犬 食べさせてはいけない。 【危険】犬に食べさせてはいけない野草について。

犬に与えてはいけない果物はこれ! 犬に果物を与える際の注意点も解説|いぬのきもちWEB MAGAZINE

犬 食べさせてはいけない

犬が野草を食べる理由は? 犬が野草を食べるのには 以下のような 5つの理由が考えられます。 ストレス• ビタミン不足• 胃腸の調子を整えるため• 誤飲した場合に 嘔吐するため• お腹を満たすため その犬によって さまざまな理由ですが、 野草をむしゃむしゃ食べたり 食べても わざと吐き戻すような 行動は 異常ではありません。 犬に食べさせてはいけない野草について 犬は 嗅覚が優れていますが 食べてはいけない食べ物などの危険を 自ら察知して食べるのを回避する、 ということは 決してありません。 犬は自分の意思で野草を食べようとしますが 犬にとって、 食べてはいけない野草があるのです。 犬が中毒症状を起こすと大変 危険ですので、 犬が食べてはいけない野草の種類について 愛犬家の方は必ず目を通しておきましょう。 犬が食べてはいけない野草の種類 犬に食べさせてはいけない 野草の種類は以下の通りです。 あさがお 種子• あじさい 葉、つぼみ• アロエ 皮下の乳液部分• アマリリス 球根• スイセン すべての部位、特に球根• パンジー 種子、根茎• マリーゴールド• カーネーション• ききょう• イチイ• イングリッシュアイビー 葉、果実• イチョウ 実• シュウメイギク• ハイビスカス• ベコニア• イチジク 樹液、葉や枝• キツネノテブクロ• キョウチクトウ• ツツジ 葉、蜜• アザレア すべての部位、特に葉• サツキ 蜜• シャクナゲ 葉• チューリップ すべての部位、とくに球根• ヒヤシンス 鱗茎• スズラン すべての部位 このように たくさんの種類が該当します。 どのような植物なのか 知らないものもあるでしょうし、 全て 把握することは大変です。 また、上記にない種類でも 殺虫剤や 除草剤のついた野草も 同じように犬にとって危険性があります。 殺虫剤や除草剤がついているどうかは 見た目からは判断できませんので、 普段からむやみに 野草を食べさせないようにすることが 犬を危険から守ることにつながります。 犬が野草を食べてしまった時の症状とは? もしも犬が 食べてはいけない野草を口にした場合、 どのような 中毒症状を引き起こすのか? 危険な野草が引き起こす 犬の中毒症状について以下でまとめました。 食欲不振• 大量のよだれ• 皮膚炎• 脱水症状• 呼吸困難 最悪の場合 死に至ることもありますので、 犬の様子に異変を感じられたら 早急に動物病院で 診察してもらいましょう。 応急処置としては 犬に 大量の水を飲ませる方法があります。 この応急処置によって 犬は食べた野草を吐き出す可能性があります。 早めに獣医さんに診察してもらうが1番ですが 緊急時に愛犬の守るための1つの知識として この応急処置も頭の隅にいれておいてください。 まとめ 犬が食べてはいけない野草について たくさんの植物が該当しています。 普段の散歩中に 日頃から野草を食べてしまう犬は 特に 注意が必要です。 また自宅の庭で 犬を飼われている場合にも、 犬の手が届くようなところには 植物を植えるのは控えましょう。 例え食べなくとも 犬は触れるだけでもかぶれ、 皮膚炎なることも十分にあります。 もしもあなたの犬が 野草を好んで食べているようでしたら 安全なものを犬へ差し出し、 散歩中の野草は 食べさせないようにしましょう。

次の

【獣医師執筆】犬が食べてはいけないものは? 危険な食べ物と中毒症状について|みんなのペットライフ

犬 食べさせてはいけない

「人の食べ物で犬に食べさせてはいけない物」でGoogleを検索したら 1,560万件出た。 その多さにびっくり。 人の食べ物の殆どが 犬に食べさせてはいけない物とされている。 二度びっくり。 その殆どすべての記述が 獣医やドッグフード業者の記述だ。 あるいは、それらの説に洗脳されている人の受け売りの記述だ。 その一例をあげる。 上記サイトでは 玉ねぎやニンニク、チョコレートだけでなく、豚肉、チーズなどの138品目が犬に食べさせてはいけない食べ物とされている。 そのページには 犬にはドッグフードだけを食べさせろとは併記されてないが、そのことが目的であることは明らかだ。 すかすかに透けて見える。 しかし、なぜ人の食べ物は犬に食べさせてはいけないのかについては 科学的な根拠(エビデンス)は示していない。 ただ、食べさせてはいけないと書いてある。 あるいは、 でっち上げの詭弁を弄して愛犬家を煙に巻いているだけだ。 犬はオオカミから進化してイヌになった特殊な種族だ。 そのイヌはヒトが 約3万年前にオオカミを家畜化して飼っているうちに進化してヒトと共生するようになった動物だ。 いわば、人工的に進化されてきた生き物だ。 地球上のいろんな地域で、その地域の人々の好みや必要性に応じて進化されてきた。 その 犬種の数は200以上もある。 体重2㎏以下の超小型犬から100㎏をこす超大型犬までいる。 その200以上の犬種の すべての犬が人と同じ食べ物や人の食べ残しを食べて繁栄してきた。 その歴史的な事実は誰も否定できない。 20世紀以前の地球上には犬専用の食べ物は存在していなかったからだ。 犬は人と同じ食べ物を食べて 人と共生できるように進化した特殊な動物だ。 その遺伝子には人と同じ食べ物を食べて健康で長生きできるDNAが組み込まれている。 犬は歴史上人と 同じ釜(かま)の飯(めし)を食べて人に忠実な動物になった。 換言すると、 犬は人と同じ釜めしを食べたから人に忠実な動物になった。 人の間柄だけでなく、 寝食を共にすると犬とも信頼が深まり、仲良くなる。 オオカミは肉食動物だ。 人は雑食動物だ。 約3万年前に人に家畜化された犬は人の食べ物を食べて生きながらえるように進化して雑食動物になった。 ただし、犬にはいまだに肉食動物の遺伝子が強く残っている。 狼やライオン等の肉食動物と同じように 犬はその肝臓でビタミンCを合成できる。 だから、犬には無理に野菜や果物を食べさせる必要はない。 愛犬のパロは野菜や果物は食べようとはしない。 地球上に犬専用という珍奇な食べ物が出現したのはほんの70年ほど前だ。 最初に売り出されたのはアメリカだ。 畜産業の産業廃棄物の有効利用として売り出された。 その後日本でも売り出された。 人と犬との共生の3万年の歴史から見ると、ドッグフード発売から現在までの期間は瞬きほどの短期間だ。 犬の食べ物に関する遺伝子のDNAには何の影響も与えることできない短い期間だ。 地球上にドッグフードが出現したから、犬は3万年も食べ続けてきた 人と同じ食べ物を急に食べられなくなるといことは動物の進化の歴史では起こりえないことだ。 人も犬も哺乳類だ。 その他の哺乳類の歴史の中でも、わずか1世紀足らずの短期間に食べ物の種類が変わって、それまで食べていた食べ物が食べてはいけない食べ物になったという史実はない。 ある筈がない。 つまり、わずか1世紀足らずの短い期間内に 犬の食べ物が有益から有害に変化するようなことは起こりえないのだ。 犬自身の遺伝子のDNAが有益から有害に進化することはあり得ないことだ。 食に関する進化は有害な食べ物を無害にする方向へ進化しているのだ。 その動物が生き延びるためだ。 それが自然界の摂理だ。 コアラは 他の動物が食べられない毒のあるユーカリの葉を食べて生き伸びてきた。 しかも、 進化を遂げるには何万年の期間が必要だ。 地球上の動物の主食が変わるには何万年、何百万年の歳月が必要だ。 その実例を挙げる。 パンダは熊と同じ種族だ。 なのに、現在食べている主食は竹や笹だ。 そのパンダの進化の歴史を簡潔に書く。 パンダは 200万年前の氷河期に中国の山岳地帯に逃げこんで生息した動物だ。 パンダの生息環境が厳寒に変化して、 パンダが餌としていた動物が激減した上に他の肉食動物との生存競争に負けて安全な山岳地帯に逃れたのだ。 パンダはツキノワグマのように敏捷ではなく、緩慢な動きしかできないからだ。 パンダが逃げ込んだ山岳地帯には他の肉食動物が食べない竹や笹しかなかった。 パンダは竹や笹を食べて生き残るしかなかったのだ。 その現在のパンダはまだ進化の途中だ。 パンダは元来肉食動物だから草食動物のようには腸が長くない。 だから、 竹や笹の消化率は10%にも満たないとのこと。 パンダが完全な草食動物に進化するにはあと何百万年もかかるだろう。 ここで言いたいことは、地球上の動物の主食が変わるには何万年、何百万年の長い期間が不可欠だ。 つまり、 犬が3万年も食べていた人と同じ食べ物がわずか70年の短期間に毒物になるように犬が進化することはあり得ないのだ。 人の食べ物は犬に毒だという でっち上げの虚説をとなえている人たちは生き物の 進化について無知蒙昧だ。 学識教養がなさすぎる。 その人たちは恥を恥とも思わないで 詭弁を弄して愛犬家をだましている。 まとめ 犬は人との共生の3万年の歴史の中で人と同じものを食べて繁栄してきた。 だから、人の食べ物で犬に食べさせてはいけない物はない。 愛犬には 飼い主と同じ釜の飯を食べさせて寝食を共にすると飼い主も愛犬も幸せいっぱいになる。 愛犬家には 知識武装をして愛犬の幸せを守ることをお勧めする。

次の

人の食べ物で犬に食べさせてはいけない物は無いぞ🐕犬は狼から進化して3万年も人と同じ食べ物を食べて繁栄🐶ドッグフードはわずか70年前に地球上に出現❕原料は畜産業や農産業の廃棄物👹

犬 食べさせてはいけない

犬に食べさせてはいけない食べ物とは? 犬に食べさせてはいけない食べ物を 3つのグループに分けてご説明してきます。 少量でも死亡する可能性のある危険な食品• 与える必要のない健康に害のある食品• 過剰に摂取すると危険な食品 犬が少量でも食べると、死亡する可能性のある危険な食品 犬が 死亡する 可能性がある 決して与えてはいけない食品は以下の通りです。 玉ねぎ• らっきょう• チョコレート• ココア• アボカド• ぶどう• レーズン• アルコール類 玉ねぎ、ネギ、ニラ、らっきょうについて ネギ類やニラ等には 犬の 赤血球を壊してしまう アリルプロピルジスルファイド という成分が含まれています。 犬の赤血球が壊されると 急性の貧血や血尿を引き起こします。 そのことが原因で 犬の死に繋がることもあるのです。 チョコレート、ココア、アボカドについて チョコレートやココアに 含まれているカカオには 心不全などの 心臓の病気を 引き起こす可能性があります。 また、 アボカドの果肉、葉、枝、種にも 中毒症状で 心臓血管系の問題を 起こすことがあります。 ブドウ、レーズンについて 原因は不明なのですが、 ブドウ類は大量摂取により 急性腎不全を発症することがあります。 甘い果物なので犬が喜びそうですが、 危険ですので絶対に与えないでください。 アルコール類について 犬は体内で アルコールを分解することができません。 急性アルコール中毒症状を起こして、 死亡してしまった犬もいます。 少量であっても 犬にアルコール類を 決して飲ませてはいけません。 犬に与える必要のない健康に害のある食品 特に犬に与える必要のない 食品は以下の通りになります。 コーヒー• スルメ• キノコ• ぎんなん• いちじく• ドライフルーツ• レモン• グレープフルーツ• ざくろ• すだち• お味噌汁• 揚げ物• お菓子類• はちみつ 犬が欲しがっていても 健康に良い食品ではありませんので、 与える必要がありません。 中には、 消化不良を起こしたり、 病気を引き起こす原因になりかねません。 犬が過剰に摂取すると危険な食品 過剰に摂取すると 危険なこともありますが、 少量なら食べても問題はない 食品は以下の通りです。 生卵の白身• たけのこ• にんじん• ごぼう• ほうれん草• ピーマン• じゃがいも• パン類• 塩気のついた魚• ソーセージ• 乳製品 この中でも ハムや ソーセージ また、 乳製品などを好む犬は多く見られます。 犬が過剰に摂取したことで中毒や 将来的に病気の原因にならないように たくさんあげることは避けましょう。 まとめ 犬に食べさせてはいけない 食べ物について こんなにもたくさんの種類があることを 知らなかった人も多いかと思います。 人間が普通に食べている食べ物が 犬にとって危険があることに、 驚かれた方も多いかと思います。 愛犬の食べ物に関しては 飼い主である あなたが 責任を持って 知る必要があります。 しっかり食に関して理解し、 犬を病気から守り 健康に過ごしていけるよう サポートしてあげましょう。

次の