テリー ドリー。 日本プロレス時代のライバルを語る!ドリー・ファンクjr.トークショー in 闘道館

テリー・ファンク

テリー ドリー

70~80年代のプロレス界を牽引した伝説のレスラー、ドリー・ファンクJr. (72)&テリー・ファンク(69)。 その兄弟タッグ「ザ・ファンクス」が、全日本プロレスで22年ぶりにファン感涙の復活を果たしたのだ。 「最大のレジェンドレスラー、プロレス界のメシア(救世主)ですね。 試合内容はともかく、入場曲『スピニング・トー・ホールド』が会場に流れ、2人が登場するだけで、十分に盛り上がるんですよ」 こう語るのは、プロレスライターのターザン山本!氏。 10月27日の全日本プロレス両国国技館大会「ANNIVERSARY TOUR 2013」最終戦にザ・ファンクスが登場。 一夜限りの「復活リング」に臨んだのだった。 スポーツライターの市瀬英俊氏が回想する。 「ザ・ファンクスは、かつて『親衛隊』と呼ばれる白いボンボンを持った10代の女性、高校生などに応援されるなど、アイドルの追っかけみたいな一面もありましたね。 今回の復活試合(対渕正信・西村修戦)はドリーのエルボー・スマッシュと、テリーのサウスポーのパンチ、スピニング・トー・ホールドが見られればそれでOKっていう感じだったんじゃないでしょうか」 前出・ターザン氏も、 「今の40~50代は当時、青春時代の真っ盛り。 誰もがプロレスに熱狂していた時代です。 この年代は過去に生きる傾向がありますから、ドリー&テリーは強烈に記憶に残っていますし、本当に彼らの来日を楽しみにしていたと思いますよ」 ザ・ファンクスといえば、77年「世界オープンタッグ選手権」の最終戦で、ヒール役のザ・シーク&アブドーラ・ザ・ブッチャーのタッグが反則技のフォーク攻撃でテリーの右腕を大流血させた激戦が記憶に残る。 惨状を見かねたドリーが助ける兄弟愛で、幅広い世代から人気を得たのだった。 「テリーは膝の故障を理由に83年に引退したものの、治ったという理由で84年にひょっこり復活しています。 プロレスラーは引退宣言しても戻ってくる人は多いんですよね。 日本ではテリーはベイビーフェイス(善玉)として人気が出ましたが、85年にアメリカでWWEと契約してからは、ヒール役で活躍したと聞いています」(前出・市瀬氏) これがかなりハード系でリングにテーブルを置き、その上でパイルドライバーなどということも。 一方のドリーは、「80年代後半以降は、アメリカでレスリング教室の先生をやっていました」(前出・市瀬氏) そのかたわら、00年代までは全日本プロレスに外国人レスラーをブッキングするなど、裏方としてプロレス界を盛り上げていた。 そして08年3月には日本で引退マッチ。 全日のマットに兄弟がそろって上がるのは実に91年以来だったのだ。 今なお絶大な人気を誇る2人だけに「二夜目の復活」もあるかもしれない。

次の

【ドラクエライバルズ】テリーのデッキレシピ集!立ち回りと対策まとめ

テリー ドリー

しかし、上必殺での復帰は崖を掴む際に当たり判定部分が地上に出やすく、復帰阻止を狙われやすくなっています。 ワザの出始めは、突き出した腕が無敵になる。 コマンドで出すと、攻撃力とふっとばし力がアップ。 コマンドで出すと、攻撃力と飛び上がる高さがアップ。 コマンドで出すと、飛び上がる瞬間、全身が無敵になって、急降下の後半に、拳にメテオ効果が付与。 気の柱を出す技で、地面近くで当てるほど威力が高い。 拳を突き出して高速で突進し、相手に当たると大ダメージ。 一発逆転が可能な、ハイリスク、ハイリターン技なので、簡単に出せるように覚えておきましょう。 相手のパーセントに応じてコンボを使い分けられるので、動画で動きを確認し使ってみましょう。 横強始動のコンボ解説 横強始動のコンボは、テリーが100パーセント以上の時に使うことができる、難易度が高い撃墜コンボです。 横強が発生したらすぐに、コマンドを入力しましょう。 上強始動のコンボ解説 上強始動のコンボは、相手と密着した時に使えるコンボです。 テリーが99パーセント以下の場合は後横Bを使い、100パーセント以上の時はパワーゲイザーを発動させましょう。 下投げ始動のコンボ解説 下投げ始動のコンボは、ダメージを大きく稼ぐことが出来ます。 ただし、相手がズラシを行うとコンボが成立しないので、下投げと上投げでの駆け引きを行うようにしましょう。 テリーの技解説 弱攻撃は発生の早い3段攻撃 テリーの弱攻撃は発生の早い技です。 3段目で相手を飛ばす効果がありますが、2段目の多段ヒット時に必殺技を入れこむことが可能です。 横強攻撃は単発火力が高い技 横強攻撃は、一発で約15%稼げる単発火力が高く、出した足に無敵判定がつく強力な技です。 技の先端に近ければ近いほど火力が上がるので、先端を意識しましょう。 また、相手が約50%の時は、超必殺技のパワーゲイザーに繋げることも出来ます。 上強攻撃は緊急回避後すぐに出せる 上強攻撃は、その場回避から通常攻撃を発動することですぐに出すことが出来ます。 単発火力が高い代わりに後隙が大きいので、その場回避以外で使う時は、クラックシュートを合わせて使うようにしましょう。 下強は発生が早く後隙も短い 下強攻撃は、発生が早く後隙も短いです。 相手と密着してる際には、コマンドのライジングタックルにつなげる事も出来るので意識して使ってみましょう。 ダッシュ攻撃はめくりやすい技 ダッシュ攻撃は、火力が高く、相手がガードをしている場合にはめくることが出来る技です。 1対1の時は、テリー特有の相手の方を自動で向く効果も相まって、非常に強力な技として使えるでしょう。 空前は持続が長い技 空前は、持続が長い技です。 リーチが長い相手に対しての復帰阻止に使えます。 他の場面では空Nとほぼ同じ性能となるため、ベクトルが優秀な空Nより振る場面が少ないです。 空後ろは吹っ飛ばしが強い技 空後ろは、発生が早く、ふっとばし力が高い技です。 しかし、タイマン時には相手の方向を勝手に向いてしまうため、非常に出しづらい技でもあります。 空後をタイマン時にだすためには、スティックを素早く反転に入力する練習が必須です。 通常必殺技は飛び道具 テリーの通常必殺技は、足元を殴り衝撃波を走らせる技です。 ボタンを長押しすると衝撃波が速くなり、より遠くまで届くようになります。 ちなみに空中で使うと、1回のみ滞空し短い衝撃波を前方に出す技に変化します。 直に狙おうとしても発生が遅いので、空Nからのコンボで使いましょう。 なおコマンド入力時は威力が上がり、出始めの腕部分に無敵が付きます。 後ろ必殺技は前方に飛び込む踵落とし攻撃で、足の末端の威力が高く対空としても使える技です。 空中で使う場合は、後ろ方向にスティックを倒しておくことで背後に技を出せるので、上手く使い分けましょう。 また、ボタン長押しで飛び込み距離と威力が強化され、コマンド入力時ではさらに威力とふっとばしが上昇します。 左右入力で僅かに移動ができ、ボタン長押しで上昇量が上がります。 また、コマンド入力時は上昇量の増加に加えて出始めが全身無敵となり、技の威力が上昇します。 コマンド入力の上必殺技はコンボ火力も伸ばせるので、溜め時間は覚えておきましょう。 ボタンを長押しで出すと跳び上がりが高くなり、遠くに着地をします。 また、コマンド入力で出した場合は威力が上昇し、跳び上がりに無敵付与、(長押し時に)拳にメテオ判定が付きます。 コマンド入力に成功すると、気の柱を目の前に吹き上げさせて大ダメージを与えます。 上方向へのリーチが長いですが、地面に近いほどダメージは高いので相手の崖掴まりを狙ってみましょう。 コマンド入力に成功すると、高速で相手に突進し気の衝撃波で大ダメージを与えます。 前投げは相手を前方に飛ばす テリーの前投げは、相手を前方に飛ばす技です。 コンボはできないので、相手をステージ外に出したいときに使いましょう。 後ろ投げは相手を背後に飛ばす テリーの後ろ投げは、相手を背後に飛ばす技です。 コンボはできないので、相手をステージ外に出したいときに使いましょう。 上投げは相手を空中に出す テリーの上投げは、相手を上に放り投げる技です。 コンボはできないので、別の投げを使いましょう。 下投げは相手を浮かせる テリーの下投げは、相手を叩きつけて軽く浮かせる技です。 テリーの入手方法 出し方 ファイターパスを購入する テリーを入手するには、ファイターパスを購入する方法があります。 ファイターパスを購入することで、テリーを含めた計5体のキャラを順次使うことが出来るようになります。 650円で個別に購入する 650円で個別に購入する方法があります。 テリーだけを使いたい場合には、個別購入を検討しましょう。 テリーの特徴 餓狼伝説のキャラ テリーは、1991年に発売した2D対戦格闘ゲーム「餓狼伝説」のキャラです。 格ゲーから参戦しているやのようなプレイスタイルが期待されます。 コマンド入力に対応 コマンドに対応しているキャラ テリーは、対戦格闘ゲーム「餓狼伝説」のキャラで、「リュウ」や「ケン」のようにコマンドで技が出せるようになっています。 1on1時に相手の方を見続ける テリーは、1体1の時に相手の方を見続ける特性があります。 「リュウ」、「ケン」と同じ効果です。 , LTD. , INC. , LTD. 当サイトのコンテンツ内で使用しているゲーム画像の著作権その他の知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。 当サイトはGame8編集部が独自に作成したコンテンツを提供しております。 当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載は固くお断りしております。

次の

ザ・ファンクス

テリー ドリー

今回は自他共に認めるファンクス・ファンであるセブンさんによるファンクスの2大必殺技二本立て!兄貴のジュニアはもちろんスピニング・トーホールドです。 それではセブンさんどうぞ! ************************************************** この技はドリーとテリーの父、ドリー・ファンク・シニアが開発した。 ある日、シニアが自宅の牧場フライング・メア・ランチで、暴れている牛を押さえつけるのに、牛の足を持ってフックし内側に回転して足を極めたら、暴れていた牛がピタッとおとなしくなった。 これをヒントにしたシニアは、内側に回転する事を連続で行い、それを人間に極める事をスパーリングで行い、ここにスピニング・トー・ホールドが完成した。 しかし、シニアはスパーリング以外では、決してこの技を試合で使う事はなかった。 シニアは「キング・オブ・デスマッチ」と呼ばれマスクを被って「ジ・アウトロー」として暴れていたのだが、これは自分の身体のサイズが小さく、NWA世界ヘビー級王者になれない事を悟っての事だった。 そのシニアの夢は二人の息子、ジュニアとテリーをNWA世界王者にする事だった。 シニアは自分が開発したこの技を自分では使わ ずにジュニアとテリーに伝授。 ジュニアはこれを完璧にマスターして、ファンク一家の夢であったNWA世界王者に輝いた。 時のNWA世界王者ジン・キニスキーをギブアップさせ、NWA世界王者となった技がこのスピニング・トー・ホールドなのである。 新しいタイプでサイエンティフィック・スタイルのジュニアはスピニング・トー・ホールドで次々と防衛を重ね、この技が世界的なポピュラーな技となり、弟のテリーも使うようになってから「ファンク一家の伝家の宝刀」と呼ばれている。 日本でも初対決の馬場戦で、ジュニアは馬場からスピニング・トー・ホールドを初公開し、キブアップを奪いジュニアの存在とスピニング・トー・ホールドの威力が日本のファンにも認知された。 ジュニアは4年3ヶ月の長期政権を築き、そのほとんどの試合のフィニッシュをスピニング・トー・ホールドで決めていた。 ジュニアが相手の右足を取っただけで期待感で客席がドッと沸いたものである。 父シニア亡き後、ジュニアとテリーはファンク道場で名レスラー達の育成を手がけたが、ジャンボ鶴田、ディック・スレーター、テッド・デビアスなどがこの技を盗んで使うようになった。 但し、ジュニアやテリーのスピニング・トー・ホールドは相手の右足を狙うのだが、鶴田、スレーター、デビアスらは左足を狙っているのが本家とコピーの大きな違いだ。 私はドリー・ファンク・ジュニアに、プロレスの基本的な技を教えてもらった事がある。 ヘッドロックやアームロック、リストロックに加え、バックの取り方、テイクダウンのさせ方を教えてもらったのだが、全てのジュニアの教えには、コツというかポイントがあった。 私は良い機会だと思いスピニング・トー・ホールドを教えてもらおうと思って、寝っころがってジュニアに右足を差し出し「スピニング・トー・ホールドを教えて下さい」と言ったのだが、ジュニアの答えは「No」だった。 理由を聞くと「この技は私と父のオリジナルでありシークレットなポイントがあるからだ」と言われた。 その時、私は「さすがに自分の代名詞と呼ばれる技を大切にしているな」とジュニアのプライドを感じたのだった。 日本のロックバンド「クリエイション」の竹田和夫氏がドリー・ファンク・ジュニアをイメージして作ったインストの曲が「スピニング・トー・ホールド」という題名で、当時の日本テレビの梅垣ディレクターがこの曲を発掘し、伝説の「77年世界オープンタッグ選手権大会」からザ・ファンクスのテーマ曲として使用され、オリコンで大ヒットした。 プロレスの技の名前が音楽の曲名になったのは「スピニング・トー・ホールド」が初めてではないかと思う。 全盛期のジュニアのスピニング・トー・ホールドは、回転のスピード、足首の決め方、技をかけている時の体重移動とバランスが最高であった。 私は、「このスピニング・トー・ホールドこそ、70年代を代表する最高の必殺技である」という持論を述べて、終わりにしたい。 解説 セブン様.

次の