豆乳 ココア 効果。 飲みすぎ注意?効果的な豆乳の飲み方と摂取量目安

ココアの効果!飲み方や寝る前、朝、いつ飲む?肌、白髪、血圧、便秘改善に!

豆乳 ココア 効果

もくじ• ココアダイエットの効果 ダイエットに良い成分が含まれているココアですが、ココアダイエットをするとどんな効果が得られるのでしょうか?そのココアダイエットの効果について、ご紹介します。 1.食欲を抑え食べ過ぎを防ぐ ココアを飲んで「あれ?お腹が膨らんだかも?」といったような経験をされたことありませんか?そのお腹が膨らんだ原因は、ココアに豊富に含まれる「不溶性食物繊維」にあります。 不溶性食物繊維は、胃の中に入ると水分を吸収して、何倍にも膨れ上がります。 その結果、膨れ上がった不溶性食物繊維がお腹を満たすようになるため、お腹が膨らんだと感じるようになるんですね。 つまりココアを飲むと、 お腹が膨らんで食欲を抑えられます。 そして、食欲を抑えられるということは、ダイエット中の食べ過ぎを防ぐことができるんですよ。 2.血流を良くして代謝を上げる 人臀ドックや健康診断で、必ず調べられる血液中のコレステロール。 血液中のコレステロールが増えると血液の流れを悪くなり、さらには体の機能を衰えさせ、代謝が落ちて太りやすくなる恐れだってあります。 そんな増えてしまったコレステロールに効果的なのがココアです。 ココアには、カカオポリフェノールを豊富に含んでいます。 カカオポリフェノールは、 血液中のコレステロールを抑える働きがあります。 なのでココアを飲んで血液中のコレステロールが抑えられれば、血流が良くなって代謝が上がるため、痩せやすい体を手に入れることができるんですよ。 3.食事をしても脂肪がたまりにくくなる ココアには不溶性食物繊維だけじゃなく、水溶性食物繊維も含まれています。 じつは水溶性食物繊維も、ダイエットをする方にとってありがたい成分なんです。 水溶性食物繊維は、胃の中に入ると水分を吸収してゲル状になり、ほかの食べ物を包み込みます。 水溶性食物繊維に包まれた食べ物は、体に吸収されにくくなります。 そのため、 摂り過ぎると脂肪になりやすい脂質や糖質も吸収されにくくなるので、体に脂肪がたまりにくくなるんです。 また、ココアにはミネラルが豊富に含まれています。 ミネラルは、食べたものをエネルギーにする際に必要な成分。 なのでココアでミネラルをたくさん摂ると、食べたものが脂肪になりにくくなるんですよ。 4.便秘を解消する ダイエット中に意外と陥りやすい「便秘」。 便秘になるとお腹が張って気持ち悪くなったり、体に不要な老廃物がたまって体に悪影響を及ぼすようになります。 そんな便秘には、先ほどご紹介したココアに含まれる不溶性食物繊維です。 不溶性食物繊維は、胃の中の入ると何倍にも膨れ上がるわけですが、じつは膨れ上がることで便の量を多くなります。 また、不溶性食物繊維は腸内環境を整え、腸の働きを良くする効果もあります。 その結果、 大腸にたまっているしつこい便が、新しい便に押されて体の外へ排泄されるようになるので、便秘を解消できるんです。 ぜひダイエット中に便秘になったという方は、ココアを飲みましょう! 5.冷え性を解消する 冬に限らず、夏でも冷え性に悩んでいる方、いらっしゃると思います。 冷え性になると、手足の指先がかじかんで本当につらいですよね。 冷え性の原因は、血液の流れが悪くなっていることが挙げられます。 血液の流れが悪くなって、手足の指先までしっかりと血液が届かないからなんです。 そこでココアです。 先ほどご紹介したココアに含まれるカカオポリフェノールは、血液の流れを良くすることができます。 そのため、 手足の指先までしっかり血液が届くようになるので、冷え性を解消できるんです。 また、ココアをホットココアにすれば、体を芯から温めることができますので、冷え性の解消につながりますよ。 6.生活習慣病を予防 血液中にコレステロールが増えると、血液の流れを悪くするだけじゃなく、血管の壁が硬くなる動脈硬化を引き起こす恐れがあります。 そして動脈硬化は、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病まで招く可能性があります。 なので生活習慣病にならないためには、血液中のコレステロールが増えないようにすることが日々の生活で大切で、そこで役に立つのがココアに含まれるカカオポリフェノールなんです。 カカオポリフェノールが、血液中のコレステロールを抑え、動 脈硬化を引き起こしやすい悪玉コレステロールの酸化まで防いでくれるんですよ。 7.美しい肌になる美肌効果 ココアに含まれるカカオポリフェノールには、血液中のコレステロールを抑える以外にも効果があります。 その効果とは、体内の活性酸素の増加を抑える効果です。 体内の活性酸素は、体に入った細菌やウイルスを退治する働きがありますが、増え過ぎると健康な細胞までも傷つけるため、老化を進めて肌にシワやシミなどを増やしてしまうんです。 そこでカカオポリフェノールは、 体内の活性酸素の増加を抑える効果があるため、ココアを飲めばシミやしわが少なくなる美肌効果を得られるんです。 8.ピロリ菌を殺菌できる 胃がんの原因となるといわれている「ピロリ菌」。 最近ではピロリ菌の存在が、人間ドックや健康診断の検査項目にもなっていて注目を集めています。 病院では、検査でピロリ菌の存在が確認されると、ピロリ菌を殺菌するための薬を処方されます。 でも薬を飲まなくても、ココアにはピロリ菌を殺菌する効果があるんだとか。 ココアに含まれる遊離脂肪酸(FFA)が、ピロリ菌を殺菌するんです。 日本人のピロリ菌の感染率は、50歳以上で70%。 年齢がそこから下がるにつ入れて感染率は落ちていくそうですが、胃がんにならないためにも、ココアを飲んでピロリ菌を殺菌しましょう。 9.貧血を改善 貧血になると、毎朝、起きるのがつらくなったり、失神や立ちくらみになったりと大変なことばかり。 その貧血になる原因の1つに、鉄分不足があります。 鉄分不足になると酸素を全身に送る血液中のヘモグロビンまで不足してしまうため、体に酸素が行き届かなくなって貧血状態になってしまうんです。 そんなつらい貧血を改善するならココアが効果的。 すでにご紹介したように、ココアには豊富なミネラルが含まれていて、その ミネラルの中に鉄分も含まれているんですよ。 10.認知症を予防する 最近、ニュースなどで問題になっている認知症のトラブル。 自分は大丈夫だと思っていても、いつ自分が認知症になるか分かりません。 そんな認知症には、ココアに含まれている「フラバノール」が良いんだとか。 以前、Hypertension誌に掲載された研究によると、 フラバノールが脳の健康に良く、認知症になるリスクを軽減させる効果があることが分かったんだそうです。 ですので、ココアを飲む習慣を早くから身に付けることで、認知症を予防することができるんですよ。 11.リラックス効果を得られる 冒頭で書いたように、ココアを飲むとホッとしてリラックスすることができます。 なぜ、ココアを飲むとリラックスできるのか…。 その理由は、ココアに含まれるテオブロミンにあります。 テオブロミンは、ココアの苦み成分で、 血行を良くして緊張をやわらげる効果があるんですよ。 ダイエット中にリラックスする時間を設けることが大切で、リラックスすることはストレスの解消にもつながりますので、ぜひココアを飲んでダイエットを続けていきましょう。 スポンサーリンク ココアダイエットの正しい方法 ここまで、ココアダイエットの効果についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?ココアダイエットに、魅力を感じた方もいらっしゃるかも知れませんね。 でも、ココアは高カロリーの飲み物で、方法を間違えると逆に太る恐れがあります。 そこで、ココアダイエットの正しい方法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてダイエットを成功させましょう。 ココアの作り方 まずはココアの作り方です。 使用するココアなどを間違えると、超高カロリーの飲み物になりますので、レシピと作り方の手順をしっかり守ってくださいね。 <レシピ>(1杯分) ピュアココア:小さじ山盛り2杯 オリゴ糖:小さじ2杯(はちみつや黒糖でも可) 水:小さじ2杯 牛乳:120ml <作り方>• 鍋にピュアココアにオリゴ糖と水を入れる• 鍋を弱火にかけ、なめらかになるまでかき混ぜる• 鍋に少しずつ牛乳を入れながらかき混ぜる• ココアが沸騰しそうになったら火を止める 以上となります。 ミルクココアなどの砂糖の入ったココアは、糖分の摂り過ぎで太ってしまいますので避けましょう。 ココアを飲むタイミング ココアの作り方も大切ですが、ココアの飲むタイミングも大切です。 ココアの飲むタイミングは「食前」もしくは「食中」が最適です。 すでにご紹介したように、ココアには不溶性食物繊維が含まれているため、飲むとお腹が膨らんで食欲を抑えることができます。 また、水溶性食物繊維の効果で、一緒に食べたものを脂肪としてためにくくできます。 そのため食前や食中にココアを飲んでココアダイエットをすると、食事をする量が少なくなりますし、食事したものが脂肪になりにくくなりますよ。 豆乳を入れればココアダイエットの効果UP! ココアダイエットの正しい方法の中で、レシピに牛乳がありましたが、牛乳を違う飲み物にすると、ダイエット効果がさらにアップします。 その飲み物とは 「豆乳」です。 豆乳には• 大豆サポニン• 大豆ペプチド• 大豆タンパク質 など、ダイエットに良い成分がたくさん含まれています。 なので豆乳を飲むと、食事をしても太りにくくなったり、代謝を上げることができるんです。 でも、豆乳が苦手な方もいらっしゃるでしょう。 そこで豆乳でココアを作れば、豆乳のクセが薄くなって飲みやすくなります。 そして、豆乳とココアのダイエット効果をダブルで得られるので、ダイエット効果がアップするんですよ。 次の記事では、豆乳のダイエット効果について詳しく紹介していますので、よかったら参考にしてくださいね。 すりおろしたショウガを少しココアに入れるだけで、体にたまった脂肪が燃えやすくなるんですよ。

次の

豆乳でさらに痩せる!ココアダイエットの効果11個と方法

豆乳 ココア 効果

豆乳ココアダイエットとは? 豆乳ココアダイエットは名前の通り ココアに豆乳を混ぜたものをダイエットに取り入れるという方法になります。 一般的な豆乳ダイエットは効果がある成分が多い無調整豆乳を取り入れることになりますが、この豆乳は大豆由来の臭いや味がきついものもあり、苦手な方も多いです。 その分豆乳の中では最も 栄養価が高く、効果も得やすいのですが取り組みにくいのでは意味がありません。 しかし豆乳ココアはココア特有の甘さや香りが大豆の特徴をすべて打ち消してくれてとても飲みやすくなっているので、 非常に飲みやすく、ダイエットととしても続けやすくなっているのがポイントです。 まず豆乳を使っている以上、豆乳ダイエットと同じような効果が得られます。 豆乳には タンパク質やイソフラボン、サポニン、ペクチド、ビタミンB群といったダイエットに効果がある成分が豊富に含まれています。 豆乳ココアにもその成分は引き継がれているのでもちろん同様に摂取できるのですが、一緒にブレンドしている ココアにも特有の成分が含まれています。 ココアには ミネラルやアミノ酸、ポリフェノールが含まれています。 ミネラルやアミノ酸は脂肪を分裂させるリパーゼという酵素のサポートをしてくれます。 そのため脂肪を燃焼しやすい形に分裂させやすくなります。 またポリフェノールは美容に欠かせない成分で 抗酸化作用があり、アンチエイジングにもなります。 ダイエットをするとどうしても肌荒れなど美容の面で気になるところが出て来ることがありますが、ココアのこの効果で補うことが可能となります。 その他にも豆乳同様に サポニンやビタミンB群、食物繊維、カルシウムが含まれているので、ダイエットサポート成分を補給しやすくなります。 豆乳と混ぜることでダイエットに必要な栄養成分を多く摂取できるようになるのです。 豆乳ココアダイエットはこんな人におすすめ! このダイエットはその手軽さと飲みやすさから、 これまでダイエットに成功してこなかった方におすすめです。 ダイエットはやはり継続して行うことで効果を発揮します。 しかし普通のダイエットではその辛さや誘惑から失敗してしまう方も少なくありません。 しかしこの ダイエットなら続けやすいですし、飲みやすいので苦にもなりません。 これまでダイエットが続かなかった方には是非挑戦してみていただきたい方法になります。 豆乳ココアダイエットの方法 飲んで痩せるダイエットとは言え、むやみやたらと豆乳ココアを飲めばいいわけではありません。 摂取するタイミングや量を気を付けることで 効果的にダイエットを進めることができるのです。 ここではそんな方法について触れていきます。 豆乳ココアダイエットに効果的なタイミング まず飲むタイミングですが、小腹がすいてしまったときなど 間食の代わりに飲むといいです。 豆乳が入っているので腹持ちも良く、カロリーも少なめなので、余分なカロリーを摂取せずに済みます。 また 食前に飲むのも効果的です。 腹持ちの良さは食事にも影響するので、カロリーが抑えられた豆乳ココアを飲むことで食事量を抑え、結果として摂取カロリーが全体的にも抑えられるということになります。 ダイエットの基本である カロリーを抑えるという部分を自然とできるのもいいところであり、満腹感を得やすいおかげで無理なくできるのも嬉しいところです。 豆乳ココアの効果的な摂取量 これは作り方にも関わってきますが、豆乳はその栄養成分の問題から 1日200ml程度が限度となっています。 これはこれ以上摂取してしまうと栄養過多となってしまいかえって体調を崩してしまう可能性が出てきてしまうためです。 もし200mlの豆乳にココアを混ぜるのであれば1日に1杯だけにしておきましょう。 それだけでも ダイエットに必要な栄養素は十分摂れていますので、効果を出したいからと言ってたくさん摂らないように気を付けてください。 またこれは注意ですが、甘さを出そうとして 砂糖を入れるのは厳禁です。 せっかくカロリーが抑えられているのに砂糖を入れてしまえばカロリーや余分な糖質を増やしてしまうことになります。 もしどうしても甘さを加えたいのであればオリゴ糖シロップなど整腸効果になるものなどを使用しましょう。 オリゴ糖は善玉菌の餌になるので、結果として 整腸効果を促します。 豆乳ココアダイエットの効果が出る期間 個人差があるので絶対同じように効果が出るとは言えませんが、 1カ月ほどで効果が出る方法となっています。 人によってはしばらく効果が出なかったが、最終的に 5ヶ月で15kg痩せたなんて声もあるので期間としては差がありますが、半年以内にはほとんどの方が結果を出しています。 豆乳ココアの作り方 それでは豆乳ココアの作り方を見ていきましょう。 とは言っても 豆乳にココアを混ぜるだけなので非常に簡単です。 ここで問題になるのが無調整豆乳と調製豆乳のどちらを使うべきなのか、ということですがダイエットが目的なのでカロリーを抑えるためにも無調整豆乳をおすすめします。 無調整豆乳は 大豆由来のダイエットに効く成分を豊富に含んでおり、カロリーは低めとなっています。 つまりダイエットに一番最適な豆乳となっています。 調製豆乳は飲みやすくするため甘さを加えておりカロリーが上がっています。 また栄養成分も無調整豆乳に劣るため、どうしても調製豆乳より 無調整豆乳の方が向いていることになります。 豆乳ココアの材料 それでは材料を見ていきましょう。 純ココア:大さじ1• 豆乳:150ml• 水:50ml• はちみつ オリゴ糖シロップでも可 :小さじ1 水で少し薄くなるため 甘さを出すためにはちみつを加えています。 豆乳ココア作りの手順 手順というほどのものはありませんが、 豆乳に純ココアの粉を入れ、水を入れてよく混ぜます。 最後にはちみつを混ぜて甘さを整えたら完成です。 簡単すぎるというか、ものの 数分で出来てしまうので、これも手軽さの要因となっているのでしょう。 豆乳ココアダイエットの評価や評判 やはり多くの方はココアは太るという誤解をしてみえたため、このダイエット方法には最初懐疑的だったようです。 しかしココアが太るのはそこに砂糖などを入れてしまうためであり、 ココア自体スプーン1杯で16kcal程度しかないので、豆乳と混ぜても低カロリーのままです。 それを知った方々が挑戦し成功したことで、その飲みやすさが話題となり話題となっていきました。 今では 甘くて美味しいのにダイエットが出来る飲み物として人気となっています。 豆乳ココアダイエット成功者の口コミ 成功者の方々も口をそろえて 飲みやすいという意見が挙がっていました。 やはりココアそのものが味も香りも強い飲み物なので大豆の味や臭いが気にならないのが大きいようです。 先述通り作り方も簡単であるまた手軽にできるのもポイントとして大きいようです。 カロリーが低いのに満腹感があるので、食事前や小腹がすいたときに飲んで 食欲を抑えるのにも一役買っていました。 豆乳ココアダイエット失敗者の口コミ こちらは効果に懐疑的な方々が短期間で見切りをつけてしまったことにより効果が出なかったようです。 また先述の注意にもありましたが甘さを出すために砂糖を入れてしまい カロリーを上げてしまったことによって失敗してしまったようです。

次の

恐るべきココアの効能❤15の秘密でココアを毎日飲んで健康効果!

豆乳 ココア 効果

体や心が疲れたときに、ほっこりと癒してくれるココアは、お子さんや女性の方を中心に多くの人が大好きな人気のドリンクです。 クッキーやケーキ、プリンなど、お菓子としても大活躍のココアですが、ただ甘くて美味しいだけではなく、嬉しい効果も期待できるのだとか! 言われてみれば少し前に、「チョコレートダイエット」が話題になりましたよね。 これはチョコレートの原料であるカカオが肌や便秘改善、血圧の低下や白髪の改善にも効果があることから女性の間で爆発的にブームになったのです。 定番で牛乳に溶かしてココアを飲んだり、時間を気にせずに何気なく飲んだりしがちですが、ココアの効果的な飲み方や朝起きてすぐがいいのか、寝る前がいいのか、いつ飲むのが良いのかもココアの効果をより多く得るために気になりますよね。 そこで今回は、 『肌、白髪、血圧、便秘改善にも効果あり?なココアの効果』と、 『ココアは朝か寝る前か、いつ飲むのがいいのか』、 『ココアの効果的な飲み方やアレンジレシピ』をご紹介します! 目次• ココアの効果とは?肌、白髪、血圧、便秘改善にも効果あり? ココアの健康効果、美容効果のほとんどがココアの主成分であるカカオポリフェノールの効果によるものです。 どんな効果が期待できるのでしょうか。 これからの季節に毎日飲みたくなること間違いなしの効果を詳しく見ていきましょう! 【美肌・アンチエイジング効果】 カカオポリフェノールは強い抗酸化作用を持っています。 体に溜まり過ぎた活性酸素を除去し 細胞が老化するのを防ぎ、美肌やアンチエイジングの効果が期待できます。 また、ココアに含まれるフラボノールという成分にも同じく抗酸化作用があり、紫外線によって肌が赤くなるのが軽減されたという報告もあるそうです。 【便秘改善効果】 ココアには食物繊維が豊富に含まれています。 リグニンという不溶性食物繊維が便のかさましをすることで、腸に刺激を与え、腸の動きが活発になることで便秘解消の効果が期待できます。 【血圧改善、動脈硬化の予防】 活性酸素によってコレステロールが酸化して、血管内に溜まってしまったり 、細胞の老化で血管が硬くなることにより、動脈硬化や血栓系の疾患の危険性があります。 カカオポリフェノールの抗酸化作用はこれらの疾患を予防する効果が期待できます。 また、海外の研究でココアを一定期間、摂取したことで、血圧を改善できるという報告もあるそうです。 【血流促進】 ココアに含まれるテオブロミンやカカオポリフェノールは、末梢神経を拡張して、手足の血流を促す働きがあります。 これにより冷え性やむくみを解消する効果があり、また、体の隅々まで血液に乗って栄養が行き届くので、白髪の予防にも効果が期待できます。 【脳の機能改善、ストレス耐性アップ】 ココアに含まれるテオブロミンには、大脳皮質を刺激して集中力や記憶力を高める効果があります。 また、ココアに含まれるカカオポリフェノールにはストレスによって増えるホルモンの分泌を抑える働きがあり、ストレスへの抵抗力を高める効果が期待できます。 まれにココアによって胃痛や胃もたれを起こす方もいますが、これはアレルギーによるものだと考えられるので、ココアを飲んで不調があらわれた場合は、飲むのをやめるか、飲む量を調整するようにしてください。 以下の記事もあわせて見てみてください。 【スポンサーリンク】 ココアの飲み方!アレンジレシピ紹介! ココアを牛乳に溶かして飲む方が多いかと思いますが、ここではプラスアルファで栄養を摂取できるおすすめの飲み方をご紹介します!すごく簡単ですので、是非試してみてください。 【豆乳ココア】 ココアを溶かすのに牛乳の代わりに豆乳を入れるだけのアレンジレシピです。 豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをします。 髪のツヤを良くし、肌荒れにも効果があるなど、さらなる美容効果のアップが期待できます。 無調整の豆乳が苦手な方は調整豆乳でもかまいません。 お好みで使い分けてください。 【ココア生姜】 体温を上げる効果があるココアですが、生姜を加えることによってより体温を上げることができるので、代謝がアップして冷え性にも効果があります。 生の生姜が面倒な場合は、生姜のチューブでも大丈夫です。 生姜のチューブなら冷蔵庫に常備されている方もいらっしゃるかと思いますので、手軽に効果を得られることができますね。 ココア生姜の作り方• 純ココア小さじ山盛り2を10ml程度の水でよく混ぜる• 水で溶いたココアを鍋に移し、水200mlを少しずつ加えながら中火にかけ、沸騰の直前で火からおろす• 生姜5gをすりおろしココアに加えてできあがり 甘みが欲しい方は、おすすめは黒砂糖です。 黒砂糖は体を温める働きがあるため、砂糖を使うなら黒砂糖を使ってみてください!もちろん、はちみつやメイプルシロップを加えても良いです。 おまけ!ヘルシーで簡単なココアケーキの作り方• オーブンを170度で予熱しておく• 絹ごし豆腐1丁、牛乳100ml、砂糖大さじ5をボウルに入れ、泡だて器で混ぜる• ホットケーキミックス75g、純ココア大さじ3を振るい入れ、泡だて器で混ぜる• 生地を型に流しいれ、オーブンで35分焼いたらできあがり お豆腐を使ったヘルシーなココアケーキです。 ココアを飲むのは寝る前?朝?いつ飲むのがいい? ココアは美味しいだけでなく美肌効果や健康効果など様々な効果が期待できますが、カロリーが高いため飲むタイミングにも気をつけておきたいです。 時間を調整して、効果的な飲み方を心がけましょう! 便秘解消の効果を得たい時は、朝起き抜けにココアを飲むことがおすすめです。 朝の空腹時にココアを飲むことで腸を刺激し、便秘解消に効果が期待できます。 また、朝起きてすぐは体温が低い状態なので、ココアを飲むことで血行を良くしてくれる効果があります。 レンジで温めて飲むことで、起きたばかりでも体が一気に温まりますね。 ココアは代謝を上げ、脂肪の蓄積を抑える効果があるため、食後にココアを飲むこともおすすめです。 特に夜は脂肪が蓄えられやすいので、夕食後にココアを飲むようにしましょう。 飲む量に注意が必要ですが、寝る前に少し気分を落ち着かせてリラックスしたいという方は、寝る前に飲むのも良いでしょう。 ココアを飲むと「ホッと」したことがあると思います。 これは、ココアにリラックス効果があるためです。 いかがでしたでしょうか。 朝、食後、寝る前とそれぞれにココアの効果が期待できますが、カロリーが高いというデメリットもありますので、飲み過ぎには十分注意が必要です。 1日に2~3杯を目安に飲むようにしましょう。

次の