だいばくはつ ゴースト。 だいばくはつ (だいばくはつ)とは【ピクシブ百科事典】

だいばくはつ (だいばくはつ)とは【ピクシブ百科事典】

だいばくはつ ゴースト

初めましての方は初めまして 久しぶりの方はお久しぶりです 剣盾が発売されてモチベが再び上がってきたのでおよそ3年振りに記事を更新していきます。 今回はストリンダーとを構築に組み込んで級に上がれたのでその記事となります。 やりたかった事 がてだすけを覚えるようになっておみとおしと両立出来るようになったので高火力全体技使いで強いを探す。 爆音波ならに無効だし巻き込みを気にせず連打出来る。 …ん?? タイプ一致でだいばくはつ???? だいばくはつはゴーストタイプに無効??? …………!!!!!! これだ!!!!!!!!! ver1. 0 で、出来たのはいいけどこのPTだとS100族より早いがいないし素早さ操作ものこごかぜのみ、S周りで中途半端でした。 何よりスカーフウオノラゴンに何も出来ずエラがみだけで破壊されることもありました。 なので勝気の発動があまりなく、役割が薄かったの枠を早くて火力もそこそこあるドラパルトへ変更。 ドラパルトならダイジェットでSを上げられるのでそれを利用してウオノラゴンの上を取れるように。 そしてドラパルトが入ってきたことでを殆ど選出する事がなくなり、元々を絡めたトリルに弱かったので全体技+鋼技でこの指を無視できるジュラルドンと入れ替える形になりました。 それらを踏まえて改良を加えたのがこちら ver2. 0 ドラパルト 個別紹介 ストリンダー ハイ ひかえめ 151-x-90-182-90-127 6-x-0-252-0-252 が主役みたいに書かれてるけどそもそもの動機はストリンダーのオーバードライブと爆音波を手助けで強化して荒らしたいという理由で採用されているので一応メイン。 と言っても手助け役のがいなくなったので最初のコンセプトとはズレてしまっていますがこのPTで重めだったアーマーガアにストリンダーが有利なのでアーマーガア入りの構築にはほぼ選出していました。 オーバードライブが相手全体なのがとても優秀。 ストリンダーのすがたなんですけどハイのすがただとギンジがあるから物理型だと錯覚させられるみたいな話を聞いてわざわざがんばりやで孵化してひかえめミントを使ったんですけど別にローでも大丈夫です。 BP勿体ないし。 ダブルでストリンダーみたら普通に特殊型で警戒するでしょ。 因みに私はなのでハイのすがたが好きです。 いじっぱり 171-161-115-x-115-147 6-252-0-x-0-252 何故かガラルに入国し、何故かだいばくはつがレベル技になり、ストリンダーから主役の座を奪いかけた。 活躍の座は殆ど奪った。 初期案では初手にとセットで出して手助け鉢巻だいばくはつで相手2匹を破壊していた。 やる事は正直だいばくはつだけ押してたらいいです。 ただしやアーマーガアみたいなノーマル無効か防御硬いにはで逃げる時もあります。 ですが基本だいばくはつでいいです。 こいつは砕けるのが仕事なので。 のサカキになりましょう。 威嚇が少ない環境なので鉢巻だいばくはつが通りやすく初手だいばくはつが通った時はイーWINを狙える時もありました。 ブリムオンイエッサンだとこの指も関係ないのでブリムオン始動のトリルにはめっぽう強かったです。 手助けと合わせた時の火力が凄まじく、無振りならダブル補正も込みで128. 1〜151. 存在しないですがHB特化も111. 2〜131. H252バンギには防御ランク-1の状態で70. 5〜83. 大体みんなにックス切るんですけどね。 強いもんな、 因みに今作からマルチアタックの威力が90から120に上昇しているので無反動鉢巻だと思って撃ってみるのもいいかもしれませんね。 私は一度も使わなかったです。 ネギガナイト いじっぱり 137-205-115-x-103-117 0-252-0-x-6-252 バンドリドサイがきっっっついので1匹で何とかなるようないないかなぁと探していたら白羽の矢が立っ てしまっ た皆さんご存知のの進化系。 ネギガナイトの何が凄いってH252をワンパン出来るんですよ。 こいつがを破壊してくれたおかげで勝てた試合が何度もありました。 それとまだあまり知られていないのかの肝っ玉を警戒せず無謀にもで受けようとして逆にインファで破壊した事もありました。 肝っ玉が今作から威嚇無効になったのもかなり追い風でバンドリには積極的に出していました。 はに使うんですがさすがにはワンパン出来ないのでを発動させないように気をつけましょう。 ようき 185-187-81-x-85-154 0-252-6-x-0-252 俺たちのバンドリのドリの方。 使い始めの時はバンドリが多いと聞いていたので相手の砂にタダ乗り出来るようにすなかきで採用。 ダイアースにダイスチルで防御面を硬く出来るわダイロックで自分で砂を撒いてS操作も出来るし相手の砂にタダ乗りしてドラパルトのダイジェットの恩恵に授かれば高速高火力で押せるわでそりゃみんな使いますよ。 世間ではブリムオンイエッサン相手にで怯ませてトリルを阻止とかするみたいですけどこの構築に関してはが吹き飛ばしてくれるので気にしなくていいです。 ドラパルト 陽気 167-172-96-x-96-209 28-252-4-x-4-220 H 余り BD 端数 S 最速スカーフウオノラゴン抜き と交代で構築に入ってきた。 ウオノラゴンが憎すぎて最速スカーフウオノラゴン抜きでSを調整しているが素直にASぶっぱでいいかもしれない。 こいつが加わった事で一気にだいばくはつを通せる範囲が広がってスーパーボール級で停滞していたのが級にまで上げてくれたMVP。 何度も言ってますがダイホロウが実質手助けと同じなのでダイホロウで削りながらだいばくはつで倒しきるという動きがとてもとても強かったです。 ブリムオンイエッサンの時はドラゴンアローでイエッサンのタスキを潰しておくことで2体とも破壊できるようになります。 こいつ何やらせても強いですね。 ジュラルドン ひかえめ 145-x-135-189-71-137 0-x-0-252-6-252 ドラパルトが入った影響でお荷物になったと交代で加わった ガラルのすがた。 元々ブリムオンイエッサンには強めでしたがそれ以外のや始動のトリルに滅法弱かったのでこの指や粉を無視出来るジュラルドンを採用。 H252ならあらかじめ隣で皮を剥がしておく事でよっぽど運が悪くない限りラスターカノンで倒せます。 にはックスを切ってダイアークとかしてたようなしてないような。 トリルパ相手にはほぼほぼ選出していました。 選出 VSブリムオンイエッサン ドラパルト+相手PTに刺さっている これは簡単です。 イエッサンは思考停止でこの指をするのでだいばくはつとドラゴンアローを押して2匹とも破壊しましょう。 あとは裏ので何とかなります。 VSトリパ ジュラルドン+ドラパルト 1 での皮を剥がしながらラスターカノンで確実にを倒しにいきます。 本当はストリンダーでオーバードライブの方がクソ外しの心配はないのですがストリンダーの方がジュラルドンより遅いのでジュラルドンより早く動けて全体技のあるに皮を剥がしてもらいます。 外した時は頑張ってトリルを凌いで下さい。 VSバンドリ ドラパルト+ネギガナイト これも簡単です。 ただしックスを切られると流石に倒しきれないのでそこはなんかこう頑張りましょう。 VSエルフウイン ドラパルト+刺さってそうな が思考停止で叩いてきたら勝てます。 はどうせタスキなので裏で何とかします。 相手が賢くて追い風から入ってきたら少し面倒ですが、のようき珠ダイバーンならよっぽど日頃の行いが悪くない限りは耐えるのでだいばくはつを押します。 成績 級に上がった当時のスクショなので実際はもっと下の順位です 初期案でも充分勝てていたのですが、どうしてもバンドリやウオノラゴンが苦しかったのでドラパルトとジュラルドンを入れたのは正解だったと思います。 何より初手だいばくはつが通ったらほぼ勝てていたのが使っていてとっっっっっても楽しかったです。 余談なんですけどが手助けを習得したのはXDだけでこれまでのお見通しとは両立出来なかったんですよ。 今作になって初めて手助けとお見通しを両立出来るようになって絶対強いって思ってたんですけど、ドラパルトとかいうやつがの上から相手を削りながら手助けの真似事をしてくるんだからなんというか、ドラパルトつえーなって 語彙力。 ですがにはの強みがあると思うのでトリパを組む時にリベンジしてみようと思います。 ここまで読んでいただきありがとうございます。 今作の対戦がとても面白く、いくらでも構築案が湧いてくるくらいにはモチベが上がっているので2020年は頑張っていろんな構築や面白そうなの型を記事にしていければなと思っています。

次の

【剣盾ダブル】ストリンダーシルヴァディ入り構築【S1マスターボール級到達PT】

だいばくはつ ゴースト

参考にしたのはこちらのビエラさんの動画。 すると パメラさんのチームがレンタルできて、バトルで使えるようになる。 ありがたくダブルバトルへ行こう。 エルフーンのおいかぜで 大半に先制が取れるようになり、 即シルヴァディのだいばくはつにつながる。 耐性が無い敵は必ず倒せるので これで2匹同時に落としたら後はホルードとトゲキッスの火力ゴリ押し。 実際に使ってみたところイレギュラーな事態は 初手で相手が岩やゴーストだった場合ぐらい。 今ひとつだとだいばくはつで落ちず、 ゴーストに至っては無傷なのでこれは 他の技を選択して正攻法で戦ったほうがいい。 全体技いわなだれでも割とゴリ押せたので心配はいらないだろう。 感想 特性から持ち物からよく考え抜かれたパーティーだと思った。 純粋に感心したし、ビエラさんとパメラさんには感謝してもしきれない。 もしかしたらまだ効率化できるのかもしれない。 こういう特化型を突き詰めて公開、共有できるのも今回のポケモンの面白さなんだなと、その深さを改めて実感した。

次の

ベロベルト育成論

だいばくはつ ゴースト

ゴースト ガスじょうポケモン ガラルNo. 142 ぜんこくNo. 093 高さ 1. 6m 重さ• 1kg• けたぐり威力20 タイプ• 英語名• Haunter タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 25で『ゴース』から進化• また、技『どくびし』『まきびし』『ねばねばネット』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 『エレキフィールド』『サイコフィールド』『グラスフィールド』『ミストフィールド』の効果も受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 自分が場を離れると効果は消える。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 『ノーマル』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 Lv. ダイマックスしている相手には効果がない。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 投げつけた道具はなくなる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 ダイマックスしている相手には無効。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 通常攻撃。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 それまでに交代したポケモンは効果が消える。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 なお、相手の道具を無効にする効果はない。 道具を持っているポケモンは、道具を持っていない状態になる。 相手を『どく』状態にする。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 [ゴース:Lv. 47 USUM〜BW ,ゴース:Lv. 41 FL ,技50 金銀ク ,Lv. 61 USUM〜BW ,Lv. ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 5〜1. 5 が相手に与えるダメージになる。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。

次の