チョイソ。 韓国「チョ・インソン」のプロフィール、画像・動画、最新ニュース|wowKorea(ワウコリア)

放送終了「梨泰院クラス」パク・ソジュン&キム・ダミ、お互いの気持を確認しキス“幸せにしてあげる”

チョイソ

チャンガを買収合併して復讐にも成功し、ハッピーエンドとなった。 更にこの日の放送では、パク・ボゴムはイケメンシェフ役で登場し、注目を集めた。 韓国で21日に放送されたJTBC「梨泰院クラス」最終回で、危機を乗り越えたパク・セロイ(パク・ソジュン)とチョ・イソ(キム・ダミ)がお互いの気持ちを確認する様子が描かれた。 これに先立ち、チョ・イソを助けるためにチャン・デヒ(ユ・ジェミョン)の前でひざまずいたパク・セロイ。 チャン・デヒは「君の初心、覇気は全部どこに行ったのか」と彼を笑った。 続いて「つまらない膝を代価に、僕はまた息子を捨てることになった」とチャン・グンウォン(アン・ボヒョン)がチョ・イソを拉致した場所を紙に書いた。 パク・セロイは「会長の気分はどうだ。 こうして膝まずかせて嬉しいのか。 痛快なのか。 これまで復讐しようと思って、なんとか生きてきた。 チャンガの会長チャン・デヒ、敵であり、僕の人生を地獄に陥れたすごい男。 価値観は違えど、認めるしかなかった僕はあなたを追いかけて、人生のすべてをかけた」と切り出した。 そして「このケンカ、それだけ価値があると思った。 そんな男が、人質劇に頼って膝まずけだと? こんなに醜い年寄りを追いかけた十数年が恨めしくてたまらない」と付け加えた。 チャン・デヒが何か言おうとすると、パク・セロイは「十数年ぶりにあなたのことを知ることができた」という言葉を残して、チェ・スングォン(リュ・ギョンス)と共にチョ・イソがの元へ向かった。 チョ・イソは、チャン・グンウォンとキム・ヒフン(ウォン・ヒョンジュン)から逃げ、キム・ヒフンはチャン・グンス(キム・ドンヒ)に危害を加えようとした。 その時、チャン・グンウォンが登場し「そこまでにしろ。 チョ・イソ、捕まえないのか」と止めた後、チャン・グンスに「チャンガも何もかも持って行ったじゃないか? 黙っていろ」と警告した。 チャン・グンスは「欲しいもの? 手に入れたことは一度もない。 それでもお前と僕は兄弟ではあるみたいだ。 いつも方法が間違っている」と失笑した。 チャン・グンウォンとキム・ヒフンは車を運転して、逃げたチョ・イソを捕まえに行き、チョ・イソの前にはパク・セロイとチェ・スングォンが現れた。 チョ・イソはパク・セロイとハグした後、「怪我したでしょう、なぜここに来たの?」と涙ぐんだ。 二人を見つけたチャン・グンウォンは「殺されに来たのか」と威嚇し、チェ・スングォンとキム・ヒフンは衝突した。 キム・ヒフンが「やっぱりお前はこういうのがお似合いだ」というと、チェ・スングォンは「違う。 僕は接客の方が上手だ」と言い返した。 パク・セロイはチョ・イソから支えられながら歩き、「すごく会いたかった。 いつも僕のためにがんばって、怪我して。 僕の頭の中が、僕の心の中が、君でいっぱいだ。 すごく愛してる」と本音を告白した。 その時、抱きしめ合っているパク・セロイとチョ・イソに向かってチャン・グンウォンの車が突進したが、パク・セロイは石を投げて車窓を割り、彼を止めた。 パク・セロイはチョ・イソに「僕を信じて逃げて」と言い、チョ・イソは「代表が死んだら、私も死ぬ」と仕方なく、後ろを向いた。 続いてパク・セロイとチャン・グンウォンは熾烈な戦いを繰り広げた。 パク・セロイはチョ・イソが言った言葉をかみしめ、「これから僕は幸せになれそうだ」と気をしっかりと持ち、その後チョ・イソと警察がパク・セロイの元に来て、危機から逃れた。 チャンガは横領および収賄の疑いで家宅捜索に入った。 チャン・グンスはチャン・デヒに「逃げ場はない。 会長も出席しなければならないと思う。 理事会では売却を考えている」と知らせ、チャン・デヒは「売却なんて。 みんな何を考えているのか」と怒りをあらわにした。 チャン・グンスは「いい条件で買収するというところが一つある」と言った。 それはICだった。 チャン・デヒが周りに助けを求めようとしたが、彼の願いを聞いてくれる人はいなかった。 チャン・グンスは「お父さんが好きな四文字熟語『弱肉強食』、弱くなった僕たちは食われたのだ」という話にも未練を捨てきれなかった。 チャン・デヒはタンバムにやってきて、パク・セロイはスンドゥブチゲを出した。 パク・セロイはタンバムがチャンガとの買収合併を推進すると知らせ、「企業のイメージが良くないので、チャンガという名前は捨てるつもりだ」と明かした。 チャン・デヒは「こんなにおいしい食事を出してもらったのに、お金を持ってきていない。 他のものを代わりにしてもいい?」と膝まずいた。 そして、「パク・ソンヨル(ソン・ヒョンジュ)に悪いことをした。 悪かった。 これで全部なかったことにしてくれ」と涙を流しながら、頭まで下げた。 しかし、パク・セロイは「望んでいた光景だが、嬉しくはない。 グンスが見てるのに。 もう頭を上げて。 僕がカモに見えるのか。 僕は商売をやってる人間だ。 企業買収がかかって、すべてを失ってやった人の謝罪に何の価値があるんだ。 ビジネスをやってください」と一喝した。 ICとチャンガの合併を知らせる株主総会に出席したパク・セロイは、「お金より人間を重視する。 皆さんと再び繁栄を作り上げる」と誓った。 チャン・グンスはタンバムによって帰るとき、チョ・イソと鉢合わせた。 チョ・イソが「なぜここに」と聞くとチャン・グンスは「僕、アメリカに行く」とチョ・イソに握手を求めた。 チョ・イソは「長い片思いの締めくくりは、そういうものなのか」とチャン・グンスを抱きしめた。 そして「十分資格がある。 正しいとか、正しくないとか関係なく、充実だったあなたの気持ち、受け入れられなくても全部伝わってきた。 その気持ちを利用して悪かったし、またありがたかった。 元気でね」と言い、チャン・グンスは涙を流した。 そして、オ・スア(元HELLOVENUS ナラ)が新しくオープンした店にはパク・ボゴムが新しいシェフ面接者として出演し、注目を集めた。 パク・ボゴムは優れた料理の腕前まで兼ね備え、すぐに合格した。 最後にパク・セロイとチョ・イソがデートを楽しむ様子も流れた。 チョ・イソは「社長と私で、一から十まで違うけれど、似ているところが一つだけある。 人のぬくもりを知らないこと。 以前、社長の過去の話を聞いたとき、社長の昔の心の痛みを、全部私がいたわろうと思った。 辛くないように、寂しくないようにしてあげたかった。 社長の辛い気持ちを和らげたかった。 社長のことを思うと、寂しい私の日常が社長のことでいっぱいになる。 ありがとう。 私が幸せにしてあげる」と打ち明けた。 パク・セロイは「僕も愛してる」と言い、口付けた。 元記事配信日時 : 2020年03月22日00時31分 記者 : キム・ミンジ.

次の

梨泰院クラス、チョ・イソ (キム・ダミ)のモノマネメイク【似てる?/一重メイク】

チョイソ

過去記事一覧• 20年• 19年• 18年• 17年• 16年• 15年• 14年• 13年• 12年• 11年• 10年• 09年• 08年• 07年• 06年• 05年• 04年•

次の

『梨泰院クラス』の視聴率をリードした“型破り”ヒロイン! チョ・イソの魅力に迫る

チョイソ

梨泰院クラス(イテウォンクラス)キャスト・登場人物 パク・セロイ(박새로이)役 パク・ソジュン(박서준) 所信を持って生きよう、中卒、前科者、タンバム社長。 一度もひざまずかず退学となり、仇に暴行を加え殺人未遂の前科者となった。 暴行をしたのだから、罰を受けるのが摂理、悔しくも後悔することもない。 それがセロイの価値観、所信。 「私の人生はようやく始まりで、、私は・・・望むことはすべて成し遂げながら生きる」 中卒、前科者、すべてを失ってもセロイは折れない。 初恋のスアが過ごしているという梨泰院(イテウォン)へ行くことになったセロイ。 様々な人種、世界の料理、海外旅行に来たような感じの建物。 自由な雰囲気のこの街にセロイははまってしまった。 ここ梨泰院で商売を始めると決めた。 けれど、ここはソウルの中心である龍山(ヨンサン)、その中でも最もホットな梨泰院。 無一文のセロイにはあまりにも高い権利金と保証金。 「簡単とは思わなかった、困難にやればいい、いいさ、当然のこと」 遠洋漁船、工場、力仕事などさまざまな苦難をして7年間稼いだ金で計画通り、梨泰院でタンバム屋台を設立したセロイ。 彼にはあまりにも当たり前のことだった。 チョ・イソ(조이서)役 キム・ダミ(김다미) ソシオパス、IQ162、インフルエンサー、タンバムマネージャー。 勉強なら勉強、運動なら運動、多才多能な天才イソ。 母親の特別な教育のためだろうか、イソの人生観は確かだ。 名門大学を卒業し、大企業に就職し、財閥の夫と結婚して成功した人生を歩むこと。 自分が考えても退屈なルート。 「愛、人間にできる一番馬鹿みたいな真似だ」 そう生きてきたイソの前に現れた一人の男、自分と正反対の性向のセロイ・・・。 イソの賢い頭では理解できない状況。 セロイに行ってみたい、彼が好きだ。 イソは欲張りだ。 望むことは叶えてこそ気が済む。 「私はとても優れているなので・・・夢、愛すべて叶えられるわ」 見所のないこの男を、大した男にするぞと決心したイソ。 名門大学への入学を諦め、タンバムのマネージャーとして就職する。 好きなセロイの頭には、もっぱらチャンガへの復讐だけ。 それが嫉妬となる。 この畜生ども、ぶっ壊してやるぞと決心する。 チャン・デヒ(장대희)役 ユ・ジェミョン(유재명) 弱肉強食、権威主義者、長家(チャンガ)会長 激動の時代、鍾路(チョンノ)の陸橋の屋台から始まり、現在のチャンガを築き上げた。 その人生がどれほど熾烈だったか、チャン会長は自らがあまりにもすごい。 「自分の口で言うが・・・私は権威的な人間だ」 チャンガは徹底した直列構造の会社、誰もチャン会長の言葉に逆らわない。 そんな彼に現れた妙に気障りな小僧、忠臣のパク・ソンヨル部長の息子、セロイ・・・。 セロイの所信はチャン会長の権威を刺激する。 「意地、客気に虚勢まで、その上犬の吠える声・・・こん棒で殴らなければな」 パク部長のクビ、セロイの退学。 自分の富と権力でセロイの全てを奪うチャン会長。 けれど、その気障りな小僧が飲食業界に飛び込み、自分の首を狙っている。 チャン会長にはセロイが雑草のようだ。 雑草は根こそぎ取らなければならない。 そうするつもりだ。 オ・スア(오수아)役 クォン・ナラ(권나라) 個人主義者、要保護児童、キャリアウーマン、チャンガ戦略企画チーム長。 母に捨てられて幼少期を保育園で育った。 自尊感が強かったからか、自己防衛機制だったのか、安い同情を嫌悪する。 そんなスアが唯一心を開いたセロイの父。 性格は合わないがおじさんの息子だなんて、セロイも好きだった。 けれど、セロイの敵になったチャンガ。 スアはまさにそのチャンガの援助を受けており、チャンガで仕事もする。 誰にも愛されなかったスアの相次ぐ合理化。 「私は私が一番大事で大切なの、それが間違ってるの?」 誰よりもセロイを応援しながらも、彼のように生きられない自分が苦しい。 セロイにはそんなスアにただ人生に忠実だっただけで間違ったことは一つもないという。 「あんたは私に輝きすぎてる」 いっそ憎まれでもしたらと思いつつも自分を離さないでほしいという気持ち・・・スアは相変わらず苦しい。 チャン・グンス(장근수)役 キム・ドンヒ(김동희) 片思い、イケメン、庶子。 チャン会長の次男、庶子だ。 幼い頃から腹違いの兄クヌォンに虐待を受けチャン会長は傍観した。 あらゆる悲しみでクンスはチャンを嫌い、17歳で独立をした。 何一つ望むことを許されなかった幼年期のためか、クンスはあきらめが早い。 同じクラスのイソが好きであっても、付き合いたいという欲はなかった。 ただ、自分の身一つを保つのが目標。 「初めて大人に出会ったような気がした」 つらい日々の中、 救援者のように現れたセロイ。 クンスはセロイを頼りにイソと一緒にタンバムで仕事をするのだけれど・・・片思いするイソの好きな人がセロイであると知りながらも、それほどの人だとあきらめようとした。 そんなクンスに、よどみないセロイの人生はあまりに大きな刺激と影響を与えた。 「欲を出して生きるつもりです」 もうクンスはあきらめない。 望むものは手に入れる。 チャン・グヌォン(장근원)役 アン・ボヒョン(안보현) エゴイスト、金の匙、ならず者、後継者。 チャン会長の長男でチャンガの後継者。 学生時代、クラスメイトのホジンをいじめ、セロイにひどく怒られ悪縁が始まった。 チャン会長はクヌォンに、チャンガの後継者なら罪悪感を持つなと助言する。 ニワトリの首を折る時、すまない気持ちはいらないと。 「セロイは鶏、オレは人間となった」 その後、圧死しそうな罪悪感から解放され、さらにならず者になったクヌォン。 クヌォンはスアが好きだ。 そんなスアと寄り添うのがよりによってセロイ。 二人の雰囲気が妙だ。 セロイを見たくもない。 カン・ミンジョン(강민정)役 キム・ヘウン(김혜은) 野心家、長家専務理事。 チャン会長とともにチャンガを創立したカン・ボヒョンの一人娘。 パク・ソンヨル部長から仕事を学んだ。 創立メンバーの血縁でありチャンガの大株主だ。 次期会長の座を狙っており能力もある。 仁義があるが実利も確保できる素敵な女性。 若き日を仕事にだけまい進して、まともな恋愛すらできなかった。 それだけ自分の青春を捧げたチャンガは、カン・ミンジョンにとってあまりにも大事だ。 チェ・スングォン(최승권)役 リュ・ギョンス(류경수) 前職暴力団、前科者、タンバムのホールスタッフ。 左の額に鮮明な刀痕、誰が見ても怖い顔。 顔ほど殺伐とした過去、スングォンは元組織暴力団だ。 セロイと刑務所で初めて会い、堂々とした人生を送る彼に魅了されて極道生活を清算し、タンバムで仕事を始めた。 能動的ではないが、させたことは誠実にやりこなす。 顔つきと誤解されることもあるが、スングォンは情に厚い温かい男だ。 誰よりも仲間のことを大切に思う。 マ・ヒョニ(마현이)役 イ・ジュヨン(이주영) タンバムの料理人。 宗家の長男として生まれたマ・ヒョニ。 どんな理由なのだろう?20歳で親に勘当されて追い出された。 LCD工場で会ったセロイの勧めで、タンバムの厨房長を務めることになった。 背が低くて弱々しい体だが、性格はギスギスしているヒョニ、スングォンには特にひどい。 手術を受けるためにあくせくと金を貯めているというが、どんな手術なのか家族たちは知らない。 長い自炊生活で料理が上手だが、特に習ってはいない。 タンバムのマネージャー・イソは、イマイチな料理の実力のヒョニが気に入らない。 キム・トニー(김토니)役 クリス・ライアン/クリス・ライオン(크리스 라이언) ハーフ、アフリカギニア出身、タンバムのアルバイト。 パク・ソンヨル(박성열)役 ソン・ヒョンジュ(손현주) セロイの父。 チャンガの部長。 自分のプライドや所信よりは会社が重要であり、その理由は家庭にあった。 妻を亡くして一人でセロイを育てたが、もしかして足りない愛があるだろうかとパク・ソンヨルはいつも息子に最善を尽くした。 家訓を「所信を持って生きよう」とした。 自分と違い息子が世の中に腰を伸ばして所信を持って生きることを望んだからだ。 セロイが退学して本人は20年働いた職場で解雇された日も、彼は息子の所信を応援した良い父親だった。 イ・ホジン(이호진)役 イ・デイビッド/イ・ダウィッ(이다윗) 学生時代、つねにクヌォンに理由もなくいじめられていたホジン。 死にたかった日々を耐えられたのはクヌォン根源に対する復讐心だった。 素直な顔とは違って冷徹で執拗だ。 オ・ビョンホン(오병헌)役 ユン・ギョンホ(윤경호) ひき逃げ事件を黙認した担当刑事。 10年を超える歳月、いまだに罪責感にとらわれているが、娘への思いのため自首もすることができない。 チョ・ジョンミン(조정민)役 キム・ヨジン(김여진) イソの母。 他人と違う教育感を持っている。 キム・スンレ(김순례)役 キム・ミギョン(김미경) 梨泰院で気骨ある金貸しのおばあさん。 セロイさえ見ればうっとおしく小言を言うが、 その一本気がいやではない. キム・ヒフン(김희훈)役 ウォン・ヒョンジュン(원현준) スングォンが身を寄せていた組織のボス。 スングォン、セロイと刑務所生活を共にした。 いつも義理を口にして生きている。 オ・ヘウォン(오혜원)役 チェ・ユリ(최유리) オ・ビョンホンの一人娘、しっかりしている。 警察を夢見ている。 文責:韓国ドラマあらすじ団 過去に放送された韓国ドラマの情報をまとめている、韓国ドラマあらすじ団の別館 最近のコメント• に arasujidan より• に yuma より• に より• に より• に より カテゴリー• メタ情報•

次の