看護師 面接 服装。 面接の服装に迷わない!看護師のためのイチオシ面接服装のまとめ

看護師の転職面接時の服装、マナーについて・就職お役立ちコラム

看護師 面接 服装

応募書類(履歴書、看護師免許のコピー等) 筆記用具 メモ帳・手帳 印鑑 アクセス 面接を受ける事業所へのアクセスはしっかりと前日までに確認しておきましょう。 公共交通機関を使う場合は、遅延などのアクシデントにも対応できるよう複数のルートを把握しておくと安心です。 また、面接時間までに余裕を持ち、15分前には到着するつもりで計画をたてましょう。 あまりにも早く到着するのは、かえって迷惑にもなります。 10分前になったら担当者へ話しかけると良いでしょう。 看護師の面接時で意識すべき服装・身だしなみ 面接の際は、服装や身だしなみを整えることも重要です。 どの業界でも同じことが言えますが、特に看護師は常に清潔感のある状態で仕事をするため、身だしなみが整っていることは必要不可欠と言えるでしょう。 服装 落ち着いた色のスーツが無難です。 シャツは白いブラウスが基本で、派手な色や柄は避けます。 スカート丈は短すぎず、膝丈程度が良いでしょう。 中途採用の方は、リクルートスーツを着る訳にもいかず困ってしまうかもしれません。 黒やベージュ、紺、グレーといった落ち着いた色合いのスーツを選びましょう。 シワや汚れがないか確認し、クリーニングに出しておくとより安心です。 メイク ナチュラルメイクを心がけましょう。 派手なメイク、ノーメイクはどちらも相応しくありません。 社会人の最低限のマナーとして、健康的に見える程度のメイクは必要です。 ただし、濃いチークや派手な口紅、手の込んだアイメイクは控えましょう。 髪型 自然な髪色にし、髪が長い場合はすっきりとまとめておきます。 ボサボサな髪形や、前髪が目にかかっているなどは、不潔な印象を与えやすいため良くありません。 また、派手な髪色や奇抜な髪型も避けましょう。 アクセサリー アクセサリーやネイルアートは厳禁です。 マニキュアはきれいにオフする、爪は短く切っておくと清潔感のある印象につながります。 うっかり忘れてしまうことのないように、前日に爪がのびていないか確認しておきましょう。 バッグ・靴 カバンは黒や紺など暗めの色味のものが無難です。 A4サイズの書類が入り、自立タイプのものであれば、もらった書類をスムーズにしまうことができます。 靴はサンダル、ブーツ、ミュールなどフォーマルな服装に合わないものや、移動し辛いピンヒールは避けましょう。 ヒールが低めのパンプスなどが好まれます。 看護師転職で頻出!面接でよく聞かれる質問&回答例 それでは、ここからは看護師が面接時に良く聞かれる質問を、解答例を交えて解説します。 なお、一般企業でも聞かれるような、志望動機、自己PR、退職理由などを考えるコツは、下記の記事にまとめていますので、そちらもチェックするようにしてください。 終末期医療に携わった経験を生かし、在宅で最期を迎える方がより快適に過ごせるよう支援したいです。 貴院では往診もされていることを知り、最期まで住み慣れた自宅で生活することを支援するための一員としてお役に立てると思います。 それぞれの家庭の事情や環境の中で、患者様や家族の気持ちに寄り添った支援をしたいと考えています。 これから仕事をするにあたり、具体的な目的を持っているかどうかで熱意が伝わりやすくなります。 「自身がどんな業務をしたいのか?」「やりたい業務内容につくためにどういったことが必要なのか?」を事前にまとめておきましょう。 また、その目的が経営理念に沿っているかをチェックすることも大事です。 「頑張ります」や「将来性に惹かれた」など、どの医療機関でも通用しそうな返答は避けましょう。 看護師とはどうあるべきだと思いますか? 私は、いつも気軽に話ができる、安心して頼れる存在であることが大事だと考えています。 以前、総合病院の病棟で勤務していた時に、忙しさに気をとられるあまり、自分が察するよりも先に、患者様の方から助けを求められる場面が多いことに気づきました。 言われて行動する前にこちらから声をかけられるような丁寧さと、いつでも話しかけやすい雰囲気づくりを心がけています。 この質問は、看護観をみています。 人それぞれ違う回答となりますが、要は「看護師として大事にしていること」や「看護師として患者にどのような看護を行うのか」についての哲学や理想像について答えるものです。 自分なりに、どんな看護師を目指しているのかを伝えることが重要で、これまでの経験から得た考えを、ポジティブなイメージの言葉で伝えましょう。 インシデント経験はありますか? 認知症の患者様が病室から離れ所在不明になり、慌てて探したことがありました。 幸い、院内で迷っていらっしゃるところを発見し、大事には至りませんでしたが、認知症の方の不安な気持ちや、症状に対する理解が欠けていたことを反省するきっかけとなりました。 それ以降、認知症の方の症状について勉強会を開いたり、所在確認を病棟全体で行ったりなどの予防策を講じ、再発予防に努めました。 インシデントは、看護師として勤務する以上は誰もが経験することです。 そのため、インシデントの有無を問われるのではなく、どのような対処や予防に取り組み、予防のためにどう実行してきたかを伝えることが大事です。 この質問に的確に答えることで、仕事に対する意識の高さや失敗を活かせるタイプだとアピールすることができます。 患者さんと接する中で特に印象深いエピソードを教えてください 外来で定期的に治療に来られる顔馴染みの患者様から、「どんなに来てもやっぱりいつも緊張するよ」と何気ない会話の中で口にされた言葉です。 いつも笑顔で明るい患者様なので、そのような不安を抱えておられることに気づきませんでした。 どんなに慣れた病院でも、長く治療をしていても、患者様にとっては常に病状や未来への不安があるのだと実感した出来事です。 そうした気持ちを誰もが持っていることを忘れないように、少しでも不安がなくなるように患者様が話しかけやすい雰囲気であるよう心がけるきっかけになりました。 エピソード自体は、自分らしさを出せる内容であればどんなものでも構いません。 面接官の意図は、その看護師がやりがいとして感じることや性格、感性を知ることにあります。 患者さんとのやりとりを通して感じたことや学んだことを伝えると良いでしょう。 印象的なエピソードは、つい長々と話してしまいがちですが、ダラダラと喋るのではなく簡潔に表現することを心がけると好印象につながります。 回答内容以外で面接官がチェックしているポイント 面接では、受け答えの内容ももちろん大切ですが、それと同時に他の部分もチェックされています。 態度・表情 社会人としてきちんとした態度で受け答えができているのか、確認されています。 緊張するかもしれませんが、険しい表情や暗い表情はマイナスイメージにつながります。 また、話す時の姿勢も印象を大きく左右します。 背もたれは使わず背筋を伸ばして座り、話す時は、ややゆっくりとハキハキ答え、明るい表情を意識しましょう。 目線 実際の看護の現場でのコミュニケーション能力がわかります。 基本は、面接官と目線を合わせて話すこと。 患者さんやドクター、同僚とのコミュニケーションが問題ないかどうかという点が判断されます。 コミュニケーションスキル 看護師は、患者や医師・同僚などコミュニケーションを必要とする場面が多いです。 目線や態度、表情ももちろんですが、全般的なコミュニケーションスキルがあるかどうかを面接官はみています。 面接時には、顔を上げてハキハキと対応するよう心がけましょう。 受け答えの仕方 看護師は、人柄重視で採用されるケースが多いです。 自身の意見を的確に伝えられるかどうか、端的に意見を述べられるかどうかも大事なポイントです。 面接時には、相手がどんなにくだけた態度で接してきたとしても、礼儀正しい態度と言葉で受け答えしましょう。 看護師の転職面接は準備が大事!事前準備と質問例で内定に近づく 看護師の転職面接は、準備が大事です。 どんなに看護師としての経験があったとしても、行き当たりばったりの回答は面接官に見抜かれます。 「面接は苦手」という方も多いかもしれませんが、事前に対策をして注意点を抑えておくことで不安は和らぎます。 質問に対する答えや押さえるべきマナーを身に付けて、理想の職場の内定をつかみとりましょう。

次の

看護師の転職は面接が決め手!好印象を与える志望動機・自己PRを教えます

看護師 面接 服装

看護師転職の面接のときに注意したいのは、スーツやブラウスなどの服装です。 企業に就職するわけではないので、「看護師の転職に服装はあまり関係ない」と考えている人がいるかもしれません。 しかし、病院やクリニックなどの医療機関で看護師として働くというのは、患者さんの命を預かる「責任ある仕事に就く」ことを意味します。 転職面接において、第一印象の決め手となる服装でマイナスポイントになってはいけません。 髪型はそこまで気にしなくてもいいですが、服装は重要だといえます。 面接時に服装や身だしなみが整っていれば、初対面の状態からプラスの評価を得られます。 反対に服装が整っていなければ、最初の数秒でマイナス評価を招いてしまう恐れがあるのです。 面接の目的は、あなたの仕事に対する熱意や真剣さを採用側に伝えることです。 せっかく訪れた面接のチャンスです。 良い第一印象を与えられるように外見から準備しておくことが大切です。 もくじ• 中途採用でも面接の服装は冬・夏ともにスーツが基本 新卒のときとは異なり、20代後半や30代、40代での中途採用の再就職となると、面接の際にスーツ着用を問わない病院があります。 ただ人が初対面の相手を判断する基準として、見た目が非常に重要です。 そのため、中途採用や再就職、アルバイト・パート、派遣の面接であってもスーツを着用するに越したことはありません。 また、冬・夏どちらの季節でもスーツ着用がいいです。 服装を整えるというのは、希望する病院やクリニックにあなたの入職への熱意や誠意を伝えることにつながるからです。 あなたの選んだ服装が面接にふさわしいものかどうかを判断するのは、あなたではなく、あくまでも採用側です。 特に30代、40代の方であれば、人生経験を積んできた看護師だからこそ、常識ある服装で面接を受けたほうが無難です。 転職時にはスーツを着用し、まずは見た目で好印象を与えましょう。 そこで、スーツを着用したほうが良い理由について簡単に解説していきます。 服装でマイナス評価を受け、看護師面接で落ちる理由 なぜ看護師の面接であるのに服装でマイナス評価を受けて、再就職試験で落ちるのでしょうか。 これについて、人は初対面で会った相手の印象を「見た目」「声の大きさや調子」「話の内容」という3つのポイントから判断します。 これはメラビアンの法則といわれ、以下のように数値化されています。 例えば、患者さんへの「お大事にしてくだいね」という声かけを、他の仕事をしながら目も合わせず無表情(視覚情報)、しかも早口(聴覚情報)でしたらどうでしょうか。 いくら「お大事にしてくださいね」と言葉がけをされたとしても、患者さんは不快な気持ちになり、この看護師に対してマイナスなイメージを残すことになります。 反対に、清潔で整った服を着た看護師が、患者さんの背中を優しくさすり(視覚情報)、穏やかな口調(聴覚情報)で「お大事にしてくださいね」といわれたらどうでしょうか。 患者さんは安心感を得ることができ、この看護師に自分の看護を任せてもいいと思うことができます。 両者を比較すると、同じ言葉でも相手の受けとる印象が全く異なります。 それは面接でも同様のことがいえます。 看護師面接では特に 清潔感が重視されます。 たとえ仕事のできる人であっても、シワのついたスーツや汚れたブラウスを着て面接に向かうと、「仕事のできない、いい加減な人だろう」と判断されるケースが多いのです。 採用側も無意識に服装などの身だしなみを重視している 見た目が重要といっても、それでも多くの転職希望者は「見た目よりも、中身で判断してもらいたい」と考えます。 採用側も求人では、「人柄などの中身を重視している」と公言しているところがあります。 とくに介護施設や保育園看護師求人では人柄重視としているところが多いです。 例えば、以下は横浜にあるクリニック求人です。 求人内容に人柄最重視の記載があれば、服装などは一見問題なさそうに思えます。 ただ 人柄重視だからこそ、スーツなどの服装を重視したほうがいいです。 面接という人生を決める大事な場面では、「スーツを着ていこう」と考えるか、「セミフォーマルでいいだろう」と妥協するかで、瞬時に新しい仕事に対する熱意の有無や人柄、誠実さが伝わってしまうからです。 参考までに、私の勤める医療機関の院長の話をします。 院長は「採用は見た目じゃない。 どのくらい仕事に熱意をもっているかで採用するかどうか決めている」といっていました。 その言葉のまま受け取ると、面接の内容や人柄を重視して採用の可否を決めているように思えます。 しかし以前、私は院長に「昨日、来られていた応募者はどうでした?」とセミフォーマル着用で訪れた応募者の印象を聞いたことがあります。 すると院長は「一生懸命さは伝わってくるんだけど、身だしなみが少しだらしない気がする。 とりあえず、保留かな」という返事が返ってきました。 やはりスーツを着用するかしないかで無意識のうちに、その人の与える印象は全く違ってくることが分かります。 このように 応募者が採用側に与える見た目の印象は、採用の可否に大きく関わっていることが多いのです。 看護師転職での服装、スーツ選びの方法・身だしなみの整え方 面接で好印象を与える服装となると、スーツに勝るものはありません。 再就職や中途採用では、「面接官にいかに好印象を与えるか」が採用への大きな分かれ目となるのです。 スーツを着て面接に臨むことで、採用側に 「誠実さを兼ね備えている」「清潔感がある」 「真剣に臨んでいる」という好印象を与えることができます。 看護師の仕事を遂行するためには誠実さや清潔感はもちろん、常識があり、仕事に対していかに真面目で、熱意や真剣さをもった人間であるかが重要です。 まずはスーツを着用することで、あなたの仕事に対する心意気を見せることができるのです。 もちろんスーツ選びでは、「古いよれよれのスーツより、新しいスーツ」「ぶかぶか・ぴちぴちのスーツより、自分の体に合ったスーツ」のほうがいいです。 転職時の新しいスーツはどこで買う? ただ古かったり、体形に合っていなかったりするスーツしかもっていない場合は、転職を決めた際に新しいスーツを購入しましょう。 新しいスーツは安くてもかまいません。 古くて体形に合っていない高級スーツより、 安くても体形に合った新しいスーツのほうが好印象を与えることができます。 この場合のスーツ量販店であれば、上下セットでも3万円以内で購入できます。 私は転職面接のとき、いくつかのスーツ量販店を回ってみました。 その中で私もスーツ量販店で黒のスーツを上下合わせて25,000円くらいで購入しました。 ほかにもスーツをもっていたのですが、いまの自分の身丈に合ったものを着用し、心機一転、万全の態勢で面接に臨もうと考えたからです。 このような店舗でスーツを購入したとき、以下のようなメリットがありました。 安さ:安くても、新しいスーツはしわやヨレが少ない• 早さ:専門店は裾直しなどを迅速に対応してくれる• 敷居の低さ:高価なものを買うわけではなく、敷居が低い• プロ目線での選定:プロによる目線で、スーツ選びをしてくれる• スーツ特化のアイテムが豊富:着こなすためのアイテムが多い 私の場合、スーツはジャストフィットのものを選んでもらいました。 しかし、ブラウスはもともと持っていた自前のものを着用しようと考えて購入しませんでした。 なお私が保有していたブラウスは綿素材のものであり、生地がふんわりとしていました。 そのため、立ったり座ったりを繰り返していると、ブラウスが浮いてきて、だらしなく見えてしまうのです。 以下のような感じです。 そこで購入先の洋服の青山にスーツを持っていっていき、「ブラウスが浮かないようにするにはどうしたらいいのか」と相談しました。 すると以下の写真のように、1000円以下でウエスト部分にずれ防止の補整をしてくれました。 白い部分がずれ防止の補整してもらったところです。 これを付けると ブラウスが上にまくれ上がってくるのを抑えられ、しかもウエスト部分がずれないので、面接時に大変重宝しました。 以下の写真は、ずれ防止を施した後の着こなしです。 やわらかい綿素材のものを組み合わせて立ったり座ったりを繰り返しても、ブラウスが上がってこなくなり、すっきりした着こなしができるようになりました。 このように、スーツを自分の満足いくようにカスタマイズできるのも、スーツに特化した店舗ならではの強みです。 もしスーツを購入する必要がある場合、安いスーツでいいので新しくて自分の体形にフィットするものを購入し、良い印象を与えることが大切です。 ・スーツのベストな丈はヒップライン いままで使っていたスーツを面接で着用する場合、ジャケットの丈を鏡で確認してみてください。 ジャケットのベストな丈は ヒップラインの一番高いところに裾がくることです。 こうすると、すっきりとしてきれいに見えます。 以下の写真を参考にしてください。 ジャケットからヒップ部分が出すぎていても、隠れすぎていてもアンバランスになり、だらしなく見えてしまいます。 必ず鏡でチェックして、裾の高さを確認するようにしましょう。 スーツの色は黒か紺、ストライプなら主張しすぎないものを選ぶ またスーツの色ですが、 基本は黒や紺です。 ただ、30代や40代看護師といった年齢を重ねてきた人であれば「私は新卒ではなく既卒。 転職以外に着る機会のないリクルート調の黒や紺のスーツに3万円もかけたくない」と思われる方がいるかもしれません。 そこでおすすめなのが、黒に白の細かいストライプが入ったスーツです。 やや遠くから見ると、黒に見えるくらいのストライプです。 このくらいの主張しすぎないストライプであれば、リクルートスーツには見えません。 そのため、面接以外のほかのシチュエーション(お子さんの卒業式などのフォーマルな機会など)でも着こなすことが可能です。 以下に私がもっているストライプのスーツを掲載します。 また私が看護師をする以前、社会人をしていた頃に購入した黒一色のスーツも以下に掲載します。 こちらのスーツは裏地が淡いピンクなのが珍しくて気に入っています。 裏地に誰も注目していないのは承知の上ですが、「さっそうとビル街を歩いて、風で裏地がちらっとみえる自分」に酔いしれることができ、大切にしているスーツです。 面接などの堅苦しい場面でなければ、ボタンを留めず裏地をあえて見せることで、黒一色のスーツでもリクルートスーツにはみえません。 このようなスーツであれば普段使いにも着られるため、30代や40代看護師におすすめです。 ただ、 あなたがスーツを購入する目的は、面接で好印象を与えることです。 「この人はおしゃれだな」「高そうなスーツを着ているな」「裏地が素敵だな」などと思われる必要はまったくありません。 看護師の基準服はナース服です。 ただスーツ姿で面接に臨むことで、あなたをみた採用側は「この人がナース服を着たら、真面目にきびきび働いてくれるだろうな」とイメージしやすくなる服装になるように心がけましょう。 看護師面接で好印象を与える女性の服装・身だしなみ それでは次に女性看護師の面接時の具体的な服装・身だしなみについて述べていきます。 女性が心得ておきたい面接のときの服装・身だしなみは以下の通りです。 髪型: そこまで髪型が重要ではないとはいっても、当然ながら伸びたパーマ、寝ぐせ、フケ、明るすぎる髪色などは面接で落ちる原因となります。 髪型としては、目にかかる前髪は左右に分けましょう。 ロングヘアは後ろでキチンと束ね、清潔感を出すことが大切です。 不自然な茶髪や金髪はナチュラルな髪色に染めなおしておきましょう。 メイク: たとえ素顔に自信があるとしても、ナチュラルメイクをするのが礼儀です。 健康的に見えるメイクをしておきましょう。 オレンジやピンクのチークを薄く付けると顔全体が明るく元気にみえます。 てかてか光るグロスや濃すぎるルージュ、香水は禁止です。 アイメイクもナチュラルに行いましょう。 顔まわり: ピアスやイヤリング、ネックレスなどの貴金属は外しておきましょう。 ネイル: マニキュアやネイルアートは落としておきましょう。 シャツ・ブラウス: 無地の白シャツやブラウス が基本です。 フリルやレースのついたブラウスは華美すぎて、あまりおすすめしません。 面接のときは一番上のボタンまで留めておきましょう。 ボトム: スカートは丈が短すぎると軽薄なイメージになり、逆に丈が長すぎるともっさりと鈍重なイメージになってしまいます。 座ったときに、膝がちょうど隠れるくらいの長さがよいとされています。 なおパンツスーツでも問題ありません。 その場合のパンツは、折り目がついたものを履くようにしましょう。 バッグ: 大きすぎても、何も持っていなくても好印象は得られません。 A4サイズの書類が入る程度の大きさのシンプルなバッグを持っておきましょう。 ストッキング: 色や柄の入っていないナチュラルな色のストッキングをはきましょう。 伝線したらすぐに履き替えられるように、替えを一つもっておくと安心です。 足元: 黒の低めのパンプスが基本です。 ピンヒールやミュール、ブーツ、サンダルは避けましょう。 男性看護師については省きますが、要は常識的な服装を心がけるようにしましょう。 セミフォーマルな服装の場合の注意点 しかし中途採用の面接であれば、「スーツ着用でなくても問題なし」と応募要項に書かれていることがあります。 例えば、以下は埼玉にある訪問看護師求人の備考欄です。 スーツ着用不要であり、このような場合は普段着までとはいかなくても、セミフォーマルな服装を選択しておくほうが無難です。 セミフォーマルはスーツほど堅苦しいイメージはなく、ラフな服装より良い印象を与えます。 それでは、セミフォーマルとはどのような服装なのでしょうか。 男性のセミフォーマルといえば、ブラックスーツやディレクターズスーツ(ブラックのジャケットに、ブラックとグレーのストライプのスラックスを組み合わせたスーツ)が基本です。 一方で、女性のセミフォーマルは定義が難しく、「これがセミフォーマル」という服装はありません。 実はこれが面接で厄介な点なのです。 自分ではセミフォーマルだと思っていても、採用側からすれば「なぜ面接という大切な場に、このようなラフな服装できたのだ」と思われることがあるからです。 女性のセミフォーマルは一般的には、テーラードスーツといわれるものになります。 テーラードスーツとは、ジャケットの上着をスーツよりは若干カジュアルにアレンジしたものです。 こちらもスーツ量販店のほうが種類は豊富であり、以下のような店舗で安価なものを手に入れることができます。 以下がテーラードスーツ売り場になります。 テーラードスーツでイメージしやすいのは、OLが仕事中に羽織っているタイプのものです。 フォーマルなスーツと比較すると、普段着にも合わせやすい素材や色使いになっているのが特徴です。 テーラードスーツは光沢のない生地が使われていることが多いです。 また、ジャケットとパンツの上下で色が異なっている場合もあります。 このようなテーラードジャケットであれば、スーツのように肩パットが入っていないものが多いため、やわらかめの印象を与えることができます。 テーラードスーツであれば、参観日や懇談会などフォーマルな会に参加しなければならないプライベートでも使いまわせ、私服とコーディネートしやすいのが特徴です。 このようなテーラードスーツを選ぶ場合、上下で色は異なるとしても黒か紺といった同色・同素材のものでまとめるほうがすっきりみえます。 ただフォーマルなスーツより、セミフォーマルな服装のほうが選ぶのが難しい傾向にあります。 人によっては前述の通り「服装がセミフォーマルではない」と見解が分かれてしまうことがあるからです。 できれば 複数の人に、選んだセミフォーマルな服装をみせて、「この服装で就職面接を受けに行こうと思うけれど、印象としてはどうだろうか」と確認を取るといいでしょう。 看護師の求人面接では第一印象で好印象を与える 看護師転職の面接では、まずは スーツ着用が必須です。 スーツを着るほうが「礼儀をわきまえた常識ある人」と高評価を得ることができます。 スーツは安くてもいいので体形に合った清潔感あるものを着こなすことで、さらに印象が良くなります。 そうなると自信につながり、背筋もよくなります。 外見を整えることは、気持ちを積極的に変えることにもつながるのです。 転職において、自信や積極性に乏しい人は採用されません。 まずは外見に自信をもって、転職に臨めるように行動しましょう。 面接でのスーツ着用は、自分で事前準備できる一番簡単な方法です。 服装から採用側にあなたの熱意や誠意を示し、好印象を持ってもらうことが採用につながる一歩となるのです。 求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。 自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。 一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。 このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。 ただ、転職サイトによって 「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。 これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。 以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。 派遣看護師として転職する ・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う 一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。 高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。 このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。 年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。 そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。 「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。 死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。 健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

次の

看護師の転職は面接が決め手!好印象を与える志望動機・自己PRを教えます

看護師 面接 服装

看護師が就職・転職を行う時に避けては通れないのが面接です。 間隔が空けば、どのような服装で挑めば良いのか、どのような質問が投げかけられ、どのような回答が望ましいのか、いろいろ考えてしまうことと思います。 当ページでは、「1、面接の心構え」「面接時の服装」「3、面接の流れと注意点」「4、良く聞かれる質問と回答例」」の4項目をもとに、好感が持たれる面接への挑み方について詳しくご説明しますので、最後までしっかりお読みいただき、参考にしていただければと思います。 また、転職者においても入職は非常に容易で、基本的には転職に困ることはありません。 しかしながら、就職先に挙げられる医療施設の中には各都道府県の医療の中核を担う大型病院など看護師に人気の施設があり、看護師の人材不足は深刻でありながら、それらの医療施設においては全ての看護師が容易に入職できるわけではありません。 よって、大型病院など人気の高い医療施設での就職を希望する場合には、それなりの準備が必要となります。 各医療施設の責任者は、「履歴書」「面接」「小論文」を基に新規入職者の採用の可否を決定しますが、この中で最も重要となるのが「面接」です。 履歴書をどのように書けばよいのか、小論文が苦手だ、という方は多いと思いますが、実際には「面接」が採用決定の8割以上の割合を占めます。 それゆえ、履歴書の書き方がおかしい、小論文がよく書けていない、という場合でも面接さえしっかり行えていれば採用されるでしょう。 看護師としての知識や経験が乏しくても、それは業務の中で学ぶことができるため重要視されていません。 それよりも、他の医療従事者と問題を起こすことなく業務を円滑に遂行できるかが重視され、それは履歴書や小論文では分かりません。 よって、面接時の対応で判断するのです。 そのため、いかに面接時に質問に対してしっかり自分の答えを述べられるか 自主性 、いかに愛想よく振る舞えるか コミュニケーション力 が重要であり、特に競合率が高い大型病院などではしっかりと面接の準備をしておく必要があるのです。 2、面接時の服装 新卒者にしろ転職者にしろ、就業する以上は1人の大人としてみられるため、社会人として適切な服装で面接に臨まなければいけません。 ただし、それほど堅く考える必要はなく、一般的な大人としての身だしなみで十分です。 どのような点に気をつければよいのかみていきましょう。 また、お辞儀をした時に前髪が落ちないよう、耳にかけるかピンで留める工夫が必要です。 髪色は黒。 茶など明るい色はNGです。 濃すぎるメイクは完全にNG。 スッピンでも問題はありませんが、血色が悪く良い印象を与えない可能性があるため、出来る限りのメイクはしておきましょう。 パンツ・スカートどちらでも構いません。 シャツは白、靴はローヒールにし、ストッキングはナチュラルな肌色を選択しましょう。 ネックレスも外しておきましょう。 腕時計はシンプルで落ち着いた色のものを選択してください。 バッグは黒などダーク系の目立たない色を選びましょう。 昨今ではリュックやハンドバッグも良しとされていますが、出来る限りA4サイズが入るビジネスバッグを選択してください。 3、面接の流れと注意点 次に、面接の流れと要所における注意点 ポイント をご説明します。 万が一、電車の遅延などで到着が遅れる場合には必ず電話入れ、遅れる旨を伝えてください。 受付時には、来訪の目的と明確に伝え担当者との面談をお願いしてください。 入室の際には「失礼します」と一言添えてください。 」と大きな声でハッキリ言い一礼します。 「どうぞ」と勧められた後に「失礼します」と一言告げ、静かに着席してください。 バッグは椅子の脇に置いておきましょう。 面接担当者の目を見て1つ1つしっかり大きな声で答えましょう。 質問内容に関しては次項の「4、良く聞かれる質問と回答例」でご説明しています。 また、退室時にドアの前でもう一度お辞儀をして、静かにドアを開け退室します。 ここで気を抜かず、病院を出た後もしっかりとした態度で帰路についてください。 4、良く聞かれる質問と回答例 面接の時間は医療施設によって異なりますが、概ね5分から10分程度と短時間で終わります。 質問内容は基本的にどこの医療施設でもテンプレート化されているため、事前にある程度の質問内容と回答を用意することができます。 準備せず挑むのもアリですが、何を聞かれるのか分からないという状態では緊張もしますし、言葉を詰まらせ印象が悪くなってしまう可能性もあるため、ある程度はしっかり準備しておくことをお勧めします。 なお、各医療施設は当院のために誠実にそして問題なく働いてくれる人材を求めています。 ただし、誠実と言っても何でもかんでも正直に回答していては印象が悪く映る可能性がありますので、時として嘘も必要です。 以下に、良く聞かれる質問とその回答の一例をご紹介しますので、参考にしてください。 御院 おんいん では小児の分野で県内でも有数の病院であり、これまでの経験を生かしながら、さらに小児看護の専門性を高めることができるのではないかと考えました。 また、見学させていただいた時に子供の患者さんやそのご家族に温かなサポートをされている看護師の姿に感銘を受け、御院の一員として患者さんやご家族のために温かなサポートをしたいと思い、応募いたしました。 また、自分主義の考えではなく、就業先にとって利益となるよう、ポジティブかつ支援の内容を伝えることが大切です。 なお、引っ越しや結婚・妊娠、病気、介護など、やむを得ない理由の場合は嘘偽りなくそのまま伝えましょう。 正直に答えましょう。 今後も患者さんのためにより良い看護が提供できるよう、切磋琢磨していきたいと考えています。 理想と現実のギャップを正直に話すと説得力があります。 また、今後どのようにしていきたいのかを加えると尚良し。 疾患により不安を感じる患者さんが、この人なら安心できると感じられるよう、患者さんの気持ちや想いを理解し、寄り添う看護を提供することを心がけています。 体が傾いている段階で気づいて大事には至りませんでしたが、それ以来は転倒や転落を防止すべく、細心の注意を払って介護しています。 また、介護時の体勢や注意を払うことなどを他の看護師と話合い、院内全体で予防策を講じました。 以前の職場でもムードメーカーとして居心地の良い職場環境を作れたのではないかと思っています。 明るい性格や気さくなコミュニケーションは私の強みであると感じておりますが、今後はさらなる向上を図り、患者さんやご家族にとって心から信頼できる看護師になることを目指して日々邁進していきたいと思っています。 4-1、逆質問で印象UPを! 面接の最後には「何か質問はありますか?」と必ず聞かれます。 この際、あなたの方から質問することで好印象を与えられ、また入職への積極性が評価され、合格に一歩近づけます。 面接担当者からの説明が不十分な場合にはその点について尋ね、説明が十分の場合には以下のように職場の雰囲気などの質問を投げかけると良いでしょう。 研修内容について教えていただけますか? なお、ホームページやパンフレットにすでに記載されていること、給与や有給休暇など待遇面は深く聞かない方が無難です。 多くの場合は求人情報に待遇が記載されていますので、記載されていない場合のみ、やんわりと聞くと良いでしょう。 まとめ 看護師の就職・転職における面接は何も特別ではなく、一般的な面接と変わりはありません。 大人としてマナーを遵守するのは当然とし、好印象を与えられるよう、胸を張って自身を持って挑んでください。 就職や転職は人生の大一番であるため、誰もが緊張するものです。 当日にあたふたすることのないよう、また不安のない状態で挑めるよう、面接マナーや質問に対する回答など事前にしっかりと準備しておきましょう。

次の