ニューヨーク ダウ 先物。 NYダウとは?時間や先物、チャートについて解説

NYダウ(ダウ工業株30種平均):ダウ先物 | 投資の森

ニューヨーク ダウ 先物

スポンサーリンク 今朝の情報 日経225先物 ニューヨークダウ情報等 6月10日 火曜ナイトセッション 始値 23,000 最高値 23,010 最安値 22,700 終値 22,870 水曜日中 始値 22,890 最高値 23,180 最安値 22,880 終値 23,020 6月11日 水曜ナイトセッション 始値 23,050 最高値 23,054 最安値 22,750 終値 22,830 木曜日中 始値 --,--- 最高値 --,--- 最安値 --,--- 終値 --,--- 10日のニューヨーク株式相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)の経済見通しなどを受けて荒い値動きとなる中、続落した。 優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比282.31ドル安の 26,989.99ドル。 一方、ハイテク株中心のナスダック総合指数は66.60ポイント高の10,020.35と、終値で初めて1万の大台を超え、3日連続で史上最高値を更新した。 今日の方針等 おはようございます。 日経平均先物のナイトセッションは始まってから大きく下げましたが、それからはあまり大きな動きはなくおとなしい印象でした。 今日のザラ場で頑張りたいと思います。 現状の日経平均先物のチャートを見てみます。 60分足は下落傾向で75MAラインは23,02円付近ですから現値は下。 15分足は実質下降傾向75MAラインは22,945円付近ですから現値は下。 どちらも下降傾向です。 このチャートなら、しっかり戻ったところを「売り」で仕掛ける方向で行きます。 昨日もこう書いたんですが、ザラ場はそれからずっと上がり続けましたね。 今日はどう動くのでしょう。 今日も落ち着いて慌てず頑張って行きましょう!! また芸能人の不倫問題を会社の事務員さんが騒いでいました。 杏ちゃんの東出君の場合は東出君も気の毒に、と思って聞いていましたが、今回はなぜか全然渡部君が気の毒には思いません。 たった1万円を渡してトイレで不倫って・・・ 誠意が見られないからネタとして売られるんでしょうね。 よろしくお願いします!.

次の

日経平均の検証|NYダウが高ければ、日経先物買いから入るべきか?

ニューヨーク ダウ 先物

A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー 大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。 まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。 なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。 だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。 日経平均が日経先物よりも安くなった場合はその逆です。 このような取引を裁定取引といい、繰り返しますが、「絶対に」利益になるのです。 「絶対に」利益になることが分かっているのですから、やらない手はありません。 事実、大手の証券会社ではコンピューターを使って常に日経平均と日経先物の乖離を観測し、少しでも有意な差が生じたら裁定取引を実行します。 ここで大手の証券会社と書いたのは、日経平均の採用銘柄は225もあるので、それを一度にそして瞬時に売買するのは個人等では無理だからです。 そして、絶対に利益になるのですから、皆がその瞬間を虎視眈々と狙っているわけです。 結果、有意な差が開くか開かないかのすれすれのところで裁定取引が実行されてしまうので、日経平均と日経先物は差が解消されてしまいます。 よく日経先物に引っ張られて日経平均が動くと言われますが、日経先物はそれ自体が一つのデリバティブなので、日経平均を動かすより簡単に操作できるので、意図的に日経先物を動かして裁定取引を狙うような手法が成立するために、日経平均が日経先物に引っ張られるような動きが生じることがあるのです。 (これとは別に、例えば、相場や株価全体を動かすような経済要因(テロとか)が発生した場合にまず日経先物が強烈に売買される、ということもあります) そして、今は日経先物は夜間でも売買できるようになりました。 ダウなどの動きにより日経先物が大きく動くことは当たり前に生じます。 (2月14日夜間もそうだったんですね) で、次の朝、東京市場が開いて日経平均が決定されるわけですが、先物が大きく動いた場合などは中々日経平均の値が決定されません。 なぜなら、225個の個別株では買い気配(や売り気配)が続いてしまうので、225銘柄の全ての株に値段が付くまでに時間がかかることが多いからです。 そうして、結果的に決まった日経平均は日経先物と限りなく同じものとなります(これを鞘寄せといいます)。 そうでないと裁定取引が成立してしまうからです。 少し長くなりましたが、日経平均と日経先物の大まかな関係は以上のようなものです。 さて、最後にSQまでの日経平均と日経先物が完全に一緒か?というとそうでもないことにはお気付きでしょう。 その差は主に金利などに由来するのですが、ここから先は理解を深めるため、ご自身で勉強されることをお勧めします。 大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。 まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。 なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。 だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。 SQで「完全に一致する」ことが決まっているので、SQに至る途中で例えば、日経平均が...

次の

SQの日程(米国・アメリカのNYダウ先物やS&P500オプションなどの解説含む)|株式マーケットデータ

ニューヨーク ダウ 先物

ニューヨークダウ先物は、ニューヨークダウが開いていない時間帯に取引されている指数です。 「ダウ平均先物」や「米株価指数先物」とよばれる場合もあり、シカゴ取引所 CBOT で取引されている指標です。 日本のサイトで、ニューヨークダウ先物を正式に公開しているサイトは少ないですね。 リアルタイムに見る方法で一番確実なのが、CFD口座を開設することです。 CFDなら、世界中の株価指数および先物に投資することができます。 投資対象として、ニューヨークダウ先物も含まれており、投資環境として、リアルタイムチャートも用意されています。 世界最大のCFD取引会社IGマーケッツ証券のCFDなら、上場企業で安心度もあります。 チャートを見るために開設しておいてもいいかもしれません。 を見れば、今のレートなどを確認することが可能です。 取引時間と為替相場への影響 開く時間帯は、ダウが終わってから、始まる前まで、東京市場が開いてから、ニューヨーク市場が始まる前ですから、日本時間の7時から22時~23時あたり 冬時間と夏時間でずれます ですね。 ニューヨークダウと同様に、先物も為替相場および株式市場に大きく影響を与えます。 為替相場においては、最近の傾向は、 先物が上がれば円安に振れ、下がれば円高に振れるといった具合。 円キャリートレードの名残が現在も残っていますね。 円がらみのレート以外でも、世界一の流通量を誇る通貨ペアのユーロドルも連動しやすくなっています。 不思議なことにダウが先物で上がるとユーロドルも上がり、下がるとユーロドルも下がる感じになっています。 ここらへんの動きは抑えておきたい動きですね。 ダウ先物の影響が出る時間帯は、東京市場の後場から欧州市場の始まりにかけて、そして、ニューヨーク市場の始まりにかけてです。 東京市場の後場から欧州市場の始まりにかけての時間帯は、日本の投資家の売買が一巡して、欧州勢が早出で相場に参入するところ、欧州勢は、日経平均の動きのほか、ダウ先物の動きにあわせて売買を仕掛けてきます。 欧州の指標が、18時~19時にあたりにあり、その後、一旦相場が小休止。 そして、20時頃からNY市場が開くまで、ダウ先物の動きにあわせて、相場が動くケースが多いですね。 この時間帯は、米企業の決算発表なども行われる時間帯、まずは先物が相場の影響を読み込む感じですね。 この時間帯に、100ドルとか200ドルとか、まとまって動く場合は、為替相場にも大きな影響を与えます。 特にこの時間帯の値動きに要注意ですね。 ちなみに、ニューヨークダウ先物には値幅制限があり、550ドルとなっています。 最近では、リーマンショック時に値幅一杯まで下げたことがあります。 ニューヨークダウ先物は、意外に為替相場への影響が多いですね。 指標やニュースなどがないのにレートが動いている。 そういう場合は、先物をチェックすれば答えが出る場合が多いですね。

次の