マリオン ウェルチ。 Marion Whelch

ユウ・カジマ

マリオン ウェルチ

もくじ• 初期のアムロは指揮値が低いので、リーダーとして使いづらい。 注目すべきはエターナフレイルだろう。 オリジナルキャラが、これほどランキング上位にいるのはめずらしい。 エルピープルやプルツーは、ハイテンションと精神統一を持っているので、サイコミュ兵器との相性がばつぐんだ。 射撃ステータスは、射撃系武器の命中率に影響する。 ダメージには影響しない。 ダメージは、武器の攻撃力と機体の攻撃力、相手の機体の防御力に地形補正、各種アビリティ、テンションなどで決定される。 つまり、射撃武器のダメージがアップする「射撃戦特化」はとても重要なスキルだ。 見た目にこだわらなければ、ヤザンはステータスがZガンダムの頃とまったく同じなのでおすすめだ。 カミーユは全体的にスペックが高い。 女性キャラのエルフリーデシュルツや、ソフィフランはアビリティをおぼえるのが早くて使いやすい。 射撃と同じく、格闘ステータスも格闘武器の命中率に影響し、ダメージには影響しない。 注目は、マリオンウェルチだろう。 そこそこ強いニュータイプで、幸運、アンコール持ち。 そして、ここにもエルピープルの名前がある。 ステータスが高く、アビリティも優秀なので強いのは間違いない。 覚醒 覚醒 名前 アビリティ、スキル 250 バナージリンクス ニュータイプ 3 、精神統一 46 〃 カミーユビダン ニュータイプ 3 240 クェスパラヤ ニュータイプ 1 、精神統一 31 〃 ハマーンカーン ニュータイプ 1 、精神統一 8 、シューター 47 〃 ララァスン ニュータイプ 1 、精神統一 2 、シューター 56 230 マリオンウェルチ ニュータイプ 1 、幸運 8 、精神統一 24 アンコール 23 220 アムロレイ(機動戦士ガンダム) ニュータイプ 2 〃 ジュドーアーシタ ニュータイプ 3 〃 パプテマスシロッコ ニュータイプ 1 200 ロニガーベイ ニュータイプ 8 180 シャア(機動戦士ガンダム) ニュータイプ 3 〃 アンネローゼローゼンハイン 幸運 1 、ニュータイプ 2 、精神統一 15 〃 オードリーバーン ニュータイプ 2 、幸運 31 、精神統一 45 アンコール 24 〃 ミネバザビ(Zガンダム) カリスマ 1 、幸運 2 、ニュータイプ 7 フルブースト 26 〃 エルピープル ニュータイプ 1 、精神統一 17 〃 プルツー クローンニュータイプ 1 、精神統一 17 〃 マリーダクルス クローンニュータイプ 1 、精神統一 17 〃 フォウムラサメ 強化人間 1 〃 ゼロムラサメ 強化人間 1 〃 ロザミアバダム 強化人間 1 〃 リィナアーシタ 精神統一 1 、ニュータイプ 3 、幸運 8 、カリスマ 25 フルブースト 23 *全員アビリティ"ニュータイプ"か、"強化人間"持ち *イワンイワノフ(250)、シスミットヴィル(230)、カチュアリィス(200)は、ニュータイプ(強化人間)を持っていないので割愛 武器の命中率やサイコミュ武器のダメージに影響する「」の1位は、バナージとカミーユだった。 特にバナージは、ハイテンションと精神統一を持つので、サイコミュ武器を使いやすい。 注目はクェスパラヤだろう。 全体的にステータスが高めなので、サイコミュ武器を持つ機体に乗せれば、活躍できるはずだ。 守備 守備 名前 アビリティ、スキル 250 シローアマダ チームワーク 14 230 カチュアリィス 幸運 2 、鉄壁 4 、カリスマ 29 〃 ジュドーアーシタ 〃 コウウラキ 〃 アナベルガトー 闘将 35 〃 ドズルザビ 闘将 15 、鉄壁 23 220 シャア(逆襲のシャア) 〃 ランバラル 闘将 16 、練達 23 215 ブランブルターク 鉄壁 2 210 ラカンダカラン 鉄壁 4 、闘将 24 205 リュウホセイ 鉄壁 1 、教導 31 守備は、敵から攻撃を受けたときのダメージ量に影響する。 1位は、シローアマダ少尉だった。 守備だけが250で、他のステータスは150以下でビミョウだ。 08小隊は、他にもカレン 194 やテリーサンダース 200 の守備が高い。 2位は、オリジナルキャラのカチュアリィスだ。 おぼえるアビリティが優秀で、覚醒ものびるので使いやすい。

次の

機動戦士ガンダム

マリオン ウェルチ

開発経緯 [ ] のでを研究していた博士は、当初ニュータイプの驚異的な能力・戦闘力を何とかサポートシステム化し、ジオン戦力の底上げを図る研究をしていた。 その過程において、彼は研究対象であるニュータイプの能力を知れば知る程に驚愕し、畏怖し、恐怖して、やがて一つの考えに取り付かれるようになる。 ニュータイプが人類に代わる進化した存在であるのなら、進化に取り残されたオールドタイプは、かつて現人類に滅ぼされたのようにニュータイプに駆逐されるのではないかというである。 危機感を持ったクルスト博士は、やがて研究内容を変更、オールドタイプでもニュータイプを倒せるシステムの開発に着手する。 そしてそのシステムは、テスト中に発生した偶発的な事故でニュータイプの少女「」の精神波をコピーしたことによって完成する。 この事故でマリオンは意識不明となった。 クルスト博士はシステムにニュータイプを裁くための examination システムとして「EXAMシステム」と名付けた。 このシステムはイフリート改に搭載され、テストパイロットであるの手によって驚異的な機動力・戦闘力を発揮した。 しかし実験母体となったイフリート改はシステムの性能をフルに発揮するには性能不足だった。 そのためクルスト博士は、EXAMシステムのデータを手土産に連邦に亡命する。 その頃の彼にとっての敵は既に「ニュータイプ」であり、それを倒すためならジオンも連邦も関係がなくなっていたのである。 においてをベースに3機生産された試作機体は、ブルーディスティニーとして完成を見るが、当のクルスト博士がEXAMシステム回収の任を受けたニムバスによって殺害され、またシステムが搭載された4機のが全て破壊されたため再現が不可能となり、歴史の闇に消えることとなった。 ちなみにマリオンは全てのEXAMシステムが破壊されたのと同時に意識を取り戻したという。 なお、ゲーム『』ではクルスト博士の亡命を阻止し引き続きジオン公国で開発が続けられたという架空展開のもと、EXAMシステムを搭載したもしくはが登場する。 システム概要 [ ] ニュータイプを打倒・駆逐するために作られたソフト・ハード一連の機器のことを指す。 ソフトウェア・ハードウェア共にクルスト博士独自のノウハウで構築・調整されているため、彼以外の人物はコピーや複製どころかエミュレーターすら制作不可能とされている。 能力的にニュータイプに劣るオールドタイプに、NTに対抗できる戦闘能力をシステム補助で付与させることを目的として開発された。 オペレーティングシステムの一種とされているが、システム稼働状態下ではほぼ完全な自立稼働が可能。 EXAMシステムは人間の脳波を電磁波として捉え、その中のいわゆる「殺気」を判別し敵パイロットの位置の特定や攻撃の瞬間を察知して回避するといった、ソフトウェア的にニュータイプに近い戦闘動作を再現して見せるものである。 この基本概念を理解しない者にとっては「搭載された機体に驚異的な性能を発揮させるOS」でしかない。 また、システムの様なフィードバックシステムは持たないが、取り扱っている物が物なだけに、システムによる殲滅衝動やマリオンの幻影による救済祈願等、パイロットは様々な精神的影響を受ける。 システムが起動(暴走)するまで、およびシステムを制御しその機能を最大限に利用するためにはパイロットを必要とする。 そのためにはパイロットとのシステムの親和性が高いことが必要とされ、それが適った場合には超常の戦闘能力が発揮されるが、逆にシステムとの親和性が低いパイロットが搭乗した場合、肉体的や精神的な過負荷に耐えられず死亡する等の危険性も伴っている。 ニュータイプの脳波を検知した場合、システムはニュータイプ殲滅を優先としパイロットの制御を離れ行動を開始しようとする が、これは暴走ではなく開発者(=クルスト博士)の 意図した正常な動作である。 しかし多数の人間の死と殺気を感知した場合(戦場では頻繁に起こりうる)でも同様の反応が起こり無差別な殺戮を開始してしまうという問題が残った。 こちらはクルスト博士の意図しなかった本来の意味での「暴走」といえる。 また、戦場にEXAMシステムを搭載した機体が複数存在した場合には互いをニュータイプと認識して同士討ちを開始してしまう。 このためEXAM搭載機は単機で敵集団に対し的に戦う乱戦において最も威力を発揮し、実際に1号機・による単機敵基地突入が行われている。 EXAMシステムはモビルスーツの頭部に搭載されるが、初期型EXAMを搭載したイフリート改はベース機のと比較してかなり巨大な頭部となっている。 また、後期型EXAMを搭載したは通常のサイズの頭部だが、開発ベースとなった機体が要求性能の関係でから陸戦型ガンダムに切り替わった際にわざわざ陸戦型ジムの頭部を陸戦型ガンダムに移植している。 このことから、EXAMシステムとは単なるOSではなく特殊なハードウェアも含めたシステムであると考えられる。 これを暴走(あるいはニュータイプ殲滅のための正常動作)させたブルーディスティニーはカメラ部分が緑から赤に変化する。 前線でのテスト中に頻発したEXAMシステムの暴走を制御するため、ブルーディスティニーを担当した技術士官はブルーディスティニーの1号機と3号機にリミッターを取り付け、本格的な暴走に突入する前にシステムが停止するように発動時間に制限をつけた。 だがこの時点でアルフはEXAMの真の目的に気づいていなかったため、対ニュータイプシステムについては手付かずのまま放置されていた。 なお、派生作品の漫画版(版・版の双方)では、マリオンそのものがパイロットの脳裏に出現している。 派生システム [ ] NEO EXAMシステム [ ] 漫画『』に登場するMS・に搭載された独自開発のシステム。 シン・フェデラルが「妖刀」を開発するための素材としてEXAMシステムの解析を行っていたのだが、肝心のEXAMシステムのデータはほとんど存在しない状態だったため、独自理論を組み込むことになった。 HADES [ ] ゲーム『』のシナリオ「」に登場。 EXAMのデータをもとに開発された特殊システム。 " Hyper Animosity Detect Estimate System"の略で 、「ハデス」と読み、に搭載される。 上層部からの圧力により提供されたEXAMの基礎データとサンプルをもとに 、オーガスタの極秘研究施設によってEXAMとは別のアプローチで改修されている。 MSのリミッターを強制開放して100パーセントの機体性能を引き出すとともに、教育型コンピューターの流用により最適解をパイロットに伝達、あるいは強制的に機動する。 さらに不完全ながら敵のニュータイプ・パイロットの感応波による思考の先読みも模索されていたという。 HADESを搭載した機体のパイロットは、システムとの協調性を高めるために、投薬などにより人為的に身体能力や精神伝達系の強化を施されるとともに、システムの「一部」となるために無用な思考を鈍らされている。 これらの技術はのちに「」へと昇華されるが 、パイロットのには多大な負荷がかかり、結果として記憶障害を発症させてしまっている。 ペイルライダーはのちに軍によって大規模な改修が施され、となるが、HADESのシステムは完全にブラックボックス化されており、手を付けられずそのまま使われている。 その他の作品 [ ] を用いる架空のゲームを題材とした2013年のテレビアニメ『』の第18話では、同作の登場人物であるが使用するガンプラ、に搭載された「奥の手」としてEXAMシステムが登場し、主要登場人物との戦いを繰り広げている。 なお、同作ではこの他にも第3話にて、端役同士の対決としてブルーデスティニー1号機と同3号機が登場する場面があり、1号機のカメラアイがEXAMシステム発動状態となっていた。 脚注 [ ]• 「EXAM」は一般的には「イグザム」と発音するが、ガンダム作品においてこのシステムのことを指す場合では「 エグザム」と発音する。 実際にはオールドタイプがニュータイプに駆逐される事はなく、ニュータイプの末裔は地球を離れ外宇宙へ旅立った事が『』ので語られている。 ゲーム『機動戦士ガンダム外伝3 裁かれし者』ステージ4、アルフの台詞より。 HGUCにおけるブルーディスティニーの設定より。 パイロットがシステムの意向に反しない、あるいはシステムの殲滅衝動をねじ伏せた時などはこれに当たらない場合がある。 ゲーム『機動戦士ガンダム外伝3 裁かれし者』ステージ3、アルフの台詞より。 、、2017年1月、3頁。 「ミッシングリンク」ゲーム中のムービーより。 関連項目 [ ]• - EXAMシステムに類似したコンセプトを持つシステム.

次の

ユウ・カジマ

マリオン ウェルチ

もくじ• ・プルでプルツーをたおす ・ZZガンダム(ジュドー)の巨大ビームサーベルでプルツーをたおす 難易度ヘル 全ステージをクリアすると、難易度ヘルと、最終ステージが出現する マリオンを出すクエストの条件 1.ブルディスティニー1号機、2号機、3号機を作る 2.イフリート改を作る 3.イフリート改とブルーディスティニー2号機を 「設計」して、ニムバス2号機を作る ニムバスを乗せても専用機にはならない。 設計する必要がある 指揮値によるリーダー範囲のちがい 指揮値により、リーダー範囲の広さが変わる 指揮 範囲 0~50 1マス 51以上 2マス 101以上 3マス 151以上 4マス カットイン演出があるオリジナルキャラ ルーナ・マナ ゼノン・ティーゲル ゴート・ローガン 現在確認できてるのは、この3人のみ。 とても少ない。 アムロやブライトなどのメインキャラには、ちゃんとカットインがある 専用機の作り方 特定のMSに、専用のパイロットをのせると、機体が「専用機」に変化する。 生産リストには登録できない。 しかし、経験値が半分、チャンスステップなし サイコミュの効果 覚醒値によってダメージが上がる。 テンション「強気」以上で射程が伸びる 2チーム目を使うには 初期の戦艦「キャリーベース」では、1チームしか使えない。 つまり1ターンの間、敵の射撃攻撃への回避率アップ(戦艦の青い範囲内にいる事) 戦艦の登録方法 戦艦は、 各ステージをクリアしたり、ゲスト部隊の 戦艦のGETゲージをまんたんにすると生産リストに登録される 武器の武装効果まとめ 武器には、武装効果という特殊な能力を持つものがある。 武器のステータス画面で確認できる 武装効果 内容 サイコミュ パイロットの覚醒ステータスで、ダメージアップ。 使った機体は消滅する 機動力とは MSのステータス「機動力」は、命中率や回避率に影響する キャラクターのステータスの見方 ステータス名 内容 指揮 マスターユニットや、チームリーダー、戦艦のグループ範囲の広さに影響する 射撃 射撃系武器の命中率に影響 格闘 格闘武器の命中率に影響 守備 敵から攻撃を受けた時のダメージ量に影響 反応 敵から攻撃を受けた時の回避率に影響 覚醒 各武器の命中率 サイコミュ武器のダメージと、命中率に影響 【戦艦パイロットのステータス】 ステータス名 内容 指揮 戦艦のグループエリアの青い範囲に影響 「艦長」のステータスは、戦艦のステータスに影響する(格闘以外) 補佐 「副長」のステータスは、戦艦のステータスに少し影響する 通信 戦艦の攻撃の命中率 操舵 戦艦の回避率 整備 戦艦にもどった味方MSの回復量に影響 ゲスト 手に入る経験値に影響(戦艦にのってるMSも) *ステータスの表示は、PS4ならタッチパッドボタン、PSVitaならSELECTボタンで切り替えられる 防御と支援防御 防御や支援防御は、できる機体とできない機体がある。 防御できるかはステータス画面(上の写真)で確認できる 地上専用のMSを宇宙で使う SFS(サブフライトシステム)を使えば、地形適性がないMSを使う事ができる。 例えば、地上専用のMSを宇宙で、サブフライトシステムに乗せて使える(その場合、SFSは戦艦のすぐ横に置くこと) ピンポイントアタック 戦艦には、 必ず弱点がある。 次に敵に与えるダメージが1. 次に敵に与えるダメージが1. 、クリスチーナ ミッシングリンク トラヴィス、フレッド、マーヴィン、エドワード、ドリス、ヴィンセント、ダグ、ギー、リベリオ、アンネローゼ センチネル リョウルーツ、ブレイブコッド ギレンの野望 ゼロ・ムラサメ 各作品ごとの登場機体数 ガンダム:38 MSV:29 MS-X:4 MSイグルー(一年戦争秘話):5 MSイグルー(黙示録079):5 MSイグルー2重力戦線:1 08MS小隊:16 クロスディメンジョン:2 ブルーディスティニー:6 コロニーの落ちた地で:9 ジオニックフロント:8 ガンダム戦記:4 機動戦士ガンダムめぐりあい宇宙:1 宇宙、閃光の果てに:5 0080ポケットの中の戦争:14 ガンダム戦記バトルフィールド:10 ミッシングリンク:16 ファントムブレット:1 0083スターダストメモリー:28 Zガンダム:32 Zガンダム劇場版:1 Z-MSV:6 グリーンダイバーズ:1 アドバンスオブZ:12 センチネル:14 ZZガンダム:32 MSV-R:8 逆襲のシャア:11 CCA-MSV:9 M-MSV:5 ガンダムUC:72 UC-MSV 16 ハーモニーオブガンダム:3 ガチャポン戦士スクランブルウォーズ:1 SDガンダムGX:1 その他ガンダムゲーム:3 ギレンの野望:2 戦場の絆:1 Gジェネレーションオリジナル:14 *新たな情報が入り次第、毎日追加します。 またきて下さい.

次の