スピリチュアル 英語。 アインシュタインのスピリチュアルな名言 英語と日本語で | 日々是好日

アインシュタインのスピリチュアルな名言 英語と日本語で | 日々是好日

スピリチュアル 英語

目に見えない世界の言い回しです。 宗教もスピリチュアルといえます。 しかし、一般的に宗教とスピリチュアルはちがうと思われています。 宗教より壮大で大規模なのがスピリチュアルという感覚です。 日本でのスピリチュアルとは 日本ではスピリチュアルときくと、いまだにあやしいイメージがつきます。 目に見えない存在が信じられないと思うことはあたりまえです。 そして「宗教」ときくとあやしい精神的な世界と紐づいてしまっています。 スピリチュアルといえば「引き寄せの法則」ですが、これは心理学です。 強く意識すれば、目に入ってくるし、さらに意識的に行動すれば自動的に引き寄せます。 「笑う門には福来る」ということわざと同じです。 単に「引き寄せる」という言い回しです。 おまじない、占いに近いのかなと思います。 神様のみちびきがほしい、助けてほしい、と願う行為です。 しかし、宗教のようにはっきりとした信念、神となる人物や象徴がいるわけではありません。 祈りの対象がちがいます。 お世話になったヒーラーさんによると「いつも混んでいる駐車場が空いていますように」と天使にお願いすると叶えてくれるそうです。 欧米でのスピリチュアルとは 海外の方が「信仰する」ことが身近で、宗教的な文化があります。 欧米だとスピリチュアルとはもっと哲学的で、広い視点で見ているという認識です。 解決できない問題を考えたりすることです。 自分の人生の意味とか、自分は何故この世に生を受けてどこに行くのだろうか・・・というように、自分の人生に対して大きな視点で見る考え方 神様の存在や天国や地獄の存在を考えたり、人類の存在意義や未来など、人智を超えた大きな存在や問題について考える習慣がある人とない人を比べると、このような答えの出ない大きな問題について考える人の方がメンタルも強く鬱にもなりにくいということが分かっています。 引用元: メンタリストDaiGoさんはYoutubeでもスピリチュアルについてたくさんお話されています。 病気になることの意味 私は20年くらい、時たま発生する難聴と付き合っています。 難聴になるたびに薬を飲んでいます。 この症状をスピリチュアルヒーラーさんに伝えました。 彼女の答えは「難聴ではないけど、宇宙と交信しているときは、キーーンという耳鳴りがする。 でもそれは左耳。 薬で抑えるものでもない気がする。 聞きたくないことを聞いているのかもよ。 」 スピリチュアルの観点から そのスピリチュアルヒーラーさん、個人の意見です。 病気になることは• エネルギーの低下• 自分を大切にしてというシグナル• 天使からのメッセージ という意味があり、「気づいて」というサインである。 新型コロナウイルスについてどう考える?• 自分に必要な判断ができ、自分軸で生きられるように• 自分自身にかえる魂の進化• 人類が目覚めるのための浄化 自然になるわけじゃなく、自分軸で生きるか生きないかも自分の選択次第 今の感染拡大も意味があるということでしょう。 自分主体であるということ。 あのベストセラーに書いてあった「他人の人生を生きるな」ということになるのでしょうか。 やはり、スピリチュアルはふわふわしてはっきりとした答えがわかりません。 彼女はよく、「宇宙はとてもシンプル」「すべては必然」といっています。 天界とつながれるレベルになるとこの感覚がわかるのでしょうか。 自分軸で生きるとは 自分らしく、自分を信頼して、ありのままで生きる 自己肯定感が高く、自分のやりたいことをやっている 宗教的な観点 主人が創価なので、聞いてみました。 以下一人の個人的な意見として紹介します。 そもそも創価学会は、他の宗教のように、逃げていたり、人よがりではなく、自分自身のために祈っている。 病気になったら、、? 例えば、がん細胞は消える。 祈ることは宇宙法であり、お題目を挙げることによって、治してみせるという方向にいく。 新型コロナウイルスについてどう考える?• 創価学会の目的は「世界平和」なので、ひたすら終息に向かうことを祈る• ピンチはチャンスだととらえて、これまでの活動の見直しをする(知恵の行動).

次の

【COVID

スピリチュアル 英語

目に見えない世界の言い回しです。 宗教もスピリチュアルといえます。 しかし、一般的に宗教とスピリチュアルはちがうと思われています。 宗教より壮大で大規模なのがスピリチュアルという感覚です。 日本でのスピリチュアルとは 日本ではスピリチュアルときくと、いまだにあやしいイメージがつきます。 目に見えない存在が信じられないと思うことはあたりまえです。 そして「宗教」ときくとあやしい精神的な世界と紐づいてしまっています。 スピリチュアルといえば「引き寄せの法則」ですが、これは心理学です。 強く意識すれば、目に入ってくるし、さらに意識的に行動すれば自動的に引き寄せます。 「笑う門には福来る」ということわざと同じです。 単に「引き寄せる」という言い回しです。 おまじない、占いに近いのかなと思います。 神様のみちびきがほしい、助けてほしい、と願う行為です。 しかし、宗教のようにはっきりとした信念、神となる人物や象徴がいるわけではありません。 祈りの対象がちがいます。 お世話になったヒーラーさんによると「いつも混んでいる駐車場が空いていますように」と天使にお願いすると叶えてくれるそうです。 欧米でのスピリチュアルとは 海外の方が「信仰する」ことが身近で、宗教的な文化があります。 欧米だとスピリチュアルとはもっと哲学的で、広い視点で見ているという認識です。 解決できない問題を考えたりすることです。 自分の人生の意味とか、自分は何故この世に生を受けてどこに行くのだろうか・・・というように、自分の人生に対して大きな視点で見る考え方 神様の存在や天国や地獄の存在を考えたり、人類の存在意義や未来など、人智を超えた大きな存在や問題について考える習慣がある人とない人を比べると、このような答えの出ない大きな問題について考える人の方がメンタルも強く鬱にもなりにくいということが分かっています。 引用元: メンタリストDaiGoさんはYoutubeでもスピリチュアルについてたくさんお話されています。 病気になることの意味 私は20年くらい、時たま発生する難聴と付き合っています。 難聴になるたびに薬を飲んでいます。 この症状をスピリチュアルヒーラーさんに伝えました。 彼女の答えは「難聴ではないけど、宇宙と交信しているときは、キーーンという耳鳴りがする。 でもそれは左耳。 薬で抑えるものでもない気がする。 聞きたくないことを聞いているのかもよ。 」 スピリチュアルの観点から そのスピリチュアルヒーラーさん、個人の意見です。 病気になることは• エネルギーの低下• 自分を大切にしてというシグナル• 天使からのメッセージ という意味があり、「気づいて」というサインである。 新型コロナウイルスについてどう考える?• 自分に必要な判断ができ、自分軸で生きられるように• 自分自身にかえる魂の進化• 人類が目覚めるのための浄化 自然になるわけじゃなく、自分軸で生きるか生きないかも自分の選択次第 今の感染拡大も意味があるということでしょう。 自分主体であるということ。 あのベストセラーに書いてあった「他人の人生を生きるな」ということになるのでしょうか。 やはり、スピリチュアルはふわふわしてはっきりとした答えがわかりません。 彼女はよく、「宇宙はとてもシンプル」「すべては必然」といっています。 天界とつながれるレベルになるとこの感覚がわかるのでしょうか。 自分軸で生きるとは 自分らしく、自分を信頼して、ありのままで生きる 自己肯定感が高く、自分のやりたいことをやっている 宗教的な観点 主人が創価なので、聞いてみました。 以下一人の個人的な意見として紹介します。 そもそも創価学会は、他の宗教のように、逃げていたり、人よがりではなく、自分自身のために祈っている。 病気になったら、、? 例えば、がん細胞は消える。 祈ることは宇宙法であり、お題目を挙げることによって、治してみせるという方向にいく。 新型コロナウイルスについてどう考える?• 創価学会の目的は「世界平和」なので、ひたすら終息に向かうことを祈る• ピンチはチャンスだととらえて、これまでの活動の見直しをする(知恵の行動).

次の

スピリチュアルなら英語より日本語!

スピリチュアル 英語

キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。 あなたがたが召されて一体となったのは、このためでもある。 いつも感謝していなさい。 キリストの言葉を、あなたがたのうちに豊かに宿らせなさい。 そして、知恵をつくして互に教えまた訓戒し、詩とさんびと 霊の歌とによって、感謝して心から神をほめたたえなさい。 — 「spiritual song」は、伝統的に教会で使われた歌やのテキストと区別するために、18~19世紀半ばの讃美歌集で使われた。 これらは民謡ではなく、白人・黒人の区別もしていない。 また19世紀初頭には、用讃美歌も「spiritual song」と呼ばれるようになった。 現在のように「spiritual」が、黒人霊歌を指すようになったのは、(明確にはわからないが)後のことであり、それまでは、アンセム、賛美歌、霊歌、ジュビリー・ソング、奴隷の歌、奴隷小屋・プランテーションの歌、ゴスペル、プランテーション讃美歌など様々に呼ばれた。 1960年代には、黒人霊歌を指す言葉として、spiritualが一般的になった。 歌集の標題にspiritual songではなくspiritualを用いた本は、ジョンソン兄弟の『アメリカ黒人霊歌集』(1925年)が最初である。 詳細 [ ] フィールドハラー・ミュージックは、Levee Camp Holler・ミュージックとも呼ばれ、19世紀に記述された、初期のアフリカ系アメリカ人音楽である。 野外奉仕者たちはブルース、スピリチュアル、そして後にリズムとブルースの基礎を築いた。 フィールドホルダー、叫び声と奴隷の所有者、そして後には綿花畑の農作業者、刑務所のチェーン・ギャング、鉄道労働者、ターペンタイン・キャンプなどで働くクロッパーは、アフリカ人が多かった。 黒人霊歌 [ ] (1882年) 黒人霊歌は、からに強制連行され、状態に置かれた黒人たちから生まれた。 生活の中で育まれ口頭で伝えられる歌、すなわちであった。 現在黒人霊歌と呼ばれるものはそれほど均質ではなく、黒人霊歌とそれ以外の一部の霊歌の区別は明瞭ではない。 歌集やには、奴隷制以後の芸術歌謡やと重複する歌もあり、「 黒人が関与した(と考えられる)宗教的な歌」という共通点が読みとれる。 名称が規定している民族性(アフロ・アメリカン)と宗教性(キリスト教)が共通する特徴として挙げられる。 成立の時期・条件として奴隷制度を重視するなら、「奴隷の歌」または「・ソング」の一種とされ、そのように呼ばれてきた。 黒人霊歌の起源は、アフリカ民謡を起源のひとつとする説、白人の民間宗教歌が黒人に影響を与えて発生したという白人音楽起源論などが、激しい論争を繰り広げてきたが、アフリカとアメリカ南部白人文化両方の影響があると考えられている。 黒人霊歌はかつて「Negro Spirituals(ニグロ・スピリチュアル)」と呼ばれていたが、黒人を指す「Negro(ニグロ)」という言葉に差別的な意味を持つようになった現在では、単に「Spirituals」あるいは、「African-American Spirituals」と呼ばれる。 1930年代ごろにトーマス・ドーシーやブラインド・ウィリー・ジョンソン らが登場したことで、霊歌の時代は終わり、「ゴスペル」の時代へと変わっていった。 ロジェー・ワーグナー合唱団 著名な霊歌 [ ] ""は1872年、フィスク・ジュビリー・シンガーズによって発表された。 これはアメリカ海軍軍バンドのSea Chanters のアンサンブルによる演奏である。 この音声や映像がうまく視聴できない場合は、をご覧ください。 「黒人霊歌」• 「時には母のない子のように」• 「」()• 「ノーバディ・ノウズ・ザ・トラブル・アイブ・シーン」• 「メアリー・ドント・ユー・ウィープ」」• 「」()• 「」()• 「」()• 「ザット・オーフル・デイ・ウィル・シュアリー・カム」• 「」()• 「」(Joshua Fit The Battle Of Jericho)•

次の