ルカリオ 剣 盾 育成 論。 【ポケモン鎧の孤島】ポリゴン2の育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】ルカリオの育成論と弱点・対策

ルカリオ 剣 盾 育成 論

はじめに 初めまして。 今回はメガシンカが無くなって悲しんでいるルカリオの初心者向け育成論です。 見せ合い63の、レベル50フラットルール前提での内容となっています。 個体値はすべてMAX想定です。 HP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さ=H・A・B・C・D・Sと変換して記入しております。 細かい努力値調整や、難しい立ち回りをする必要が無いので、初心者にも使いやすい型だと思います。 簡単な概要 ASに努力値のすべてを振り、スカーフを持たせることで対面性能と後詰めの性能を上げたルカリオです。 メガシンカが無くなって馬鹿げた火力は出せなくはなりましたが、 てっていこうせんやわざレコードで多くのサブウェポンを得たことで、必ずしも弱体化したとは言えない性能を持っています。 環境に多いギャラドス、サザンドラ、ミミッキュ、ヒヒダルマ(いじっぱり限定)、ナットレイ、バンギラス、ドリュウズ、に対して多くの場合有利に立ち回れます。 型詳細• そもそも耐久が無いポケモンなので、下降補正が入ってもあまり気にしなくていいと思います。 いじっぱりヒヒダルマや、ようきギャラドスが抜けなくなるので、この型の場合は素早さが上がる性格一択です。 ヒヒダルマは、ようきの場合は抜かれてしまうので、対面するのはいじっぱりと確定してからか、最後の手段の運試しにしましょう。 特性 せいぎのこころ、ふくつのこころ、せいしんりょくの3種類がありますが、 隠れ特性であるせいぎのこころ一択かと思います。 ソードシールドから追加されたダイマックスは、相手のひるみを無効化します。 加えてこだわりスカーフは相手の先手を取るために使用するアイテムですので、 ひるみから発動するふくつのこころ、せいしんりょくはあまり意味のない特性です。 せいしんりょくはいかくの効果を受けないというメリットもありますが、せいぎのこころに比べて発動タイミングは少ないでしょう。 努力値 ASに252振り、残りはCです。 Cは、調整しても倒せるようになる相手は少ないので、おまけ程度です。 立ち回り 2、3体目に選出して、死に出しから弱点を突く。 それだけです。 交代してから等倍のダメージを受けると、てっていこうせんを撃てないくらいダメージを受けてしまいます。 交代するのは、相手がかならず半減技を出すとわかる時だけが良いでしょう。 私はドラパルトと組ませることが多いです。 ドラパルトを先発で出し、サザンドラの悪技を交代で受けて、せいぎのこころで攻撃を1段階上げてダイマックスするというのがとても強い流れです。 相手の3体がすべてわかっていて、ルカリオで弱点を突いていける場合は積極的にダイマックスしていきましょう。 技範囲がとても広いので、ダイナックルやダイスチルでステータスを上げていけば全抜きできることがとても多いです。 そのほかにも、敵が残り一体、こちらも最後がルカリオだけというときも、スカーフで抜きつつ高火力の技を出してゲームを決めることが多いです。 技 〇インファイト 確定枠1。 安定の一致技。 とびひざげりと選択になるかと思いますが、 とびひざげりの場合、環境に多いドラパルト、ミミッキュ、サニーゴ、ポットデスが交代で出てきた際に反動ダメージを受けてしまうので、インファイト推奨です。 ダイマックスしてダイナックルにすると逆に威力が下がってしまうので使う場合は注意しましょう。 〇てっていこうせん 確定枠2。 撃った後にHPの半分を減らす反動技。 ちなみにHPを奇数で調整しても小数点以下が切り捨てられるので、最大で2回しか撃てません。 この反動が非常に痛いので基本的にはダイマックスをして、ダイスチルとして使っていきます。 ただし、反動ダメージが大きいということは、自主退場もしやすいということですので、相手の積みの起点になりづらいというメリットもあります。 ミミッキュ、トゲキッス、コオリッポ、オーロンゲなどに撃っていきます。 トゲキッスは、ルカリオと対面するとほぼ確実にダイマックスしてダイバーンを撃ってきます。 こちらもダイマックスしてダイスチルを撃っても1撃では倒せない上に、あちらのダイバーンを耐えることはできないので、 交代するかてっていこうせんを撃って捨てましょう。 スカーフを持っていると、死に出しでバンギラスがで出てくる時があります。 すなあらし状態で、努力値をHに252振っているバンギラスは、てっていこうせんを確定二発にしてきます。 死に出しでバンギラスが出てきた場合、一度引いてからインファイトを撃ちましょう。 〇じしん 確定枠3。 安定のサブウェポン。 上述の2つでは補いきれない敵に撃っていきます。 具体的にはギルガルド、ドヒドイデです。 〇かみなりパンチ 選択枠。 役割破壊専用。 この部分の技スペースは、環境の変化に合わせて適宜変えていくのが良いかと思います。 役割破壊対象はウッウとギャラドスです。 ダイジェットで一段階素早さの上がったようきギャラドスを抜いてかみなりパンチで確定一発とすることができます。 ギャラドスを確定一発とすることができるのは、「ダイマックスをしていない状態」の時です。 ダイマックスをしている状態のギャラドスだと、確定二発になってしまいます。 その場合はこちらのルカリオもダイマックスしましょう。 その場合素早さは抜かれてしまいますが、相手の攻撃は必ず一回耐えます。 返しでダイサンダーを撃てば、今度こそ間違いなく確定一発とすることができるでしょう。 選択技候補 〇ブレイズキック アイアントに撃っていけるので悪くないと最近思っています。 ナットレイにはインファイトの方がダメージを出せます。 〇ストーンエッジ リザードンに4倍の威力で入りますが、リザードンが最速の場合、ダイジェットを一回でも使われると抜けないです。 スピンロトムにも2倍の威力ですが、確定2発。 加えて命中不安なので、使うならダイマックス推奨。 〇コメットパンチ てっていこうせんとタイプが被ってしまいますが、 H252振りトゲキッスを、ダイスチルで確定一発にできたり、 ダイナックルによる攻撃1段階上昇と相性が良かったりなど、こちらにしか無い強みがあります(地味に10%の攻撃1段階上昇もおいしいです) てっていこうせんとの選択にすると、両刀型というこの育成論のコンセプトが崩れてしまうため、かみなりパンチの枠の選択肢とさせていただきます。 〇れいとうパンチ、りゅうのはどう、シャドークロー、かみくだく、サイコキネシス、どくづき 現環境で4倍で入る相手があまりいません。 これらの技で弱点が入る相手には、大抵は確定枠の3つの技の方がダメージを出せます。 ダメージ計算 ダメージ計算についてですが、 細かい努力値調整をしない場合、個人的にはわざわざ書く必要はないと考えています。 ダメージ計算は、細かい努力値振りによって倒せない相手や倒せる相手を分かりやすくする指標だと思っているので、 今回のように極振りしている場合は必要ないと思います。 初心者向けのルカリオ育成論ということで、内容をあまり難しくしないという理由もありますので、ご理解ください。 おわりに こだわりスカーフは、細かい動きができなくなるというデメリットがありますが、その分シンプルに扱える、初心者向けのアイテムだと思います。 さらに、ダイマックスの登場によって使い勝手が大幅に上昇したアイテムです。 ルカリオの豊富な技範囲を存分に生かせるこの型をぜひ使用してみてください。 ここまで読んでくださりありがとうございました。 スカーフルカリオは某ルカリオ使いの実況者も使っていましたが、こだわり系とダイマックスの相性は素晴らしいですね。 相手はダイバーンを持っていることがほとんどで、お互いHPが満タンの状態では勝てないと思います。 てっていこうせんの項目で他に並んでいるポケモンはほとんどの場合確定1発なので、誤解を生んでしまうかもしれません。 念のため注釈を入れさせていただきます。 ご指摘ありがとうございます! また、ダメージ計算についてですが、 細かい努力値調整をしない場合、個人的には書く必要はないと考えています。 ダメージ計算は、細かい努力値振りによって倒せない相手や倒せる相手を分かりやすくする指標だと思っているので、 今回のように極振りしている場合は必要ないと思います。 こちらも念のため本文に追記させていただきますね。 全く考慮に入れてない部分でしたので、ご指摘助かります! こちらも本文に加えさせて頂きますね。 某実況者のスカーフルカリオの構成も面白いですね。 特にいのちがけを採用しているのが面白いと思いました。 有名実況者の技、努力値構成を解説した育成論もこのサイトにあると助かりそう。 初心者向けで複雑にしたくないとの事ですが、初心者こそ「誰に対してどれくらい削れるのか」「誰からどれくらい削られるのか」というのは知っておくべきではないかと私は考えています。 強制しているわけではないので、投稿者様がやはり必要ないと結論付けるようでしたら無視していただいても結構です!興味深い育成論でした。 てってい光線 についてですが、バンギラスには撃たない ほうが良いことを記載するべきだと思います。 理由ですが、H 252砂化バンギラスにc4光線が 確定2発で耐えられてしまうこと。 そして、今流行りの弱点保険型の起点になるので。 逆にダイマックスをしていると確定2発になってしまいます。 おそらくはその点をご指摘いただいたのかと思います。 確かに、ダイジェットを撃った状態ではギャラドスのダイマックスは続いていることが多いので、その部分の注釈は必要だったかと思います。 ダメージ計算についてですが、 確かに初心者向けとはいえ、「このポケモンは倒せる」「このポケモンは倒せない」という簡単な指標があった方が分かりやすいかもしれません。 バンギに止められることが多かったので、活用させてもらおうと思います。 一点だけ気になったのですが、特性をせいぎのこころ一択だと断言している割には、消去法であり強い根拠がないように感じました。 ルカリオにあく技がヒットする場面はかなり限定的な気がするので、有用性はせいしんりょくと同等なのかなぁという印象です。 もしせいぎのこころを強く推す理由があれば、是非教えていただきたいです。 有用性がせいしんりょくと同等とのことですが、この特性が有効に働く状況は、現環境でどれほどあるでしょうか。 本文にも書かせて頂きましたが、ダイマックス状態ではひるみを無効にします。 また、この型ではスカーフで基本的に相手よりも先に行動することが出来ます。 それでもひるみを狙われる可能性はねこだましですが、タスキならまだしも、半減のねこだましを受けてもシングルバトルでは大した影響はないと思います。 いかくが無効になるという追加効果もありますが、今の環境でいかくを使うポケモンは、ウインディくらいではないでしょうか(ギャラドスは今の環境ではほとんどがじしんかじょうです)。 そしてウインディは、いかくが効いても効かなくてもこの型のルカリオは勝ち目がありません。 せいしんりょくがこの型とは合わない理由は以上です。 ちなみに、この説明はふくつのこころが使えない理由にも当てはまります。 それに加えてふくつのこころの発動によるすばやさ1段階アップは、スカーフ型で既にすばやさが上がっている状態では、少し過剰かと思います。 それに対して、せいぎのこころは環境に多いサザンドラ、バンギラスなどのあく技を読んでルカリオを出すことが出来れば、スカーフで抜きつつこれらのポケモンを倒せて、なおかつこうげき1段階アップを残すことが出来ます。 ここからダイマックスを絡めれば全抜きにより近づきます。 この時の相方はドラパルトやサニーゴなどが良いでしょう。 もちろん予定外のことも起こりますし、簡単に発動できる特性ではありませんが、それでも他の2つよりも「この型に合った」特性であるということはお分かりいただけたでしょうか。 長文になってしまい申し訳ありませんが、この文章がルカリオ育成の一助になれば幸いです! ここまで読んでくださりありがとうございます。 内容がコンパクトにまとまった育成論で、初心者の方にもわかりやすく素晴らしい育成論だと思います。 1点気になったことがコメットパンチの不採用理由です。 本論でも述べられていましたがてっていこうせんの採用理由は明確に書かれており、納得のいくものだったのですがコメットパンチと選択技でもいいのかなと個人的には思いました。 コメパンの利点としては、性格をむじゃきから陽気に変更でき耐久値が上がることと、火力の上昇等が挙げられると思います。 今作ではダイマックスにより耐久値を上昇させることができるためルカリオの耐久といえど、ある程度の技を耐えることはできるのかなとおもいます。 例えば臆病サザンのかえんほうしゃはむじゃきだと確定2発 ダイマ時 ですが陽気にすることで乱数2発になります。 H252キッスが確1発等 もちろんコメパンを採用するこで命中不安などのデメリットはありますが、上記のようなメリットからもコメットパンチについての考察があるといいかなと思いました。 長々と書いてしまって申し訳ありませんがこの文章が本論の一助となれば幸いです。 まずそこに気づかせてくれた点がとてもありがたいです。 この型にした最初の理由としては「てっていこうせんを入れた両刀ルカリオを作りたい」と思ったのが、そもそもの発想の始まりだったからです。 コメットパンチのメリットについては、328さんに挙げていただいたことに加え、ダイナックルの攻撃1段階上昇との相性も良く、魅力的な素晴らしい型になると思います。 対しててっていこうせんの場合、本文で書かせていただいたことに加え、コオリッポへの明確な対策になったり、物理環境の現在に多いHBオーロンゲを確定1発にすることができたりなど、こちらにしか無いメリットもあります。 つまり、コメットパンチとてっていこうせんについては、どちらも選択肢とするだけの理由があるということになります。 ですが、今回は両刀型というコンセプトの基にスタートした育成論です。 てっていこうせんの代わりにコメットパンチを入れてしまうと、完全な物理型となり、それに伴って性格や努力値振りから変える必要があり、コンセプトが崩れてしまうのです。 そのため、この育成論としては、確定技としててっていこうせんの方を採用させていただきたいと思います。 ただ、328さんのコメントの中にあった、 「H252トゲキッスをダイスチルで確定1発にできる」という点はとても魅力的です。 この型だとトゲキッスがとても辛かったので、その提案はどうしても無視できないものでした。 そのため、かみなりパンチの枠の選択肢として、コメットパンチを入れさせていただこうと思います。 一つ気になったことが、てっていこうせんの撃ち時です。 撃つ対象にとありますが、 環境に少ない以外のポケモンが特防の方が高い種族値であり、 以外はコメットパンチでも役割遂行できてしまうように思われるのですが如何でしょうか。 オーロンゲもオーロンゲで初手いたずらごころ電磁波やトリックでこうこうのしっぽ押し付け型が多いのでスカーフ型のルカリオではあまり役割対象にしたくない相手ではあると思われます。 もちろん、両刀型にしたくなる種族値のポケモンですし、コンセプトも理解していますので、ダメージ計算を追記するなどしててっていこうせんの有用性を伝えていただけないと物理型の方が強いじゃんとなりかねないと思われますので、時間があればよろしくお願いします。 わかりやすい文章でいいとおもいました。 ありがとうございます。 参考にさせてもらいました.

次の

【ポケモン剣盾】リオル・ルカリオの入手・出現場所・進化条件まとめ

ルカリオ 剣 盾 育成 論

覚えるタイプの技は幅広く、相手をしたいタイプに合わせて技を選ぶ事ができます。 被ダメージの2倍のダメージを返すため、ほとんどのポケモンを倒すことができる。 タスキで確実に耐えつつ攻撃を上げられる。 高い素早さのおかげで能力上昇後も動きやすい。 炎タイプや飛行タイプに対する岩技。 ダイマックス時に起こす砂嵐でダメージを受けないため、タイミング問わず使いやすい。 覚える技のタイプは少ないものの、自身のタイプと同じ技は威力が高いものを覚えることができるため、アタッカーとして十分戦うことができます。 きあいのタスキのおかげで安定して放ちやすい。 物理アタッカーに対して放てる技。 被ダメージの2倍のダメージを返すため、ほとんどのポケモンを倒すことができる。 あくのはどうよりも使うタイミングは少ないが、ダイサイコで展開できるサイコフィールドが素早さの高いタスキ持ちのルカリオと相性は悪くないため選択肢として。 高火力の特殊鋼技。 使用後にHPの半分を失うため、使うタイミングに注意が必要。 ルカリオの役割と立ち回り 攻撃と特攻がどちらも高いアタッカー 「ルカリオ」は攻撃と特攻のどちらも高い高速アタッカーのポケモンです。 物理アタッカーにした場合でも特殊アタッカーにした場合でも、それぞれに対応した先制技を覚えたり、威力が高い自身と同じタイプの技を覚えることができたりできるため、非常に使いやすいポケモンです。 耐久は低めのため注意 「ルカリオ」は、鋼タイプを持つ事によって半減で受けることができるタイプは多いものの、種族値として防御や特防はそれほど高くないため、耐久力はそれほどありません。 ルカリオの対策 有利なタイプのポケモンで戦う 「ルカリオ」は耐久はそれほど高くないため、弱点のタイプで攻撃することで一気に倒すことができます。 ルカリオの技を安定して受ける事ができるポケモンであれば、倒すのに苦戦することは少ないです。 ルカリオは物理アタッカーとして育てられていることが多いため、物理受けとして育てているポケモンだと対応しやすい場合が多いです。 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

エースバーン育成論 : 汎用性特化!ルカリオと化したエースバーン【襷カウンター】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ルカリオ 剣 盾 育成 論

生半可な火力では突破できないほどの耐久力に加えて「じこさいせい」による回復で多くのポケモンの技を受けながら戦うことができます。 後続のサポートとして優秀 受けを崩しにくるかくとうタイプへの打点として優秀 ドラゴンタイプへの打点。 ドラパルトやサザンドラ対策として活躍 S0個体を使用する場合は採用。 耐久力の高さと「トリックルーム」による素早さの入れ替えでダイマックスへの切り返しや後半戦で逆転を狙うことができます。 また、技範囲の広さも優秀なので自分のパーティに合った技を採用することで、多くのパーティで活躍できる点も魅力のポケモンです。 ダイサイコを打つことで先制技を封じられる ほうでんとの選択。 威力重視の場合はこちらを採用 高い耐久力と相性の良い回復技。 採用する際はPPを増やしておくと便利 ポリゴン2の役割と立ち回り 圧倒的な耐久力 ポリゴン2は最終進化前のポケモンに持たせると防御・特防が1. 生半可な火力では突破できない耐久力を持つ上に、ノーマルタイプのため弱点がかくとうのみでタイプにも恵まれていることから、多くのポケモンの技を受けながら戦うことができます。 技範囲が広い特殊アタッカー ポリゴン2は覚える技範囲が広いため特殊アタッカーとしても活躍できるポケモンです。 技範囲の広さと持ち前の耐久力の高さから、多くのポケモンと対面で戦える攻防ともに優秀なアタッカーとして活躍できます。 ポリゴン2の対策 タイプ一致で弱点を突く ポリゴン2は耐久力が非常に高いため、弱点であるかくとう技をタイプ一致で打てるポケモンで対策しましょう。 特にかくとうタイプの中で攻撃種族値が高い「ルカリオ」と「ローブシン」がおすすめです。 「はたきおとす」や「トリック」などを活用するのがおすすめです。

次の