横浜 系 ラーメン。 横浜家系らーめん|つけ麺・らーめん春樹

家系ラーメン

横浜 系 ラーメン

山形「龍上海本店」 昭和35年誕生の味 元祖"からみそラーメン"。 創業から、はや半世紀。 今なお地元から愛され続ける銘店。 北海道・利尻島「利尻らーめん味楽」 日本三大昆布「利尻昆布」をふんだんに使った「焼き醤油ラーメン」は旨味が凝縮した極上の一杯です。 カナダ・トロント「RYUS NOODLE BAR」 長時間かけて抽出した鶏の旨味と野菜ポタージュの甘味、そして凝縮した魚介のコクが調和した鶏白湯は、日本では味わえない、まさに"カナディアン鶏白湯"。 熊本「こむらさき」 ラーメンに焙煎ニンニクを初めて入れたお店。 一番人気は多彩な具材の「王様ラーメン」。 博多・薬院 「八ちゃんラーメン」 1968年の創業以降、本店のみでの営業を続けています。 夜21時~深夜2時半のみという高いハードルの営業時間にも関わらず、 地元のみならず県外からも連日連夜多くの人が訪れている銘店です。 沖縄「琉球新麺 通堂」 沖縄の食材を活かしたあっさりしながらもコクのある塩ラーメン。 スープを最後まで飲み干したくなる優しい味わいです。

次の

(2ページ目)【横浜】家系ラーメンのおすすめランキング最上位の人気店15選

横浜 系 ラーメン

山形「龍上海本店」 昭和35年誕生の味 元祖"からみそラーメン"。 創業から、はや半世紀。 今なお地元から愛され続ける銘店。 北海道・利尻島「利尻らーめん味楽」 日本三大昆布「利尻昆布」をふんだんに使った「焼き醤油ラーメン」は旨味が凝縮した極上の一杯です。 カナダ・トロント「RYUS NOODLE BAR」 長時間かけて抽出した鶏の旨味と野菜ポタージュの甘味、そして凝縮した魚介のコクが調和した鶏白湯は、日本では味わえない、まさに"カナディアン鶏白湯"。 熊本「こむらさき」 ラーメンに焙煎ニンニクを初めて入れたお店。 一番人気は多彩な具材の「王様ラーメン」。 博多・薬院 「八ちゃんラーメン」 1968年の創業以降、本店のみでの営業を続けています。 夜21時~深夜2時半のみという高いハードルの営業時間にも関わらず、 地元のみならず県外からも連日連夜多くの人が訪れている銘店です。 沖縄「琉球新麺 通堂」 沖縄の食材を活かしたあっさりしながらもコクのある塩ラーメン。 スープを最後まで飲み干したくなる優しい味わいです。

次の

【横浜】家系ラーメンのおすすめランキング最上位の人気店15選

横浜 系 ラーメン

、とお送りし、「神奈川淡麗系ラーメン探訪」の企画は今回で3回目を迎える。 おさらいではあるが、淡麗系ラーメンとは鶏ガラや魚介系食材を使った透き通ったスープのラーメンのこと。 塩としょうゆの2種類がある。 vol. 2では、南区にある「鶏喰(とりっく)」を取材 個人的に塩ラーメンや中華そばが大好きなので、「淡麗系ラーメンを探しに行きましょう」と編集部・小島からの電話を受けたときは、心の中でガッツポーズしたほどだ。 そこで今回ご紹介するのは、細ストレート麺を使用した至極の一杯を提供する都筑区の2店。 横浜市営地下鉄ブルーラインセンター北駅にある「くじら軒」とセンター南駅にある「ウミガメ食堂」だ。 奇しくも、両店とも海の生物が店名になっているので、こちらも深堀していこうと思う。 横浜発祥の人気ラーメン店「くじら軒」へ まず訪れたのは、センター北駅が最寄りの「くじら軒」だ。 東京駅八重洲口にある行列のできるラーメン店という認識だったが、実は横浜が発祥だった。 センター北駅から徒歩8分ほど くじら軒発祥の経緯は、社長の田村満儀(たむら・みつよし)さんが体調を崩し、勤めていた会社を辞めたことに始まる。 それを契機に長年夢だった大好きなラーメン屋さんを開きたい、やりたいことをやるなら今だ、と考え、退職して半年後の1996(平成8)年にこの地にオープンした。 その2年後には、子どもからシニアまで幅広い客層が訪れ、200人が並ぶ大人気店となった。 開店後、スープ売り切れのため、即閉店なんてこともざらだったという。 2代目として跡を継ぐ店長の田村芳明(たむら・よしあき)さん 挨拶もそこそこに、くじらで出汁を取っているんですか!! と食い気味で質問すると、「よく聞かれるのですが、使っていません(笑)」とのことだった。 名前の由来を伺うと、お父様である同店社長は泳ぎが得意で、くじらになって泳ぐ夢を何度も見たほどだったそうで、「自分はくじらの生まれ変わり」だとよく言っていたこともあり、くじら軒という店名になったという。 くじらの様に大きなお店に、という願いは現実に 店長の田村さんは、高校生の時からお店を手伝っていたそうで、ラーメン店を開く前から自宅でよくラーメンを作って食べさせてくれたお父様の背中を見て、将来は料理人になりたいと卒業後にイタリア料理店に就職した。 21歳の時にお店が忙しくなり、期間限定で開いていた北海道の小樽にあったくじら軒に立ち、現在は本店の店長として、今日まで先代の味を守り続けている。 同店のスープは寸胴1つから生みだされる 近年は魚介、動物系と別々にスープを取り、お客さんに提供する際に合わせる店が多いというが、同店ではスープは野菜、果物、魚介、動物系のすべてを1つの寸胴で煮込むのだ。 豚と鶏の割合は7:3 豚を多めにとることで、コクと深みがでるという。 煮込む時間は、3時間ほど。 長すぎても短すぎても完璧なスープにはならない。 どれか一つでも煮過ぎて、えぐみが出てしまえばたちまちスープは台無しになってしまう。 一度にたくさん作れない分、常にスープに意識を集中させ、味の変化を見逃さないように作られる。 ストレート麺はスピードが命 麺は博多ラーメンに使われるようなストレート麺。 旨味たっぷりのスープを吸えるように低加水麺にし、シャキッとした歯触りが特徴だ。 この味が少しでもブレてしまえば、渾身の一杯に大きく影響がでるという。 同店が一番神経を使っている所だ。 一番人気の「支那そば(濃口醤油)」は750円 透き通ったスープに細麺が泳ぐ 魚介のあっさりさを残しながらも、豚ガラのコクと鶏のまろやかさがスープに深みを与える。 そこに揚げニンニク、揚げショウガ、揚げネギをプラスして、味にパンチを加えている。 いただきます スープの味の均一さ、精密さに驚かされる。 スープだけで1つの料理として成立しているのだ。 圧倒される美味しさ シンプルな淡麗系のラーメンは、ごまかしが利かない。 麺、スープ、具材の全てを主張させ、バランス良くまとめ上げるのが店主の腕の見せどころ。 同店のラーメンはどの要素も欠けてはならない、計算され尽くされた一杯だった。

次の