けし餅。 本家小嶋 (ほんけこじま)

大阪のお土産にオススメの【けし餅】を買いに本家小嶋に行ってきた。

けし餅

取扱店 伊丹空港 中央ブロック 2F 関西旅日記 商品 堂島ブランロール: 税込 1,780円 1本 HP 11. パティスリーフラワー 「マダム・ヨーコ」 大阪を中心に9店舗を展開する「パティスリーフラワー」。 お店1番人気の「マダム・ヨーコ」は、フワフワのスフレ生地でコクのあるチーズクリームをサンドもので、発売から20年以上、愛され続けています。 芸能人にもファンが多く、差し入れや手土産に大人気のスイーツです。 取扱店 伊丹空港 南ターミナル2F ANA FESTA 伊丹ゲート店 電話 ANA FESTA 06-6856-6944 営業時間 ANA FESTA 6:00~最終便まで 商品 マダム・ヨーコ: 税込 1,080円 5個入 HP 12. マダムシンコ 「マダムブリュレ」 「マダムブリュレ」は、マダムシンコを代表する定番スイーツ。 カナダ産メープルシュガーに、ニュージーランド産バターを贅沢に使用し、しっとりと焼き上げたバウムクーヘン。 表面にメープルシロップを染み込ませ、キャラメリゼして飴がけ状に仕上げています。 メープルのリッチな味わいが存分に楽しめるバウムクーヘンで、冷やしても、温めても、美味しくいただけます。 ショッキングピンクや豹柄などのオシャレなパッケージも魅力的ですね! 取扱店 伊丹空港 中央ブロック 2F 関西旅日記 商品 マダムブリュレ: 税込 1,728円 1ホール HP 13. サロンドロワイヤル 「ラララ・ピーカン」 「サロンドロワイヤル」は、大阪生まれの老舗ショコラティエで、和と洋の素材を掛け合わせた個性豊かな商品を製造・販売しています。 「ラララ・ピーカン」は、ホワイトチョコレートの中にピーカンナッツを閉じ込め、キャラメルパウダーでコーティングしたもの。 リピーター続出の人気商品で、1度食べると病みつきになる美味しさです。 お土産の定番!伊丹空港で人気の和菓子 続いては、伊丹空港で買える人気の和菓子をご紹介します。 伊丹空港には、お土産の定番として喜ばれる和菓子も盛りだくさんです。 小島屋 「けし餅」 「小島屋のけし餅」は、300年以上の歴史をもつ堺銘菓。 江戸時代に大阪・堺周辺で盛んに栽培されていたけしの実を表面にまぶした餅菓子です。 自家製のこし餡を柔らかいお餅で包み込み、プチプチとした食感のけしの実がアクセントになったお菓子。 大阪府が認定する大阪産 もん にも選定されている商品で、大阪を代表する和菓子の1つとして大阪土産としても根強い人気を誇っています。 取扱店 伊丹空港 北ターミナル2F BLUE SKY ゲートショップ 電話 ゲートショップ 06-6856-7400 営業時間 ゲートショップ 6:30~20:00 商品 けし餅: 税込 907円 6個入 、 税込 1,480円 10個入 HP.

次の

堺の老舗銘菓と言えばコレ!「かん袋のくるみ餅」と「本家小嶋屋のけし餅」

けし餅

もちろん仕事ですが、毎週のように全国を回っていると、その土地ごとにそれぞれ素晴らしさを感じます。 その中で僕的にトップクラスの楽しさなのが大阪。 まさに街全体がテーマパークみたい。 あちらこちらから関西弁が聞こえてきます。 「そんなん、当たり前や」と彼らは言いますが、東京モンの僕にはそれが凄く新鮮で楽しいのです。 もちろん江戸時代から「天下の台所」と呼ばれる大阪ですから、歴史の古い手土産も充実しています。 そんな中、まさに手土産として頂いたのが和生菓子の「けし餅」。 製造しているのは堺市の『小島屋』。 江戸時代の延宝年間に創業というからもう三百数十年の歴史を誇ります。 こしあんの甘さ、もち皮のしっとり感、けしの実の香ばしさ この「けし餅」は昭和天皇陛下も天覧、お買い上げなさった由緒ある一品。 北海道産小豆を用いたこしあんを、国産のもち粉使用のもち皮で包み、周りにけしの実をまぶしています。 こしあんの甘味、もち皮のしっとりとした食感とともに、けしの実の香ばしさと粒々の食感が一体となる、まさに上質な和生菓子。 でもなぜ堺に?と思ったら、安土桃山時代に千利休が移り住んだことから堺で茶の世界が広がり、それとともに和菓子文化も発達したそう。 しかも堺は当時、けしの実の一大産地だったので、けし餅もその頃に誕生したのだとか。 現在はけしの実はトルコ産ですが、それでも香ばしき風味などは変わりません。 生菓子なので、賞味期限は5日程度。 冷蔵庫に入れると皮が硬くなってしまうので、常温を推奨しています。 3~4日程度が一番美味しい食感なのだそう。 もし硬くなってしまったら、オーブントースターで少し焼くと、けしの実の香ばしさも出て、もち皮もしっとりするので美味しく頂けるそうです。 東京在住。 早稲田大学教育学部卒業。 海外旅行雑誌のライターを経て、テレビや雑誌、書籍などでの飲食店紹介や、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリストに。 ライターとして執筆、カメラマンとして撮影の両方をひとりでこなし、取材軒数は8000軒を超える。 全国のご当地グルメの知識と経験を活かし、ナムコのフードテーマパーク事業にも協力し、現在、東京・大手町のご当地やきとりテイスティングパーク「全や連総本店 東京」の名誉館長も務める。 『日経トレンディ』にてトレンドリーダーにも選出。 「週刊大衆」「JAL(Web)」などに連載中。 また近年は料理研究家としてTVラジオ雑誌などで創作レシピを紹介している。 著書は『はんつ遠藤のうどんマップ東京・神奈川・埼玉・千葉』(幹書房)、『おうちラーメンかんたんレシピ30』『おうち丼ぶりかんたんレシピ30』『全国ご当地やきとり紀行』など25冊。

次の

もらって嬉しい!伊丹空港でおすすめの人気お土産22選

けし餅

けし餅って? 大阪の堺市の名産品「けし餅」。 けし餅は室町時代に考案されたといわれています。 そのきっかけは千利休が広めた茶道。 お茶に合う和菓子の開発が進んだなかでこのけし餅も誕生したのです。 けし餅は、こしあんを餅皮でつつみ、けしの実をまぶしたもの。 ここで使われたけしの実は、かつて堺と貿易が盛んだったインドからもたらされ、その後堺や和歌山などで栽培が行われるようになりました。 現在でもけし餅は、堺市の名産品として多くの人から愛され続けています。 大阪堺、小島屋さんのけし餅 少しかたくなってきたので オーブントースターで焼いてたべる けしの実の香ばしさとお餅の柔らかさが最高にたまらない 普段あんこは自らすすんで食べないけれど、 これは大阪遠征の時毎回買って帰るくらい好き キャリーに入れて型くずれしてるのは見逃してください — くまのちーさん あっくんのめんちょ chi4hi1ro2 人気けし餅店1.小島屋泰芳 延宝年間創業の由緒あるお店です。 三百数十年けし餅を作り続けています。 店舗の2階はイートインスペースとなっており、抹茶とともにけし餅をいただけます。 口の中であんこの甘さとけしの香りが混ざり合い、絶妙な風味を醸し出します。 またけし粒のプチプチ感とお餅の柔らかな食感のコントラストもたまりません。 普通の和菓子では味わえない、独特の食感と風味をぜひ体感してみてくださいね。 小島屋のけし餅とギダパールDJ-46 自宅で淹れるとやっぱり甘くてとろみがあり、香りも素晴らしいです。 今日は上顎まで伝うような濃い蜜っぽさも。 けし餅は柔らかい餅と餡子の風味で、ケシの細かい粒がいいアクセントです。 ゴマよりも甘みが控えめなので、他の風味を邪魔しません。 焼くことによりけしの実の香ばしさが際立っています。 生クリームとあんこのハーモニーもくせになります。 あんこに生クリーム。 クセになる組み合わせ…。 人気けし餅店2.本家小嶋 こちらは室町時代から続く老舗中の老舗です。 先ほどの小島屋よりさらに古くから続いているお店なのです。 創業当時は「菓子屋吉右衛門」という名で営まれていました。 もともと本家小嶋が「小島屋」という名で営業していたのですが、お店が立ち行かなくなり屋号を現在の小島屋に売ったのだそう。 しかし戦後、再び商売を始めた際、売ったはずの小島屋という名を使ったので、現在の小島屋と裁判沙汰になってしまったのだそうです。 現在は解決しているようですが、二つのお店にはそんな因縁があったのですね。 しかしどちらのけし餅も美味しいことに変わりはありません。 本家小嶋のけし餅は、470年変わらぬ製法を守っており、「手作り・無添加」にこだわり作り続けています。 そのためこの店舗でしか購入できません。 しかもこちらのけし餅は、売り切れると閉店となってしまうので、早い時間に訪れてみてくださいね。 長女のおみやげ 子供の頃から親に連れられ買い求めてた堺名物『本家小嶋の芥子餅』 他にも近くに多角経営で作り置きの店もありますが、『本家小嶋』は注文してから餅に芥子の実を塗すという御皇室献上の元祖銘菓です。 芥子の実は好みもありますが、ここの芥子餅は絶品です。 — ゴンさん gonpower52 けしの風味が際立つ素朴な味わいは、室町時代にタイムスリップしたような気分にさせられます。 先ほどの小島屋のけし餅と食べ比べてみるのも楽しいかもしれませんね。 ニッキ餅も人気で、けし餅とニッキ餅をセットで購入する方が多いようです。 堺の名物 本家小嶋屋のけし餅とにっき餅! — さくら sacura3986.

次の