目 の 病気 一覧。 命に関わる目の病気ってあるの?その危険性を知る!

目の症状(痛み・かゆみなど)からわかる病気一覧

目 の 病気 一覧

【症状】• 視野が欠ける(視野が欠損する)• 視野が狭くなる• 視力が低下する 先頭にもどる 【症状】• 虫が飛んでいるように見える• 黒い点や糸くずが見える 先頭にもどる 【症状】• 目が赤い(白目の周辺部が赤くなる) 先頭にもどる 【症状】• 物が歪んで見える 先頭にもどる 【症状】• 目のかすみ(霧がかかったように目がかすむ)• 光がまぶしい• 視力が低下する(小さな文字が読みにくい)• 急にめがねが合わなくなる。 水晶体が硬くなっているため、メガネが毎年あわなくなるという症状が現れることもある。 先頭にもどる 【症状】• まぶた(目の周りの筋肉)がピクピクする 先頭にもどる ・ 【症状】• 目の疲れが激しい• 視力が落ちる(視力低下)• 吐き気• 食欲不振 先頭にもどる 【症状】• 眼が乾く• 眼が疲れる• 眼が充血する• 眼が痛い• 目が痙攣する• 理由もなく涙が出る• 光がまぶしい• ひどくなると角膜や結膜に障害が起こる 先頭にもどる 【症状】• 遠くはよく見えるのに、近くがよく見えず疲れてしまう• 小さい字をみる時は、少し遠くに離すと見えやすくなる• (無理して近くにピントを合わせているため)• 最近では、長時間によるスマホの使用で、夕方頃になると老眼のような状態になる「」が、子供や30代の若い人の間でも増えつつあるようです。 先頭にもどる 【症状】• 物がかすんで見える• ものがぼやける 先頭にもどる 【症状】• 異物感()• 先頭にもどる 【症状】• 眼の調節機能が低下し、視力が落ちる 先頭にもどる 目の病気に良い栄養・食べ物 目の病気から目を守るためにも、日頃からサングラスで紫外線から目を守ったり、定期的に眼科で検査を受けるなども大切ですが、もっと積極的なアプローチとして普段の食事を見直してみてください。 注目されている栄養素としては、やアントシアニン(・)、、ビタミンC、ビタミンEなどです。 栄養バランスのよい食事に気をつけ、健康補助食品(・)などを活用してください。

次の

さまざまな目の病気について // ECP Medical Book //

目 の 病気 一覧

目の病気 アレルギー性結膜炎とは花粉や住まいの中にあるホコリが原因となって起こる眼のアレルギーのことをいい、発症の時期から季節性と通年性に分けられます。 脳の中の圧が高くなることが原因で、眼底にある視神経乳頭にむくみが起き、大きく腫れ上がり、充血した状態をうっ血乳頭といいます。 円錐角膜とは、角膜に起こる非炎症性変性疾患で、中央部の角膜が薄くなり、角膜が前方へ円錐状に突出していく病気です。 物を見る中心である黄斑の網膜に丸い穴(円孔)が開く病気。 外傷や他の病気に続発して起きる場合もありますが、多くは加齢によるものと考えられています。 黄斑上膜は網膜の表面に膜が形成される病気で、年齢とともに特別な原因がなく生じる特発性のものと、疾患から引き続いて生じる続発性のものがあります。 目を外側に動かす筋肉のことを外直筋と言い、その筋肉を動かす神経を外転神経と言います。 外転神経が何らかの原因で麻痺し、動かなくなる状態を外転神経麻痺と言います。 外傷によるものやウィルス、細菌感染等を起こすことで、角膜の組織が眼の表面部から欠けていく角膜潰瘍について。 角膜びらんとは角膜上皮障害のひとつで、角膜上皮の一部が剥がれてしまっている状態のことをいいます。 目を下に動かす筋肉のことを上斜筋と言い、その筋肉を動かす神経を滑車神経と言います。 滑車神経が何らかの原因で麻痺し動かなくなる状態を滑車神経麻痺と言います。 花粉症は、体内で作られる花粉の抗体が許容量を超えると、花粉に過敏に反応するようになって起きるアレルギー性疾患です。 花粉が目や鼻の粘膜に接触することでアレルギー症状が現われます。 加齢黄斑変性とは、網膜の中心部である黄斑が加齢に伴い網膜色素上皮の下に溜まった老廃物に障害される病気のことです。 眼窩の下方にある骨の壁(眼窩底)はとくに薄い構造になっており、眼球に外側から強い圧がかかり薄くなっている眼窩の下方が骨折する状態を眼窩底骨折といいます。 眼窩部分の脂肪組織に起こる炎症のことを眼窩蜂窩織炎と言い、小児に多く発症します。 上の瞼が何らかの原因により下がり、瞼が開きにくくなることで物が見えづらくなる状態のことを「眼瞼下垂」と言い、新生児から高齢者まで幅広く発症する疾患です。 眼球が自分の意思とは関係なく規則的に繰り返す往復運動のことを眼振(眼球振盪)といい、生理的なものと病的なものがあります。 眼内炎には細菌や真菌が手術の切開部や眼球の怪我から侵入する外因性のものと、原因菌が血流に乗って目に波及する内因性のものがあります。 強膜とは眼球の一番外側に当たる部分で、眼球内で一番強い構造になっており、この膜に炎症が起きている状態を強膜炎といいます。 結膜炎とは、原因にかかわらず結膜にできる炎症のことをいい、は感染性と非感染性の2つに大きく分けられます。 結膜下出血とは、結膜(白目)下の小さい血管が破れて出血したもので、白目部分がべったりと赤く染まります。 結膜は本来眼球の上下左右の動きに耐えられるよう適度なゆるみ(弛緩)があり、このゆるみが強くなった状態が結膜弛緩です。 瞼裂斑に炎症が起こることを瞼裂斑炎と言い、充血や痛み、隆起部分が大きくなるとゴロゴロした違和感や乾燥などの症状がでます。 眼に光が当たっていないのに関わらず、キラキラ・チカチカとした光の点滅を感じたり、暗い部屋で突然稲妻のような光が見える光視症について。 加齢により変質した硝子体が目の奥にある網膜から離れていく状態を硝子体剥離といいます。 細菌性角膜炎とは、細菌が原因で起きる角膜の炎症のことで、症状として強い目の痛み、大量の涙や眼脂(目やに)が出るなどがあります。 網膜にある視細胞がうまく機能しないと視力が低下したり、視野が狭くなるなどの異常が出るのと同様に、色覚も視細胞の機能次第で色を識別しにくくなります。 視神経炎とは、網膜が受けた視覚情報を脳に伝える神経である視神経の炎症により視機能障害を起こす病気です。 乳幼児期の視力の発達が妨げられることによりもたらされる、片眼または両眼の視力低下で、眼鏡でいくらピントを合わせても視力が出ない状態を弱視といいます。 片方の眼が見ようとする目標を見ているにも関わらず、もう片方の眼が目標と違う方向を向いている状態になる斜視について。 硝子体とは眼球の器官の一つで、99%以上が水でできているゼリー状の無色透明な組織です。 眼球内の出血が硝子体の中にたまった状態を硝子体出血といいます。 涙の通り道の鼻涙管が新生児の場合塞がっていることがあります。 鼻涙管がふさがっていると涙が鼻へと流れることができず、涙嚢内に涙が溜まり細菌感染して炎症を起こしてしまうことがあります。 これを新生児涙嚢炎といいます。 角膜内皮細胞の極度の減少により角膜に多量の水が溜まり、水疱ができる病気です。 中心性網膜炎とは物を見るのに重要な眼底の中心(黄斑)に水が溜まり、網膜剥離が発生する病気で、30代~50代の働き盛りの男性に多くみられます。 目の周りある、内直筋・上直筋・下直筋・下斜筋・上眼瞼挙筋・瞳孔括約筋を動かす神経を動眼神経と言い、その神経が何らかの原因で麻痺し、動かなくなる状態を動眼神経麻痺と言います。 糖尿病の三大合併症の一つとして挙げられるものが網膜症。 働き盛りの年代に発症しやすいと言われています。 自覚症状が乏しい為、疾患に気付かずそのまま失明に繋がる危険性があります。 ドライアイとは、眼の表面を覆ってゴミなどを洗い流したり、栄養を補給するなど眼を守るような働きをしている涙が少なくなること、また、涙の成分バランスが崩れる病気のことをさします。 白内障にかかった目 白内障とは眼をカメラに例えると、レンズの部分にあたる水晶体に、何らかの原因で濁りが生じた状態のこと。 物がぼやけたり、すりガラスを通したように霞んで見え、光を眩しく感じることもあります。 主な原因は加齢によるもので、40代辺りから発症し始めることが多く、80代以上ではほとんどの方に症状がみられるようになります。 白い壁や晴れた日の空などを見たとき、虫やゴミのような物が飛んで見えたり、雲のようなものが浮いて見えたりすることがあります。 このような症状を「飛蚊症」といいます。 鼻涙管閉塞は涙嚢から鼻涙管にかけての涙道(涙の通り道)が閉塞する疾患です。 ディスプレイを見ながらの作業を長時間続けることにより起こるVDT症候群について。 角膜内皮細胞に異常をきたす遺伝性の疾患で、欧米で多くみられ、日本人では稀とされています。 ぶどう膜とは、眼の部位である虹彩・毛様体・脈絡膜の総称で、これらの組織の一部あるいは全てに起こる炎症をぶどう膜炎といいます。 フリクテン性結膜炎は、角膜(黒目)や結膜(白目)に小さな白色の水泡ができる病気です。 ヘルペス性角膜炎とは、単純ヘルペスウイルスが角膜(いわゆる黒目)に感染することによって発症するものです。 網膜血管の成長が未熟なまま予定日よりも早く生まれた赤ちゃんは、網膜の血管が無秩序な発達を起こすことがあり、これを未熟児網膜症といいます。 目の網膜(光を感じる組織)に発生する悪性腫瘍のひとつを網膜芽細胞腫と言います。 眼の中で光を感じる網膜に異常がみられる網膜色素変性について。 症状としては夜盲・視野狭窄・視力低下の3つがあげられます。 網膜の静脈が詰まって出血を起こす病気で、高血圧や動脈硬化が主な原因と考えられます。 閉塞がひどい場合は、悪い血管が生じないようにする為にレーザー治療を行う必要があります。 また、黄斑部に出血や浮腫が強い場合は、手術を行います。 網膜中心動脈閉塞症は心筋梗塞などのように網膜中心動脈がなんらかの原因で詰ることで起こる病気です。 網膜剥離とは神経網膜が網膜色素上皮から分離した状態のことを言います。 まぶたの内側などが赤く腫れ、痛みや痒みを伴う病気です。 一般には「ものもらい」や「めばちこ」と呼ばれているものですが、この病気は大きく二つに分けることができます。 翼状片とは、結膜組織が黒目である角膜上に侵入してきてしまう病気で、原因の一つとして、紫外線や慢性刺激(埃など)による発症が挙げられています。 緑内障とは、高眼圧の為に視神経が障害され、視野欠損や視力低下といった症状が起こる病気です。 現時点では一度喪失してしまった視野を回復させることが困難な為、失明する危険性を強く伴います。 特に近年では緑内障発症世代が40歳前後と若年化していたり、患者数が増加する傾向がみられており、早期発見・早期治療が最も重要とされています。 このサイトでご紹介している病気や症状、治療方法については、代表的なものをご紹介していますが、実際の症状や治療方法などについては個人差があります。 症状などについてお心当たりのある場合は、眼科にて診察を受けてください。

次の

目の症状(痛み・かゆみなど)からわかる病気一覧

目 の 病気 一覧

スポンサーリンク 現在では、様々な病気がありますが、その中には原因不明でその治療が困難な病気も数多くあります。 このような病気には、厚生労働省によって難病と指定されて、その医療費が負担されるものもあります。 ここでは、目の病気で難病指定されているものを紹介します。 網膜色素変性症 網膜色素変性症は、眼の網膜に異常が現れる病気で遺伝性のあるものです。 暗闇で見えにくくなったり、視野が狭くなったりするような症状が多くなります。 進行すると視力の低下を招くようになります。 この病気には、網膜にある視細胞が障害を受けることで発症するとされています。 視細胞には、大きく分けて杆体細胞と錐体細胞の2種類あります。 網膜色素変性症は、この内の杆体細胞が障害されることが多いと考えられています。 この病気の発症率は、4000〜8000人に1人程度です。 遺伝子の変化によって発症することがわかっているものの、遺伝と分かるものは全体の半数程度です。 治療法については確立されておらず、対症療法的な治療が中心となります。 スポンサーリンク レーベル遺伝性視神経症 10〜20代の男性に多くの発症例が見られる病気です。 網膜の神経節細胞に異常をきたし、視力の低下や視野が欠けるようになります。 通常では、片方の眼に症状が起き、数週間〜数ヶ月後に残りの眼にも異常が現れるようになります。 視野が欠ける病気には緑内障もありますが、レーベル遺伝性視神経症では主に中心部の視野が欠けるようになります。 ただ、失明することはあまりないとされています。 原因としては、遺伝子の異常に併せて何らかの要因が重なるものと考えられています。 治療には、有効とされている薬が国内では認可されていないため、コエンザイムQ10のサプリメントが推奨されています。 現在では、このような目の病気が難病に指定されています。 いずれも視力の低下を招くものなので、急に見えづらくなった場合には、早めに眼科で診てもらうようにしましょう。 次はこちらの記事です。 スポンサーリンク.

次の