冷凍 節約。 食費の節約は冷凍保存がカギ!月3万円以下でおさまる家計のやりくり方法 [ママリ]

【下味冷凍】節約と時短を叶える!鶏肉の下味冷凍レシピ

冷凍 節約

おにぎりは冷凍できる? 残ったご飯を冷凍保存している方は多いですよね。 ごはんと同じく、具材を入れて握ったおにぎりも冷凍保存が可能です。 時間のある時に握って冷凍ストックしておくだけで料理の時短や節約にもなるので、ぜひ冷凍おにぎりを上手に活用してください。 おにぎりを冷凍するメリット おにぎりを冷凍しておけば解凍してすぐ食べられるので、すぐに食卓に出したい朝ごはんや、お腹がすいた時の軽食として重宝します。 また「冷蔵庫におにぎりがあるな」と考えることで、おやつを買うのを我慢できたりもするので、節約にもおすすめです。 具材を入れておにぎりにしておけば具材がおかず代わりになるので、別途おかずを用意する手間もなく、食事を用意する負担が少し軽くなるかもしれません。 冷凍・解凍方法 握りたてのおいしさは格別。 冷凍・解凍しても、できるだけそのおいしさを再現したいところですよね。 温かいご飯をラップに包んで握るようにしましょう。 これは、冷凍するのにかかる時間をなるべく短くした方が、素材の味を損なわず冷凍ができるためです。 開け閉めすることで庫内の温度が上がり、冷凍するのに時間がかかってしまいます。 電子レンジで加熱し、解凍後に巻くようにしましょう。 冷凍するときの注意点:ラップに包んで握る ここで注意点も一つ。 冷凍保存に限った話ではありませんが、手には目に見えない菌がついているため、おにぎりを握る際にはラップを使って握りましょう。 もし家にあれば、調理用の使い捨て手袋でも問題ありません。 なお、おにぎりは冷凍保存したら腐敗しません。 腐敗を防ぐためにお酢を入れる方もいますが、基本的に使用しなくてもいいでしょう。 解凍方法 自然解凍はNG、電子レンジで解凍を 冷凍おにぎりの解凍は、電子レンジで再加熱するのが一番手軽です。 ご飯はでんぷんが多く含まれるため、自然解凍で食べることはできないのでご注意ください。 これは、お米の主成分である「でんぷん」が、生の状態では消化できないことが理由です。 お米に水を加え、加熱してごはんの状態(=糊化でんぷん)にすることで、消化できるでんぷんとなります。 しかし、冷凍庫に入れるとでんぷんは生でんぷんに近い状態(=老化でんぷん)になり、そのまま自然解凍しても生のお米同様、消化できません。 老化でんぷんは必ず再度加熱し、糊化でんぷんにしてから食べる必要があります。 ちなみに冷凍に限らず、冷凍庫で保存したごはんも同様です。 冷凍したら必ず再加熱してから食べましょう。 コンビニサイズのおにぎりであれば、600Wの電子レンジで1分半〜2分加熱すればおいしく解凍できますよ。 焼きおにぎりにするという手も! 電子レンジで解凍して食べるほかに、冷凍おにぎりを焼きおにぎりにするのもおすすめです。 その場合、凍ったまま焼いても中まで温まらないので、600Wの電子レンジで1分ほど温めてから、フライパンや焼き網で表面がこんがりするまで焼きましょう。 お醤油などの調味料はフライパンや焼き網で焼き、ある程度焼き色がついてから塗るのがおすすめ。 はじめから塗るとお醤油が焦げてしまうのでご注意ください。 焼き色がつき始めたら塗り、そこからもう少し焼くと香ばしくなります。 冷凍おにぎりにおすすめの具材 水分、油分が多い具材は冷凍・解凍すると状態が変わってしまうので、避けましょう。 冷凍してる間は腐敗はしないため、腐りにくい具材を選ぶ必要は特にありません。 具体的に冷凍おにぎりにむいている食材は、塩鮭や梅干し、昆布などです。 ドライタイプのふりかけは、冷凍・解凍すると水分でしんなりしてしまうので、解凍後にふりかける方がおいしく味わえます。 冷凍にあまりおすすめでないのは、いくらや生明太子、またツナマヨなど。 いくらや明太子は電子レンジでしっかり再加熱してから食べることを考えると、元のようなおいしさは味わえません。 またマヨネーズを使ったツナマヨは、電子レンジで加熱するとマヨネーズがベタベタになるので、これも避けた方がベターです。 冷凍したおにぎり、保存期限は?.

次の

食費の節約は冷凍保存がカギ!月3万円以下でおさまる家計のやりくり方法 [ママリ]

冷凍 節約

コロナショックのあと「冷凍食材」は生活を助ける コロナショックの後の世界。 皆んなが口にしている、これら食事は、ほぼ輸入食材• 学校給食の食材・原材料• コンビニの加工品、お弁当の原材料• スーパーで販売する加工商品の原材料 とにかく安くないとはじまらないものは、輸入にたよる仕組み 世の中になっている現実! 世界各国も輸出規制や制限を始めているので「食料」も きちんとまわるのか心配。 まわったとしても価格の値上げなど不安定となる。 」がトレンドとなって 何がカラダによい これを食べると・・・・ そうなるとスーパーにこぞって買いにいく。 買いに行くと品物がなくなる。 品物が無くなると、どんどん輸入してまた売る。 価格は高くなるし、手に入るのも不安定。 安定した頃には「みんな他のことorほかのモノ」 「マスク考えればわかるよね👿」 こんなことが続くような気がしませんか? わかります。 上から目線で恐縮ですがSサイヤじい20年以上 大手スーパーの店作りなどコンサルしていたので参考意見にして下さい 「安くて美味しいから」以外に• れ価格が変動せず安定していること• 品質が一定していること• たくさんストックしているから安心できること これらは名前の通り「」のお客さん だった 飲食店や居酒屋・スナック・バーの人たちが求めることでした。 個人事業者の店主や店長にすれば、近くにある「冷凍庫」でした。 今、家庭でもこれらのニーズがぴったりとはまっています。 の「お客様」は業務用れ、目的の店主たちから 一般の人や家庭にシフトしています。 共働きの家庭• 地方に多い大家族• 在日外国人の家族や仲間• アウトドアやBBQを楽しみたい仲間たち• 買い物にそうそう出かけたくないリタイア後の夫婦• 下ゆで処理や皮がむいてある冷凍食材を使いレンチン時短や調理をカンタンにしたい人たち ハマっている人たち 根底にあるのは低価格で美味しいですが 「冷凍食材」はコロナショックのあと「3つの安」を約束してくれます。 安い価格を約束してくれる「安定」• 品質の劣化が心配ない「安全」• ストックしてあるから「安心」 なんか大げさにして、インチキのようになってきたでしょ 😛 でもマジな話し、3密 ミツ を防ぐクラス大事だと思う。 食品食材の確保。 スーパーなどお店の立場でも 国内でとれる新鮮な野菜や鮮度がイノチである肉や魚と違い 「ロス率 売れ残り 」がない冷凍食品は一定滴な利益が確保できます。 家計簿上で、予定や計算がたつ食材となる冷凍食品! これからも冷凍食材のニーズが高まっていくことは間違いありません。 冷凍節約テクニック2選 冷凍食品はギョウザやチャーハン、ラーメンなどあらゆるものと 言っていいほど美味しくて、良いものがありますが 冷凍するもののバリエーションを増やしたり 上手に冷凍することを覚えてしまえば、家計の節約になります。 1 上手な冷凍方法 野菜は、新鮮なものが美味しいに決まっていますが 上手な冷凍方法を覚えてしまえば、新鮮なものに近づけられます。 そのまま冷凍してしまえば「美味しくない」「味や食感が違う😡」 となってしまいます。 上手な冷凍は、3つ覚えればクリアできます。 ポイントは 素材の芯まですばやく冷凍してしまうこと! 食材の 水分はしっかりと拭き取る 余分な水分を凍らせるのに時間がかかる• 冷凍するまでの時間が短縮できるよう 平たくしてラップする 冷凍庫の冷気がたくさん当たる包み方や置き方にする• 下ゆでや下調理したものは 粗熱をシッカリとってから冷凍する 水分の多いレタスや葉物野菜は冷凍に向いていませんが 下ゆでできるような野菜類は、冷凍してストックしておけば 「食品ロス」 を無くすことができます。 冷凍できる意外なもの 意外なものが冷凍できます。 たとえばトマト、生卵、バターなど。 トマトはヘタをとり、ざく切りにして、切った時に出た水分をのぞいて冷凍すれば 解凍して、そのまま料理に使えます。 生卵は、殻のまま冷凍して半分して焼けば、双子目玉焼きにしたり チェーン店で出している「半熟たまごの天ぷら」などにできます。 バター 腐らないマーンと違います は、賞味期限あります。 小分けして冷凍しておけば、使い勝手もよく、買いだめなどしなくでも大丈夫。 で探すと「冷凍テクニックや意外なもの」出てくるので参考に。 野菜の有効活用は「干し野菜」も参考に。 2 見切り品の野菜を冷凍する Sサイヤじい、奥様のお供でスーパーに行くと野菜売り場の 見切り品を置いている棚が気になって仕方ない。 「半値だよ! 買おうよ」と言うと 奥様は「すぐに期限切れよ」「色が悪くて使えないわ」「カッコ悪! 」 とオッシャるが・・・ 「この前いっしょに買った野菜、冷蔵庫のスミで変色してたよ」 「1週間前、土つきの鮮度がよいゴボウ買ったけど、きのう食べたらスッカスカになってたよ」 とは・・・言えない言えない。 奥様ディスっているわけでは決してありません。 「見切り品」のキャベツや根菜類など、下ゆでや下調理して「冷凍」 しておけば、 半分コストですよ! 半値 「処分品となっている野菜」に 手を加えて冷凍しておけば、スーパーマーケットで売っている冷凍野菜と 何もかわりません。 下調理してある素材にかわるので、れは安くて 時短でカンタン。 こんなに良いことは無い! と奥様に説明して納得してもらった 😌 まとめ Sサイヤじい、給付金10万円を有効に使うため「大型冷凍庫」を買うことにした。 根拠は• 見切り品の野菜冷凍のストックによるコストダウン• 賞味期限切れなど食材類のロスを無くす• 冷凍食品を多用する効果として、調理の時短や買い物回数を減らすコスト• 冷凍食品類の値段の安さ 以上のことで、1人あたり1日50円の食費がダウン。 1ヶ月だと1500円。 1年間に1. 8万円は間違いなく食費が安くなります。 家族4人として計算をしても1年間7. 8万円の食費が下がる計算になります。 計算はミニマムなので、もっと効果はありそうです。 家庭ごとに「食生活」の嗜好やかけるコストなど違うと思いますが 「冷凍」を有効に使うことで「3つの安」が得られる。 Sサイヤじい 田舎の住居でスペースがあるので「専用冷凍庫」でしっかりと おうち生活を充実させようと思います。 冷凍庫については、食材コスト比較など 引き続きレポートします。 今お使いの冷凍庫の断捨離はこちら。

次の

おにぎりを冷凍すれば時短&節約に!おすすめの冷凍、解凍方法や注意点

冷凍 節約

作り置きは既に一般的になりましたが、せっかく作ったけど食べるタイミングを逃したり、余ったりして無駄にしたことはありませんか? 最近、作り置きより便利だとチャレンジする人が増えているのが「下味冷凍」です。 そのメリットを料理研究家 島本美由紀さんに伺うと• 時短でメイン料理が作れる• 肉や魚が柔らかくなり、味がよくしみる• 長期保存が可能でロスが減る 「肉や魚を味付け済みで冷凍しておけば、食べる半日ほど前に冷蔵室に移しておくだけで、メインのおかずが簡単に作れます。 例えば鶏肉をスパイスヨーグルトに漬けておけば、焼くだけでおいしいタンドリーチキンに。 凍る間に調味料が食材の細胞の間に入り込み繊維を離すので、身が柔らかく味もよくなじみます。 また下味が水分を引き出すので酸化しにくい効果もあります」 料理研究家 島本美由紀さん 以下同。 下味冷凍を活用すれば、約1カ月の長期保存が可能なので、冷凍焼けした肉や魚を破棄することが減り、食費の節約にも一役買いそうです。 「タンパク質を分解する働きがある塩麹を下味に使うと、お肉がいっそう柔らかくなります。 また、ビタミンB群が豊富な塩麹には疲労回復効果もあるので、暑さ対策にぴったり。 から揚げの他、グラタン、チャーハンなどにもアレンジ可能です」 【 調理は10分!】 下味冷凍した「鶏肉の塩麹漬け」は冷蔵室におき解凍しておく 電子レンジの場合は解凍または弱モードで100g1分が目安。 「そのまま焼いてもおいしいですが、ショウガをなじませるひと手間を加えてからから揚げに。 香ばしさとジューシーさがプラスされ、食欲をそそります」。 揚げ物が苦手なら、フライパンに少量の油を入れて揚げ焼きにしても、風味良く仕上がるそうです。 「みそ漬けは冷蔵で作り置きする人も多いと思いますが、冷凍のほうがよく味がしみ、身もふっくら柔らかくなります。 生ジャケがなければサーモンでも代用OK。 5カップ とパセリのみじん切り 小さじ1 を入れて混ぜ合わせ、漬けだれをぬぐった「サケのみそヨーグルト味」を1切れずつ入れて、満遍なくまぶしつける。 「うま味の効いたみそヨーグルトの下味が、サクッとした旬のパセリパン粉とよく合います。 パン粉焼きは少ない油で揚げ焼きにするだけなので、後片付けも楽です」。 シンプルに焼くだけでもおいしいので、ストックしておけば、朝食やお弁当、夕食のおかずに重宝します。 「豚こまをまとめ買いしたときにおすすめなのがこちらの下味冷凍。 安い部位のお肉でも、思いのほか柔らかくなる絶品節約レシピです。 5個 を繊維に垂直に1㎝幅で切り、ニンニクの芽 4、5本 を4㎝程度の長さの斜め切り。 エノキタケ 0. 5パック は石づきをとり、長さを半分に切ってほぐす。 肉に火が通ったら火からおろし、アルミホイルごと取り出す。 「パンチある下味とバターの風味がマッチするがっつり系のメニューです。 好きな野菜と一緒にサッと炒めてごはんにのせれば、ボリューミーなひと品があっという間に完成します。 他のアレンジとしては、中華風の炒めものにもよく合います」。 忙しい日のごはん作りをラクにしてくれるので、2~3セットまとめて作っておくと便利ですね。 〈おまけ〉 「サケのパセリパン粉焼き」を 実際に作ってみたら簡単でした! 二切れのサケに下味をつけたら、空気を抜いてジッパーを閉めます。 その際、平らにして冷凍するのがコツ。 冷凍室で保存したのがひと目で分かるように、内容物や日付を書き込んでおきました。 普段よく使う食材のサケで下味冷凍に初チャレンジ! 一週間冷凍後、夕飯のメイン用に解凍しました。 両面で6分焼けばあっという間にできがり。 身はふっくら柔らか、パセリパン粉の口当たりもよく上出来でした! しばらくはおうちごはんの多い生活が続きそうなので、食事を手早く作る方法を増やしておくと便利ですね。 食材をしまう前のひと手間で済む「下味冷凍」なら、作り置きが三日坊主だった私にも続けられそうです 笑。 簡単でおいしいので、ぜひ試してみてくださいね。

次の