いつも お世話 に なっ て おり ます メール。 「いつもお世話になっております」の英語メールの書き出しは?

お世話になっておりますの使い方(電話、メール)!返事や同義語も例文で紹介!

いつも お世話 に なっ て おり ます メール

日本では、ビジネスの挨拶やメールでやり取りする際「お世話になっております」から始めるのが当たり前ですよね?しかし、この便利な「お世話になっております」と言う表現は非常に日本的なもので、直訳にあたる英語はないため代わりとなる表現を知っておく必要があります。 では、日本語でいうところの「お世話になっております」は英語でどう表現するのかを見ていきましょう。 「お世話になっております」に英語の直訳はない? 英語には「お世話になります」に当たる直訳が存在しません。 メールでは基本的にすぐに本題から伝えるのが通例です。 日本では「お世話になっております」などの気遣いや挨拶文を添えるのが一般的ですから、少し違和感を覚えるかもしれません。 ただし、直訳にあたる文章はなくても「お世話になっております」に相当する英語フレーズもたくさんありますので、例文を通して覚えていきましょう。 「お世話になっております」に代わる英語フレーズ 前述でご説明したとおり、英語のメールに日本では当たり前の「お世話になっております」のフレーズは登場しません。 このニュアンスを伝えるためにはどんな英語表現が適当なのでしょうか? 「元気ですか?」で相手の機嫌を伺う ビジネスメールの書き出しを、相手の機嫌を伺うフレーズで「お世話になっております。 」の代わりとして表現することができます。 同僚や社内でのカジュアルな関係では「元気ですか?」で文章を始めることで親近感が湧いた感じが伝わるでしょう。 Dear Mr. Smith (スミスさんへ) Hi, how are you sir? (ハイ!お元気でいらっしゃいますか?) Dear Mr. Johnson (ジョンソンさんへ) Hello, how are you doing? (ハロー、いかがお過ごしですか?) Dear Ms. Knoll (ノールさんへ) How are you today! Hope you are doing good. (調子はいかがですか?お元気かと存じます。 ) フォーマルに「ご機嫌いかがですか」を伺う 前述で紹介したフレーズは、比較的カジュアルな関係性の中で使われます。 ただし、初対面や面識のない相手に英語で「お世話になっております」と言いたい場合は少しフォーマルな表現を使いましょう。 きっちりとした印象を与える文章ですので、初めてメールを送る場合でも使えます。 こういった機嫌を伺うフレーズを英語で言う場合、特に「hope」を使った表現がしっくりきます。 」や「順調でありますよう。 」という意味のフレーズになります。 早速例文を確認していきましょう。 Dear Mr. Smith (スミス氏へ) Hi, I hope this email finds you well. (こんにちは、全てが好調でありますように。 ) Dear Mr. Johnson (ジョンソンさんへ) Hello, I hope everything goes well with you. (こんにちは、御社のお仕事好調かと存じます。 ) Dear Ms. Knoll (ノールさんへ) Hello, I hope all is fine. (こんにちは、全て順調でしょうか。 ) 「先日はありがとう」と前回のお礼を述べる 日ごろからやり取りをしている相手に対しては、感謝の意を込めて「お世話になっております」を挨拶やメールの冒頭で使いますよね。 英語では抽象的に「ありがとう」という表現はありませんので、いつのことを感謝しているのか明確に文章で伝えることが大切です。 そのため、英語では「Thank you for~」を使って前回のミーティングや電話の対応などへのお礼を述べるところからメールを始めてみましょう。 Hello, Mr. Smith (こんにちは。 スミスさん) Thank you for your visit the other day. (先日は弊社にご来訪頂きありがとうございました。 ) Dear Mr. Johnson (ジョンソン氏) I appreciate your time for our meeting. (ミーティングのお時間を頂き感謝申し上げます。 ) Hi, Ms. Knoll (こんにちは。 ノールさん) Thank you for taking your time on the phone call. (お電話にてお時間をいただきありがとうございました。 ) 用件を述べる 「お世話になっております」の代わりに用いられるのが「~の用件で連絡させていただきました」にあたる表現です。 いきなり本題に入るのは唐突過ぎるという場合に、何のことでメールをしたのかを最初に明確に提示すると相手に伝わりやすくなります。 Dear Mr. Smith (スミスさんへ) Hi, I am writing to you regarding the last meeting. (こんにちは。 前回のミーティングの件でメールを差し上げております。 ) Mr. (私どもの新製品のことでご連絡させていただきました。 ) まとめ 日本語では当たり前のように使っている「お世話になっております」という表現ですが、英語で表現するには代わりとなるフレーズをしっかり覚えておく必要があります。 相手の調子を伺ったり、お礼を述べたり、要件を伝える冒頭文を使いましょう。 また、「ご協力感謝しております」のような意味の「Thank you so much for your continued support. 」をメールの最後に付け加えると、大変丁寧な文章になります。 英語でチャットやメールを行うシーンでは、ぜひ今回のフレーズを活用してみてください。 Please SHARE this article.

次の

「お世話になっております」は正しい敬語?例文で使い方を徹底解説

いつも お世話 に なっ て おり ます メール

何度もメールのやりとりが続くとき、毎回「いつもお世話になっております」と書いた方がいいのか、毎回書くと「しつこい」と思われてしまうのではないか? と不安に感じる方が多いようです。 今回はこのテーマについて説明してみましょう。 メールの基本型として、コミュニケーションを取るうえで挨拶は必要です。 ただ、立て続けにやりとりしていて毎回「お世話になっております」という表現だと違和感を覚えることもあるでしょう。 だからといって挨拶を省略してしまうと、なんだか失礼なような、さびしいような気がするかもしれません。 その場合は別の言葉に言い換えることで、より親しみのあるコミュニケーションにつなげられます。 例えば、次のような言葉で言い換えることができます。 ・ご返信ありがとうございます 相手から返信を受け取った後に、返信するときに使うことができます。 ・ご確認ありがとうございます 相手にお願いしていたことについて、回答をいただいたときなどに使うことができます。 ・たびたび失礼いたします ・立て続けのメールにて失礼いたします 相手からの返信を受け取る前に、自分から続けてメールを送る必要が出てきたときなどに使うことができます。 このように「お世話になっております」の代わりに、いただいたメールに関連した言葉を加えることで、違和感のないスマートなやりとりができるようになります。 ただ、これらの言葉も繰り返されると、やはり「しつこい」という印象になるため、1~2回にとどめておくのがよいでしょう。 口頭での挨拶を考えてみると、わかりやすいのではないでしょうか。 例えば、どこかのセミナー会場でお客様とお会いしたとしましょう。 朝、セミナー開始前に会ったときは「お世話になっております」と挨拶をすると思います。 お昼休みに昼食を食べに行こうとしたとき、同じお客様とエレベーター前でお会いしたら、あなたはどのように挨拶をしますか。 いろいろなパターンがあると思いますが「お世話になっております」だと、ちょっと違和感を覚えませんか。 場合によっては「あれ? 朝、挨拶したのに覚えてないのかな? 」という印象を与え、逆に失礼になってしまう可能性もあります。 こういった場合、私の場合は笑顔で軽く会釈をしたり、「お昼はどちらに行かれるのですか? 」と声をおかけしたりすると思います。 メールの場合も同じで、同じ日に何度もご連絡する場合は最初のメール以外は挨拶を変えたり、簡略にしたりすることで「しつこい」という印象を回避でき、よりスマートなコミュニケーションになります。 いかがでしたか。 ケースに応じて、いくつか言葉のパターンを用意してくことで、メールでのコミュニケーションがよりスムーズになります。 ぜひ、実践してみてください。 外資系企業様で、3年間常駐ヘルプデスクとして勤務後、業務推進部に異動し、業務フローやフォーマットの作成など、社内文書の定型化と業務の可視化に貢献。 実施していなかった中途社員研修を体系化し、必要なテキストや資料の整備と講師を担当。 お客様から頂いた「説明時の機転の利き方がさすが」という言葉が宝物。 日本ビジネスメール協会 日本で唯一のビジネスメール教育専門の団体。 ビジネスメールに特化した講演・研修などの事業を10年以上前から行っており、これまでにメールに関する書籍を中心に28冊出版(内2冊は翻訳され台湾で出版)。 メディアには1,000回以上登場し、ビジネスメールについて情報発信してきた。 仕事におけるメールの利用状況と実態を調査した「ビジネスメール実態調査」を2007年から毎年行っており、本調査は、日本で唯一のビジネスメールに関する継続した調査として各メディアで紹介されている。 ビジネスメールに関する研修(講師派遣)や講演(公開講座)を実施。 2時間でビジネスメールを学ぶ、「ビジネスメールコミュニケーション講座」は東京を中心に毎月開催。 研修の問い合わせも受け付け中。

次の

「お世話になっております」は正しい敬語?例文で使い方を徹底解説

いつも お世話 に なっ て おり ます メール

社会人として働いていると、会話やコミュニケーションをする上で、敬語やかしこまった言葉遣いで話す機会が多くなるでしょう。 その際、使い慣れていない言い回しや、使い方を理解し切っていない言葉を使用するケースもあり、戸惑う方もいらっしゃると予想できます。 ビジネスシーンで頻繁に使用される挨拶の1つとして、「いつもお世話になっております」という挨拶が挙げられます。 直接会って話す時はもちろん、電話やメール、手紙などでも使用する機会が多く、「いつもお世話になっております」というフレーズを覚えておくと、さまざまなシーンで使用することが可能です。 今回は、そんな「いつもお世話になっております」というフレーズをテーマにして、さまざまな視点で使い方などを考察・ご紹介していきます。 「いつもお世話になっております」というフレーズを使用するシチュエーションの1つとして、社内でのメールのやり取りが挙げられます。 「いつもお世話になっております」という言い回しは、メールの文章の文頭で使い、挨拶のような形でも使われている表現なのです。 一方、直属の上司など、頻繁にやり取りをしたり、いつも顔を合わせていたりする相手に対しては、「いつもお世話になっております」という表現は、よそよそしい印象を与えてしまう危険性も考えられます。 そのような場合は、「お疲れ様です」などの挨拶の方が、自然な印象になるケースもあるでしょう。 「いつもお世話になっております」のメールでの使い方【2】:社外 メールにおいては、文頭など挨拶として使用する「いつもお世話になっております」という言い回しですが、電話の場合も挨拶として使われることが多いと考えられます。 電話をかけた際は、一般的にはまずは、自分の所属や氏名を名乗るのがマナーだと言われています。 しかし、メールの場合と同様に、相手との関係性によっては、より丁寧な表現へと言い換えたり、初対面の相手への挨拶をしたりした方が良いケースもあります。 ですから、電話で使用する場合も、相手との関係性や距離感によって、「いつもお世話になっております」と、その他の挨拶・フレーズを使い分けることをおすすめします。 「いつもお世話になっております」の電話での使い方【2】:返事 ここまで、「いつもお世話になっております」という言い回しについて、自分が使う場合に注目して、使い方などを考察・ご紹介しました。 しかし、「いつもお世話になっております」という言い回しは、日常生活でもビジネスシーンでも、多くの人が使用する言い回しです。 そのため、自分が誰かに「いつもお世話になっております」と言われるケースもあるでしょう。 そのような場合、どのような返事をすれば良いのか、考察していきます。 「いつもお世話になっております」への返事として、特に一般的なのが、「こちらこそ大変お世話になっております」などの返答だと予想できます。 謙遜は日本の文化の1つとも言われていますが、相手の「お世話になっております」という気持ちを否定するのも、失礼だとする見解も存在します。 ですから、「こちらこそお世話になっております」などの言い回しで返事をするのが、自然かつ無難だと言えるでしょう。 「いつもお世話になっております」という言い回しを使用する際、戸惑う方が多いのが、初対面の相手とのやり取りの場合です。 結論から言うと、会社同士に深い繋がりがある場合や、部下や上司などが以前からやり取りを続けてきた相手であった場合は、「いつもお世話になっております」という言い回しを挨拶として使用する方もいらっしゃると言われています。 特に部下などがやり取りしている相手には、「いつも部下の〇〇がお世話になっております」といった挨拶をすることもあるでしょう。 しかし、中には初対面の相手に「いつもお世話になっております」を使用することに、違和感を感じている方もいらっしゃると言われています。 そのような場合は、「初めてお話しさせていただきます」「突然のメール、失礼いたします」といった言い回しを使用すると無難でしょう。

次の