サイフォ ディアス。 ウィリアム・シェイクスピアの戯曲37作品一覧

スターウォーズのマスター・サイコディアスって何者ですか?ヨーダ...

サイフォ ディアス

に運ばれるサイフォ=ディアスの遺体 サイフォ=ディアスは以前にわずかながらの名声を得ていたである。 彼はマスター・の親友の1人でもあった。 の32年前、サイフォ=ディアスは、とそのマスター、ドゥークーの幻滅を予見し、やがて腐敗したがを争乱の時代へと送り出すだろうと認識していた。 また、彼はが内面に向かって後退していく様子をも予見しており、自身の立場を中立に保つことで、自己陶酔状態に陥っていたのである。 ドゥークーからオーダーを離れるという計画について聞かされたとき、自らもから距離を置いていたサイフォ=ディアスは彼の決断を支持したが、行動を共にしようとはしなかった。 彼は予見したビジョンについてと秘密の会合を行っており、来るべき脅威に備えるべく、を準備することで合意していたのである。 一方、を離れたはのへと転落し、と同盟を結んでいた。 彼はこのときからサイフォ=ディアスの行動について聞かされていたのである。 さらにシディアスは、サイフォ=ディアスが発注したクローン軍を自身の目的のために利用しようとしていることを明かしたのだった。 その後、ドゥークーはへの忠誠を示す最後の試練として親友であるサイフォ=ディアスを殺害し、マスターのためにこの計画のすべてを手に入れた。 また、彼はオーダーを離脱する間際に、のからの情報を削除していた。 これによって、計画の存在を知る者は、とだけとなったのである。 シディアスの真の目的は、クローン軍を使用するというパルパティーンの計画に対し、サイフォ=ディアスを隠れ蓑として利用することだったのだ。 その後、ドゥークーはに使われる遺伝子の提供者としてをへ向かわせた。 たちはサイフォ=ディアスが彼を選び、送り込んできたのだと信じて疑わなかったのである。 死後 死後のサイフォ=ディアス がの軍司令官、を化し、のとする計画に着手するまで、は旧友の遺体を数年にわたって冷凍保存していた。 そして彼は将軍への輸血にサイフォ=ディアスを利用する。 やがてグリーヴァスのサイボーグへの転生が成功に終わると、ドゥークーは彼に特別な贈り物として、サイフォ=ディアスの青色の光刃のを与えたのだった。 の22年前、に不穏なが渦巻くなか、の報告によって密かにが製造されていたことを知ったは、の説明に懐疑的だった。 しかし、は注意深く隠されたサイフォ=ディアスの交信記録を発見し、彼が正真正銘の発注者だったという事実を突き止める。 ジェダイ評議会はに対する徹底的な調査も行い、サイフォ=ディアスの計画も次々と明らかにされていった。 彼が確かにカミーノを訪れていたという物的証拠も見つかったのである(だが、彼ととの関係はついに発見されなかった)。 そしてが勃発すると、ついに姿を現したサイフォ=ディアスの軍隊はの要請に応じてと戦った。 だが3年後、この軍隊はを受け、を滅ぼすために使われることになる。 共和国を救うはずだった軍隊が、のジェダイに対する復讐の道具として利用されたのである。 外部リンク•

次の

「エピソード2 クローンの攻撃」掲示板

サイフォ ディアス

質問一覧• 神殿にいるというのは、下の動画のことでしょうか。 youtube. サイフォ=ディアス【Sifo-Dyas】ですね。 エピソード2の10年前に暗殺されたジェダイ・マスターです。 ドゥークーがジェダイだったころの友人で、惑星カミーノにクローン軍団を注文しました。 しかし、その後ド... 映画、前後の全編見ましたが出てこないような気がします。 スターウォーズEP3を観る前にEP2を再度観ました。 ひとつ疑問に思ったのですが、 クローン兵を発注したのってジェダイの サイフォディアスという人物でしたよね? でもオビワンは「 サイフォディアスは10年前に死んだ」と言っ... 質問に答えてくださっている方、ありがとうございます。 しつこいようですみませんね。 また、スターウォーズのエピソード2についてなのですが… クローン軍の発注を サイフォディアスというジェダイがしたということですが、彼...

次の

「エピソード2 クローンの攻撃」掲示板

サイフォ ディアス

に運ばれるサイフォ=ディアスの遺体 サイフォ=ディアスは以前にわずかながらの名声を得ていたである。 彼はマスター・の親友の1人でもあった。 の32年前、サイフォ=ディアスは、とそのマスター、ドゥークーの幻滅を予見し、やがて腐敗したがを争乱の時代へと送り出すだろうと認識していた。 また、彼はが内面に向かって後退していく様子をも予見しており、自身の立場を中立に保つことで、自己陶酔状態に陥っていたのである。 ドゥークーからオーダーを離れるという計画について聞かされたとき、自らもから距離を置いていたサイフォ=ディアスは彼の決断を支持したが、行動を共にしようとはしなかった。 彼は予見したビジョンについてと秘密の会合を行っており、来るべき脅威に備えるべく、を準備することで合意していたのである。 一方、を離れたはのへと転落し、と同盟を結んでいた。 彼はこのときからサイフォ=ディアスの行動について聞かされていたのである。 さらにシディアスは、サイフォ=ディアスが発注したクローン軍を自身の目的のために利用しようとしていることを明かしたのだった。 その後、ドゥークーはへの忠誠を示す最後の試練として親友であるサイフォ=ディアスを殺害し、マスターのためにこの計画のすべてを手に入れた。 また、彼はオーダーを離脱する間際に、のからの情報を削除していた。 これによって、計画の存在を知る者は、とだけとなったのである。 シディアスの真の目的は、クローン軍を使用するというパルパティーンの計画に対し、サイフォ=ディアスを隠れ蓑として利用することだったのだ。 その後、ドゥークーはに使われる遺伝子の提供者としてをへ向かわせた。 たちはサイフォ=ディアスが彼を選び、送り込んできたのだと信じて疑わなかったのである。 死後 死後のサイフォ=ディアス がの軍司令官、を化し、のとする計画に着手するまで、は旧友の遺体を数年にわたって冷凍保存していた。 そして彼は将軍への輸血にサイフォ=ディアスを利用する。 やがてグリーヴァスのサイボーグへの転生が成功に終わると、ドゥークーは彼に特別な贈り物として、サイフォ=ディアスの青色の光刃のを与えたのだった。 の22年前、に不穏なが渦巻くなか、の報告によって密かにが製造されていたことを知ったは、の説明に懐疑的だった。 しかし、は注意深く隠されたサイフォ=ディアスの交信記録を発見し、彼が正真正銘の発注者だったという事実を突き止める。 ジェダイ評議会はに対する徹底的な調査も行い、サイフォ=ディアスの計画も次々と明らかにされていった。 彼が確かにカミーノを訪れていたという物的証拠も見つかったのである(だが、彼ととの関係はついに発見されなかった)。 そしてが勃発すると、ついに姿を現したサイフォ=ディアスの軍隊はの要請に応じてと戦った。 だが3年後、この軍隊はを受け、を滅ぼすために使われることになる。 共和国を救うはずだった軍隊が、のジェダイに対する復讐の道具として利用されたのである。 外部リンク•

次の