酪農 学園 大学 イー ラーニング。 ひかりクラウド スマートスタディ|eラーニングツール|法人のお客さま|NTT東日本

室蘭工業大学

酪農 学園 大学 イー ラーニング

概観 [ ] 大学全体 [ ] 1887年設立の工学科が起源で、1939年設置の を前身とする。 1949年に室蘭工業専門学校と附属土木専門部が合併し、室蘭工業大学が開学した。 北海道を代表する工業都市・室蘭に位置し、開学以来、教育と研究の両面で地域の特性を強く引き継ぎ、北海道の重工業を支える人材を育成してきた。 建学の精神(校訓・理念) [ ] 「創造的な科学技術で夢をかたちに」という教育目標を掲げる。 産業都市室蘭の環境条件、立地条件と伝統を活かし、教育と研究の両面で地域の特性に多くを学ぶことを理念として「地域社会、国際社会における知の拠点として豊かな社会の発展に貢献する」ことを目的としている。 教育および研究 [ ] 室蘭工業大学は、民間企業等と互いに研究者・研究経費・研究設備等を提供し合い研究を行う「共同研究制度」や、産業界等外部からの委託を受けて大学が実施研究する「受託研究制度」などの制度を設けている。 産学の連携を通じて地域産業と大学研究、双方の発展と向上を目指している。 学風および特色 [ ] かつて「 鉄の町」として知られたが工業都市として発展するきっかけとなったのが、同大学である。 当時の基幹産業である等の産業発展に貢献した。 沿革 [ ] 略歴 [ ] 激化に伴う下の技術者拡充を図るため、1939年に増設された官立7校の一つ。 室蘭高工創立時は、本科(修業年限3年)に機械科、電気科、工業化学科、採鉱科、科を設置した。 中の1944年に室蘭工業専門学校と改称された。 学制改革で北海道大学附属土木専門部と合併し、室蘭工業大学となった。 現在(2009年時点)では、日本に5校ある国立の一つ。 室蘭高工創立当初、室蘭市水元町の本校舎は建設途上だったため、北海道庁立室蘭商業学校(後の)校舎を仮校舎として使用した。 翌1940年、まず寄宿舎(明徳寮)が竣工し、1941年に校舎も竣工し、仮校舎から移転した。 水元校地は新制室蘭工業大学に継承され、現在に至っている。 年表 [ ]• 工学科開設(4年制、から募集停止)• 札幌農学校土木工学科設置(3年制に格下げ)• 札幌農学校土木工学科が高等教育機関化• 農科大学(附設)土木工学科と改称• 附属土木と改称• 室蘭市にを設置• 室蘭高等工業学校を室蘭工業専門学校と改称• 北海道帝国大学附属土木専門部を北海道大学附属土木専門部と改称• 室蘭工業専門学校と北海道大学附属土木専門部を母体として 室蘭工業大学が発足、工学部を設置• を設置• 短期大学部を廃止• 国立大学法人法の規定により室蘭工業大学発足• からに学部再編 基礎データ [ ] キャンパス内の様子(10月)奥に見える山は(室蘭岳) 所在地 [ ]• 水元町27-1 学生数 [ ]• 学部生 2,837名(女子 368名, 留学生 87名)(2018年5月1日)• 大学院生 544名(女子 67名, 留学生78名)(2018年5月1日)• 研究生および科目履修生 22名(2018年5月1日) 学歌および寮歌 [ ]• 室蘭工業大学学歌• 荒涼北州秋たけて• 北斗の光 1996年6月13日にOBらによって吉町坂記念碑が建立され、その記念碑には学歌などが刻まれている。 「吉町坂」とは室蘭工業大学から中島町までの坂道のことを指しており、初代学長である吉町太郎一の名前が由来となっている。 吉町坂に風黒く 夜霧に沈む明徳寮 朴履の音も高らかに — 室蘭工業大学『北斗の光』 キャラクター [ ] 2009年に創立60周年を迎えたことを機に大学の広報活動の一環として学内にてキャラクターを公募した。 室蘭工業大学の頭文字「M」をモチーフにした「ムロピョン」に決定した。 グッズ [ ]• 鐵の素クッキー(2017年北海道賞) 評価 [ ]• 世界版 801-1000(2020年版)• 日本版 111-120(2018年版)• ()北海道 3位 2018-2019年)• 大学ランキング2019() コンピューター科学分野 1位 分野別引用度数 2012-2016• 601-800(2019年版) 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 1つの学部(昼間・夜間)、1つの大学院研究科からなる工学系単科大学である。 2019年度より工学部から理工学部へ学部再編。 学部・学科 [ ]• コース分属は2年次前期までの成績の上位者から希望に従い決定され、2年次後期より分属される。 創造工学科• 昼間コース• 建築土木工学コース• 機械ロボット工学コース• コース• コース• 夜間主コース• 機械系コース• 電気系コース• システム理化学科 昼間コースのみ• 物理物質システムコース• 化学生物システムコース• 数理情報システムコース 大学院 [ ]• 博士前期課程(修士課程)• 2014年入学生以降• 環境創生工学系専攻• 物質化学コース• 化学生物工学コース• 環境建築学コース• 土木工学コース• 公共システム工学コース• 生産システム工学系専攻• 機械工学コース• ロボティクスコース• 航空宇宙総合工学コース• 先進マテリアル工学コース• 応用物理学コース• 情報電子工学系専攻• 情報システム学コース• 知能情報学コース• 電気通信システムコース• 電子デバイス計測コース• 2013年入学生以前• 建築社会基盤系専攻• 公共システム工学専攻• 機械創造工学系専攻• 航空宇宙システム工学専攻• 応用理化学系専攻• 情報電子工学系専攻• 数理システム工学専攻• 博士後期課程• 2014年入学生以降• 工学専攻• 先端環境創生工学コース• 先端生産システム工学コース• 先端情報電子工学コース• 2013年入学生以前• 建設環境工学専攻• 生産情報システム工学専攻• 航空宇宙システム工学専攻• 物質工学専攻• 創成機能工学専攻 教員組織 [ ]• くらし環境系領域• もの創造系領域• しくみ情報系領域• ひと文化系領域 附属機関 [ ]• 教育施設• 情報メディア教育センター• 学内共同教育研究施設• 地域共同研究開発センター• 機器分析センター• 室蘭工業大学附属図書館• 保健管理センター• 国際交流センター• 環境科学・防災研究センター• 環境汚染物質の評価・処理技術領域 環境汚染物質の処理技術部門、環境汚染物質の評価部門• 新エネルギー技術領域 水素エネルギーの応用部門、自然エネルギー部門• 環境保全・防災科学領域 環境評価と保全部門、防災科学部門• キャリアサポートセンター• 知的財産本部• 航空宇宙機システム研究センター• プロジェクトグループ 小型無人実験機、小型ジェットエンジン、飛行システム技術• プロジェクト支援グループ 地上・飛行試験設備、数値シミュレーション• ものづくり基盤センター• 教育・学習支援部門• ものづくり基盤技術研究部門• 地域連携部門• ロボットアリーナ• 全学共通教育センター• 主専門教育課程基底科目部門• 物理学担当グループ• 化学担当グループ• 数学担当グループ• 図学担当グループ• 技術者倫理担当グループ• 情報メディア基礎グループ• 基礎科学担当グループ• 副専門教育課程共通科目部門• 外国語科目担当グループ• 国際交流科目担当グループ• パーソナリティ科目担当グループ• 導入科目(文科系)担当グループ• 導入科目(理科系)インターサイエンス担当グループ• 副専門教育課程コース別科目部門• 環境と社会コース担当グループ• 市民と公共コース担当グループ• こころとからだコース担当グループ• 人間と文化コース担当グループ• 連携教養科目部門• 北海道地区国立大学教養教育連携科目担当グループ• 夜間主コース部門• 共通科目グループ• 副専門科目グループ• 大学院博士前期課程部門• 全学共通科目担当グループ• MOT教育プログラムグループ• 環境・エネルギーシステム材料研究機構• 原子力・核融合システム材料部• 再生可能エネルギーシステム材料部• イノベーション創出部• 新産業創出部• 複合環境効果評価施設• 環境調和材料工学研究センター• 希土類プロジェクト• 省エネルギー材料• エネルギー変換材料• 資源循環プロセス• 先進材料プロジェクト• 機能性グリーン材料• 技術部• 事務局 大学発ベンチャー企業 [ ]• ハイパーソニックラボ• 有限会社バイオトリート• 主な部活動・クラブ活動・サークル活動 [ ] 公認サークル [ ] のみを記載。 体育会系 [ ]• アメリカンフットボール部• 弓道部• ヨット部• アーチェリー部• サイクリング部• 室蘭工業大学パラグライダーサークルフライングパイレーツ• バドミントン部• 自動車部• 単車会• 硬式庭球部• 硬式野球部• THE SNOW BATTLE(雪合戦)• 室蘭工業大学「新風」• 合気道部• 基礎スキー部• アイスホッケー部• ソフトテニス部• セパタクローサークル「蹴舞」• ボクシング部• ラグビー部• 柔道部• 剣道部• 空手道部• ゴルフ部• サイクリング部• 卓球部 文化系 [ ]• Studio催事• 放送研究会• 軽音楽部• 夢工房 Atelier of Dream• 管弦楽団• Jazz研究会• オリジナルフォーク愛好会• 鉄道研究会• 映像研究会OZE• 天体観測Laboratory• 中国人留学生学友会• 工大祭実行委員会• 小原流華道部• PAネットワーク• アカペラサークル Glee Ground• 文芸部• 写真部 学園祭 [ ] 工大祭 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者組織 [ ] 大学関係者一覧 [ ] 「」を参照 対外関係 [ ] 単位互換協定 [ ]• (1983年11月)• (1983年12月)• 、、、、、、、、および(2003年2月)• (2004年1月28日)• (2005年12月)• (2007年3月)• 、、および(2010年3月)• 、、および(2011年3月)• 、、および(2014年2月) 他大学との協定 [ ]• 包括連携協定(大学)• (2007年9月4日)• (2007年11月20日)• (2007年12月13日)• 、、 (2015年12月18日)• 道内4高専(、、、)(2015年12月18日) 地方自治体との協定 [ ]• 包括連携協定(地域)• 、、(2006年12月27日)• (2008年12月10日)• (2012年8月1日)• (2015年7月6日)• (2020年3月30日) 研究機関との協定 [ ]• 連携協力協定• (2007年3月26日)• (2014年11月14日) 企業との協定 [ ]• 包括連携協定• (2011年4月20日)• (2018年5月21日)• (2019年9月11日) 国際学術交流協定 [ ] 大学間学術交流協定• (1985年10月17日)• 工科大学• ソウル保健環境研究院• 電気情報工学部• ツヴィッカウ応用科学大学• ケムニッツ工科大学• トロワ工科大学• ラカバン• ニコラエフ無機化学研究所• ヨッヘ物理技術研究所• 国立台中科技大学情報流通学院• ラップランド大学• IPT• パラナ連邦工科大学• モンゴル工業技術大学 関係校 [ ]• 脚注 [ ]• 室蘭工業大学同窓会. 2018年8月31日閲覧。 室蘭工業大学 2011年9月14日. 2018年8月31日閲覧。 室蘭工業大学. 2018年8月31日閲覧。 コースは、2015年度版の室蘭工業大学概概要による。 室蘭工業大学大学院工学研究科規則に記載はない。 室蘭工業大学環境調和材料工学研究センター規則によると、2つのプロジェクトの下に4つのテーマに関連するタスクフォースがある。 『日本経済新聞』朝刊2018年5月22日(北海道経済面)2018年6月6日閲覧。 関連項目 [ ]• Wiki関係他プロジェクトリンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (ウィキブックス) 公式サイト [ ]• この項目は、に関連した です。 (技術士会)• (大阪銀杏技術士会)• (学園技術士会)• (技術士会)• (技術士会)• (技術士会 )• (技術士会)• (慶應技術士会)• (技術士会)• (芝浦技術士会)• (技術士会)• (技術士会)• (中大技術士会)• (技術士会)• (技術士会)• (望星技術士会)• (蔵前技術士会)• (技術士会)• (柏門技術士会)• (技術士会)• (理窓技術士会)• (技術士青葉会)• (技術士会)• (同志社技術士会)• (ごきそ技術士会)• (桜門技術士会)• (水元技術士会)• (技術士会)• (技術士会)• (技術士会)• (技術士会稲門会).

次の

京都産業大学/偏差値|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

酪農 学園 大学 イー ラーニング

このE検定eラーニングは、2015年より提供しているE検定eラーニング講座のうち、エレクトロニクスに関わる技術者の基礎となる知識を中心に構成されています。 2014年に電気・電子系技術者育成協議会(所在地:東京都渋谷区、以下本協議会)が設立され、「E検定 ~電気・電子系技術検定試験~」を実施して以来、本協議会は、日本のエレクトロニクス産業を代表する企業・大学とともに電気・電子分野のさらなる発展と日本の技術者育成に貢献することを目的とし、電気・電子系技術者の技術向上に係わる活動を行ってまいりました。 政府の緊急事態宣言が延長される中、本協議会理事のサートプロは、エレクトロニクスに関わる技術者育成を推進するため、テレワーク等で在宅業務中の若手技術者へのスキルアップや、新入社員研修においてオンラインコンテンツとして提供するため、E検定eラーニングを提供することといたしました。 【画像:】 「E検定 ~電気・電子系技術検定試験~」は、技術者が分業化によって狭められてきた担当業務の枠を超え、新しい発想により時代が求める製品を生み出す原動力となるよう、幅広い知識を継続的に身に付けるきっかけとなることを目的として、年2回(春・秋)ずつ実施してきました。 現在では、累計受験者数は5,000名以上、株式会社デンソー他46社が実施しており、日経BP社が運営する技術者向けの情報サイト「日経クロステック」で記事が連載されています。 このうち、今回の若手技術者向けのE検定eラーニングは基礎レベル(レベル1)で構成され、以下の2コースがあります。 【表:】 今なら無料でサンプルIDをプレゼント中です。 勤続25年以上の設計・開発経験者が問題作成し、設計の実務経験において培われる、優先度に応じた設計手法の取捨選択やノウハウなどを盛り込んだ試験内容となっています。 <委員会体制> 1.理事 理事長 加藤光治(前 株式会社デンソー 専務取締役) 副理事長 近森満(株式会社サートプロ 代表取締役CEO) 2.正会員 株式会社デンソー 株式会社デンソー技研センター デンソーテクノ株式会社 株式会社日経BPマーケティング 岩田穆(株式会社エイアールテック 代表取締役社長、広島大学名誉教授) 角南英夫(広島大学名誉教授、前 株式会社日立製作所) (企業名・個人名の順でそれぞれ五十音順) E検定eラーニング提供会社 会社名: 株式会社サートプロ 代表者: 代表取締役CEO 近森 満 設立日: 2006年3月3日 所在地:〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-55-2 大和ビル5階 事業内容: 1. Certification(資格検定事業) 2. Professional(人材育成・教育支援事業) 3. Consulting(コンサルティング事業) サイト: *「E検定 ~電気・電子系技術検定試験~」およびロゴは、株式会社サートプロの登録商標です。 *その他、記載されている社名、団体名および製品名は、各社、各団体の商標または登録商標の場合があります。 プレスリリース詳細へ.

次の

「第11回 医療系eラーニング全国交流会」出展のお知らせ(ヒューマンサイエンス)

酪農 学園 大学 イー ラーニング

報道関係者各位 プレスリリース 2016年9月5日 株式会社ヒューマンサイエンス =================================== 「第11回 医療系eラーニング全国交流会」出展のお知らせ =================================== 株式会社ヒューマンサイエンス(東京都新宿区:代表取締役社長 熊澤剛)は、2016年9月10日 土 、11日 日 に酪農学園大学 C1号館で開催される「第11回 医療系eラーニング全国交流会」に出展いたします。 「医療系eラーニング全国交流会」は、医療系eラーニングに関する分野で学術研究、教育普及活動を行い、日本の医療系eラーニングを発展させ、国民の保健ならびに公益の増進に寄与することを目的とした交流会です。 eラーニング導入・教材制作・運用で、お困りのことはありませんか? ヒューマンサイエンスは、eラーニング導入、運用を全力で支援します。 (6番目、13時頃を予定)ぜひ、お立ち寄りください。 展示会の詳細は、下記よりご参照ください。 ・研究支援 先生方が実現したい教育活動に必要なツールの開発、サポートいたします。 課題や実現したいことをお気軽にご相談ください。 ・LMS、教材配信 学習支援システム(moodle)の構築・運用サービスをご案内いたします。 ・TotaraLMSのご案内 組織管理ができるオープンソースの学習支援システム「TotaraLMS」をご案内いたします。 , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の