芸人 不祥事。 芸人界を揺るがしたゲス不倫事件! “寝取られた側”鬼ヶ島・和田貴志、R...|テレ東プラス

【主張】吉本興業の不祥事 本末転倒もはなはだしい

芸人 不祥事

「2019年ほど活動休止の芸能人が多い年は、過去思いつかないですね。 2020年に彼らがどう復帰できるのか、果たして復帰に手こずるのか、芸能マスコミとしては要注目ですね」 ベテラン芸能ライターがそう指摘するとおり、2019年は、皮肉を込めれば不祥事芸能人の豊作イヤーだった。 「逮捕組といっても、それぞれ立場が異なる。 強制性交容疑で実刑判決を受け現在、控訴中の新井は、復帰に甘いと言われる芸能界といえども、居場所はないでしょう。 以前、俳優の小出恵介が未成年者と淫行したことが原因で、数か月後に所属事務所を契約解除になりましたが、性犯罪の加害者の復帰は、大手事務所が後押ししてもなかなか難しい。 世間の風もいま、#Mee Too問題への関心が高まり、性犯罪により一層、厳しい目が注がれるようになった。 2019年8月、以前、性犯罪で逮捕された高畑裕太が舞台で復帰しましたが、メディアへの復帰はできない」(前出・芸能ライター) ちなみに小出は現在、ニューヨークに住み、アクターズスクールに通っているという。 性犯罪に関してはほとんど復帰アウトで、イメージ挽回の手立てはないのが実情だ。 クスリに関しては、その社会復帰を見守る空気が世間にもあり、再チャンスの窓口はあることはある。 「以前、逮捕されたASKAが歌手復帰してコンサートを行っている。 田口は釈放後すぐに自主レーベルから新曲を配信リリースしている。 沢尻は2020年1月末に初公判があるため、まだまだ復帰は先。 沢尻と同じエイベックス所属のAAAの浦田はクスリ問題ではありませんが、所属事務所のエイベックス社員が、沢尻より先に復帰のメドを立てるために会議をしていますよ、と明かしていたことから、そう遠くないと思いますよ」(前出・芸能ライター) 2019年10月にリリースしたAAAのシングルジャケットに映っているのは5人のメンバー。 それがいま、オフィシャルサイトのトップに使われ、まったく違和感を覚えない。 「本人は早めに復帰したい。 ほかのメンバーは拒否しているわけではないが、快く思っていないメンバーもいる。 今後は引退はせずにソロとして活動するというから、復帰は間近と見られる。 吉本芸人、復帰の順序 逮捕されていないが、社会的制裁を受けたタレントに関しては、 「うまく区切りをつけるタイミングが難しい。 所属事務所の見極め力が問われる」 とスポーツ新聞記者。 対象者としては、宮迫、田村、徳井、ユッキーナ、といった面々だ。 「木下以外はすべてよしもと。 宮迫に対しては、ウソをついたことで騒動を炎上させた張本人という恨みがあり、いまも不快感を漏らす幹部がいる。 徳井に関しては金がらみのスキャンダルですが、かつてよしもとの次長課長の河本準一の母親が生活保護費を不正受給していた件よりはマシ、という感じで、オファーがあればいつでも復帰しますよ、と暮れの忘年会で広報関係者が話していました」(前出・スポーツ紙記者) 2019年の大晦日に、よしもと所属のフジモンことFUJIWARAの藤本敏史との離婚を発表した元妻の木下優樹菜。 タピオカ騒動が直接の原因になったかは不明だが、「夫婦としてのすれ違い」を理由としている。 「これまで、いい妻、いい母のイメージで女性に支持されていたのですが、化けの皮がはがれた感じで、元のようないい妻、いい母を売りにすることはもう難しい。 じゃあ、どんな戦略がいいのか。 演技もできない、歌も歌えないバラエティータレントですから、代わりはいくらでもいる。 よしもと芸人の復帰よりも、案外、難しい」 と情報番組デスクは指摘する。 12月、お笑いコンビ、よゐこの濱口優と南明奈夫妻が登場したウエディング関連のイベントがあったが、そこでも両人は「夫婦としてメディアに出続けたい」と、おしどり夫婦として名乗りを上げた。 謹慎芸能人がいれば、その穴を埋める芸能人がすぐさま現れる芸能界。 謹慎芸能人にとって2020年はどんな年になるのだろうか。 <取材・文/薮入うらら> 外部サイト.

次の

不祥事のイメージ?元々使いづらい?極楽とんぼ・山本、地上波の露出が増えないワケ→需要がないのも加わりますね。

芸人 不祥事

何か勘違いしているのではないか。 必要なのは涙や温情ではない。 反社会的勢力との関係を断ち切れなかった芸人と吉本興業の、真剣な反省である。 反社との関係を完全に絶つことである。 事態をさらに悪化させているのは、芸人の虚偽報告を会社が隠蔽(いんぺい)しようとしたことである。 不祥事の中身以上に、虚偽や隠蔽を疑われることが致命傷となりかねないことが分かっていない。 芸人が反社の会合に参加し金銭を受け取っていた問題で、吉本興業の岡本昭彦社長が謝罪した。 涙ながらの会見で芸人に出していた処分を撤回し会長、社長を1年間、50%の減俸とするとした。 これに先立ち、契約解消や謹慎処分となっていた宮迫博之、田村亮の両人が泣きながら虚偽の説明を謝罪し、会社の隠蔽の指示を訴えていた。 謝罪会見を行うことを会社に申し入れたところ、「(会見したら)全員クビにする」と社長に止められたのだという。 芸人が反社から金銭を受け取ること自体、言語道断である。 金銭の授受はなかったという当初の虚偽について報告を受けながら、公表を止めた会社側の責任はさらに大きい。 涙の直訴を受けて処分を取り消す立場にはない。 PR 「全員クビ」などの発言は悪質なパワーハラスメントに当たるはずだが、社長は発言を認めたうえで「冗談」「身内感覚」などと釈明した。 そうした旧態依然の体質が、結果として反社を近づけているのではないか。 古い体質のまま業界特有の温情に走るなら、時代錯誤以外の何物でもない。 一連の反社との関係について、吉本と所属タレントの間に専属契約書がないことが、会社を通じない闇営業の温床になっているとの指摘があった。 処分された芸人も闇営業だった。 そうした指摘を受けても吉本側は、口頭での契約を変えるつもりはないとし、その理由は「家族のようなものだから」なのだと説明していた。 およそ現代の会社組織の姿とはいえない。 体制が変わらなければ吉本を辞めると公言するタレントが出るなど、内外から吉本の姿勢への批判が噴出していた。 万事、後手に回っての社長会見である。 その結果がこれでは、反社との関係を断絶できるのか極めて疑わしい。 芸人だけでなく会社も猛省し、ウミを出し切らなければならない。

次の

さらば青春の光の不祥事!浮気相手の先輩芸人って誰?なぜばれた?画像

芸人 不祥事

最近じわじわと人気が出てきてるお笑い芸人の「アキナ」が「にちようチャップリン 1年ぶっ通しお笑い王2018」8月大会決勝に出演されます。 アキナは秋山 賢太(あきやま けんた)さんと山名 文和(やまな ふみかず)さんのコンビで活動されています。 アキナの秋山さんはルックスがイケメンでかっこいいと言われていて、山名さんはユリアンレトリバーに告白されたり話題が豊富な芸人さんですね。 同期芸人には和牛、アインシュタインで3組でアキナ牛シュタインとユニットを組んでいて3組ともに人気が出ている芸人ですね。 しかし過去には不祥事が理由で解散されたりもしています。 過去に解散などを繰り返して今のアキナのコンビに落ち着いています。 過去に解散した理由が不祥事だったとか? 人気急上昇中でおもしろお笑い芸人「アキナ」について調べて見ました! スポンサーリンク コンテンツ• 「アキナ」どいうコンビ名は秋山さんの「アキ」と山名さんの「ナ」をとって「アキナ」と名付けたそうです。 漫才もコントも面白く実力のある芸人さんですね。 キングオブコントやM-1グランプリなど決勝進出までしている実力もありNHK新人お笑い大賞にも輝いています。 山名さんのインパクトのある独特のボケに、秋山さんがテンポよくツッコミを入れじわじわ笑いが込み上げてきます(笑) 秋山さんが3才年上で1年先にNSC(25期生)で入り先に別のコンビで活動されていました。 1年遅れで別のコンビでデビューした山名さんをネタの袖から見ていて「こいつとやりたい!」と思っていたそうです。 当時山名さんは現在「アインシュタイン」でコンビを組んでいる河井ゆづるさん(カッコいい方)とコンビを組んでいたそうです。 山名さんが河井さんとコンビを解散したのをきっかけに一緒になったそうです。 serorinoa0925. イケメンでかっこいと女性の支持も多いですね。 私服もセンスがありおしゃれなどと言われていて趣味でスニーカーを集めていて以前、番組で集めていたスニーカーにカレーをかけられたり、ロケで格闘技に挑戦して首のヘルニアになったそうで体を張った仕事もこなしていますね。 html 名前|山名 文和(やまな ふみかず)担当ボケ 生年月日|1980年7月3日 出身|滋賀県東近江市 学歴|名古屋外国語大学中退 大阪NSC26期生 山名さんは意外と頭が良く高校は滋賀県立彦根東高等学校を卒業していて高校の偏差値は67と高く山名さんが頭が良かったと思えますね。 そして番組の企画でしたがロンドンハーツでユリアンが山名さんに告白する企画がありリアル告白して話題になりました。 しかし恋は実らず山名さんはやんわりとお断りされていました。 ユリアンとカップルになっても人気も出そうですなのでお付き合いされても良いと思いますね。 スポンサーリンク 過去に不祥事?借金、逮捕!? 「アキナ」を調べると「不祥事」「事件」のワードが出てきます。 やはり芸人は何かと苦労があるようです。 ギャンブルにハマり借金 「アキナ」の山名さんはデビュ直後に芸人仲間に誘われてパチンコにハマってしまいます。 パチンコにハマり消費者金融に4、5社に合計180万の借金を作ってしまいます。 しかもハマりかたは依存症レベルだったそうです。 負けが続いても勝った時の快感が忘れられず、次の日になったらまた行ってしまうとことを繰り返していたそうです。 食べることよりもパチンコにお金を使い、当時居酒屋でバイトの賄いだけで過ごす日々だったそうです。 勝率は圧倒的に負けてましたがやめる事よリも勝った時の快感が忘れられないという完全な依存になってしまったそうです。 当時、現在「アインシュタイン」河井さんとコンビを組んでいましたが解散しソーセージとしてコンビを結成します。 仲間の不祥事 藤本 聖さんと3人トリオでソーセージを結成し活動されていました。 主にコントを中心のネタでレッドカーペットなどにも出演し人気が出ました。 漫才も行うことともあり2008・2009にはM-1グランプリの準決勝に進出しています。 現在の「アキナ」もコントも漫才もできる二人ですのでとても器用な芸人なんでしょうね。 ソーセージとして順調に人気が出ましたが4年ほど活躍して当時のトリオを解散して現在の「アキナ」を結成させています。 解散の理由は今は別のコンビで結成している藤本 聖さんが不祥事を起こしてしまします。 不祥事の理由は藤本さんが元交際相手の女性と口論になり背中や顔を殴ってしまいます。 相手の女性とは事件直前まで付き合っていて男女のもつれの末の事件だったのでしょうね。 その後相手の女性と示談が成立して不起訴となりますが謹慎処分になり、結果藤本さんが話し合いの結果、藤本さんがトリオを抜けて秋山さんと山名さんで「アキナ」を結成しています。 しかし謹慎を言い渡され当時はどん底だったそうです。 謹慎は自宅からも出てはいけないと事務所から言い渡され、バイトもできず借金生活だったそうです。 謹慎生活が終わっても新しいコンビでの活動だった為0からのスタートで1ステージ500円で1人250円の日々だったそうです。 その後、目標を大阪芸人の登竜門、NHKの上方漫才コンテスト目指し2人で頑張っていました。 いつでも稽古できるようにバイト先もシフトも同じにして約2年間頑張り念願だったNHK上方漫才コンテストで優勝しています。 借金生活からもようやく解放されて山名さんは「高い高い授業料」と言っていました。 そんな苦労があったからこそ本気になって頑張れたのでしょうね。 今は知名度も出てテレビの出演が多くなっていますね。 スポンサーリンク ソーセージのネタ動画やその後は? 「アキナ」としても人気が出ていますが「ソーセージ」時代も人気があり「好きだった」との声も多いです。 トリオとしての活躍で西のパンサーとも言われていてお笑い好きにはファンも多かったですね。 もし不祥事がなかったら現在もトリオで活躍されているのかもですね。 藤本 聖のその後 不祥事を起こした藤本 聖(ふじもと たかし)さんは現在「ジュリエッタ」としてコンビを組み結婚もされてお子さんもいるそうです。 事件を起こし謹慎、解散となったてしまったら芸人として終わってしまいそうですが周りの仲間に励まされ頑張ってきたそうです。 謹慎中も事件を起こした藤本さんを山名さんと秋山さんも激励を送り励ましていたそうです。 「ジュリエッタ」もなかなか面白いと評価がありステージで「アキナ」の2人と顔を合わせた事もありましたが3人の仲は良好のようですね。

次の