頬骨 痛い。 頬骨が痛いときに!5つの原因をチェックしてストレス解消!

頬骨を押すと痛いのはなぜ?原因は歯から?鼻から?それとも?

頬骨 痛い

頬の腫れとしこり、原因は? にきび 考えられるもので、もっとも身近なものがにきびです。 小さく済むこともありますが、酷くなるとかなりの大きさになり、熱をもって結構痛みます。 そこまで大きなものになってしまうと、潰すと痕が残ってしまうことがありますので、市販のニキビ薬を使用したり、それでも治らない場合は皮膚科に行くと治療を受ける事ができます。 顔のことですから、今後のために綺麗に治るようにしたいですね。 粉瘤 粉瘤とは、表皮にできる良性腫瘍のことです。 皮膚のどこにでもできる可能性があり、もちろん頬にできることもあります。 皮膚の下にできた袋に、古くなった皮膚や膿などが溜まっていく状態を言います。 表面部分に黒い点があり、絞ると白い悪臭のする液体が出てくるのが特徴です。 通常の場合、痛みや痒みなどは一切感じませんが、大きくなってくると、周辺に炎症ができて痛みを感じる場合があります。 放っておいて治ることは無く、どんどんと大きくなりますので、早めに皮膚科を受診しましょう。 本当に小さなうちは、抗生物質で治ることもあるようですが、基本的には手術で摘出する形になります。 脂肪腫 こちらも、良性の腫瘍です。 皮膚下にこりこりとしたしこりができるもので、これも、身体中どこにでもできる可能性があり、頬にもできます。 骨の辺りや筋肉の中など、比較的深い所に発生する場合もあります。 小さいうちは、経過観察となる場合もあり、自然と消えてくれることもあります。 痛みや痒みもありませんが、大きく肥大すると痛むこともあります。 痛みが出てきたり、どんどんと大きくなっていく場合は、脂肪肉腫と呼ばれる、悪性腫瘍である場合がありますので、早めに皮膚科を受診しましょう。 筋肉のこり 顎の付近が腫れている場合、筋肉のこりが原因の場合があります。 肩など、こりが酷いと、筋肉がこり固まってしまうことがありますよね。 それと同じ現象が、顎でも起こることがあります。 主に、歯ぎしりなどで、歯を食いしばることが多い人に起こりやすいです。 動かすと痛みを感じ、動かさなければ痛みを感じない言う人が多いです。 虫歯 虫歯、特に奥歯や親知らずの腫れを起こすと、頬まで腫れてしまうことがあります。 歯茎を中心に激しい痛みがあり、炎症が酷い時には、口の開閉もできなくなってしまいます。 基本的に、虫歯を治していくことが大切ですが、親知らず部分に細菌が内部にまで入りこみ、炎症をきたしている場合、口の開閉ができませんので、まずは、抗生物質などで炎症を抑えることから始めなければなりません。 まれに、入院して治療する場合もあります。 非常に激しい痛みが続き、食事もまともに摂る事が出来ない状態になると思いますので、早く病院へ行きましょう。 リンパ節の腫れ 耳のあたりに近ければ、リンパ節が腫れている場合があります。 代表的なのは、耳下腺炎、つまりおたふく風邪です。 大人になると、重くなる病気の一つですので、他に症状がある場合、早めに病院に行く事をおすすめします。 また、 リンパの腫れは、他にも悪性腫瘍をはじめさまざまな病気が隠れている場合がありますので、他に症状が無くとも、腫れを感じたら耳鼻科へ行きましょう。 腫れと痛みを感じる場所で、受診する科を決めましょう いかがでしたでしょうか? 頬の腫れと言っても、さまざまな原因があります。 まずは、皮膚にあるのか、痛みを感じるか、その辺りに重点を置き、適切だと思う科を受診しましょう。 何事も、早めに治療する事が、完治までのスピードをくれるのです。

次の

目の下、頬骨のあたりが痛みます。

頬骨 痛い

歯からくる頬骨の痛み 虫歯 歯のトラブルなら歯茎や顎の付近が痛くなるように思いがちですが、頬やこめかみ、果ては眉間の辺りまで痛みが及ぶこともあります。 これは歯のトラブルにより顔面の神経まで圧迫されてしまうからです。 突然頬骨が顎を動かすのも辛いくらい痛くなった!熱気がある、頬のあたりが腫れる…なんて症状があるようなら、自分でも気づかないうちに虫歯が進行してしまっているのかもしれません。 親知らず 親知らずは生え方が良くないと他の歯や周辺の神経を圧迫してしまいます。 表面からは見えなくても、歯茎の中で親知らず育っているかもしれません。 非常に痛みが強く、原因となる親知らずを抜かない事には治りません。 歯ぎしり、歯の食いしばり、歯の嚙み合わせ ストレスでついつい歯ぎしりや歯の食いしばりをしてしまう方は注意が必要です。 また虫歯やもともと歯並びが悪いという方も、顎や顔面に必要以上の圧力をかけてしまいがちです。 慢性化すると筋肉の疲れが頬骨などの痛みの原因になりますし、さらに悪化すると顎関節症になる恐れもあります。 鼻からくる頬骨の痛み 鼻炎、副鼻腔炎 鼻風邪やアレルギー症状で鼻炎を起こすと、鼻水、頭痛と言った症状と一緒に頬骨の痛みが出ることがあります。 また目に近い頬骨、眉間の辺りまで痛む副鼻腔炎という症状もあります。 風邪やアレルギーが引けば一緒に治りますが、悪化させるとさらに酷い蓄膿症になることも。 蓄膿症 蓄膿症は鼻の奥が細菌感染を起こし膿が溜まってしまっている状態です。 頬骨の痛みの他、鼻づまり、頭痛、歯痛などが出やすく、鼻の奥で嫌な臭いがするのも特徴です。 自力で治すのは難しいので、すみやかに耳鼻咽喉科等で治療を受けましょう。 その他考えられる原因 神経痛 顔面神経痛から頬骨の痛みが出ている可能性もあります。 原因は様々で、ストレス、疲労の他、まれに脳疾患だったという場合もあります。 また、眼精疲労、霞み目があるようなら、目の使いすぎによるのかもしれませんね。 顔面神経の中でも特に、頬骨の辺りに電気が走るようななかなり強い痛みがあるなら「三叉神経痛」という症状が考えられます。 筋肉の疲れ、硬直 疲労、姿勢の悪さ、冷えなどが原因で、首、肩、腰などが凝り固まってしまうと頬骨付近までも影響を受けることは珍しくありません。 こういった場合は単に顔面のマッサージだけでは根本解決にはなりません。 体の凝っている場所を全体的にほぐす、ストレッチをするなどして筋肉の緊張をほぐしてあげましょう。 同時に日々の姿勢改善も忘れてはいけません。 まとめ 一口に頬骨の痛みと言ってもこんなにたくさんの原因が隠れているのは驚きですね。 あなたのその症状に当てはまりそうな原因はありましたか?もし原因が歯にありそうなら歯科や口腔外科での受診が最適です。 また、鼻症状があるような場合は耳鼻咽喉科がいいですね。 神経痛なのかな?と感じる時はどこへ行けばいいのか迷ってしまうかもしれません。 とりあえずはご近所の耳鼻科で診て貰えば、そのままそこで治療可能かもしれませんし、逆に神経内科などの専門医を紹介して貰えるかもしれません。 目の痛みもある時は眼科でも大丈夫ですよ。 頬骨の痛みは顔の中にあるだけに続くとストレスも大きいです。 自分に合った治療法を見つけて、快適な毎日を取り戻してくださいね。

次の

鼻の奥が痛い・頬骨(頬の奥)が痛い原因と治療法|かわもと耳鼻咽喉科クリニック

頬骨 痛い

頬骨が痛い、原因は? 親知らずが原因による炎症 頬から顎にかけて強い痛みがあり、酷い場合には口の開閉ができなくなります。 体力が低下している時、疲れが溜まっている時などに起きやすいですが、基本的に突然腫れと痛みが出てきます。 口腔外科を受診し、入院治療になる場合もあります。 放って置くと、酷くなるばかりですので、早めに受診しましょう。 最終的には、原因の親知らずを抜歯することになります。 虫歯 虫歯も酷くなると顔全体の痛みになることがあります。 よくイラストなどで頬を大きく腫らせてるものがあると思いますが、あそこまではいかなくとも、熱を持ち、腫れあがることもあります。 神経を直接刺激するため、とても強い痛みです。 虫歯は、決して勝手には治りませんので、気付いたらすぐに歯科を受診しましょう。 蓄膿症 鼻の奥に膿が溜まり、慢性的な鼻詰まりがある人に起こりやすいです。 鼻炎や、花粉症がきっかけで起こることもあります。 嫌な臭いがしたり、歯の痛み、頬の辺りや鼻付近の痛み、頭痛などが併発して起こります。 また、鼻の奥に何かが詰まった感じが続くこともあります。 蓄膿症による痛みが起こった場合、痛みが発生した時に、頬や眉間などを軽く叩くと痛みが強く感じられるというものがあります。 また、頭を下に向けた時も、ズーンとした重さの感じる痛みが強くなる場合が多いです。 飛行機に乗ったりして、気圧の低いところに行くと痛みを感じることもあります。 これらの痛みが酷い場合は、豆類やバナナ、菓子類などの粘液を増やす食品を控えたり、小食を心掛ける、アルコールやコーヒーを控える、免疫力を高める、身体を温める、などで緩和することができるとされています。 しかし、発症してしまっている場合、根本的な解決にはなっていないので、まずは耳鼻科を受診する事をお勧めします。 投薬や漢方、手術などさまざまな治療法がありますので、早めに病院へ行きましょう。 愕関節症 愕関節症は、どの原因のものでも頬骨の痛みを起こしやすいと言われていますが、特に起こしやすいと言われているのが、I型の関節症です。 これは、筋肉性の問題によって引き起こされます。 額関節付近の筋肉が硬くなり、その結果、頬の痛みが感じられるのです。 歯科、口腔外科、形成外科などさまざまなところで治療しています。 三叉神経痛 典型的な特徴として、激しい片方の顔面痛があります。 歯痛ではじまるものもあり、特に虫歯が無いのに歯が痛むと言う場合、三叉神経痛であるということも少なくありません。 原因としては、三叉神経の付け根を血管が圧迫することで、異常な神経回路ができることで疼痛の原因になると言われています。 他にもさまざまな原因がありますが、はっきりとした原因は不明とされています。 痛みの原因を見つけて、適切な治療を いかがでしたでしょうか。 頬骨の痛みといっても、さまざまな原因があることがわかりましたでしょうか? まずは、その痛みの中心はどこなのかを考え、他にどんな症状があるかなどを考えながら、最も適切だと思われる科を受診しましょう。 何事も、早期発見、早期治療が大切です。 こんなことでと思わずに、早めに治療をすることで、手術や入院を防ぐことができるかもしれません。

次の