張本勲。 張本勲の右手小指がない理由が残酷過ぎて泣ける…。

張本勲 通算成績

張本勲

東映(現日本ハム)時代に野村克也氏と同じパ・リーグで戦った張本勲氏(79)が、死去した野村氏を悼んだ。 「寂しいし、本当に残念だ。 またプロ野球界の大きな星が墜ちた」。 張本氏が東映、野村氏は南海と、それぞれリーグを代表する打者として活躍。 「とにかく野村さんはリードがうまかった。 エース級ではなく、特に中堅の投手をうまく操っていた。 相手打者の欠点を知り、投手の長所短所を知っていた」と振り返った。 野村氏といえば「ささやき戦術」。 捕手として打席に立つ打者へ様々な言葉をかけ、集中力をそがれるなど多くの打者が惑わされた。 張本氏もその戦術にあったが、ある時にわざと空振りをして野村氏の頭をバットで叩いたという。 「怒られました。 「選手としても指導者としても大成功した。 ご苦労様でした、と言いたい。 ご冥福をお祈りします」と張本氏。 最後に会ったのは1月21日の金田正一氏のお別れの会。 車いすに乗っていた野村氏に「監督、体調は大丈夫ですか?」と声を掛け、「おう、大丈夫だよ」と返事をされたのが最後の会話となった。

次の

落合博満氏、張本勲氏の持論を否定し論理的な解説で称賛 レギュラー出演を望む声も (2019年6月2日)

張本勲

張本勲氏 野球評論家の氏(79)が7日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。 18年10月の右肘じん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)から投手復帰を目指すエンゼルスの投手(25)が実戦形式のフリー打撃「ライブBP」に登板したことについてコメントした。 大谷は5月30日(日本時間31日)に自身のインスタグラムに「Live BP from last week(先週のライブBP)」と英語で記し、27秒の投球動画を投稿した。 「ライブBP」とは実戦形式のフリー打撃。 打者に投げるのはメジャー1年目の18年9月2日の敵地アストロズ戦以来、約1年8カ月ぶりだった。 左打者のラステラは速球系2球にいずれもバットを振らなかった。 この映像を見た張本氏は「本調子じゃないね。 今年やってもそんなに大きな成績は残せないと思うよ」と指摘。 そして、「なぜならばね、人気者だからあちこち出てるわねえ。 タレントじゃないんだからねえ。 練習で体鍛えてもらいたいわね。 躍動感がない」と話した。 「張本勲」をもっと詳しく.

次の

張本勲氏が新型コロナ感染の巨人・坂本勇人らに「何やっとるんか」

張本勲

野球解説者の張本勲氏(78)が、2019年4月7日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で驚きの告白だ。 4日に神宮球場で行われたプロ野球・東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズ戦で、打者がスイングした際にバットが捕手に当たってしまったことについて、「私ら意図的によくやりましたから」などと発言した。 これ自然なんです。 意図的にやってませんから」 と解説。 続けて、 「私ら意図的にやりましたから。 生意気なキャッチャーならよくやりましたもん」 とビックリ発言だ。 さらに、 「野村(克也)さんに一回やったことあるもん。 ごちゃごちゃごちゃってうるさいから、ゴーンってやったんですよ。 それで、『お前にはもう言わないからな』と」 と衝撃の過去を明かした。 出演者が苦笑いしているなか、司会の関口宏氏が「これわざとじゃない?」と話を元に戻そうとすると、 「わざとじゃないですよ。 手を放す選手、結構多いんですよ」 と今回の出来事については意図的ではないことを強調した。 yahoo.

次の