ドメスティック バイオレンス 相談。 ドメスティックバイオレンス・DV加害と被害

ドメスティック・バイオレンス(DV)総合相談窓口

ドメスティック バイオレンス 相談

男女共同参画推進センター(愛称:With You さいたま)では、を実施しています。 電話:048-601-2175• 電話番号:0120-279-889• : 12時~22時まで• 各市町村でも相談に応じています。 詳細については各市町村へお問い合わせください。 埼玉県福祉事務所(下記の4機関)• 東部中央福祉事務所 048-737-2359• 西部福祉事務所 049-283-6800• 北部福祉事務所 0495-22-0101• 秩父福祉事務所 0494-22-6228 埼玉県警察犯罪被害者相談センター• 問い合わせ : 0120-381858• 問い合わせ : 048-822-9110又は#9110(ダイヤル回線及び一部のIP電話不可)• 受付時間等 : 24時間受付(夜間及び土日祝日・年末年始は当直対応) 最寄りの警察署• 全国のDV相談窓口案内• 外国人のかたの相談窓口 日本語でのコミュニケーションに不安のある方は、こちらの相談窓口にご連絡ください。

次の

配偶者等からの暴力で悩んでいませんか

ドメスティック バイオレンス 相談

ドメスティック・バイオレンス(DV)についての相談窓口• 女性のためのDV相談(こども家庭支援課) 電話:046-822-8307/相談日時:月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く)10時00分~16時00分 来所相談は予約制になります。 お電話でお申し込みください。 その他のご相談は下記をご利用ください。 夜間や休日に相談したい方は、 「女性のためのDV相談窓口」月曜日~金曜日の9時~21時(祝日、年末年始を除く)、土曜日・日曜日の9時~17時 祝日、年末年始を除く /電話0466-26-5550、 及び「女性への暴力相談【週末ホットライン】」土曜日・日曜日の17時~21時(祝日、年末年始を除く)、祝日の9時~21時(年末年始を除く)/電話045-451-0740をご利用ください。 男性の方の相談は、 「男性被害者相談窓口」月曜日~金曜日の9時~21時 祝日、年末年始を除く /電話0570-033-103 または「DVに悩む男性のための相談窓口」月曜日・木曜日(祝日、年末年始を除く)の18時~21時/電話0570-783-744をご利用ください。 外国語での相談をご希望の方は、 「多言語による相談窓口」月曜日~土曜日の10時~17時(年末年始を除く)/電話090-8002-2949をご利用ください。 対応言語は英語、中国語、韓国・朝鮮語、スペイン語、ポルトガル語、タガログ語、タイ語です。 緊急の場合(市役所閉庁時)は、 警察署生活安全課にご連絡下さい。 市内警察署代表番号/046-822-0110、046-844-0110、046-861-0110 DV(domestic-violence/ドメスティック・バイオレンス)とは、家庭内暴力のことで、主に配偶者や恋人など親密な関係にある、またはあった者からふるわれる暴力のことをさします。 DVの形態には、殴る・蹴るなどの身体的暴力や無視・物を投げつける・大声で怒鳴るなどの精神的暴力、性行為を強要する・避妊に協力しないなどの性暴力、生活費を渡さないなどの経済的暴力、親兄弟や友人との付き合いや外出を制限する・メールのチェックをするなどの社会的暴力があります。 また、それぞれが複雑に絡み合って起きますので、問題は一様ではありません。 暴力はあくまでも加害者に責任があり、親しい間柄であっても許されるものではありません。 また、児童福祉法においては、子どもの目の前でDVが行われることは子どもへの虐待になるとされています。 各機関において、安全確保のための支援や自立した生活のための支援を行っています。 ひとりで悩まず、まずご相談ください。

次の

DV(ドメスティック・バイオレンス) 新潟市

ドメスティック バイオレンス 相談

DV(ドメスティック・バイオレンス)等の相談支援について DV(ドメスティック・バイオレンス)とは DV(ドメスティック・バイオレンス)とは「配偶者や内縁の夫・妻、恋人など親密な関係にある、又はあった者から振るわれる暴力」のことです。 配偶者やパートナーからの暴力は、DV(ドメスティック・バイオレンス)といわれ、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害で、決して許されるものではありません。 大人だけの問題ではなく、中・高生や大学生など、未成年者の間でも起こります。 被害者の多くが女性で、深刻な社会問題になっています。 このような暴力は、家庭内で起こることが多く、その子どもの身体や精神にも深刻な影響をもたらします。 さらに、暴力が子どもに向けられたり、両親の暴力を目の当たりにした子どもにも深刻な影響を与えてしまう可能性があります。 DV(ドメスティック・バイオレンス)の例• 身体的暴力:殴る、蹴る、髪を引っ張る、包丁を突きつける、首を絞める など• 精神的暴力:大声で怒鳴る、無視する、行動を監視する など• 性的暴力:性行為を強要する、避妊に協力しない など• 経済的暴力:生活費を渡さない、働かせない など 富士市配偶者暴力相談支援センター 富士市では、DV(ドメスティック・バイオレンス)被害者からの相談、自立に向けて総合的に支援するための窓口として「富士市配偶者暴力相談支援センター」を設置しています。 被害者の女性に対して、女性相談員が電話や面接による相談、その他の様々な情報を提供します。 あなたが暴力等に悩んでいるなら一人で悩まずに、まずご相談ください。 周りに悩んでいる人がいたら、相談窓口を教えてあげてください。 秘密は厳守します。 相談専用電話 0545-51-1128 相談日 月曜日から金曜日(祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)を除く) 相談時間 8時30分から17時15分 その他の注意事項 面接での相談は、電話でご予約ください。 休日や夜間などの緊急の場合は、警察へご連絡ください。 第二次富士市DV対策基本計画 富士市では、「DVを許さない 安心して暮らせるまち ふじ」を基本理念とし、「富士市配偶者等からの暴力防止及び被害者支援に関する基本計画(第二次富士市DV対策基本計画)」を策定しました。 PDF 910KB 関連機関へのリンク 内閣府男女共同参画局• あざれあナビ• 富士市での相談窓口• その他の相談窓口•

次の