お供え 果物 スーパー。 仏壇に果物を置く方法・お供え選びで桃はダメ?仏具に盛る向きや個数

地鎮祭のお供え物!魚・野菜・果物・乾物は?食べ方や並べ方は?

お供え 果物 スーパー

どらやき 出典: どらやきは、スーパーで売っているバラ売りを買えば、 お供えに必要な分だけ手に入るので無駄がありませんよ。 当サイト管理人は、袋のままお供えしています。 最中(もなか) 最中はお菓子の中でも上級品です。 あずきを使ったお菓子は昔からお仏壇のお供えとして重宝されるので、 最中は定番のお供え菓子です。 お饅頭はお供えによく用いられますが、 白・黄色・茶色・緑・ピンクなど色んな色があります。 団子も地域によっては手作りして 必ずお仏壇へお供えする決まりがある地域もあります。 浄土真宗の中でも、地域によって 取り扱いに差がある 「お饅頭・お団子」ですが、 親や祖父母、近所の年長者などに確認 して用意することをお勧めします。 生菓子 出典: 入仏式などの慶びの法要には華やかな 色合いのお菓子がおすすめです。 自宅の法事・法要なら、 お寺さんにお出しするお菓子としても人気がありますね。 お盆・お彼岸には落雁(らくがん) 出典: お盆やお彼岸が近づくと、 スーパーなどにたくさんの落雁が並びますね。 綺麗で色も良く、見栄えがするので欠かせないお供えですが、 お供えの後に、そのまま食べるのにはあまり向かないと考える人も多いようです。 お供え後の事も考えて、中身に砂糖を入れてある お供えを型取った一見落雁のように見えるものもあるので、 なるべく無駄にならないように用意しましょう。 ようかん・ゼリー 注)生クリームのついたケーキなどは避けます。 ご自宅のお仏壇にお供えする分だったら、スーパーやコンビニに行けば、 色んなお菓子をバラ売りしているので、好きな組み合わせで買う事ができます。 お仏壇には和菓子という決まりはありませんので、 洋菓子も取り入れたお供えもいいと思いますよ? スポンサーリンク お仏壇にお供えする果物は何がいい? 既にお店に「お供えセット」なんてカゴに入った 果物がありますが、あのようなイメージです。 スーパーによっては、 親切にセットで販売してくれているところもあります。 ちなみに バナナ、リンゴ、ブドウ、オレンジ、 などが定番です。 自宅用のお供え果物ならスーパーで十分手に入りますよ。 お菓子・果物を載せる仏具は? 用意したお菓子や果物を、お供え用の仏具に盛って行きたいと思います。 直接仏具にお菓子や果物を乗せない方がいいので、 半紙を用意します。 書道用の普通ので大丈夫です。 無ければ白い無地の紙で代用してください。 (丁度良い大きさであればなんでもOKです) お饅頭、どら焼き、マドレーヌ、など 段盛りには様々な種類のお菓子を盛りましょう。 これも一対でつかうものなので、 左右で同じお菓子を、同じ高さの段に盛ると、 お飾りをした時に見栄えが良いです。 段盛にはサイズが色々 あって、 1段に果物を盛ることができるくらいの大きさから、 お饅頭1個分の段のサイズなど、 お仏壇の大きさや地域のお供え作法を考慮して選ばれて下さい。 (高坏の時と折り方、敷き方は一緒です) 盆からあまりはみ出さない様に、果物を盛ってください。 バナナなどは後ろ、リンゴやオレンジなどを手前にすると見栄えがいいと思います。 少なすぎても貧相なので、お仏壇のお供えは基本的に「こん盛り」がポイントです。 中型以上のお仏壇には、上段・中段・下段と3つに分けられていますので、 上の段から順に重んじられているお供えを 置いてください。 お餅と菓子が同じ段になっても構いません。 一番下には果物を置きます。 置きやすいようにご自身で工夫されて下さい。 果物はスーパーで手に入るもので充分です。 地域によってはお供えの品が決まっている事もあるので、 周りの人に風習等を確認された方がよい場合もあります。 お供えしたお菓子・果物を 量が多くて余ったりして無駄にならないようにしたいですね。 後で私たちが頂くことを考えて準備しましょう。 法事・法要後に出席者へ少しずつ配るのも良い方法だと思います。 お餅の準備や、その他の仏具の飾り方も書いていますので、 よければ参考になさってください。

次の

家族葬のお供え物に果物はいい?弔問のマナーや供物の相場などを解説|終活ねっと

お供え 果物 スーパー

お盆は1年の中でも主要な先祖供養の時期で、お墓参りに出かけたり、菩提寺などで法要を行うという方も非常に多いです。 そして、ご家庭によっては今度迎えるお盆が初盆と呼ばれる場合もあります。 初盆となると普通のお盆以上に特別な意味合いを持つことから、特に法要については普通のお盆に行う場合に比べるとより念入りに準備をし、かつ盛大に行うのが一般的です。 このため、お供え物についても初盆については非常に多くのものを準備することになります。 お供え物として定番なものの1つに果物が挙げられますが、はたして初盆の場合はどのような果物を用意すれば良いのかに悩む方も多いのではないでしょうか? そこで今回「終活ねっと」では、 初盆の際にお供えする果物について見ていきます。 初盆とはどのようなもので、具体的に何をするのか? 普通のお盆とは異なる初盆がどのような意味を持つもので、具体的に何をするのかについて簡単に見ていきます。 初盆でお供えする果物の値段の相場は? 初盆でお供えする果物を用意する際の金額の一般的な相場についてご紹介します。 初盆のお供えに適した果物とは? 初盆のお供えするための果物について、適した種類や選ぶ際の注意点などを詳しくご説明します。 初盆の果物はどのようにして渡すのか? 初盆でお供えする果物は、どのようにして渡せば良いのかについて見ていきます。 果物以外の初盆のお供え物とは? 初盆のお供え物で、果物以外の定番のものについて簡単にご紹介します。 今度迎えるお盆が初盆という方で、果物のお供えについて悩んでいる方にとって処方箋となるようにまとめましたので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。 お坊さんを 安く手配したいという方は、をぜひご利用ください。 最初に 普通のお盆とは異なる初盆がどのようなものなのかや、具体的に何をするのかについて簡単に見ていきましょう。 通常のお盆との違い 初盆とは「初めてのお盆」と書きますが、具体的には 亡くなった身内の方の四十九日が過ぎた後、最初に迎えるお盆のことを指します。 これは、仏教では四十九日が故人の成仏する節目とされているとともに、故人にとっては初めてご遺族の家に里帰りするお盆であるためです。 故人にとって最初のお盆であることから、普通のお盆以上に四十九日を過ぎたばかりの故人を供養する意味合いが強くなります。 だからこそ、初盆法要もその故人のために行うのが一般的です。 初盆にすること 初盆で主に行われることとして、 初盆法要が挙げられます。 初盆法要は死後の世界から初めて戻ってきている故人の霊を供養するために行われるもので、普通のお盆に行われる法要以上に大々的になるのが一般的です。 だからこそ、初盆法要に参列する方も故人のご遺族だけではなく、知人や友人なども含まれます。 なお、香典やお布施の額も規模が大きい分、高くなる傾向です。 初盆の果物の値段相場 初盆の際には、どのくらいの値段の果物を用意してお供えすれば良いのかについて悩む方もいるでしょう。 ここではまず、初盆でお供えする果物の一般的な値段相場を見ていきます。 一般的なお供えを用意する際の 金額相場は3千円から1万円とされていますが、故人と血縁関係にある立場の方は1万円から3万円ほどが相場です。 このため、お供え物として果物を購入する場合は、上記の相場の範囲の価値を持つものを選ぶと良いでしょう。 もちろん、上記の金額相場の果物となると多くの場合は盛り合わせという形になりますが、スーパーや果物の専門店などでもお盆の時期が近づけば特設コーナーが設けられることが一般的です。 このため、特設コーナーで選べばほとんど迷うことはないでしょう。 なお、果物の盛り合わせに関するマナーは後ほど詳しく見ていきます。 初盆のお供えに適した果物 初盆でお供えする果物を選ぶ際には、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか? ここでは、 初盆のお供えに適した果物の種類について見ていくとともに、選ぶ際に心掛けたいポイントもご紹介していきます。 果物を選ぶ際の注意点 初盆でお供えするための 果物を選ぶポイントは大きく3つあります。 1つ目は故人が生前好んでいた種類のものを選ぶことです。 この点については初盆の際の果物に限らず、どの時期の法要やお墓参りの際にお供えを用意するうえで重要といえます。 故人が生前に好んでいたものをお供えとしてお渡しすることは、単に真心から故人を大切に思って供養しようという思いを示すだけではなく、故人のご遺族に対する誠意の表れにもなるためです。 特に、今後もご遺族との付き合いを大切にしていきたいということであれば、ぜひとも故人が生前好んでいた種類の果物をお供えとして選ぶと良いでしょう。 2つ目は、「丸い形をした種類の果物」であることが挙げられます。 実は丸い形は、「丸=円」で「縁」にもつながることから、非常に縁起が良いとされているためです。 最後の3点目として、夏独特の果物であればなお良いでしょう。 季節感のある果物であれば、なおさら初盆法要を彩りを加えるためです。 具体的な果物 上記の2つのポイントを踏まえて、具体的にどのような種類の果物が初盆のお供えとして適しているのかについて見ていきましょう。 代表的なものとしては、 メロン・スイカ・桃・ブドウなどがおすすめです。 丸い形をしていて、初盆を迎える夏だからこそお似合いの種類といえます。 もちろん、リンゴやミカンなど他の季節に旬を迎えるものの丸い形をしているため、選んでも良いでしょう。 ちなみに実際にお供えする時は2つに切り分けないようにするのが注意すべき点です。 供物用の盛り合わせ 先ほども見たように、お盆の時期が近くなるとスーパーや果物専門店などではお盆用の果物盛り合わせを特設コーナーで販売されるようになります。 このため、初盆のお供えのために果物盛り合わせを購入する方も多いでしょう。 実は盛り合わせを選ぶ際にも1つ注意すべき点があります。 それは、 個数を奇数でそろえるという点で、偶数は2で割り切れることから、故人との縁が切れることにもつながり縁起が悪いとされているためです。 初盆の果物の渡し方 初盆でお供えするための果物を手に入れたら、今度はお渡しする際のマナーが大切です。 ここでは、のしの表書きの書き方や実際の渡し方など、 お供えの果物を渡すマナーについてご紹介します。 のしの表書きの書き方 お供え用の果物は贈答品ということになるため、そのままの形でお渡ししないでのしをきちんと掛けるようにしましょう。 のしを掛ける際に一番重要となる部分が表書きで、何のためにお渡しするのかをはっきりさせるためのものです。 さて、初盆用に果物をお供えする場合は、 御供・御供物・御仏前(ご仏前)と書きましょう。 なお、のし紙については弔事用によく使われる黒白(関西などでは黄白)の色で、結び切りか淡路結びの結い方がしてある水引のものを選ぶのが作法です。 渡し方 実際にお供え用の果物をお渡しする際には、ご自宅の玄関先や菩提寺の入口にて 喪主の方に直接お渡ししましょう。 ただ単にお渡しするのではなく、一言挨拶(「心ばかりですが、ご仏前にお供えください」など)を添えてお渡しすると相手の印象も良いです。 伺うことができない場合 もし、都合が悪いといった事情で実際に喪主のところに伺うことができない場合は、 郵送でお届けするという方法もあります。 この場合は3つの点に注意が必要です。 1点目は、相手の方にお供え物を送っても良いかどうかの確認をとる点です。 事前の確認もなしに送ったものの、喪主の方などが留守の場合は受取人不在ということで返送されてしまうという理由があります。 2点目は、前日には届くように配慮するという点です。 法要の当日に届くようにした場合、ご遺族の方に余計な気苦労を強いることになってしまいます。 どうしても当日に届くようにせざるを得ない場合は、開始1時間前までに間に合うようにしましょう。 3点目は、宛先を正確に書くことです。 初盆法要の会場は故人のご自宅の場合もあれば、故人の家の菩提寺で開かれる場合もあります。 このため、宛先を正確に書かないと、法要に間に合わなくなることもありますので気を付けましょう。 果物以外の初盆のお供え物• 初盆とは、最近亡くなった身内の方の四十九日後最初に迎えるお盆のことで、亡くなった故人にとっては初めてご遺族の元に帰ってくるお盆である。 このため、普通のお盆以上にその故人を供養する意味が強いことから、故人を供養するための初盆法要が盛大に行われる。 初盆の果物の値段は、故人と血縁関係にない場合であれば3千円から1万円、血縁関係にある場合であれば1万円から3万円相当のものが一般的な相場である。 初盆のお供えに適している果物を選ぶポイントは、故人が生前好んでいたものである点や形の丸いものである点、夏の果物である点が挙げられる。 具体的には、スイカ・メロン・ブドウなどだが、もちろん他の季節に旬のリンゴやミカンを選んでも良い。 なお、盛り合わせをお渡しする場合は、個数が奇数になるように配慮する。 初盆の果物をお渡しする際には、のし紙には表書きとして「御供」や「御供物」、「御仏前(ご仏前)」と記す。 実際にお渡しする際には、喪主の方に挨拶を添えながらお渡しする点を心がける。 もし伺うことができない場合は、事前に送っても良いかどうかについてや法要の会場を確認したうえで、前日までに届くように手配する。 初盆のお供え物で果物以外のものとして、お花やお線香、お菓子、夏野菜が挙げられる。 なお、お花やお菓子については、故人が生前好んでいたものであればなお良い。 初盆のお供えものとしての果物は、丸い形をしていて夏らしい種類であるスイカやメロン、桃などが適しています。 故人が生前に好んでいたものであれば、さらに良いです。 初盆のお供えとしての果物を選ぶことは悩むことも多いですが、今回の記事で触れたポイントを心がけていただければ、だいぶ準備の際に役立つでしょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

高級果物専門店のフルーツShomeido(正明堂)|内祝・お供え・お見舞いに旬のフルーツを全国発送

お供え 果物 スーパー

お仏壇の果物でいいもの・わるいもの 浄土真宗にはお供えしてはいけないと決められている果物はありません。 しかし、お供えものとして向かないものもあります。 臭いもの• 汁の出やすいもの• すぐに腐るもの などは避けて、新鮮な果物を選びましょう。 桃を供えてはいけないのは曹洞宗のお盆行事 桃のお供えがよくないと聞いたことがあるかもしれませんが、 注意が必要なのは 曹洞宗のお盆の「お施餓鬼」という行事の時だけで、お盆以外なら曹洞宗の方でも桃をお供えして大丈夫ということです。 なので、 浄土真宗の方はお盆の時期に桃をお供えしても全く問題ありません。 お供えによく選ばれる定番の果物 参考までに、自宅のお仏壇にお供えする果物として人気のある定番をご紹介します。 りんご・バナナ・オレンジ・ぶどう・みかん・桃・梨・キウイ・柿 これらはスーパーで手に入りやすい果物ということもあり、年中手に入るりんご・バナナ・オレンジは私もよく購入してお供えしています。 季節によってお供えする果物を変えたりして、旬の恵みをお供えするといいでしょう。 果物をお供えする時に必要なもの 準備するものは、• 果物 供物台やお皿にのる量• 供物台1つ 無ければ大きめのお皿で代用• 半紙1枚 折って懐紙を作ります 供物台 くもつだいはお供え物に使う仏具で、果物などをのせて使います。 供物台 くもつだいが無い人は、大きめのお皿やお盆を使ってかまいませんが、お仏壇に置いた時にお皿の裏で傷をつけないように何か敷くといいですね。 果物を用意する時は、あとでお下がりとして頂くことを考えて、なるべく食べきれる量を準備しましょう。 その2・ 供物台 くもつだいに果物を盛る 果物の種類やそれぞれの大きさによって違いが出ると思いますが、いつも私がお供えする時にはだいたい上の図のように盛っています。 浄土真宗では、偶数や奇数といった数の吉凶はありませんので、果物の個数は気にせずに盛ってください。 お店で買ってきた果物の中には「お供えセット」としてパックに入ったものがありますが、そのままお供えするのではなく、特に法事などの場合には中を出してお供えしましょう。 通販の果物にはリスクがつきものです 通販での果物購入は個人的にお勧めしません、 季節や収穫状況に左右されて、希望通りの商品が届かなかったり、痛みのあるものが入っている可能性が少なからずあります。 お盆やお彼岸の時期にはスーパーなどでお供え用果物がセットで手ごろな値段で手に入るので、 そちらを購入していただいた方が確実です。 みかん・柿・桃のヘタは上向き?下向き? みかん・柿・桃などのヘタの向きが上か下かという話がありますが、 浄土真宗の決まりはないのでこれといった正解はありません。 ヘタを下にして置くと保存が効くのと、転がりにくいので安定するといったメリットもあります。 また、バナナの先をお仏壇に向ける・向けないといったルールも耳にしますが、これも浄土真宗での明確な決まりはありません。 地域やご家庭での習慣による部分も影響するので、気になる方はご家族・近所の方・お寺さんに尋ねてみるといいでしょう。 その3・お仏壇に置いてお供えする 私の方法ですが、果物は下段の中央に一か所置いてお供えしています。 そんなスペースがない!という方は、臨時でお仏壇の前に卓を用意することをおすすめします。 法事ではお仏壇にお供え物が増えるので、お仏壇がきゅうくつになりがちです、 おすすめとしては、いらない時にはどこかに収納できる「折りたたみ式」が重宝します。 ちなみに、食べ物のお供えの順番としては上から• お供えした後の果物は腐る前に食べましょう 基本的にはその日のうちにお供えしていた果物を下げて、 阿弥陀如来 あみだにょらいからのお下がりとして頂きます。 法事などの時には、出席していただいた人におすそ分けしてもいいですね。 浄土真宗の食べ物をお供えする意味は、亡くなった人や仏様に食べていただく為ではなく、 私達が生きていく為に必要不可欠な「食」は 阿弥陀如来 あみだにょらいのお恵みであると考え、感謝の気持をもってお供えする という意味になります。 人から頂いたお供え物も同じです、お仏壇の周りのスペースに置くなどして感謝の心を表しましょう。 よその家のお仏壇のお供えものは嫌だという人も… お仏壇のお供えものを誰かにおすそわけする事は悪い事ではありませんが、 中には以下のような考え方をする人もいらっしゃるのが現実です。 縁起がわるい• よそのお仏壇のものは気持ち悪い• 線香臭いからいやだ• 人として非常識• 何かがとりつきそうで怖い 浄土真宗では「霊」や「魂」といったものは無いと考える宗派ですが、教えをよく理解していなかったり、そもそも宗教に興味の無い人も大勢います。 おすそ分けする相手との関係性が悪ければ、こちらが何をしても嫌がられることも多々あります。 そういった場合にはこちらの気持ちを押し付けずに、おすそ分けしない判断も必要です。 食べ物を無駄にしないのは大事なことですが、もし誰かにあげる時には常識として傷みかけたものではなく、美味しくたべれるうちにおすそ分けしましょう。 [お菓子をお供えするならこちら] まとめ.

次の