十 億 の アレ ネタバレ。 『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』のネタバレ(漫画)!

「十億のアレ。~吉原いちの花魁~」最新話ネタバレまとめ!|漫画大陸

十 億 の アレ ネタバレ

十億のアレ【第15巻】のネタバレ 宮柳の罠 急に姿を消したアザミを探す睡蓮たち。 見つけるのが一番早い三倉にも連絡は入り、彼は離れにある部屋へと、そこにはアザミが立っていた。 すると彼女は、スッと5千万の宝くじを差し出し、 これで三倉の借金を返済するので、自分をここから逃がしてほしいと頼む。 イヤな予感がしたと思った三倉は、宮柳から自分のことを何て聞いたのか聞く。 宮柳やつくしから聞いた話をするアザミ。 すると三倉は、吉原から脱走することの意味を説明し始める。 ここは学校や会社とは違い、金で買った商品が逃げることは絶対に許さない。 借りに脱走できても、吉原からの追手がどこまでも追いかけてくるのだと。 アザミは、それでも三倉は駆け落ちしたといい、5千万で不満であれば、自分を好きにしてもいいと告げる。 それを断る三倉。 アザミは、彼の腕に抱きつくと、三倉の脳裏に過去に同じことを言われた光景が浮かぶ。 その時、カメラのシャッター音が鳴り響く。 三倉とアザミが音の鳴る方に振り向くと、そこには宮柳が立っていた。 三倉の前で水揚げを覚悟するアザミ 彼は、従業員と遊女の恋愛は禁止だと言い、この写真が出回れば三倉はタダでは済まされず、アザミの商品価値も下がるという。 そして彼はアザミを強引に引き寄せ、この疑惑を払拭したいのであれば、アザミと自分の水揚げを、三倉に見届けるよう指図する。 そんなことは飲めないという三倉。 宮柳の目的は自分の排除であることに気づいており、写真は好きにするよう告げる。 それを聞き、このままでは自分のせいで三倉がやめることになってしまうと知ったアザミは、宮柳にキスをする。 そのまま服を脱ぎ、三倉の前で水揚げを覚悟する彼女。 一方、アザミを探していた木南は、地震とは似て異なる謎の大きな音に驚いていたのだった。

次の

十億のアレ【最新16話】のネタバレ/感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

十 億 の アレ ネタバレ

4 0 ayumi 絵がきれいで花魁がテーマの物が好きなので購入しました。 本文も表紙の一枚絵にも負けない綺麗さで、アザミのかわいさ、山吹の美しさにキュンとします。 時代は現代で、吉原を復活させた空間が舞台。 なので古臭くもなく、ファンタジーとして楽しめます。 が、2回目を読んだあたりでふと、(アザミ実際十億の価値なくないか?)と思いました(笑)デビューできる年齢になったにも関わらず、水揚げすらできない。 むしろ店の客を怒らせて損害を出しているだけ。 別にアザミの濡れ場が見たいわけでもないですが、十億の価値がきちんと出る展開になればな、と思います。 もしも稼ぐことなく終わってしまったら、大見世の楼主は見る目無さすぎてびっくりです。 個人的には山吹の顔が一番好きです。 2020-06-17 3531631 1 1 05E8-a-v2 0pE2-ayumi-v2 3 7 riko 主人公は本当に大変恵まれてますね。 選ばれる人間というのはやはりなにか違うものを持っているんだなあ。 ディズニーのラプンツェル映画は原作のビッチとは違う設定で、髪の毛の若返る魔力のために偽母がラプンツェルを閉じ込めて育ててましたが、それでも優しい言葉をかけて愛してると抱きしめて17年間育ててたんですよねえ。 確かに髪の毛目当てだったから無償の愛ではなかった。 でも、どうです?あれが嘘だったとわかって、ディズニーアニメのラプンツェルのように、わたしを騙したのね!と切り替えて魔女を退治できますか?まず信じられなくて自分が受けていた愛情が偽物であっても、17年間享受してきたあの優しかった言葉を、思い出を、全て拒否できますかね。 わたしは日本人的ではないなと感じました。 この主人公はまだ迷ってるように感じます。 主人公は同室の女の子が言うように、幸せに育ってきたと思います。 この子の七つのお祝いに 映画 のようにね、幼い頃から呪いの言葉をかけられて育ってきたわけじゃない。 お前は父親を殺すんだ、お前の使命は父親を呪い殺すんだ、と本当のことを言われて植え付けられているわけじゃない。 ニセモノでも愛してると、主人公は大事にされて19年間過ごした。 だからこの性格なのだろうけど、言葉で価値はないと言いつつも、自分に価値がないと思っている人間が取る行動ではない。 この自分を押し通せる気質をみているとね。 じゃあその気質は誰が作ったの?それは小さな頃から育ててきた親や環境。 自分に本当に価値がないとおもっている人間は自分を通さないし、もっと人の言うことをただただ聞いてしまう。 両親が自分を売ったとわかったとき最初に沸く感情が怒りなのも、自己評価が高い証明です。 価値がないと思ってる人間はもっと怒りのラインが低い。 ただ、作者さんは漫画の中で周りの人間に、お前は恵まれてるよ、と再三言っているので、主人公が気づいていないだけでこれからいろんなものに気づいて成長してゆく物語だと思います。 2020-03-12 3272482 0 1 y8iq-a-v2 syle-riko-v2.

次の

私はシャドウ6巻(最終回)結末ネタバレと感想!

十 億 の アレ ネタバレ

4 0 ayumi 絵がきれいで花魁がテーマの物が好きなので購入しました。 本文も表紙の一枚絵にも負けない綺麗さで、アザミのかわいさ、山吹の美しさにキュンとします。 時代は現代で、吉原を復活させた空間が舞台。 なので古臭くもなく、ファンタジーとして楽しめます。 が、2回目を読んだあたりでふと、(アザミ実際十億の価値なくないか?)と思いました(笑)デビューできる年齢になったにも関わらず、水揚げすらできない。 むしろ店の客を怒らせて損害を出しているだけ。 別にアザミの濡れ場が見たいわけでもないですが、十億の価値がきちんと出る展開になればな、と思います。 もしも稼ぐことなく終わってしまったら、大見世の楼主は見る目無さすぎてびっくりです。 個人的には山吹の顔が一番好きです。 2020-06-17 3531631 1 1 05E8-a-v2 0pE2-ayumi-v2 3 7 riko 主人公は本当に大変恵まれてますね。 選ばれる人間というのはやはりなにか違うものを持っているんだなあ。 ディズニーのラプンツェル映画は原作のビッチとは違う設定で、髪の毛の若返る魔力のために偽母がラプンツェルを閉じ込めて育ててましたが、それでも優しい言葉をかけて愛してると抱きしめて17年間育ててたんですよねえ。 確かに髪の毛目当てだったから無償の愛ではなかった。 でも、どうです?あれが嘘だったとわかって、ディズニーアニメのラプンツェルのように、わたしを騙したのね!と切り替えて魔女を退治できますか?まず信じられなくて自分が受けていた愛情が偽物であっても、17年間享受してきたあの優しかった言葉を、思い出を、全て拒否できますかね。 わたしは日本人的ではないなと感じました。 この主人公はまだ迷ってるように感じます。 主人公は同室の女の子が言うように、幸せに育ってきたと思います。 この子の七つのお祝いに 映画 のようにね、幼い頃から呪いの言葉をかけられて育ってきたわけじゃない。 お前は父親を殺すんだ、お前の使命は父親を呪い殺すんだ、と本当のことを言われて植え付けられているわけじゃない。 ニセモノでも愛してると、主人公は大事にされて19年間過ごした。 だからこの性格なのだろうけど、言葉で価値はないと言いつつも、自分に価値がないと思っている人間が取る行動ではない。 この自分を押し通せる気質をみているとね。 じゃあその気質は誰が作ったの?それは小さな頃から育ててきた親や環境。 自分に本当に価値がないとおもっている人間は自分を通さないし、もっと人の言うことをただただ聞いてしまう。 両親が自分を売ったとわかったとき最初に沸く感情が怒りなのも、自己評価が高い証明です。 価値がないと思ってる人間はもっと怒りのラインが低い。 ただ、作者さんは漫画の中で周りの人間に、お前は恵まれてるよ、と再三言っているので、主人公が気づいていないだけでこれからいろんなものに気づいて成長してゆく物語だと思います。 2020-03-12 3272482 0 1 y8iq-a-v2 syle-riko-v2.

次の