新型 コロナ メキシコ。 メキシコ新型コロナウイルスの現状 メキシコ/コリマ特派員ブログ

メキシコ 新型コロナウイルス 1日あたりの死者数・感染者数が過去最多

新型 コロナ メキシコ

【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

新型コロナウイルス状況まとめ【メキシコ】 メキシコ/モンテレイ特派員ブログ

新型 コロナ メキシコ

先端医療支援事業を手掛けるCENEGENICS JAPAN 株式会社(本社:東京都中央区、以下「セネジェニックス・ジャパン」)の藤森徹也代表取締役社長と、メキシコ・イダルゴ州のオマール・ファエッド州知事が、日本時間6月14日にメキシコにて共同で記者会見を行い、新型コロナに対する幹細胞治療による治験の進捗状況を報告いたしました。 かねてより治験を実施しております、子宮内膜由来幹細胞とエクソソームを併用する方法は、細胞の培養速度が速く、予定しておりました45名(うち15名はコントロール)が早期に終了する見込みとなりました。 6月中に治験登録を終え、7月中旬までの治験終了を見込んでおります。 また、治験終了後、速やかにイダルゴ州立病院において、メキシコ薬事申請のクオリティホモロゲーション等の最終テストを行う運びとなりました。 メキシコにおける薬事承認の早期実現を目指してまいります。 当然ながら、承認がなされることや時期が約束されたものではありませんが、メキシコの国内事情が刻々と変化しており、有効な薬剤の必要性が急激に高まっていることを請けて、当社としましても、全力を投じて、メキシコでの薬事承認を目指すことといたしました。 日本における感染拡大は、ひと段落の様相ですが、太平洋を隔てたメキシコでは、1日に5000人を超える新規感染者、1000人を超える死者が出ており、日本とは比較にならない感染爆発状況となっております。 メキシコの行政も感染拡大と死者の増加を食い止めるべく有効な治療方法を切望しておりますため、イダルゴ州が全面協力のもと、メキシコでの保険適用での薬事承認を目指すことになりました。 なお、薬事承認が得られました場合、メキシコの多くの重症患者に、治療薬が提供できます。 日本の累計死者数は920人強にとどまっているなか、メキシコは、1日の死者数が1000人を数える状況となりました。 誠に憂うべき状況ですが、最も必要な地域に必要な医療(当社が開発関与します薬剤は重症者を救い死者を減らすことに主眼があります)を提供し得る以上、救うべき生命、救うべき健康を、一つでも多く救済できるよう、全力を投入して参ります。 なお、本治療薬の権利は、テラ株式会社に帰属し、メキシコでの治療薬の売上はテラ株式会社に帰属します。 幹細胞の培養、治療薬の製造には独自のプロトコルを採用しており、既存薬を利用するものではありません。 (現在は他社幹細胞の培養施設を借りて、製造していますが、プロトコルは独自のものです。 治験後にクオリティホモロゲーション等の最終テストを実施後、薬事承認をもらいます。 【間葉系幹細胞での治療について】 現在、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に対する有効な治療薬の開発は人類共通の喫緊の課題となっています。 この度開始する臨床研究で使用する幹細胞は、へその緒などから採取できる臍帯由来のものであるため、事前に準備しておくことができ、骨髄や脂肪から採取する幹細胞に比べ原材料の入手にも比較的余裕があります。 そのため、患者への安定的かつ迅速な対応が期待できます。 ARDS を引き起こす原因が、ウイルスによる直接の損傷なのか、免疫系の過剰反応による損傷なのかは正確にはわかっていませんが、COVID-19 による重症例の多くの患者さんがARDS を発症していることから、COVID-19 の重症化を避けるために はARDS の治療法の開発が必要と考えられています。 しかし、幹細胞の中でも MSCs 間葉系幹細胞 は、自分の骨髄、脂肪組織、胎盤、臍帯、歯髄等から取得することができるため、このような批判を回避することができます。 MSCs は、自分の身体から取得するため、投与時の安全性が高く、倫理的問題が少ないと考えら れ、再生医療分野での応用が期待されている幹細胞です。 このため再生医療分野で、骨、血管、心筋等の再構 築に利用する研究が進められている一方で、免疫反応を抑制する効果も証明されており、ARDS の治療への適用も期待されています。 【国際新型コロナウイルス細胞治療研究会】() 新型コロナウイルスに対する、幹細胞治療の有効性を確認し、世界の各研究機関と連携して研究成果をより発展していくための団体「国際新型コロナウイルス細胞治療研究会」が発足しました。 コロナウイルスに対して、様々な研究が進む学術交流の場として期待しております。 セネジェニックス・ジャパンがその運営事務局を務めております。 本研究会にて、新型コロナウイルスに対していかに幹細胞治療が有効的か、分かりやすく解説する動画を作成いたしました。 動画URL: 【会社概要】 会社名 :テラ 株式会社 所在地 :東京都新宿区西新宿7丁目22-36 三井花桐ビル1階 資本金 :27億2200万円 代表取締役 :平 智之 事業内容 :医療機関に対する樹状細胞ワクチン療法等、細胞医療に関する技術・ 運用ノウハウの提供樹状細胞ワクチン療法等、再生・細胞医療に関する研究開発 URL : 会社名 :CENEGENICS JAPAN 株式会社 所在地 :東京都中央区銀座2丁目5-4 ファサード銀座3階 資本金 :1億9000万円 代表取締役 :藤森 徹也 事業内容 :遺伝子・細胞・組織等を用いた先端医療支援事業等 URL :.

次の

新型コロナ、ブラジル・メキシコなどで依然猛威=WHO

新型 コロナ メキシコ

皆さま、こんにちは。 アジアでは1ヵ月以上前から騒がれている新型コロナウイルスですが、ここメキシコでは2月末に初の感染者がでており、昨日の夜の時点で316名となりました。 メキシコへの旅行を考えている人がいるのか分かりませんが、現状をお知らせしたいと思います。 (毎晩、夜の8時までにはその日の感染者数が更新されます。 ) メキシコシティが56名、ハリスコ州が41名とやはり国際空港がある場所の人数が多く見られます。 またユカタンなどの観光地にも感染者がいます。 メキシコは2009年に豚インフルエンザによりパンデミックを経験しており、その経験を生かしているような気がします。 そのため、国ではなく各自治体が各自動いている傾向があります。 アジアで流行り始めたころから、メキシコでは必ず流行がくるといわれ、メキシコシティではトレーニングが行われていました。 2020年3月12日(木)には教育省から3月20日から4月20日まで全国すべての学校に生徒が入ることを禁止、事実上の閉鎖が宣言されました。 この段階で、感染者数は26名でした。 しかし次の金曜日には、私も町や私の勤め先の学校含め、ハリスコ州などから、20日からでは意味がない、来週から即座に実行しようと声がかかり、16日からオンライン授業が開始されることになりました。 私の勤め先は16日の週からオンラインでクラスをやるために先生たちのトレーニングがオンライン場で始まり、バーチャルクラスの作り方を学びました。 とてもたいへんでしたが、家で仕事が今まで通りにできるので、安心しました。 また、私の町は16日以降、基本外出禁止となり、スーパーも短縮され、映画やレストランもそれぞれ対応していました。 また、スーパーでは通常、物を袋に詰めてくれる人がおりチップを渡すのですが、この人たちは基本お年寄りです。 そのため、禁止となりました。 その分、チップの募金箱が置かれたり政府がお金を出したりと対応していました。 ほかの町はどうか分かりませんが、ここでは感染者1名がでた段階でこの対応になりお年寄りは外出禁止となっています。 現在この町の感染者は2名です。 正直、この対応にメキシコ人はどう反応するのかと思っていましたが、毎週末いつもうるさくパーティの音楽が聞こえるのですが、先週末は一度も聞こえてきませんでした。 通りも人が少なく、車も少ないように感じました。 まだ、マスクをしている人は少ないですが、それでもちらほら増えてきました。 メキシコは正直日本のように衛生的ではありません。 トイレも汚いし、手を洗わない人もよく見かけます。 今、メキシコに旅行を考えている人がいるなら、おすすめしません。 その理由のひとつに長時間のフライトがあります。 日本からメキシコシティまで少なくても12時間かかります。 もうひとつの理由がもしメキシコで新型コロナウイルスに感染した場合、スペイン語が話せなければかなり難しいでしょう。 また薬も日本と違うので、私の経験上体に合わないことが多々あります。 私は薬で吐いたり、ゲリをしたことが何度もあります。 今はパンデミックが宣言されていますので、落ち着くのを待つのが賢明な判断だと思います。 どうか、早く世界が落ち着くようお祈りいたします。 そのあと、たくさん旅行を楽しめればいいですよね。 特派員プロフィール• コリマ特派員 Yuki 2016年4月より、主人の故郷メキシコにて移住生活が始まりました。 太陽の国メキシコと言われていますが、その中でもひときわ暑い街コリマ。 驚き満載の日々ですが、異文化コミュニケーションを楽しんでいます。 食文化・文化・学業などについて紹介しています。 「こんなところもあったのか、メキシコ」と言う情報をお届けしたいと思います。 メキシコの今• メキシコを旅する• メキシコの詳細情報• 旅の準備• おすすめ特集•

次の