グレース ジェル ベース。 グレース ベースジェルを塗る

ジェル ベース: カテゴリから探す/ ナリス フレフレオンライン , 公式

グレース ジェル ベース

グレースジェルとはどこがつくっているの? 自身で施術をするセルフジェルネイルから、ネイルサロンのプロのネイリストまで幅広い人々から高い評価を得ているグレースジェルですがどこで作られているのでしょうか? グレースジェルは株式会社アインズラボが製造販売を行っています。 そして製品自体はアメリカで、株式会社グレースガーデンがインターネット上で販売しています。 通信販売という点がポイントとなっていて、余計なコストを削減することを徹底したことにより、エンドユーザーに低価格で商品を提供することができる仕組みが成り立っています。 爪を削ったり痛めることなくスムーズにジェルネイルを開始できるので安心感があります。 更に、ジェル自体が爪の表面無機質成分と結合し密着度を高めることにより、上手にネイルすれば「1か月リフトしなかった」という口コミもちらほら見受けられました。 数多く存在するジェルネイルの中で、どれを選べば良いのか迷っているユーザーは多いと思いますが、輸入業者・卸売業者を介さず無駄な費用をかけていないグレースガーデンの商品はコストパフォーマンスと品質のバランスが取れていておすすめです。 ただしこちらの商品は ネイル検定の対象商品ではないため、ネイリストを目指している方は注意が必要です。 では、商品について詳しく見ていきましょう。 グレースジェルはソークオフジェル? ハードジェルネイル? ジェルネイルにはソークオフジェル(ソフトジェル)とハードジェルの2種類あり、ソークオフは柔らかめのジェルネイルで専用液でネイルを落とすことが出来ます。 それに対し、ハードジェルは硬めで落とすときに削って落とすタイプになります。 グレースジェルはというと、ベースコートはソークオフジェルで柔らかいタイプのものです。 トップコートはソークオフジェルとハードジェルタイプの2つがあります。 「スーパーハードジェル」や「スカルプチュアジェル」はハードジェルとなっていますので、デコをしっかりつけたい、またはしっかり長さ出しをしたい場合はそちらを利用できます。 ベースことはホークオフジェルなのですが、やはり落とすときは専用液で簡単にという訳にはいきませんが、ハードジェルよりは落としやすくなっています。 グレースジェルで揃えるものは? LEDとUVライトは? 硬化時間は? グレースジェルはトップコート、ベースコート、カラージェルと分かれたタイプになります。 ですので3種類揃える必要があります。 しっかりジェルネイルでおしゃれをしたい人に向いています。 またジェルネイルはライトを当てることによってジェルを固めます。 そしてそのライトの種類はUV、LED、CCFLの3種類あります。 グレースジェルは、UV、LED、CCFLの3種類に対応していますので、どのタイプのライトを持っていても使用することが出来ます。 もしライトを持っていず、今から購入するのであれば、 LEDタイプが早く乾いてライトも長持ちしますのでおすすめです。 また、グレースジェルは拭き取り必要なジェルネイルになります。 トップコートの後には、艶を出すために、ジェルクリーナーで表面を拭き取る必要があるので、ジェルクリーナーも購入の必要があります。 ただし、「グレースジェルワイプレストップジェル」を選んだ場合にはトップコートの拭き取りは必要ありません。 その他の道具は普通通りとなっています。 では次からグレースジェルのベースコート、トップコートの選び方を見ていきたいと思います。 グレースジェルのベースコートはどれがいい? ジェルネイルの下地として一番最初に使用するベースコート。 爪の表面を滑らかにしてジェルの馴染みを良くする、爪への直接的なダメージ(色素沈着)やひび割れを防ぐための大切なものです。 グレースジェルのベースコートの特徴は、サンディングが不要のため、アクリル酸を含む酸性が爪へのダメージを与えてしまうことを防いでくれます。 爪にやさしいベースコートというのが、グレースジェルの良さです。 ベースコートは様々な50種類以上の豊富なラインナップが市場に出回っていますが、グレースジェルは、「グレースジェルベース」、「イージーオフベース」の2つのシリーズが主力として扱われています。 種類 商品名 注意 通常の ベースコート グレースジェル ベース 【UV・LED・CCFLライト対応】 検定対象外 グレースジェルイージーオフベース 【UV・LED・CCFLライト対応】 検定対象外 「グレースジェルベース」の特徴は、サンディング、プライマー不要で爪の形状を変えたり、傷をつけたりすることなくジェルネイルを楽しむことができます。 また、「イージーオフベース」は、5分でオフできるという理由でイージーオフと言う名前の製品となっています。 これは「グレースカラージェル」を使ってイージーオフベース」を塗った場合のみアセトンで簡単にとれます。 「グレースカラージェル」以外のカラーを使用した場合は、「グレースジェルベース」よりオフがしにくくなりますので、注意が必要です。 もし「イージーオフベース」を使用するのであれば、グレースカラージェルと合わせて使用するといいです。 ただ、この組み合わせですと長持ちもせず結構早めに取れてしまいます。 ということで、グレースジェルのベースコート2種類の選び方は、 長持ちさせたい場合はグレースカラージェル以外を使い「グレースジェルベース」の組み合わせで使うのがおすすめです。 もし長持ちしなくてもよく、簡単にオフしたい場合は「グレースカラージェル」と「イージーオフベース」の組み合わせが断然おすすめと言えるでしょう。 グレースジェルのトップコートはどれがいい? ジェルネイルで仕上げの意味を持つトップコート。 このトップコートは完成したジェルネイルの耐久性を上げる(リフトを防ぐ)、カラーの光沢感をアップさせてツヤを出すなどの役割を担っていて、完成したものを固めて維持するというジェルネイルの大トリとなっています。 ジェルの粘土を高めに設定することで、ガラスのようなツヤを出せるだけでなく、リフトやひび割れのリスクを最小限にすることに実現したのが特徴です。 グレースジェルのトップコートは以下の6種類あります。 種類 商品名 注意 通常の トップコート グレースジェルクリアジェル 【UV・LED・CCFLライト対応】 通常のトップコート 検定対象外 グレースジェルスカルプチュアジェル 【UV・LED・CCFLライト対応】 爪の長さ出しが可能通常のトップコートとしても使用可 検定対象外 グレースジェルワイプレストップジェル 【UV・LED・CCFLライト対応】 最後の仕上げ磨きなし 検定対象外 グレースジェルマットトップジェル 【UV・LED・CCFLライト対応】 表面をすりガラスのように仕上げ 検定対象外 グレースジェルハードジェル 【UV・LED・CCFLライト対応】 爪の長さ出しをしたい場合に使用 検定対象外 グレースジェルビジュージェル 【UV・LED・CCFLライト対応】 大きいデコなどのつけにくいものに最適 検定対象外 通常のトップコートとして使用であれば「クリアジェル」と「ワイプレストップジェル」がありますが、「ワイプレストップジェル」は、最後拭き取りが必要ないので、手軽で人気があるようです。 主な成分は、ジカルバミン酸ジHEMAトリメチルヘキシル、HEMA、ヒドロキシシクロヘキシルフェニルケトン、シリカ、ベンゾイルイソプロパノールとなっています。 長さ出しをすることがある人は、「グレースジェルスカルプチュアジェル」または「グレースジェルハードジェル」の2種類あります。 その2つのうち通常のトップコートとしても使用できる「グレースジェルスカルプチュアジェル」であれば、この1つで長さ出しと通常のトップコートの役割を果たしてくれますのでおすすめです。 主な成分はメタクリル酸エチル、ジメタクリル酸PEG-4、シリカ、ヒドロキシシクロヘキシルフェニルケトン、ベンゾイルイソプロパノールとなっています。 グレースジェルのトップコートシリーズに「グレースジェルビジュージェル」という製品がありますが、こちらは大きいデコなどすぐ取れてしまうものをしっかりつけたいときに使うことが出来る商品となっています。 グレースジェル製品を選ぶ際の注意点 グレースジェルのトップコートは、『ツヤを出す』『オフしやすい』などを実現するために硬めの仕上がりとなっています。 注意点1:薄く塗って使用すること 厚くしてしまうとジェルが爪の上でひび割れを起こしたり、黄ばみの原因ともなります。 グレースジェルの製品説明にもありますが、薄く塗るだけで十分な効果がありますので、厚さを作るのは逆効果です。 注意点2:紫外線に注意が必要 硬化後は硬めの仕上がりとなっていますので、施術中以外の紫外線(日焼けサロンマシンや真夏のビーチ)に影響を受け、リフトしてしまう可能性があります。 日常生活で影響を受けることは少ないですが、主に夏場の快晴の日には多少、気を遣って直射日光を避ける程度の感覚を持つと良いでしょう。 注意点3:日光に注意が必要 これはジェルネイルの管理に関する部分に関して、施術後に製品の蓋を開けたまま窓辺などに置くと固まってしまうというもので、1度固まると修復ができずに処分することになってしまいます。 特に購入したてのものに関しては扱いに注意しましょう。 このように、グレースジェルのトップコートは品質が良いという最高のメリットを持っていますが、ジェル自体がナイーブな一面を持っているというデメリットもありますので、使用方法や管理に気を遣う必要があるでしょう。 プリジェルアレルギー反応は? 硬化熱は大丈夫? アレルギー物質の原因であるHEMAがフリーは「ブレースジェルベース」「クリアジェル」「スカルプチュア」の3つなので、アレルギーの心配がある人にはこの種類を選んで使えば比較的安心して使えます。 我々がテストしたときも特に痒くなったりすることはありませんでした。 ただHEMAが使用されていないからと言ってアレルギー反応が出ないわけではありません。 他の口コミでもアレルギー反応が出ているという情報がありますので、アレルギーの方はまずは全体の指で使用する前に、1本からからテストをする、また、なるべく皮膚につかないようにするなどして気をつけたほうがいいといえます。 また硬化熱についてはグレースジェルは硬化熱が出にくい物質を使っているので、皮膚についてしまっても驚くほど熱くなってしまうことはなかったです。 GraceGel グレースジェル 【ベースコート&トップコート】の詳細 項目 内容 持ち度 比較的長持ち つけ心地 つっぱり感もなく自然な仕上がり ツヤ 普通にツヤがある ムラ 若干水たまりのようになるが、それほど気にならない タレ具合 柔らかめですが、ほとんどたれ無し 硬化時間 30秒で硬化 ケース 蓋もきちんとしまり、漏れない。 ケースがしっかりしている。 持ち度は人にもよるけれど、今回テストした3人共すぐに取れてしまうことはなかった。 つけ心地はよく、全体的にバランスが取れている。 タレ具合の結果です。 グレースジェルは「E」で、柔らかいと感じる割にはほとんど垂れてこないです。 塗り心地もちょうどよく、そんなに塗るときには困りませんでした。 A プリジェル B アクセンツ C バイオ D ハピネス E グレースジェル R Loave G Eco H ジェルミーワン I HOMEI J エミューズ 出来上がりはこんな感じです。 グレースジェルおすすめポイント! 【良かった点】 全体的に偏りがなく、しっかりついて長持ちします。 ケースもしっかりしているので漏れる心配が無いです。 【悪かった点】 ベースコートとトップコートのケースが似ていて分かりづらいのでもうちょっと違いをつけて欲しい。 サイズが選べないので試しに小さいのを買うことが出来ない。 若干ムラができるので、完璧に綺麗に塗りたい人には向かない。 検定用ではないのでネイリストの方は注意が必要。 アレルギー反応が出る場合があるので合わない人は使わないほうがいい。 【こんな人におすすめ】 安定していてある程度ネイルに慣れている方におすすめです。 グレースジェル激安ショップはどこ? 一般編 おすすめショップはこちら プリジェル激安ショップTATやネイルパートナーは? プロ編 ネイリストやネイルサロン経営、ネイル生が登録できるサイトでは安く手に入る場合があります。 特にプリジェルは安くても3割引きなのでもし該当するのであれば下記サイトに登録をしてそこで値段を確認してもいいでしょう。 TATショップで半額?! TATは一般の人は購入できませんが、下記に当てはまる方は登録することが出来るので安く手に入ります。 マニキュアリスト 2. ネイルスクール 4. 美容学校生(コース名・ネイルカリキュラム名) 5. 職業訓練生(ネイルカリキュラム要) ネイルパートナーで半額?! プロの方が使用する卸問屋でTATに並んで利用率が高いのが、ネイルパートナー こちらも登録できるのであれば登録してTATとどちらが安いか値段を比較してみるといいですね。 おすすめネイルはグレースジェル終わりに グレースジェルに関してはメリットが圧倒的に多いです。 ベースコート、トップコートどちらにも共通する点は、ジェルの品質の高さです。 粘度が一定のため、柔らか過ぎたり硬すぎたりということがありませんので、爪からはみ出して皮膚に付着するという心配が少ないです。 LEDライトを使用すれば、約30秒で硬化する点、硬化時に発する硬化熱がほとんどない点からも初めてセルフジェルネイルを始めるという初心者の方でも安心して利用できると思います。 ケースも蓋がしっかりと閉まり、ジェル漏れの心配もありませんので、直射日光に当てることなく、室温で日陰で管理すれば長持ちします。 「1か月リフトしなかった」というインターネット上の口コミが目につきますが、初心者でも施術が簡単、オフが比較的やりやすいので爪へのダメージが少ないという点がおすすめです。 専用の筆を使用する必要があるのですが、グレースジェルには筆が付いていませんので、お持ちでない方は別途購入が必要となります。 検定で使用できないので、ネイリストを目指している方は注意が必要ですが、安定した品質で長持ちするので、ネイルサロンで使用しても自宅でセルフで使用するにも最適です。 最後に、グレースジェルの基本施術についての動画です。 爪の処理からベースコート、カラージェル、トップコートまでの流れです。 ライトでの硬化の画像は入っていませんが、「硬化」の文字が出たタイミングで「硬化」します。 「基本ジェルの塗り方」youtube Grace Gelサイトより) オフの動画です 「グレースジェル オフの仕方」youtube Grace Gelサイトより).

次の

ジェルネイル用品・ネイルグッズ激安通販Shopグレースガーデン

グレース ジェル ベース

と言う事にちょっと抵抗があったんですが、今回初めて言ってみました。 最近、このブログにもコメントを下さる方がいらっしゃり、励みになると共に、気づかなかった事に気付けるので私自身とても勉強になります。 私はプロのネイリストではないので、分からない事や知らない事が多々あります。 (一応ネイリストの勉強はしています。 質問内容は、 目次• ジェルネイルのツヤや厚みをを3メーカで比較 ジェルネイルをするなら、ベースジェルやトップジェル、クリアジェルは必須です。 でも、どれがどう良いか選ぶのが難しいんですよね~。 セルフネイラーは、ネットでジェルを買う事が多いので、実際使ってみてからではなく、届いてみないと分からないという事が多いんです。 ネットの情報も、推されている商品が偏ってたりするので・・私は実際の商品レビューを参考にして買うようにしています。 まぁ結局は使ってみて、自分自身が納得しないとダメだとは思いますが。 私もいまだ模索中です。 そんな中、現在使っているメーカーは シャイニージェル、グレースガーデン、ジェリーネイルの3メーカーです。 どれも良い点、悪い点がありますが、それなりに気に入って使っています。 左 シャイニージェルクリア(これだけでベース・トップ両方使えます)• 中 グレースガーデン ベースジェル、クリアジェル• シャイニージェルのツヤや厚みは? シャイニージェルのクリアジェルの良い点は、厚みを出しやすいところと安心の国産製というところ。 その分ちょっとジェルが硬くて、ベースジェルに使うと縮んだり、また個人的に持ちがあんまり良いと思えないんですよね。 なので、最近はシャイニージェルは厚みを出したい時や爪のデコボコを修正するのに使っています。 久々にベースとして、またトップジェルとして使いました。 5ミリくらいの厚さが出ているので、一番ぷっくり感が出るかと思います。 グレースガーデンのツヤや厚みは? グレースガーデンのジェルは、安いのにどれも高クオリティ。 3メーカーの中で一番使っています。 ベースジェルは、これを使い始めてからすごく持ちが良くなりました。 持ちが良くなったという口コミが凄く多いです。 クリアジェルは、ツヤと透明感が高く、硬すぎず柔らかすぎないテクスチャも扱い易くて気に入っています。 ただ爪表面のデコボコを修正したりは不向きと思います。 汚い指先すみません。 右手の中指にいつもペンだこが出来るんです シャイニージェルと同じくらい、ツヤや透明感があります。 思ったより厚みが出ました!!シャイニージェル程ではないけれど1ミリは厚みが出ています。 しかし、このベースジェルの難点は、とにかく・・・臭い。 塗り比べしていると顕著に分かるこのクサさ。 まさに歯医者さんのにおいなんです。 トップジェル(ベースジェルも)はサラサラと柔らかいテクスチャで、しかも表面がデコボコしにくい! マニキュアの感覚で塗れます。 こちらは未硬化ジェルのふき取り不要のワイプレストップです。 写真では伝わりにくいんですが、ツヤツヤが本当にガラスみたいです! この中で一番ツヤが綺麗かも! ただし、厚みは全然出せませんでした。 華子さん!!いつもありがとうございます。 ジェル比較とても参考になります。 ジェリーは匂いがきついけど艶々なんですね(^^ ハイポイントの作り方とかも知りたいです!! どの指がどれくらい持つか楽しみです。 ちなみにシャイニーとグレースはサンディングしたのですか? 持ちのといえば、質問があります!! ベース、トップともにシャイニーやグレースなど、セット使用するとします。 その間に塗るカラーを、安いiroジェル(ネイルタウン)や白パケ黒パケ(ネイル工房)さんのカラーを使うとします(ベースやトップとは別会社のものを使用) ネイルの持ちは変わってきますか? 全然変わりませんか? お暇があれば検証お願いします(^^ たいようさん コメントありがとうございます。 このあいだたいようさんから頂いた質問が面白いなぁ~! と思って、ジェルの持ちとぷっくりの比較を検証してみる事にしました。 面白いお題をありがとうございます!! >シャイニーとグレースはサンディングしたのですか? 全部の爪でサンディングしました。 シャイニージェルはサンディング必須ですが、グレースとジェリーネイルはサンディング不要のベースジェルです。 >ベース、トップともにシャイニーやグレースなど、セット使用するとします。 >その間に塗るカラーを、安いiroジェル(ネイルタウン)や白パケ黒パケ(ネイル工房)さんのカラーを使うとします(ベースやトップとは別会社のものを使用) >ネイルの持ちは変わってきますか? ベースとトップの間のカラージェルは他メーカーでも問題なく持つか? という事ですよね? これは、今のところ私は全く問題ないですね~。 いつもベースジェルはグレースジェルで、カラージェルはirogelやネイル工房さん等安いのを使って、トップはジェリーネイルにしてみたりとか。 バラバラですが、持ちが悪くなったという事はないです。 ネイリストの知り合いも、カラージェルは色々なメーカーのを使っていました。 他メーカーでもそんなに気にしなくて良いと思います。 だけど、やっぱり相性が悪いのもあるとは思います。

次の

ジェル ベース: カテゴリから探す/ ナリス フレフレオンライン , 公式

グレース ジェル ベース

この記事の目次• セルフジェルネイルのベースとは ベースジェルとは、爪の形を整えたり、サンディングをする下準備であるプレパレーションが終わった後、最初に塗布する透明なジェルです。 ベースジェルを塗ることで、自爪とジェルの密着度を高めてくれます。 また、カラージェルを直接爪に塗ってしまうと、カラージェルに含まれる顔料で爪に色がついてしまいますが、ベースジェルはこういった色素沈着の予防にもなります。 ベースジェルは塗り方ひとつでモチが変わるほど重要な工程なので、手抜きは厳禁! 塗り方だけでなく、自分に合ったベースジェルを使うことで、より長く、セルフジェルネイルを楽しむことができます。 剥がれにくいセルフジェルネイルベースの塗り方のコツ すぐにジェルが剥がれてしまう…という方は、ベースジェルの塗り方が間違っているかもしれません。 下準備の工程から、正しいジェルの塗り方を覚えましょう。 下準備 エメリーボードで爪の形を整えます。 ジェルがはがれやすいという方はスクエアよりもオーバルなど、丸みを帯び、角のない形の方が剥がれにくいのでおすすめです。 エメリーボードで爪の形を整えた後は、スポンジバッファで先端をしたから上へとやすることで、削り残した爪もきれいに除去できます。 甘皮はネイルニッパーでしっかり除去。 甘皮の上にジェルを塗ってしまうと剥がれの原因になりますので、キューティクルラインがきれいに出るように甘皮は処理しましょう。 この時、ゴシゴシと強くこする必要はありません。 軽く傷がつく程度にとどめましょう。 また、爪全体をやするのではなく、爪の先端から2~3mmと爪の根元から2~3mmだけで構いません。 サンディングが終わったら、ダストブラシやワイプを使ってダストをしっかりと除去します。 ダストが残っているとジェルを塗った時につぶつぶしてしまうので、皮膚の間なども丁寧に除去しましょう。 この時、ジェルクリーナーやプレプライマーを使うことが基本ですが、エタノールで代用も可能です。 ふき取りはワイプを使いましょう。 キッチンペーパーやガーゼでもOKです。 コットンは毛が付いてしまうのでNG。 油分除去した後は指で触れたり、髪を触ったりしないようにしましょう。 せっかく除去した油分や水分が再び付着してしまいます。 ベースジェルは少なめに塗布するのが基本!まずは米粒大のベースジェルを筆にのせて爪にのせていきましょう。 足りない場合は、同じように少量ずつとってたしていきます。 筆をななめ45度くらいに寝かせて、薄く塗りましょう。 ジェルがたまりやすいキューティクルライン(爪の根元)は、キワから塗らず少し手前に筆をおいて筆を広げるようにして塗るとキワも薄く塗ることができます。 爪の両サイドは皮膚を引っ張ってキワまで塗るようにしましょう。 皮膚についてしまったジェルは、ウッドスティックで除去します。 モチをよくするためにも、エッジもしっかりと塗りましょう。 エッジを正面から見るようにして、筆でエッジをトンと軽くおさえるように塗ると、きれいに塗ることができます。 エッジにベースジェルを塗る際に爪の裏側までジェルが付いてしまったときは、ウッドスティックで余分なベースジェルをとってください。 余分なジェルは剥がれの原因となります。 塗るのに時間がかかる場合は、セルフレベリングによってキューティクルラインまでジェルが広がってきてしまうこともあるので、1本ずつ塗布と硬化をしましょう。 素早く塗れるようになっても、5本同時に効果しようとすると親指はどうしても角度がついてしまい硬化不足を引き起こしやすいので、親指と人差し指~小指までの4本は別々で硬化するのがおすすめです。 ベースジェルの硬化時間はメーカーによっても異なるので、メーカの説明を確認しましょう。 セルフネイラーにおすすめのベースジェルの選びかた ベースジェルの正しい塗り方がわかったところで、さっそくベースジェルの選び方についてご紹介します! 密着度の高さ ベースジェルの役割でもある、ジェルと爪の接着。 ベースジェルを選ぶときは密着度の高さで選ぶともちがかわります。 ただ、この密着度については個人差もあります。 同じベースジェルでも爪の相性によっては「まったく浮かない!」という方と「すぐ剥がれる…」という方がいると思います。 きちんとベースジェルを塗ってもすぐ剥がれてしまうという方は、ベースジェルを別のメーカーにかえてみるのもおすすめです。 プライマー要・不要を確認 プライマーとは、ネイルボンドなどとも呼ばれる、ベースジェル塗布前に塗って密着度をさらに高める下地剤です。 プライマーを使えば浮かなくなると使用している方も多いですが、工程が1つ増えてしまうのでセルフジェルネイルの時間もその分伸びてしまいますし、プライマーの中には酸を含むものもある(爪を溶かしてしまう)ので、使用の際には注意が必要です。 ベースジェルを選ぶ際は、プライマーの要、不要についてもチェックしましょう。 サンディング要・不要を確認 ジェルネイルといえば、サンディングをしてからが基本。 正しいベースジェルの塗り方でも、サンディングについて解説しました。 ですが、最近ではノンサンディングベースジェルという、サンディングが不要のベースジェルも販売されています。 爪を削る必要がないので爪の負担を軽減してくれますが、甘皮処理がきちんとできていないとすぐに浮いてしまうというデメリットもあります。 セルフではハードタイプは避ける ジェルネイルにはソフトとハードがあります。 ソフトジェルは、アセトンで溶かしてオフするジェル。 ハードジェルは、削ってオフするジェル。 初心者の方、セルフジェルネイルの場合には、削ってオフするハードジェルは爪を削りすぎてしまうリスクがあるので、アセトンでオフできるソフトジェルがおすすめです。 セルフジェルネイルにおすすめのベースジェルメーカー パラジェル クリアEX 引用: 密着度が高く、水仕事やハードワークの方にもおすすめのパラジェル クリアEX。 粘度も高いので広がりにくく、初心者でも扱いやすいベースジェルです。 密着度がかなり高いのでオフも少し時間がかかります。

次の