キャンプ飯 簡単。 【キャンプ飯】まさに絶品!お肉を使った簡単レシピ3選

料理下手でも失敗いらず!缶詰で簡単キャンプ飯

キャンプ飯 簡単

今回はこれまで私がキャンプ時に作ったご飯達を 一部ですがご紹介します! 私のキャンプ飯は、 映 え< 味 なので、あまり 素敵~!! な写真ではないかもしれませんが 味はめちゃくちゃ美味しかったのでよかったら是非参考にして下さい! と、いいつつ結構王道な料理達ばかりです、、、笑 焼き鳥 ど定番の 焼き鳥! 鶏肉とネギを串にぶっさして完成! 串は100均で購入した物です。 割とボリューミーで、すぐ満腹になりました。 チーズフォンデュ 焼き肉ばかりしていて、味に少し飽きてきたときに チーズを煮立たせてお肉を投入したらめちゃくちゃ美味しかったです。 ピザ このピザは既製品だったので、網の上に置いて焼くだけでした。 結構薄くて、表は中々焼けず裏は少し焦げてしまいました、、、笑 手作りのピザをいつか作って焼いてみたいです! アヒージョ オリーブオイルに ネギを入れて ネギがとろとろになるまで煮るだけ!すごく簡単です お好みで黒胡椒やチーズをのせてみても美味しいですよ! ホットサンド ホットサンドメーカーがあれば、 スイーツから本格的な スタミナ系サンドイッチまで簡単に作れちゃいます! ちなみにこの時の具材は厚切りベーコンにチーズ、ウインナー、 ケチャップ等をいれていたような、、、! フルーツポンチ 切り方も盛り方も雑ですが、味は良し! 暑い夏のデザートには最高です! youtubeに作っている行程や材料をアップしています! ご飯 これは必要ですね!ご飯は基本メスティンで炊いています。 お肉、白飯、お肉、白飯、、、のエンドレス、、、笑 ビーフシチュー にんじん、ジャガイモ、タマネギ、お肉、と カレーのように具だくさんにしました! 寒いときにまたたべたいな~ シチュー こちらも先程のビーフシチューと同じような野菜が入っています! 緑があると良いなと思ったので、インゲンもいれてみました。 早く作れるように、 家であらかじめ野菜をカットしてもっていきました。 なすの味噌チーズ焼き 味噌に料理酒と砂糖としょうが(チューブタイプのもの)を混ぜ、 なすの上に塗って焼き、チーズと大葉をのせてできあがり! 何個でも食べられる味でした。 ミネストローネ ジャガイモの変わりにサツマイモを使ったミネストローネ。 お好みで野菜を入れ、トマト缶とコンソメで味付け。 なすの味噌チーズ焼きとあわせてオシャレに。

次の

キャンプ飯を簡単に楽しもう!定番からこだわりまでおすすめレシピ12選!

キャンプ飯 簡単

トマトであれば丸ごと1個ではなく、ミニトマトを買うですとか、切らなくても良いしいたけ、アルミホイルに包んでバーベキューコンロに放り込むだけのいも類などがおすすめです。 チーズやお肉は予め切れているものをご用意ください。 また、準備に時間がかかるアウトドアでの夕食作りは、「火の通りやすさ」も大事。 ピーマンやなすもキャンプのお食事と相性が良いです。 どうしても切らないといけないもの、火の通りに時間がかかる野菜はお家で切ったり、レンジで火を通しておく、など下ごしらえをしていくのが、キャンプ飯の料理のコツ。 塩・こしょう・しょうゆなど基本の調味料はお忘れなく。 キャンプのお食事には欠かせない調味料三種の神器です。 【材料】 卵/人数分 水/少々 油/少々 アルミホイル/落とし蓋のように形作っておく 【レシピ】 1. スキレットに油をひき、卵を落とし入れ、蒸すためのお水を少々いれます。 予め用意しておいたアルミホイルの落とし蓋をかぶせます。 スキレットをスウェーデントーチに乗せ1分程火を通せば出来上がり。 お好みで塩や醤油などをかけて召し上がれ。 スウェーデントーチは火力が強いので、焦がさないように注意していてください。 また、バーベキュー台を使う際には、網の上にスキレットを乗せてください。 その際、火加減にもよりますが焼ける迄に数分かかります。 夕飯時にはご飯に乗せたり、朝食時にはパンに挟んだり、といつもの目玉焼きもキャンプなら特別なお料理になりますね。 出来上がり後は即撮影して、インスタにアップ確定のフォトジェニフードです。 【材料】2人分 無洗米/1合 水/200cc レトルトカレー/2袋 【レシピ】 1. ダッチオーブンに水と米を入れます。 ダッチオーブンを強火にかけます。 バーベキューコンロの火が弱い場合は炭を足しましょう。 スウェーデントーチの場合はすぐに沸騰します。 沸騰したら弱火にして15分〜20分ほどかけて炊き上げます。 この時火が強い場合には五徳(ガスコンロなどについている丸くて脚のついている台)を乗せて火加減をコントロールしましょう。 吹き出しても蓋は決してあけないように。 焦げたにおいがしないか注意しながら、蓋を空けてみて炊きあがりを確認してください。 美味しそうに炊けていたら5分ほど蒸らして、ダッチオーブンごはんの出来上がりです。 カレーは手抜きでレトルトのものを湯せんにかけてしまいましょう。 キャンプ飯料理は凝る必要はないのです。 このダッチオーブンごはんは、普段の夕飯料理でも比較的簡単に取り入れる事ができます。 ちょっとした手間ではありますが、ダッチオーブンで美味しい白米炊いてみませんか? 【材料】 豚バラ肉か豚ロース肉しゃぶしゃぶ用/適量 スライスチーズ/6枚(ピザ用など、とろけるタイプのものは分離しますのでご注意ください。 ) 牛乳/150cc 塩・こしょう/適量 【レシピ】 1. スライスチーズは溶けやすいように適当な大きさにちぎります。 スキレットにちぎったチーズと牛乳を入れ、塩こしょうをたっぷり目に入れ、火にかけます。 チーズを溶かしながら混ぜミルクスープが湧いてきたら豚肉をしゃぶしゃぶして召し上がれ。 スープが少なくなったら牛乳やチーズを途中で足してもOKです。 このキャンプ飯はスウェーデントーチで料理するには火力が強すぎるので、五徳の使用をおすすめします。 また、炎が上がっているスウェーデントーチの上で素手でしゃぶしゃぶするのはヤケドの危険もありますので、防火グローブの着用と菜箸でのしゃぶしゃぶをおすすめします。 ちょっとだけ手間はかかりますが、チーズしゃぶしゃぶの終盤にはご褒美もまっています。 【材料】18玉分 たこの足/1本 キャベツ/適量 ネギ/適量 紅生姜/適量 市販のたこ焼き粉/200g程度 卵/たこ焼き粉に書いてある分量 水/たこ焼き粉に書いてある分量 焼く際のサラダ油/適量 ソースやマヨネーズ、青のりなど/お好みで 【レシピ】 1. おうちでたこ以外の全ての材料を細かく刻んでおきます。 たこも1cm角くらいに切っておきます。 粉と卵と水もおうちで混ぜておきます。 いたみにくくなるように水の分量の一部を氷に変え、魔法瓶など温度があがらない容器でキャンプ場に持ち込みます。 キャンプ場でバーベキューコンロにたこ焼きの型を置き、油をたっぷりと塗って、たこ焼き液を均等に流し入れます。 そこに刻んだ材料を入れ、均等にならします。 たこは1穴に1個入れていきます。 生地の周りが堅くなり、返しやすくなったら竹串などでくるくると返します。 焼けたらソースなどお好みでかけて召し上がれ。 野菜を刻んだり、たこ焼き液を用意したりと、キャンプ飯としてはとても手間がかかりますが、出来上がれば誰もが喜ぶお食事メニューになります。 刻んだたこや野菜はいたみやすいので、保冷バッグに入れて持ち込んでくださいね。 【材料】 お好みの魚介類/適量 マッシュルームなどきのこ類/適量 お好みの野菜/適量 塩こんぶ/適量 オリーブオイルなど食用油/適量 【レシピ】 1. 全ての食材はたこ焼きの穴に入る大きさに切ります(穴に入るものなら丸ごとでもOK)。 たこ焼き型に油を入れます。 そこへお好みの具材をランダムに入れていきます。 塩こんぶを均等に入れていきます。 この塩こんぶがダシと塩気になります。 具材に火が通ったらできあがり。 バゲットなどに乗せてお召し上がりください。 切った具材を油に入れるだけなのに、奥深い味わいが人気のアヒージョがキャンプ飯でできちゃいます。 塩こんぶがいいダシになっていて、残った油も美味しいので、パンにヒタヒタ付けて最後までお楽しみください。

次の

【キャンプ飯】調理工程焼いてのせるだけの簡単タコライス【ソロキャンプで作ってきたよ。】

キャンプ飯 簡単

ソロキャンプ料理の魅力1つ目は、好きなものを好きなだけ選べることです。 一人で楽しむソロキャンプでは、すべてを自分の好きなようにすることができます。 そのため、食べるものも、調理の仕方も、すべて好きなように選ぶことができます。 大勢のキャンプとは違った楽しみです。 ソロキャンプは、自分のためだけにすべてを使うことができますので、事前に食材を準備して行ってもいいですし、乾麺や缶詰、自然解凍して食べることのできる冷凍食品などを上手に組み合わせて、その時の気分に合わせて、好きなものを食べても良いでしょう。 一人ならではの時間を楽しむことができます。 大勢で行うキャンプでは、食材もたくさん必要になりますので、そのぶん費用がかかります。 ソロキャンプでは、一人分の料理で良いので量を減らすことができ、その分の費用で、いつもよりちょっとよい食材を用意しても良いでしょう。 ソロキャンプの際は、いつものキャンプとは違った楽しみとして、自分だけのために、いつもより少し良いお肉やお酒、調味料などを用意してもよいかもしれません。 一人だからこそ、シンプルにも贅沢にも、楽しむことができます。 ソロキャンプは、すべての準備などを一人でする必要があるため、大変な部分もありますが、逆に、細部までこだわってキャンプをすることもできます。 食材にこだわったり、時間をかけてじっくり調理をしたりと、値段だけでなく、ワンランク上の食事を楽しんでも良いでしょう。 一人分の食事を作るソロキャンプ料理では、バーナーがあれば、様々なものが作れます。 バーナーには、たくさんの種類があるので、使いやすいものを探すと良いでしょう。 ソロキャンプで使いやすいバーナーは、ガス缶の違いや、燃料、サイズや重さ、持ち運びのしやすさなど使い方が変わってきますので、お好みのものを選んでください。 ソロキャンプの場合は、簡易的な料理をする場合には、OD缶のシングルバーナーが持ち運びしやすく、がおすすめです。 ソロキャンプでも、しっかりとした料理をしたい場合には、大きな鍋を乗せられるようなCB缶のシングルバーナーを用意しても良いでしょう。 また、ツーバーナーなどを用意しておくと、さらに料理の幅が広がります。 作りたい料理などに合わせて選びましょう。 キャンプ料理を作り始める前に、まずはテントの準備をしておきましょう。 また、日中は忘れてしまいがちですが、明るいうちにライトなどの光源も準備しておき、いつでも使えるようにしておきましょう。 さらに、寝床や机と椅子なども準備しておきます。 ソロキャンプでは、暗くなってからは、思った以上に移動や設営が難しいので、明るいうちに準備しておきましょう。 また、トイレの確保や、水の確保も忘れないようにしておきましょう。 ソロキャンプは、自分一人の時間を楽しむことができる反面、すべてのことを自分一人で行う必要もあります。 特に慣れないうちは、テントや寝床の準備などは、予定よりも時間がかかってしまう場合がありますので、余裕を持って、早いうちに行っておくと良いでしょう。 ソロキャンプの場合、簡単な料理をする場合は、バーナーのみで作ることも可能ですが、しっかりとした調理をしたい場合は、火を起こしておくと良いでしょう。 火を起こしておくことで、光源になり、暖をとることもでき、さらに調理もできますので、ソロキャンプの場合も、焚き火は作っておくと良いでしょう。 焚き火を作ることで、強火の調理も、煮込み料理も可能になります。 複数の料理を同時にすることもできるようになります。 ソロキャンプの際に使える焚き火台は、シンプルな焚き火台、軽くコンパクトに持ち運べるもの、グリルなどの調理の際も使えるもの、ソロストーブ型のもなど、たくさんの種類があります。 荷物の量や使い道などを考えて、自分に合うものを探してみましょう。 ポトフは、お好みの野菜とお肉やソーセージなどを飯ごうに入れ、火にかけておくだけで作ることができるソロキャンプにぴったりの簡単料理です。 暖かいスープとたっぷりの野菜の食べられるポトフは、冬のソロキャンプにも美味しい料理です。 ポトフに使う野菜は、事前に自宅で切っていくなど下準備をしていってもいいですが、丸ごと鍋に入れ、柔らかくなるまでじっくり煮ても良いよいでしょう。 なるべく手がかからないように工夫するのもソロキャンプの楽しみの一つになります。 ポトフの作り方• じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、キャベツなどお好みの野菜を適当な大きさに切り、鍋に入れます。 ベーコンまたはソーセージなどを適当な大きさに切り、鍋に入れます。 鍋に水とコンソメスープの素を入れ、鍋を火にかけます。 そのまま野菜が柔らかくなるまで煮込みます。 器に盛り、お好みでブラックペッパーをかけたらできあがりです。 大きなお肉を、豪快に焼くだけのシンプルなステーキは、簡単であり豪華なので、ソロキャンプにぴったりの料理です。 キャンプでは、火の加減をすることがあまりできませんので、火の通しすぎには注意をして焼きましょう。 また、買った肉は、保冷剤などを一緒に入れて運び、傷まないように注意しておきましょう。 火が通る前に包丁を使うのはやめておき、しっかりと火が通ってから切ると良いでしょう。 火を通す前に包丁を使った場合は、使った後にしっかりと消毒等するようにしておきましょう。 ステーキの作り方• 肉の両面に、塩胡椒をたっぷりとします。 フライパンを火にかけ、油をひいてしっかりと熱します。 フライパンに肉を乗せ、片面を1分間焼きます。 肉を裏返して、1分間焼きます。 フライパンを火から外し、フライパンごとアルミホイルで包んでさらに、毛布などで包み、5分ほど置いておきます。 余熱で火を通したら、できあがりです。 ご飯と具材を一緒に入れて炊き込んで作る炊き込みご飯は、缶詰を上手に使うことで、非常においく作ることができます。 飯ごう、コッヘルなど、お好きな調理器具で作りましょう。 炊き込みご飯には、お好きな野菜や具材をなんでも使うことができます。 缶詰や傷みにくい野菜や食材を用意しておいたり、残っている食材を合わせて上手に活用することで、ソロキャンプの2日目、3日目にも美味しいぴったりの食事を作ることができます。 炊き込みご飯の作り方• お米は洗って、吸水しておきます。 しめじは石づきを取ってほぐし、にんじんは細切りにしておきます。 飯ごうに、お米、水、しめじ、にんじん、缶のホタテ、缶の焼き鳥をそのまま入れます。 さらに、すき焼きのタレ、めんつゆを入れて、よく混ぜます。 飯ごうを火にかけ、炊きます。 飯ごうの中から、チリチリと音が聞こえてきたら火からおろします。 保温できるバッグなどに入れて、しばらく蒸らします。 よく混ぜて、器に盛ったらできあがりです。 ソロキャンプでは、ちゃんと美味しいお食事を取りたい人におすすめの、ちょっとリッチなソロキャンプでのすき焼きです。 作り方自体は簡単なので、食材をいつもよりちょっと良いものを使うなどしても良いでしょう。 すき焼きにつきものの生卵は、キャンプの際に使うのは、注意が必要です。 卵が割れてしまわないように、タオルなどに包んでコッヘルなどに入れる、専用の容器などを用意するなどして、注意しておきましょう。 また、生肉と同様に、食中毒には注意しましょう。 バーナーで作れるすき焼き• バーナーにコッヘルをセットし、火にかけます。 コッヘルに牛脂を入れて溶かします。 ネギを入れて軽く炒め脇に寄せておきます。 牛肉を入れて、軽く炒め、脇に寄せておきます。 白菜、えのき、豆腐、しらたくなどの具材を少し入れます。 割り下を加え、具材に火が通るまで煮ます。 具材に火が通ったら食べ始めます。 具材が減ってきたら、具材を追加して煮込みます。 *いっぺんに作ってしまわずに、食べながら作っていくと良いでしょう。 ソロキャンプでは、簡単な料理も作ることができますが、ちょっと凝った料理を作ることも可能です。 ピザは、ダッチオーブンなどを使うと、本格的に焼き上げることができます。 ピザの具材には、サラミやベーコン、ウインナーなどの加工した肉類、玉ねぎやピーマン、パプリカなどの野菜、チーズなどをたくさん使いますが、これらの食材は、他の料理とも共用しやすいものですので、夜の食事で余った食材を翌朝のピザの材料にするなどすると、食材を効率よく使うことができるでしょう。 ダッチオーブンで作るピザ• 深めの器に、ぬるま湯、砂糖、イーストを入れて混ぜます。 強力粉の中央をくぼませ、ぬるま湯、砂糖、イーストを混ぜたもの、塩、オリーブオイルを入れます。 よく混ぜて、耳たぶぐらいの硬さになるまでしっかりとこねます。 しっかりと混ざったら、ラップに包んで30分ほど寝かせます。 生地を薄めに伸ばして、上にお好みの具材を乗せます。 *野菜やキノコ、缶詰などを上手に利用すると良いでしょう。 ダッチオーブンで、焼き上げます。 途中で焼け具合を確認しながら、生地と具材に火が通ったら、できあがりです。 また、ホットケーキミックスを使っても良いでしょう。 パンケーキの作り方• 薄力粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩を混ぜます。 牛乳と卵を加えて、ダマにならないように混ぜ合わせます。 フライパンに薄くバターを塗ります。 フライパンを強火で温め、一旦濡れ布巾の上で冷まします。 タネをフライパンに乗せ、弱火で3分ほど焼きます。 裏返してフタをし、2分ほど焼いたら、火の通りを確認します。 中心まで火が通ったら、できあがりです。 フライパンの中に、材料を全て入れてしばらく焼くだけでできる簡単デザートです。 食事の後に楽しみたい一品です。 洋梨以外には、リンゴやバナナなどを使っても美味しく作ることができます。 洋梨のカラメル焼きの作り方• 洋梨とバターをフライパンに入れ、火にかけます。 洋梨が柔らかくなってきたら、きび糖、はちみつを入れます。 焦げないように注意しながら、きび糖を溶かして、洋梨にからめます。 あれば、ラム酒またはブランデーを少し加えて混ぜたら、できあがりです。 「絶対作ってみたくなるみんなのキャンプ飯」は、カリスマキャンパーや野外料理番長たちなど、実際のキャンプ料理の達人たちが、実際に作っているキャンプご飯を紹介したレシピ本です。 食材や機材、調理器具にこだわったキャンプご飯から、簡単な材料、手軽に手に入れられる機材などを使って作るお手軽キャンプご飯まで、多数が紹介されています。 コンビニの食材、スーパーなどのお惣菜、さらには缶詰などを活用していますので、ソロキャンプやキャンプでの調理を始めたばかりの人にもおすすめの1冊です。 美味しい食事でソロキャンプをますます楽しみましょう ソロキャンプでは、お湯を沸かすだけのインスタントの料理から、手の込んだ煮込み料理まで、好きなものを好きなように作り、好きなタイミングで食べることができます。 自分だけの時間を、思う存分楽しみましょう。 ソロキャンプを思いっきり楽しむために、バーナーやクッカー・コッヘルなどの存在も欠かせませんので、自分のキャンプスタイルにぴったりの道具も見つけておきましょう。 少ない道具を上手に使い、美味しい食事で、ソロキャンプの時間をますます楽しい時間にしましょう。 キャンプよりさらに自然の中でサバイバルを楽しみたい方には、ブッシュクラフトもおすすめです。 ブッシュクラフトは、キャンプよりさらに道具を減らして、道具を作るところから楽しむキャンプです。 キャンプよりももっと自然を楽しむことのできるブッシュクラフトについては、こちらの記事もチェックしてみてください。

次の