鈴木 セリーナ。 「“いい人”でいる必要はない」元銀座No.1ホステス・鈴木セリーナさんの生き方|MINE(マイン)

重本ことりと鈴木セリーナの関係とは?重本落ちぶれ杉でワロタ件w

鈴木 セリーナ

インスタグラムで引退を表明する重本ことり 重本さんは自身の引退について以下のように語っている。 2018年にグラビアデビューした時は、 仲良くしていて、欲しいという情報をあげていた写真週刊誌フライデー編集長やグラビア担当の人たちの裏切りがあったり、 制作スタッフの方々が、見ている人に楽しんでもらおうとした編集が世に出てしまったことで、AAAファンの方々に死ねとか消えろとか言われたことも、もうなんとも思っていませんが、 やっぱり私を応援してくれるファンを傷つけることはしたくないのと、 芸能人同士だから名前を伏せるのはマナーだと思っていましたが、コソコソだれかと付き合ったりするのも嫌だし もう嘘だらけの芸能界に夢とか未練はありません。 より 句読点や改行位置、または文脈に大変ストレスを感じる文章だが、彼女の強い思いと怒りは十二分に伝わってくる。 かといって、某人気ユニットのメンバーとの関係を自らの売名と容易に受け取れる形で暴露するなど、決して彼女の行動は褒められたものではなく、疑問を感じる点ばかり。 寄せられたコメントにも批判が殺到している。 私自身AAAファンではありますが 冷静に考えても、この文を見る限りでも、 気にしていないといいながら愚痴のような嫌味ったらしく人のせいにして書いている部分から あなたが批判を受ける理由が明確です。 最後の最後までこういう書き方をされると 言い方悪いですが 胸くそ悪いと思うのが現状です。 自分がうまくいかなかったから周りのせいに環境のせいにする典型的なダメ人間ですね! 久しぶりにこうも叩かれる人間を見て、興味津々にインスタグラムを眺めていたが、気になるのは 重本さんの隣にいる大人の女性感を存分に醸し出す謎の女性。 彼女はいったい何者なのか? スポンサーリンク 鈴木セリーナとは何者? 重本さんの隣に映る女性は「鈴木セリーナ」という人物で、重本さんと同じ事務所に所属しているタレントらしい。 元銀座ホステスの売り上げナンバーワンに輝き、様々な業界の主要人物と交流があるとのこと。 重本ことりは芸能事務所を設立? 重本さんはDream5を脱退後、株式会社GOLDという芸能事務所に所属している。 ただし、現時点で再生回数794回と寂しい数字は、彼女たちが苦境に立たされていることを予感させる。 スポンサーリンク 重本ことり&他Dream5メンバーとの格差 重本さんはDream5を脱退した身だが、前述の某人気ユニットメンバーとの騒動もあり、事務所も頭を抱えていた存在であったことは容易に想像できる。 twitterにおいても、他のメンバーは重本さんだけフォローしていなかったなど、何らかの確執を漂わせる。 実態の知れない事務所で何の仕事をしているか分からぬ重本さんに対し、元Dream5のメンバーは現在、目覚ましい活躍を続けている。 その格差は雲泥の差があると称して問題なかろう。 元Dream5・大原優乃 メンバー最年少のダンサーであった大原優乃さんは、現在グラビアを中心に活躍中。 茨の道を歩ませるもの Dream5メンバーをよくよく見まわしてみると、 どうしてこうも胸の大きい女子ばかり集めたのかと、事務所の人選に対しうがった視線を送りたくなる。 彼女の150cmに満たぬ背丈と愛らしいルックスであれば、それなりの人気を博し、厳しい芸能界を生き抜く武器となり得たはずだ。 それでも彼女は、明らかに売名行為と受け取れる言動を見せ、某人気ユニットのファンから痛烈なバッシングを浴びる道を選択した。 注目されたい欲求に溺れてしまっている。 つまりは心の病に冒されてしまっているのではと。 何の得にもならない行動を繰り返す彼女を見ていると、そう結論付けざるを得ない。 その病から救うのは、セリーナ氏なのか。 それは何か違う気がする。 彼女はむしろ重本さんをさらなる闇に引きづり込もうとする存在に見えてならない。 アウトローへとひた走る重本ことり。 彼女の生来持つ愛くるしさからすると、それに対し大きな勿体なさを感じる次第。

次の

株式会社アップルリボン代表取締役 鈴木セリーナ詩織さんインタビュー。 アップルリボン img.directresponse.net

鈴木 セリーナ

でも、それはそれで難しいところもあります。 モチベーションが高い人と、そうでない人を分けることは、チームワークが崩れる原因にもなりえます。 マイノリティの人たちも、優れている部分があるということを、全体にアピールしてあげないといけないので、コミュニケーションコストはかかります。 秦さんはやっぱり優しい。 今のお話、すごく参考になりました。 リサイクルできる人材はリサイクルするということですね。 逆に私は、セリーナさんのジャッジの早さはすごいと思います。 一緒にお仕事をしていく中でも、実は、ひしひしと感じています。 私一人だったら足を踏み込めていなかったところも、セリーナさんが一言「やろう」と言うと、足を踏み込まざるを得ない。 でも結果的にそれが、私にとって心地良かったり。 新たな発見です。

次の

鈴木しおり(アナウンサー)の妊娠•子ども情報をまとめ!大学も!

鈴木 セリーナ

秦 亜衣梨 大学時代に始めたライターアシスタントの経験を活かして、フリーのライターとして本格的に活動開始。 大学卒業後、女性誌『GLAMOROUS』(講談社)でフリーのエディターとして独立した後、女性誌『GINGER』(幻冬舎)の創刊メンバーとして参加。 その後、CCCメディアハウスの女性誌『FIGARO japon』へ。 アーティスト松任谷由実の連載を担当。 2017年11月よりファッション動画マガジン『(マイン)』の編集長を務める。 鈴木 セリーナ 大分県出身。 幼少期から英才教育を受けお嬢様として育つ。 16歳の頃、親への反発心からドロップアウト。 年齢を隠して、地元クラブのホステスとなる。 20歳の頃、「銀座のクラブのママになりたい」と夢見て上京。 当時、テレビで有名だった銀座高級クラブ「F」で働く。 相手の懐に飛び込むトークと物怖じしない性格が受け、たちまち人気ホステスとなる。 その後、銀座老舗クラブ「江川」に引き抜かれ、売上ナンバーワンに。 銀座ホステスを辞めてからは、主に文房具を扱う企画会社とタレントのキャスティング会社を起業。 マルチクリエイティブプロデューサーとして、ビジネスの世界でも成功を収める。 実業界から政界、マスコミ業界まで、様々な業界のトップクラスと親交が深いことでも知られる。 「自分たちの課題をしっかり見つめよう」という趣旨で、一人ひとりにインタビューしていくと、みんな話してるうちに、泣けてきちゃうみたいで。 普段、心に秘めていることを打ち明けることによって、気持ちが溢れちゃったんですよね。 それを見て私、『』って、すごいと思ったんですよ。 発信するだけではなく、読者である女性、一人ひとりに寄り添っているから。 メディアである以上、発信して届ける相手がいるわけで、その相手にちゃんと届いているかというのは常に考えています。 日々、仕事で疲れたなとか、明日会社に行きたくないなとか、恋愛しておしゃれしたいとか、みんな色々な欲求を持っているじゃないですか。 そんな感情に寄り添えるメディアでありたいと思っているんですよね。

次の