図書館 熊本市。 熊本市と菊池市の図書館相互利用について / 熊本市ホームページ

熊本市立図書館、学校図書館用の図書利用カードで「熊本市電子図書館」を利用可能とすると発表

図書館 熊本市

【本を借りるときは、図書館カードが必要です】 熊本市内にお住まいの方、市内に通勤・通学されている方、熊本市と図書館広域利用の協定締結をしている下記の市町村にお住まいの方であれば、どなたでも無料で図書館カードをつくることができます。 《宇土市・大津町・嘉島町・菊池市・玉東町・甲佐町・高森町・西原村・南阿蘇村・御船町・山都町》(令和元年2月1日現在) 図書館カードをつくる際は、住所を確認できるものが必要となります。 免許証や保険証などをお持ちください。 通勤・通学の方は、勤務先・通学先が熊本市内であることがわかるものをあわせてお持ちください。 この図書館カードは、プラザ図書館のほか、市立図書館(本館)、植木図書館、城南図書館、とみあい図書館、各公民館図書室、はあもにい(男女共同参画センター)、移動図書館でも利用できます。 【本を借りるとき(貸出)】 「借りたい本」と「図書館カード」を、3階か4階の総合カウンターにお持ちください。 また、3階、4階の各フロアに設置してある自動貸出機でも、貸出し手続きを行うことができます。 【貸出冊数・期間】 図書館(室)名 冊数 期間 プラザ図書館 市立図書館(本館) 植木図書館 城南図書館 とみあい図書館 公民館図書室 はあもにい(男女共同参画センター) 議会図書室(予約本のみ) 全館あわせて 1人10冊まで 2週間以内 移動図書館 全館あわせて 1人10冊まで 次回巡回日まで 【本を返すとき(返却)】 返却時間内は、3階か4階の総合カウンターにお返しください。 プラザ図書館の休館日や開館時間以外は、プラザ2階・返却ポストへお返しください。 返却の際は「図書館カード」は必要ありません。 返却は、家族や知り合いの方に頼んでもかまいません。 ただし、返却手続きが完了するまでは本を借りた方の責任になりますので、ご注意ください。 なお、市立図書館(本館)、植木図書館、城南図書館、とみあい図書館、各公民館図書室、はあもにい(男女共同参画センター)、移動図書館であれば、借りた場所に関係なくどこでも返却できます。 ただし、 熊本県立図書館へはご返却いただけませんのでご注意ください。 【借りた図書資料を紛失または汚損・破損した場合】 「熊本市立図書館資料の弁償に関する要綱」に定めてあるとおり、紛失等した場合は弁償になります。 汚損・破損の場合には修復ができない状態で、本文の文脈(意味内容のつながりぐあい)が分からなくなる場合は弁償になります。 その際には、必ず職員にご相談ください。 <弁償について> 1.1ヶ月以内に弁償していただきます。 2.紛失・汚損・破損した資料と同一の資料をもって弁償していただきます。 3.同一の資料が入手できないときは、当該資料の本体価格以上で、内容が当該資料と類似の資料で弁償していただきます。 ただし、類似資料については、汚損・破損した部位の弁償となりますので、当該資料(汚損・破損した資料)は渡せませんので、ご了承ください。 【図書館の本は予約ができます】 一部の貸出禁止本を除き、図書館・図書室に所蔵している本は予約ができます。 <予約方法> 1.予約申込書を図書館(室)の窓口に提出。 2.図書館(室)に設置している蔵書検索機による予約。 3.インターネット(図書館ホームページ)による予約。 4.インターネットによる予約ができない方を対象にした電話による予約(事前にカウンターで登録が必要です)。 2.延滞の本がある場合は、予約することができません。 3.貸出準備ができた連絡の受取方法を必ず選択してください。 予約本の受取りは、貸出準備ができた連絡(電話・メール)があった後になります。 お受取りの際は、図書館(室)が開館していることを確認のうえお越しください。 【貸出延長】 インターネットから貸出延長ができます。 (延長は1回のみです。 ) また、延長できるのは、以下の本です。 ・返却期限を過ぎていない本 ・他の人の予約が入っていない本 インターネットでの貸出延長の操作は以下の通りです。 延長したい資料の「貸出延長」ボタンをクリックします。 延長後の返却予定日をご確認ください。 「貸出延長」ボタンをクリックしてください。 【コピーサービス】(要申込) プラザ図書館の本や新聞などに限り、著作権法の範囲でコピーができます。 3階でのコピーは3階総合カウンターに、4階でのコピーは4階総合カウンターにお申し出下さい。 コピー料金 モノクロ 10円 カラー 30円 ご自身の持ち込み資料(私物)をコピーすることはできませんので、ご注意ください。 【レファレンスサービス・レフェラルサービス】 レファレンスサービス(reference service)とは、図書館の資料を使って調べものや資料・情報探しのお手伝いをするサービスのことです。 日常の暮らしの中で生じた疑問の解決や仕事上での調査・研究に必要な資料や情報の紹介をいたします。 本を探しているときや、調べたいことがあるときは、お気軽に職員にお尋ねください。 ただし、医療・健康相談、身上相談、美術品の鑑定など、お答えできないものもあります。 レファレンスサービスの事例については、以下のリンクより検索が可能です。 また、レフェラルサービス(referral service)とは、調べものの依頼に応じ、必要とする情報の情報源となりうる人や機関・組織をお知らせするサービスです。

次の

熊本県点字図書館

図書館 熊本市

利用者IDは図書館カード番号、パスワードは図書館利用にご使用のパスワードです(パスワードの初期値は生年月日の下4桁です。 メールを登録されていない方は、マイページにログインしてご確認ください。 動作環境 動作環境は次のとおりです。 2を有効にしてご利用ください。 <Mac PC > OS:Mac OS X 10. (「プライベートブラウズ」が設定されているとブラウザーメニュー枠がグレーで表示されます。 (「プライベートブラウズ」が設定されているとブラウザーメニュー枠がグレーで表示されます。 ) <Android> OS:Android 4. 資料を借りる 「借りる」ボタンを押すと、資料を借りることができます。 なお、資料を借りるにはログインする必要があります。 図書館から発行された利用者IDとパスワードを入力してログインしてください。 パスワードを変更の上、当電子図書館をご利用下さい。 ダイアログが表示されたら貸出は完了です。 貸出状況の詳細は、マイページの借りている資料一覧で確認してください。 資料によっては、借りる前に試し読みをすることができるものもあります。 試し読みをしたい場合は、「試し読み」ボタンを押してください。 なお、試し読みをする場合にもログインする必要があります。 ・メニュー メインメニューを表示します。 ・タイトル名表示 開いている本のタイトル名が表示されています。 また、スライドバー上をクリック(タップ)して該当のページに移動することもできます。 ・次へ/前へ 「次へ」は現在の位置から次の章(見出し)に移動することができます。 「前へ」をクリックすると、移動する前のページに戻ることができます。 ・拡大表示 画面を2倍に拡大して表示します。 ダブルクリック(ダブルタップ)すると元の大きさに戻ります。 ・設定 このアイコンをクリック(タップ)すると、サブメニューが表示され、ビューワの設定を変更することができます。 もう一度このアイコンをクリック(タップ)すると、サブメニューが消えます。 ・本を閉じる ビューワを閉じる際にクリック(タップ)してください。 メインメニューの表示方法 検索方法• 検索アイコンをタップすると、画面上部に検索文字を入力エリアが表示されます。 入力エリアをクリック(タップ)し、検索したい文字を入力します。 キーボードのリターンキー、もしくは右側に表示される「虫めがね」ボタンをクリック(タップ)すると、検索を実行します。 検索結果一覧が表示されます。 該当の文字列をクリックすると、その文字列がある本文が表示されます。 一覧に戻る際は、メインメニューを表示し「本文検索」をクリック(タップ)してください。 検索結果一覧から本文に戻る際は、左上の「戻る」をクリック(タップ)してください。 操作速度をはやくする場合は、「画面効果」を「オフ」にしてください。 ・マウスガイド マウスをメニュー内のボタンにもってくると、ボタンの説明を表示します。 ・外部リンク確認 コンテンツ内から外部サイトに移動する際に確認画面が表示されます。 ・高画質画像 本の表示品質を設定することができます。 画質を優先される場合には、「高画質画像」を「ON」に、速度を優先される場合には「OFF」と設定してください。 ・画像のシャープネス 解像度の低いノートPCなどでビューワをご利用になった場合、画像がぼやけて表示される場合があります。 この設定を有効 ON にすると、画像を従来表示よりシャープな画質で表示されます。 ・見開き表示 端末を横持ちにして表示するとき、ページを見開きに表示します。 ・速度 自動ページ送りの速度を変更します。 5段階の設定が可能です。 ・繰り返し 自動ページ送りに最終ページ表示後、自動的に最初のページに戻り、自動ページ送りを継続します。 ・リセット このボタンをクリック(タッチ)することで、各設定が初期値に戻ります。 各初期値は以下のとおりです。 ・「設定を反映」ボタン 「設定を反映」ボタンをクリック(タッチ)することで各設定が反映され、設定画面が閉じます。 本文中の任意の文章に、ハイライトとメモをつけることができます。 ・メインメニュー中、「目次・しおり・メモ」ボタンをクリック(タップ)してください。 ・該当の本についているメモが表示されるので、ご覧になるメモをクリック(タップ)してください。 サブメニューが表示され、メモ内容が閲覧できます。 ・サブメニューには「編集」、「削除」のボタンが表示されるので、メモ内容を変更する場合は「編集」を、削除する場合は「削除」をクリック(タップ)してください。 ・メモは1件あたり最大100文字、1冊あたり20件のメモを設定することができます。 ・メモは本を返却するまで保存されます。 ログインしないで読むことができる本では、ビューワを閉じるまで保存されます。 しおり機能の使い方 任意のページに、しおりを設定することができます。 なお、先ほどご説明したメモ機能とは違い、メモを入力することはできません。 しおりのつけ方• ・メインメニュー中、「目次・しおり・メモ」ボタンをクリック(タップ)してください。 ・該当の本についているしおりが表示されるので、クリック(タップ)するとしおりのついたページが表示されます。 ・「しおりを削除しますか?」とメッセージが表示されるので、「OK」をクリック(タップ)してください。 ・1冊あたり20件のしおりを設定することができます。 ・しおりは本を返却するまで保存されます。 ログインしないで読むことができる本では、ビューワを閉じるまで保存されます。 音声読み上げ機能の使い方 音声読み上げ機能について <ブラウザーキャッシュクリアの方法(Internet Explorer 9~11)>• ブラウザ右上の「歯車マーク」をクリックしてください。 「インターネットオプション」をクリックしてください。 [メニューバー] > [ツール] > [インターネットオプション]の手順でもOK• インターネットオプションウィンドウが開くので、「全般」タブをクリックしてください。 そして、閲覧の履歴の「削除」ボタンをクリックします。 閲覧の履歴の削除ウィンドウが開きますので、削除項目の選択をします。 ・必ずチェックを外す項目 「お気に入り Web サイト データを保持する」 ・必ずチェックを入れる項目 「インターネット一時ファイル」 「Cookie」 「履歴」• 上記のチェックを確認したら、「削除」をクリックします。 インターネットオプションの画面に戻るので、「OK」をクリックします。 Internet Explorerを再起動します。 ブラウザのツールバーにあるChromeメニュー をクリックします。 [ツール] もしくは[その他ツール] を選択します。 [閲覧履歴を消去] をクリックします。 表示されるダイアログで、削除する情報の種類のチェックボックスをオンにします。 上部にあるメニューを使用して、削除する情報の期間([すべて] )を選択します。 [閲覧履歴データを消去する] をクリックします。 Google Chromeを再起動します。 Safariを起動して、メニューバーの [Safari] をクリックし、 [環境設定... ] をクリックします。 メニューバーの [開発] をクリックし、 [キャッシュを空にする] をクリックします。 Flash Player のインストール状況をチェックします。 からインストール状況を確認してください。 ご使用中のブラウザ等を確認し、該当の方法でインストールや設定をしてください。 Flash Player をダウンロードする必要がある場合、ダウンロードページに表示される指示に従って、Flash Player をインストールしてください。 尚、主要なブラウザにおける案内は下記の通りです(内容は更新される場合があります)。 Google Chrome については• Edge については• Internet Explorer については• Safari については Viewpoint Media Playerのインストール方法 3Dコンテンツをご覧になる際、Viewpoint Media Playerが必要となります。 以下の方法でViewpoint Media Playerをインストールしてください。 インストール手順 <Internet Explorer 11>• 「インターネットオプション」の「詳細設定」タブをクリックします。 「設定」の「セキュリティ - TLS1. 2の使用」をチェックします。 「OK」をクリックし、インターネットオプションを閉じます。 <Edge>• 「コントロールパネル」内の「ネットワークとインターネット」をクリックします。 「インターネットオプション」をクリックします。 以下の、「インターネットオプション」が開かれます。 以後、「TLS1. 2を有効にする設定 - <Internet Explorer 11>」の2. から4. の手順を実施してください。 <Chrome>• 設定画面にて「詳細設定」をクリックします。 「システム」の「プロキシ設定を開く」をクリックします。 以下の、「インターネットオプション」が開かれます。 以後、「TLS1. 2を有効にする設定 - <Internet Explorer 11>」の2. から4. の手順を実施してください。 <Safari> 設定の必要はありません。 ブラウザのバージョンをver7以降の最新版に更新してご利用ください。 <Internet Explorer 11>• 「インターネットオプション」の「プライバシー」タブをクリックします。 「設定」の「詳細設定」をクリックします。 「ファーストパーティのCookie」、「サードパーティーのCookie」をそれぞれ「承諾する」に設定、「常にセッションCookieを許可する」をクリックしてチェックボックスをつけてください。 最後に「OK」をクリックしてください。 「OK」をクリックし、インターネットオプションを閉じます。 <Edge>• 「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。 「Cookie」の「Cookieをブロックしない」を選択します。 <Chrome>• 設定画面にて「詳細設定」をクリックします。 「プライバシーとセキュリティ」の「サイトの設定」をクリックします。 「サイトの設定」の「Cookie」をクリックします。 「Cookie」の「サイトにCookieデータの保持と読み取り許可する(推奨)」を有効にして完了です。 <Safari>• 「環境設定」をクリックします。 環境設定画面にて「プライバシー」をクリックします。 「CookieとWebサイトのデータ」を「常に許可」を選択して完了です。 信頼済みサイトの登録 <Internet Explorer 11>• 「インターネットオプション」の「セキュリティ」タブをクリックします。 「セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。 」の「信頼済みサイト」をクリックします。 「サイト」をクリックします。 d-library. 「閉じる」をクリックします。 「OK」をクリックし、インターネットオプションを閉じます。 <Edge> Microsoft Edgeの仕様として信頼済みサイトの登録を行うことが出来ないため、本設定を適用することは出来ません。 <Chrome>• 設定画面にて「詳細設定」をクリックします。 「システム」の「プロキシ設定を開く」をクリックします。 以下の、「インターネットオプション」が開かれます。 以後、「信頼済みサイトの登録 - <Internet Explorer 11>」の2. から7. の手順を実施してください。 <Safari> Safariの仕様として信頼済みサイトの登録を行うことが出来ないため、本設定を適用することは出来ません。 キャッシュクリアの方法 <Internet Explorer 11>• ブラウザ右上の「歯車マーク」をクリックしてください。 「インターネットオプション」をクリックしてください。 [メニューバー] > [ツール] > [インターネットオプション]の手順でもOK• インターネットオプションウィンドウが開くので、「全般」タブをクリックしてください。 そして、閲覧の履歴の「削除」ボタンをクリックします。 閲覧の履歴の削除ウィンドウが開きますので、削除項目の選択をします。 ・必ずチェックを外す項目 「お気に入り Web サイト データを保持する」 ・必ずチェックを入れる項目 「インターネット一時ファイル」 「Cookie」 「履歴」• 上記のチェックを確認したら、「削除」をクリックします。 インターネットオプションの画面に戻るので、「OK」をクリックします。 Internet Explorerを再起動します。 <Edge>• ブラウザ右上の「歯車マーク」をクリックしてください。 「インターネットオプション」をクリックしてください。 [メニューバー] > [ツール] > [インターネットオプション]の手順でもOK• インターネットオプションウィンドウが開くので、「全般」タブをクリックしてください。 そして、閲覧の履歴の「削除」ボタンをクリックします。 閲覧の履歴の削除ウィンドウが開きますので、削除項目の選択をします。 ・必ずチェックを外す項目 「お気に入り Web サイト データを保持する」 ・必ずチェックを入れる項目 「インターネット一時ファイル」 「Cookie」 「履歴」• 上記のチェックを確認したら、「削除」をクリックします。 インターネットオプションの画面に戻るので、「OK」をクリックします。 Edgeを再起動します。 <Chrome>• ブラウザのツールバーにあるChromeメニュー をクリックします。 [ツール] もしくは[その他ツール] を選択します。 [閲覧履歴を消去] をクリックします。 表示されるダイアログで、削除する情報の種類のチェックボックスをオンにします。 上部にあるメニューを使用して、削除する情報の期間([すべて] )を選択します。 [閲覧履歴データを消去する] をクリックします。 Google Chromeを再起動します。 <Safari>• Safariを起動して、メニューバーの [Safari] をクリックし、 [環境設定... ] をクリックします。 メニューバーの [開発] をクリックし、 [キャッシュを空にする] をクリックします。 ご利用ガイド.

次の

熊本県点字図書館

図書館 熊本市

利用者IDは図書館カード番号、パスワードは図書館利用にご使用のパスワードです(パスワードの初期値は生年月日の下4桁です。 メールを登録されていない方は、マイページにログインしてご確認ください。 動作環境 動作環境は次のとおりです。 2を有効にしてご利用ください。 <Mac PC > OS:Mac OS X 10. (「プライベートブラウズ」が設定されているとブラウザーメニュー枠がグレーで表示されます。 (「プライベートブラウズ」が設定されているとブラウザーメニュー枠がグレーで表示されます。 ) <Android> OS:Android 4. 資料を借りる 「借りる」ボタンを押すと、資料を借りることができます。 なお、資料を借りるにはログインする必要があります。 図書館から発行された利用者IDとパスワードを入力してログインしてください。 パスワードを変更の上、当電子図書館をご利用下さい。 ダイアログが表示されたら貸出は完了です。 貸出状況の詳細は、マイページの借りている資料一覧で確認してください。 資料によっては、借りる前に試し読みをすることができるものもあります。 試し読みをしたい場合は、「試し読み」ボタンを押してください。 なお、試し読みをする場合にもログインする必要があります。 ・メニュー メインメニューを表示します。 ・タイトル名表示 開いている本のタイトル名が表示されています。 また、スライドバー上をクリック(タップ)して該当のページに移動することもできます。 ・次へ/前へ 「次へ」は現在の位置から次の章(見出し)に移動することができます。 「前へ」をクリックすると、移動する前のページに戻ることができます。 ・拡大表示 画面を2倍に拡大して表示します。 ダブルクリック(ダブルタップ)すると元の大きさに戻ります。 ・設定 このアイコンをクリック(タップ)すると、サブメニューが表示され、ビューワの設定を変更することができます。 もう一度このアイコンをクリック(タップ)すると、サブメニューが消えます。 ・本を閉じる ビューワを閉じる際にクリック(タップ)してください。 メインメニューの表示方法 検索方法• 検索アイコンをタップすると、画面上部に検索文字を入力エリアが表示されます。 入力エリアをクリック(タップ)し、検索したい文字を入力します。 キーボードのリターンキー、もしくは右側に表示される「虫めがね」ボタンをクリック(タップ)すると、検索を実行します。 検索結果一覧が表示されます。 該当の文字列をクリックすると、その文字列がある本文が表示されます。 一覧に戻る際は、メインメニューを表示し「本文検索」をクリック(タップ)してください。 検索結果一覧から本文に戻る際は、左上の「戻る」をクリック(タップ)してください。 操作速度をはやくする場合は、「画面効果」を「オフ」にしてください。 ・マウスガイド マウスをメニュー内のボタンにもってくると、ボタンの説明を表示します。 ・外部リンク確認 コンテンツ内から外部サイトに移動する際に確認画面が表示されます。 ・高画質画像 本の表示品質を設定することができます。 画質を優先される場合には、「高画質画像」を「ON」に、速度を優先される場合には「OFF」と設定してください。 ・画像のシャープネス 解像度の低いノートPCなどでビューワをご利用になった場合、画像がぼやけて表示される場合があります。 この設定を有効 ON にすると、画像を従来表示よりシャープな画質で表示されます。 ・見開き表示 端末を横持ちにして表示するとき、ページを見開きに表示します。 ・速度 自動ページ送りの速度を変更します。 5段階の設定が可能です。 ・繰り返し 自動ページ送りに最終ページ表示後、自動的に最初のページに戻り、自動ページ送りを継続します。 ・リセット このボタンをクリック(タッチ)することで、各設定が初期値に戻ります。 各初期値は以下のとおりです。 ・「設定を反映」ボタン 「設定を反映」ボタンをクリック(タッチ)することで各設定が反映され、設定画面が閉じます。 本文中の任意の文章に、ハイライトとメモをつけることができます。 ・メインメニュー中、「目次・しおり・メモ」ボタンをクリック(タップ)してください。 ・該当の本についているメモが表示されるので、ご覧になるメモをクリック(タップ)してください。 サブメニューが表示され、メモ内容が閲覧できます。 ・サブメニューには「編集」、「削除」のボタンが表示されるので、メモ内容を変更する場合は「編集」を、削除する場合は「削除」をクリック(タップ)してください。 ・メモは1件あたり最大100文字、1冊あたり20件のメモを設定することができます。 ・メモは本を返却するまで保存されます。 ログインしないで読むことができる本では、ビューワを閉じるまで保存されます。 しおり機能の使い方 任意のページに、しおりを設定することができます。 なお、先ほどご説明したメモ機能とは違い、メモを入力することはできません。 しおりのつけ方• ・メインメニュー中、「目次・しおり・メモ」ボタンをクリック(タップ)してください。 ・該当の本についているしおりが表示されるので、クリック(タップ)するとしおりのついたページが表示されます。 ・「しおりを削除しますか?」とメッセージが表示されるので、「OK」をクリック(タップ)してください。 ・1冊あたり20件のしおりを設定することができます。 ・しおりは本を返却するまで保存されます。 ログインしないで読むことができる本では、ビューワを閉じるまで保存されます。 音声読み上げ機能の使い方 音声読み上げ機能について <ブラウザーキャッシュクリアの方法(Internet Explorer 9~11)>• ブラウザ右上の「歯車マーク」をクリックしてください。 「インターネットオプション」をクリックしてください。 [メニューバー] > [ツール] > [インターネットオプション]の手順でもOK• インターネットオプションウィンドウが開くので、「全般」タブをクリックしてください。 そして、閲覧の履歴の「削除」ボタンをクリックします。 閲覧の履歴の削除ウィンドウが開きますので、削除項目の選択をします。 ・必ずチェックを外す項目 「お気に入り Web サイト データを保持する」 ・必ずチェックを入れる項目 「インターネット一時ファイル」 「Cookie」 「履歴」• 上記のチェックを確認したら、「削除」をクリックします。 インターネットオプションの画面に戻るので、「OK」をクリックします。 Internet Explorerを再起動します。 ブラウザのツールバーにあるChromeメニュー をクリックします。 [ツール] もしくは[その他ツール] を選択します。 [閲覧履歴を消去] をクリックします。 表示されるダイアログで、削除する情報の種類のチェックボックスをオンにします。 上部にあるメニューを使用して、削除する情報の期間([すべて] )を選択します。 [閲覧履歴データを消去する] をクリックします。 Google Chromeを再起動します。 Safariを起動して、メニューバーの [Safari] をクリックし、 [環境設定... ] をクリックします。 メニューバーの [開発] をクリックし、 [キャッシュを空にする] をクリックします。 Flash Player のインストール状況をチェックします。 からインストール状況を確認してください。 ご使用中のブラウザ等を確認し、該当の方法でインストールや設定をしてください。 Flash Player をダウンロードする必要がある場合、ダウンロードページに表示される指示に従って、Flash Player をインストールしてください。 尚、主要なブラウザにおける案内は下記の通りです(内容は更新される場合があります)。 Google Chrome については• Edge については• Internet Explorer については• Safari については Viewpoint Media Playerのインストール方法 3Dコンテンツをご覧になる際、Viewpoint Media Playerが必要となります。 以下の方法でViewpoint Media Playerをインストールしてください。 インストール手順 <Internet Explorer 11>• 「インターネットオプション」の「詳細設定」タブをクリックします。 「設定」の「セキュリティ - TLS1. 2の使用」をチェックします。 「OK」をクリックし、インターネットオプションを閉じます。 <Edge>• 「コントロールパネル」内の「ネットワークとインターネット」をクリックします。 「インターネットオプション」をクリックします。 以下の、「インターネットオプション」が開かれます。 以後、「TLS1. 2を有効にする設定 - <Internet Explorer 11>」の2. から4. の手順を実施してください。 <Chrome>• 設定画面にて「詳細設定」をクリックします。 「システム」の「プロキシ設定を開く」をクリックします。 以下の、「インターネットオプション」が開かれます。 以後、「TLS1. 2を有効にする設定 - <Internet Explorer 11>」の2. から4. の手順を実施してください。 <Safari> 設定の必要はありません。 ブラウザのバージョンをver7以降の最新版に更新してご利用ください。 <Internet Explorer 11>• 「インターネットオプション」の「プライバシー」タブをクリックします。 「設定」の「詳細設定」をクリックします。 「ファーストパーティのCookie」、「サードパーティーのCookie」をそれぞれ「承諾する」に設定、「常にセッションCookieを許可する」をクリックしてチェックボックスをつけてください。 最後に「OK」をクリックしてください。 「OK」をクリックし、インターネットオプションを閉じます。 <Edge>• 「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。 「Cookie」の「Cookieをブロックしない」を選択します。 <Chrome>• 設定画面にて「詳細設定」をクリックします。 「プライバシーとセキュリティ」の「サイトの設定」をクリックします。 「サイトの設定」の「Cookie」をクリックします。 「Cookie」の「サイトにCookieデータの保持と読み取り許可する(推奨)」を有効にして完了です。 <Safari>• 「環境設定」をクリックします。 環境設定画面にて「プライバシー」をクリックします。 「CookieとWebサイトのデータ」を「常に許可」を選択して完了です。 信頼済みサイトの登録 <Internet Explorer 11>• 「インターネットオプション」の「セキュリティ」タブをクリックします。 「セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。 」の「信頼済みサイト」をクリックします。 「サイト」をクリックします。 d-library. 「閉じる」をクリックします。 「OK」をクリックし、インターネットオプションを閉じます。 <Edge> Microsoft Edgeの仕様として信頼済みサイトの登録を行うことが出来ないため、本設定を適用することは出来ません。 <Chrome>• 設定画面にて「詳細設定」をクリックします。 「システム」の「プロキシ設定を開く」をクリックします。 以下の、「インターネットオプション」が開かれます。 以後、「信頼済みサイトの登録 - <Internet Explorer 11>」の2. から7. の手順を実施してください。 <Safari> Safariの仕様として信頼済みサイトの登録を行うことが出来ないため、本設定を適用することは出来ません。 キャッシュクリアの方法 <Internet Explorer 11>• ブラウザ右上の「歯車マーク」をクリックしてください。 「インターネットオプション」をクリックしてください。 [メニューバー] > [ツール] > [インターネットオプション]の手順でもOK• インターネットオプションウィンドウが開くので、「全般」タブをクリックしてください。 そして、閲覧の履歴の「削除」ボタンをクリックします。 閲覧の履歴の削除ウィンドウが開きますので、削除項目の選択をします。 ・必ずチェックを外す項目 「お気に入り Web サイト データを保持する」 ・必ずチェックを入れる項目 「インターネット一時ファイル」 「Cookie」 「履歴」• 上記のチェックを確認したら、「削除」をクリックします。 インターネットオプションの画面に戻るので、「OK」をクリックします。 Internet Explorerを再起動します。 <Edge>• ブラウザ右上の「歯車マーク」をクリックしてください。 「インターネットオプション」をクリックしてください。 [メニューバー] > [ツール] > [インターネットオプション]の手順でもOK• インターネットオプションウィンドウが開くので、「全般」タブをクリックしてください。 そして、閲覧の履歴の「削除」ボタンをクリックします。 閲覧の履歴の削除ウィンドウが開きますので、削除項目の選択をします。 ・必ずチェックを外す項目 「お気に入り Web サイト データを保持する」 ・必ずチェックを入れる項目 「インターネット一時ファイル」 「Cookie」 「履歴」• 上記のチェックを確認したら、「削除」をクリックします。 インターネットオプションの画面に戻るので、「OK」をクリックします。 Edgeを再起動します。 <Chrome>• ブラウザのツールバーにあるChromeメニュー をクリックします。 [ツール] もしくは[その他ツール] を選択します。 [閲覧履歴を消去] をクリックします。 表示されるダイアログで、削除する情報の種類のチェックボックスをオンにします。 上部にあるメニューを使用して、削除する情報の期間([すべて] )を選択します。 [閲覧履歴データを消去する] をクリックします。 Google Chromeを再起動します。 <Safari>• Safariを起動して、メニューバーの [Safari] をクリックし、 [環境設定... ] をクリックします。 メニューバーの [開発] をクリックし、 [キャッシュを空にする] をクリックします。 ご利用ガイド.

次の