さやえんどう 種類。 緑黄色野菜リスト一覧【緑黄色野菜を使った料理レシピも掲載!】

【エンドウの種類】サヤエンドウとスナップエンドウの違いわかりますか?

さやえんどう 種類

スポンサードリンク エンドウ豆とグリーンピースの違いは何? エンドウ豆とグリーンピースの違いを説明する前に、先ずは、それぞれどんな豆なのか説明しますね。 エンドウ属の豆とは? マメ科の中に「エンドウ」という種類があります。 それがエンドウ豆です。 因みに、他のマメ科の中に「ダイズ」や「ヒヨコマメ」といった種類の豆があります。 2種類のエンドウ豆の違い? エンドウという種類は、「さやの硬さで2種類に分類」されています。 一つは、「硬莢種(こうきょうしゅ)」という生食しない種類。 エンドウ豆とグリーンピースの違いは? そして、今回の本題「エンドウ豆とグリーンピースの違い」についてです。 どちらも緑色の豆を食べますよね。 どちらも、成長した軟莢種の実(種)の事なのです。 つまり、どちらも同じ「エンドウ」の豆なのです。 それでは、呼び名の違うエンドウ豆とグリーンピースの違いはどこにあるのでしょうか? エンドウ豆の発祥地はどこ? 原産地は西アジアから地中海東付近と言われています。 エジプト方面では古代から食べていました。 それがヨーロッパに「緑色の豆= グリーンピース」として広まり、北米に進出した際、このエンドウ豆が広まりました。 一方、アジアに広まったのは、紀元前200年頃のウズベキスタン東部から漢に伝わります。 ウズベキスタンを漢語で大宛国と呼び「宛(えん)の豆= 宛豆(えんどう)」と名付けられました。 そして、中国には約5世紀頃、エンドウ豆が広まります。 日本には平安時代の9~10世紀頃、伝わりました。 つまり、日本の「エンドウ豆」は中国から来た呼び名、「グリーンピース」はヨーロッパを経由して太平洋を越えて伝わった、言葉の違いということになります。 次は、えんどう豆ときぬさやの違いを説明します。 えんどう豆と絹さやはどこが違う? 「きぬさや」という豆があります。 そして、緑色の豆を食べるのは軟莢種で、グリーンピースやエンドウ豆の事ですよね。 そのグリーンピースやエンドウ豆が 成長する前の状態が「きぬさや」となります。 実エンドウとさやエンドウ? 実(豆)を食べる場合と、さやごと食べる場合があります。 これは、種類の違いではなく、豆を「早摘みする」か「成熟させる」かの違いです。 つまり 「同じ豆の摘み取る時期の違い」がきぬさやとエンドウ豆の違いとなります。 次は、エンドウ豆の種類を説明します。 スポンサードリンク えんどう豆とはどんな種類がある? 何度も出てくる「軟莢種」がさや事、生の豆に火を通して食べる種類と紹介しましたがどんな種類があるのでしょうか?また、硬莢種とはどんな食べ方をする種類の豆なのでしょうか? 軟莢種のエンドウ豆の種類は? 実は、エンドウの種類はそんなに多くはありません。 「ウスイエンドウ」「オランダエンドウ」「スナップエンドウ」「サトウエンドウ」「ツタンカーメン」などがあります。 どれも、生豆に火を通して食べるか、さやごと食べます。 硬莢種のエンドウ豆の種類は? この種類の豆は、主に乾燥させて食べるときに水で戻す豆の種類です。 代表的な豆の種類は「アオエンドウ」「アカエンドウ」などがあります。 例えば、アオエンドウは、日本では煎り豆やヨーロッパ方面ではスープの具になっています。 アカエンドウは、濃い赤色をしていて、みつまめに入っている茹でた赤い豆でおなじみではないでしょうか。 最後に一言 豆の種類はウスイやツタンカーメンなどがあり、若いエンドウ豆がきぬさや、熟した豆の日本語がエンドウ豆で英語でグリーンピースということです。 そして、チャーハンやシューマイのグリーンピースはエンドウ豆で、みつまめの赤い豆を見てもエンドウ豆ということです。 それでは、エンドウ豆を食べるときの話のネタにしてみてはいかがでしょうか。

次の

さやえんどう サヤエンドウ

さやえんどう 種類

絹さや えんどうを早採りしたもので、さやが柔らかく小型のもの。 筋をとってからゆで、ちらし寿司やお弁当の彩りにするほか、和え物やサラダにしたり、卵とじや煮物、炒め物、スープに利用できます。 スナップエンドウ さやと実の両方を食べられる種類です。 さやは肉厚で食感がよく、実は甘い。 筋をとってからゆでて、そのままマヨネーズをつけて食べるのが一般的。 サラダのほか煮物や炒め物にも向いています。 さとうさや 見た目は絹さやよりも豆がふっくらして、 スナップエンドウよりも皮が薄く、サヤの表面に豆のふくらみがしっかり現れているのが特徴。 スナップエンドウ同様さやごと食べられ、甘みが強い。 サラダのほか、煮物や炒めものにも向いています。 さやえんどうを使ったレシピ.

次の

いんげんとえんどうの種類!違いは?

さやえんどう 種類

Contents• さやえんどうとは? さやえんどうは豆科です。 別名「絹さや」とも呼ばれ、 料理の色どりや歯ざわりを 楽しむ食材として調理されます。 さやえんどうは、中に豆が大きくなる前の 早い段階で収穫し、さやごと食べれる野菜です。 豆が少し生長したものが 「グリンピース」であり、 大きく生長したものが 「えんどう豆」となりますが 各々含まれる栄養素が異なります。 グリンピースは成長した分、 たんぱく質、ビタミンB群、 食物繊維などが多くなっています。 たんぱく質や糖質、 に関しては倍以上になります。 3月から6月ころがおいしい旬の時期で、 和え物や煮物、炒め物などがおススメです。 ちなみに、大量の熱湯で さっと茹でると鮮やかな緑色になります。 さやえんどうの栄養素・栄養成分 さやえんどうが低カロリーであり、 1パック食べても過剰摂取に なりにくいことがわかったところで 栄養素・栄養成分を見ていきましょう。 これはグリーンピースや そら豆の約2倍に相当します。 があり、 怪我をした時の出血を固める効能があります。 また、骨にが沈着するのを 助けるので骨粗鬆症の予防へも 期待ができる栄養素です。 モリブデンは豆類などに多く含まれており、 さやえんどうはその中では少なめですが、 野菜類の中では比較的、含有量が多いです。 大豆製品を使った煮物などの彩りに使うと、 モリブデンの摂取が効率よくできるでしょう。 モリブデンは鉄の働きを助ける効能があります。 さやえんどうの栄養素・栄養成分:ビタミンC さやえんどう100g中に ビタミンCは60mg含まれています。 ビタミンCの1日の摂取推奨量は、 成人男女で100mgですので、 半分以上のビタミンCが摂れます。 煮物の彩りなどに使用する場合は、 一度に多くの量は食べられないので、 ソテーなどにして食べるのがおすすめです。 ちなみに、昔と比べると、 今の野菜は栄養価が落ちているといわれますが、 50年程前と比べると、 さやえんどうのビタミンCは 約3倍にも増えているそうです。 さやえんどうの効果・効能 さやえんどうは上記で説明した 栄養素以外にもビタミンB群も含まれ、 体に良い影響を与えてくれます。 今度は具体的な効果効能を見ていきましょう。 抗酸化作用とは、体内に増えすぎた活性酸素によって 細胞が錆びるのを防ぐ効果のことです。 人間の体は 日常生活でストレスや 紫外線を受ける事で活性酸素が 大量に生成されます。 そのため、肌や血管の免疫力の低下で シワやシミなどのお肌トラブルや 老化の原因につながります。 さやえんどうの抗酸化作用により アンチエイジングや動脈硬化の改善、 そこから発生する脳梗塞や心筋梗塞などの 生活習慣病を予防することができます。 お肌の改善や美肌については、 の記事に肌に良い食べ物や食材を まとめましたので、読んでみてください! さやえんどうは疲労回復効果がある!? さやえんどうには 疲労回復効果が期待できる 「アスパラギン酸」が多く含まれています。 アスパラギン酸とはアミノ酸の1つで、 疲労物質である乳酸の分解を促進し、 エネルギーに変える効能があります。 さらにさやえんどうには ビタミンB群が豊富に含まれています。 エネルギーの代謝に必要な栄養素なので、 不足すると疲れやすくなってしまいます。 また、 たんぱく質が筋肉の回復に必要ですが、 さやえんどうの豆の部分にはたんぱく質が含まれるため、 これらの栄養素により高い 疲労回復効果を得ることができます。 さやえんどうで便秘解消! さやえんどうには、 女性には心強い便秘解消に活躍してくれます。 それはさやえんどうに含まれる 食物繊維が関係しています。 食物繊維は 「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の 2種類ありますが、 さやえんどうには、 不溶性食物繊維が比較的に多いです。 そのため、 腸内の水分を吸収し 便の量を増すことで腸の動きが活発になるため、 排便を促す効能があります。

次の