の関係ももちろんそうなんですが、 ポップな家具にする時は、 ペンキはかなり適しているペイントの方法なんですね! お部屋の雰囲気によったら、 ペンキの方が合う場合ももちろんあります。 この水性ニスの色の種類は、 メープルやマホガニーなどの茶系から透明などのクリア系まで色々あります。 今回私がベッドで使った色は、 「 オールナット」と言う色です。 使い方は商品にも書いてますが、 基本的に水で薄めながら使います。 そして、単純に「 重ね塗り」と言うペイント方法を使います。 言葉通りですが、1回ペイントしたら、乾かす・・・乾いたら2回目ペイントをする・・・。 みたいな感じですね! すると・・・あたりまえですが、 下記画像のようにだんだん色が濃くなってきます。

次の