本田明子 料理研究家。 料理研究家 本田明子のプロフィール。旦那や年齢は?本や料理教室の評判は?

学研の「本田さんちのおかずが美味しい理由(わけ)」を3人 ミントクラブ|神戸新聞 読者クラブ

本田明子 料理研究家

Contents• プロフィール 渡辺あきこさんのプロフィールについてですが、 結構、非公開な部分が多いです。 生年月日は不明な為、年齢も不明です。 もちろん身長や体重、血液型等についても一切非公開です。 東京都出身だそうですが、その詳細については、解りませんでした。 さて渡辺あきこさんの学歴を調べたところ、彼女は大学名は不明ですが、大学を卒業していて、 その後、料理研究家の土井勝さん主催の学校で講師として8年間勤めていました。 しかし、1995年に74歳の時に土井勝さんが他界され、その後フリーの立場で活躍を始めたそうです。 土井勝さんは、テレビ朝日で放送していた「土井勝の紀文おかずのクッキング」という料理番組などにも出演していたそうで、 もしかしたら記憶にあるかたも多いかも知れません! 土井勝さんは、主婦層をターゲットにした手軽に作れる家庭料理を数多く紹介していて、 「おふくろの味」を流行語にするなど名実ともに人気の料理研究家でした。 実はあの土井善晴さんの父親だそうです。 土井善晴さんといえば、特技がフランス語で、和食が有名でアプリも出ていますね。 そんな土井善晴さんの詳細が気になります。 土井善晴さんの事を知りたい方はこちら さて、渡辺あきこさんが得意の分野は家庭料理ですが、 有名なレシピ本があります。 息子の為に毎朝作ったお弁当の書籍が当時、話題となりました。 その名も「渡辺あきこの東大合格ごはん」だそうです。 名前がかなり興味を引きますね 笑 東大合格というと何だか、東大に合格できるほど特別な料理? 頭が良くなる料理? と想像しがちですが、そんな特別な料理では無く、 親として子供にしてあげる普通の料理のことです。 しかし、実はその普通が一番難しいようです。 日々の栄養管理から子供がモチベーションが上がりそうな料理など、 普通と言っても、受験生の料理って気を使うものです。 そんな料理を余すところなくこの本で紹介しています。 またこのレシピ本には、 留守のときの、留守番ごはん、買ってきたお惣菜などの盛り付けテクなどのほか、 やる気がなくて眠くてたまらない時や風邪などで体調不良の時の料理アドバイスまで、 盛りだくさんだそうですよ! 子育てに悩むお母さんにとってはまさにバイブルとも言えるでしょう。 さて、「渡辺あきこの 東大合格ごはん」の中で、 息子が東大受験をした当日の朝ご飯とお弁当の写真が掲載されているのですが、 特別の料理では無く、これがなんとも「普通」の料理だったそうです。 まさにシンプル・イズ・ベストですね! スポンサーリンク 夫と息子は? 渡辺あきこさんは結婚していて子供もいるようですが、 夫に関しての情報はありませんでした。 恐らく一般人と思われますので、夫の職業や名前などは不明です。 息子が東大に入れるわけですから父親も優秀そうですね。 もしかしたら、官僚かかなり良い会社にお勤めなのではないでしょうか? 渡辺あきこさんの息子は、私立ではなく、公立の中・高を卒業していますが、 なんと現役で東大に合格したそうです。 普通は一浪二浪してもおかしくないはずですが、 本人の努力や頭脳も相当明晰だったと思います。 公立高校から東京大学に入学し出版した当時の2009年には、 息子は既に大学3年生になっていました。 また、息子については一人は確実にいる事は解っていますが、 他に兄弟姉妹がいるかは公表されていません。 教室は? さてこんな実績のある渡辺あきこさんの料理をなんとか一つでもノウハウを学びたいところですよね? そういう時にこそおすすめなのが、なんといっても料理教室です。 しかし、渡辺あきこさんは、ご自身で定期的な料理教室は開いていないようです。 料理教室に参加したくても、企業やイベントなどにゲストで呼ばれているのを偶然見つけるしかなく、 レシピを学ぶには、著書を買って勉強をするのが一番かと思われます。 著書やテレビなどで渡辺あきこさんを知り、直接その人柄に触れたいと思っている人は、ちょっと残念ですね。 やはり知名度が高く、すぐに定員に達することが多いそうなので、目を皿にして情報を待ちましょう。 自宅で料理教室を開く料理研究家のかたもいらっしゃいますが、 渡辺あきこさんの場合は今はそういうのはやっていないようです。 もちろん、渡辺あきこさんが個人で行う料理教室の方がファンにとっては嬉しいのでしょうが、 今の多忙さを考えるとなかなか少人数の料理教室というのも難しいのかも知れません。 更に、渡辺あきこさんはブログやSNSなどをやっていないようなので、 なかなかその告知も雑誌やテレビ、企業のホームページなどをマメにチェックするしか無いようです。 また、渡辺あきこさん自身かなり人気がありますので、早目の予約が必要な事は間違いないでしょう。 気になる郷土料理 渡辺あきこさんの最近の活動について調べてみました。 現在、郷土料理の研究に力を入れているようで、 時間が空けば、各地に足を運んでいるそうです。 料理研究家だからこそできる仕事ではないでしょうか? そんな渡辺あきこさんの郷土料理のレシピが気になります。 例えば沖縄の郷土料理と言ったら何を思い出しますか? ちんすうこう、ソーキソバ、ゴーヤチャンプル、ラフティーなどがあります。 そして忘れてはならないのが、サーターアンダキーで郷土菓子ともいうべきでしょうか? もともとは結納などの行事に食されてきたそうで、沖縄版ドーナツですね! 「きょうの料理」でも このサーターアンダキーが2016年8月3日に放送されていました。 他にも同日に「なすそうめん」や「鶏飯」、「ひともじのぐるぐるな」などを紹介するなど郷土料理を披露していました。 彼女の郷土料理に対する想いは強く、全国を回り、実際レシピとしても公表されています。 自分たちの住んでいる地域や出身の郷土料理が出てくるとなんだか嬉しくなりますね。 渡辺あきこの魅力 さて渡辺あきこさんの魅力とは一体なんでしょう。 ここで今までの記載した内容をもとに考えてみたいと思います。 渡辺あきこさんは、家庭料理を考案する料理研究家です。 料理学校の講師を経て、その後独立し、各メディアで活躍されています。 子どもが喜ぶごはんや、毎日のごはんづくりを悩まないための簡単レシピなどの他、 講演会の仕事や料理教室の傍ら、全国各地に赴き、その土地の郷土料理を学んでいるのだそうです。 その成果は、著書「旅して見つけて、我が家の定番になった地方ごはん」からも知ることが出来ます。 食に対する熱意や尊敬の念がひしひしと伝わってきます。 前述したとおり、「東大合格ごはん」は、受験生の親御さんを中心に話題となり、アマゾンでも高評価を得ています。 内容は「これを食べれば東大に合格できる」といったものではなく、家で安心して食べられるごはんについて伝えるものです。 レシピだけでなく、母親としての心構えについても優しく書かれていることから、当たり前のことを、ちゃんとする。 これが渡辺あきこさんのレシピの基本なのだとわかります。 また、レシピはどれも家庭にあるものやスーパーで簡単に手に入るものでつくれるのが魅力です。 家庭料理とあって、一風変わったレシピというよりは、素朴でいて、 きちんと美味しい定番のごはんレシピといった印象です。 きのこや鶏肉などをつかった料理は、ネットでもいくつか閲覧可能です。 よくある定番のごはんを美味しくつくれるって、女性としてとても魅力的ですよね。 子どもやパートナーの有無に関わらず、身に着けておいて損はありません。 魅力的といえば、渡辺あきこさんご自身。 ご年齢は不明ですが、息子さんが大学を卒業されているので、それなりのお歳なのでしょうがとてもお美しくて目をひきます。 品があって、穏やかで、それでいてごはんが美味しいなんて、まさに男性の理想ではないでしょうか。 理想のお母さんといっても過言ではありません。 料理研究家である前に、一人の母親である、家庭の人間であるという意識がひしひしと伝わってきます。 渡辺あきこさんの人気があるのは最大の理由は、人としての魅力がある事に他ならないでしょうね。 最後までお読みいただき有難うございました。 今回ご紹介したかた以外にも料理研究家は沢山いらっしゃいます。 こちらも是非チェックしてみたください!.

次の

家庭料理を「ごちそう」にするコツを徹底解説 『本田さんちのおかずが美味しい理由(ワケ)』(リアルサウンド)

本田明子 料理研究家

玉ねぎは縦半分に切り、繊維を断つように薄切りにする。 まいたけは根元を切ってほぐす。 シイタケは石づきを除いて薄切りにする。 深めのフライパンにオリーブオイルとバターを熱し、玉ねぎを加えて強めの中火で炒める。 玉ねぎに油が回ったら、牛肉を加えて炒める。 肉の色が変わったら、まいたけとシイタケを加えて炒め合わせる。 全体に油が回ったら、小麦粉を加えて1~2分炒める。 粉っぽさがなくなったら火を止める。 <A>を加えて、フライパンについた小麦粉をこそげ取るように混ぜる。 <B>を加えて、強めの中火にかけ、時々混ぜながら5~10分煮る。 器にご飯を盛り、(8)をかける。 パセリを散らして完成です。 500wは1. 2倍、700wは0. 8倍の時間で対応して下さい。 まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

NHKきょうの料理 いつも家にある調味料で 食べ飽きないおかず

本田明子 料理研究家

料理が美味しくなるのにも、失敗するのにも、ちゃんと理由があります 毎日毎日料理をしていても、思ったように味が決まらない、仕上がらないと感じている人は多いはず。 料理には美味しくなるにも失敗するにも、何かしらの理由があります。 それは調理上のテクニックといった難しいことでは決してありません。 食材を常温にもどしてから調理するというような、調理以前のことだったり、味つけの順番や、火加減を守ることだったりもします。 そう、実は「え、そんなことだったの?」というような、とてもささいな事柄だったりすることが多いのです。 おなじみのおかずがもっと美味しくなるコツとポイントを分かりやすく伝授します! 本書では、家庭料理のカリスマ・小林カツ代さんのもとで25年間働いた料理研究家の本田明子さんが、おなじみのおかずを、おいしく失敗なく作るためのコツやポイントを、文章と写真で徹底解説。 なぜそうするとよいのかを分かりやすく語ってくれるので、「なるほど!」と納得、さっそく試してみたくなります。 登場するのは、肉じゃが、豚のしょうが焼き、鶏の照り焼き、鶏の唐揚げ、ポテトサラダ、餃子、チャーハン、マカロニグラタン、麻婆豆腐、肉豆腐、などなどおなじみのおかずばかり73品。 何気ない日々のごはんが、わが家のごちそうに変わります! *「肉じゃが」のコツは、牛肉にしっかりと味をつけること。 肉めがけて砂糖をふります。 *「鶏のから揚げ」をカラリとジューシーに仕上げるには、揚げ油に入れたら1分は触らずに見守って、衣が固まるの待ちましょう。 著者プロフィール 本田明子(ほんだ・あきこ) 料理研究家。 1982年、家庭料理のカリスマ・小林カツ代さんの内弟子第1号となる。 以来25年にわたり、小林カツ代キッチンスタジオでレシピ制作の責任者として200冊以上の著書に携わる。 2007年、独立。 本田明子キッチンスタジオを設立。 紙媒体やテレビでレシピを提供するほか、子ども向けの料理レシピ提案から老人ホームのメニュー開発まで、幅広い世代に喜ばれる料理を考えている。 明るく、楽しく、頼りがいのあるキャラクターと、明快でわかりやすいレシピ解説が人気。

次の