ダヴィンチコードネタバレ。 映画ダヴィンチコードの詳細あらすじとネタバレ考察|トムハンクスら豪華キャスト紹介も|シネマテラス

ダ・ヴィンチ・コード

ダヴィンチコードネタバレ

ソニエールは神に謝罪し「サン・シュルピス教会のバラの印の下にある」と伝えるが・・・。 ハーバード大学の教授で宗教象徴学者のロバート・ラングドンは講義を終え出版した本のサイン会をしているとソニエールが何者かに殺された事をフランス司法警察から知らされます。 ラングドンはファーシュ警部とルーブル美術館に向かうとソニエールの胸には五芒星の傷が切り刻まれておりレオナルド・ダ・ヴィンチで一番有名なスケッチであるウィトルウィウス的人体図のポーズで亡くなっていました。 床に残した暗号はフィボナッチ数列だと分かるがこれらはソニエールが自ら行った行為でした。 司法警察、暗号解読官のソフィー・ヌヴーがやってきて伝言サービスの番号が書かれたメモを渡されます。 ラングドンがかけるとソフィーのメッセージが吹き込まれていました。 ラングドンはトイレに行くと先に待っていたソフィーから容疑者として疑われている事を知らされます。 床に「PS. ラングドンに会え」と残されていたからです。 しかしソニエールの孫であるソフィーは自分へのメッセージだと分かり助けに来たのです。 ラングドンの上着のポケットに仕掛けられたGPSを外を走る車に投げつけファーシュ警部を外に追いやりました。 シオン修道会 順番が乱れている事でフィボナッチ数列ではなくアナグラムだと気付いたラングドンは文字を入れ替えると「レオナルド・ダ・ヴィンチ」と「モナリザ」となりました。 「モナリザ」の絵にもアナグラムの暗号が残されており「岩窟の聖母」と読み解きます。 「岩窟の聖母」の絵の裏にはユリの紋章の鍵が隠されていました。 ソフィーは幼い頃にユリの紋章を見た記憶が残っていました。 ユリの紋章はシオン修道会の紋章でありソニエールから何か聞いてないかラングドンは訪ねるがソフィーは何も知りませんでした。 約千年前、フランス王が聖地エルサレムを征服した時に十字軍を指揮していたのが秘密友愛組織のシオン修道会であり武装集団テンプル騎士団でした。 テンプル騎士団は表向きは聖地を守る集団だがキリスト時代に失われた聖杯を探すのが目的でありそのためなら教会も人を殺すことすらいとわなかった。 教皇はシオン修道会の騎士=テンプル騎士団に無限の権力を与えるが14世紀に入ると権力が肥大し脅威を感じたバチカンは極秘の命令書をヨーロッパ全土に送りました。 テンプル騎士団は悪魔崇拝者とされ1307年10月13日金曜日に抹殺されました。 ソニエールはシオン修道会の生き残りであり聖杯を守っていたのではないかとラングドンは思います。 ダ・ヴィンチが発明したクリプテックス ユリの紋章の鍵にはパリの住所が書かれていました。 ラングドンとソフィーはチューリッヒ保管銀行に行き鍵を見せると警備員に入口のドアを案内され、夜間支配人のヴェルネから鍵は相続で受け継がれる物であり金庫の最短貸出期間は50年だと知らされます。 金庫にはバラの印がある木箱が入っていたが指名手配されているため警察がやってきます。 ヴェルネの協力を得て装甲車で脱出しソフィーが木箱を開けるとダ・ヴィンチが発明したクリプテックスが入っていました。 パピルスの巻紙に秘密情報を書き込みビネガーが入ったガラス瓶に巻き付けた物であり割れるとビネガーがパピルスを溶かすため秘密は失われます。 情報を取り出すには5つのダイヤルにそれぞれ26文字ずつあるパスワードを正しく並べる必要があるとソフィーが説明すると装甲車が停止します。 銃を持ったヴェルネから木箱をよこせと脅されるがラングドンは隙を見て車を奪い逃走しました。 シャトー・ヴィレットに住む友人のリー・ティービングを訪ねます。 聖杯の歴史を研究しているリーからシオン修道会の任務は重大な秘密=聖杯を守ることであり総長と参事三人が守っていると言います。 シオン修道会が守る聖杯とは「キリストは神ではなく人間だという証拠」でした。 聖杯とは杯ではなく子宮の形であり「最後の晩餐」に描かれている女性は娼婦におとしめられたマグダラのマリアでありイエスの妻だったのです。 マリアはキリストが処刑されるとき妊娠しており聖地を離れてフランスで娘サラを出産していました。 キリストの権威が娘に受け継がれておりシオン修道会は聖なる血脈の守護者なのです。 すでに4人殺されておりラングドンはソニエールがシオン修道会総長なのではないかと思いクリプテックスをリーに見せるとキー・ストーンの中にある地図が聖杯へ導いてくれるはずだと言いました。 すると、いきなりシラスが現れキー・ストーンを渡せと銃口を向けられます。 シラスはサン・シュルピス教会に行ったがソニエールが言った言葉は嘘であり遠回りをさせられていました。 リーが「おまえにはキー・ストーンを開ける事はできない」と机に置きシラスが受け取ろうとした隙をついて杖で反撃に出ます。 ラングドンはファーシュ警部も命を狙ってくる者も同じ印を身につけておりオプス・デイだと気付きます。 反転文字 オプス・デイは保守的なカトリックの宗派でバチカンが直轄する属人区でありキリストは神だと信じているため人間であっては困るのです。 オプス・デイはアリンガローサ司教が手引きしていたが自ら導師と名乗る者が接触してきたのです。 またファーシュ警部はアリンガローサから「ラングドンが罪を告白した。 邪悪な人間だから止めないとまた殺す」と言われていました。 警察に包囲されている事を知ったリーは拘束したシラスを連れて付人レミーに運転させ脱出します。 リーが手配した飛行機に乗りチューリヒに向かいます。 ラングドンは聖杯の伝説「バラの印の下にある」という言葉を思い出し木箱にあるバラの印を調べると裏にダ・ヴィンチの反転文字が刻まれていました。 「ロンドンに教皇の葬った騎士が眠る。 かの者の労苦の果は神の怒りをこうむる。 その墓を飾るべき球体を探し求めよ。 バラの肉と種宿る胎とを表す」 テンプル騎士団を葬った場所はロンドンのテンプル教会だけであり行き先をロンドンに変更させます。 テンプル教会に辿り着き球体がある墓を探すが彫像しかなく場所は違うと気付いた時にレミーに救出されたシラスが現れました。 レミーもオプス・デイだったのです。 リーはトランクに押し込められクリプテックスを奪われたラングドンは鳩が舞った隙をついてソフィーを連れて逃げ出します。 レミーはオプス・デイの宿舎でシラスを待機させます。 実はリーがアリンガローサ司教に接触した導師でありクリプテックスを渡されるとレミーを毒殺しました。 そしてフランス警察が手配している殺人犯の居場所を通報するとアリンガローサ司教は間違ってシラスに撃たれて病院に運ばれシラスは警察官に射殺されました。 謎解き ラングドンとソフィーはバスの中にいた乗客の携帯を借りて「騎士・教皇・聖杯」で検索するとシオン修道会の総長がサー・アイザック・ニュートンだと知ります。 サー・アイザック・ニュートンの墓に辿り着くとクリプテックスを持つリーが現れます。 リーは持っていた銃を捨てるからクリプテックスを開けろと要求してきます。 ソフィーは暗号を解いたとしてもリーに教えないと言い張りました。 するとリーはソフィーに銃を突きつけラングドンに開けろと要求しました。 しばらく時間を与えられたラングドンは「資格を持つ者だけが開けられる」と言いクリプテックスを投げ捨てました。 中の瓶が割れ地図が溶けた事でもう二度と見付ける事は出来ないとリーは嘆きます。 その時、アリンガローサに利用されていたファーシュ警部が駆け付けリーを逮捕しクリプテックスを押収しました。 ラングドンは実は暗号を解きクリプテックスから地図を抜き取っていました。 「聖杯は、いにしえのロスリンの下で待ちその門を剣と杯が守る。 匠の美しき芸術に囲まれ横たわり星の輝く空の下で眠る」 聖杯は故郷に戻ったのだと気付いたラングドンとソフィーはテンプル騎士団によって建てられたロスリン礼拝堂に向かいます。 結末 ダ・ヴィンチコード ロスリン礼拝堂の中に入るとソフィーはずっと昔に来た事があると思います。 星が天上に描かれている部屋の絨毯をめくるとユリの紋章がありました。 開けると更に地下へと行ける階段がありました。 何もなかったがマグダラのマリアの棺があった場所だと予想されました。 ソフィーは小学生の時に事故で両親を亡くしておりソニエールの書斎に入り家族の事を調べるが何も出てきませんでした。 ソニエールの怒りを買ったソフィーは寄宿学校に入れられました。 ある日、黙って帰るとソニエールが謎の儀式を行なっていて怖くなり引き返した事がありました。 ソフィーが両親が死ぬ前のソニエールを憶えていない事でラングドンは事故の新聞を見てソニエールと血が繋がっていないと気付きます。 ソフィーの本名はサン・クレールであり事故で生き残った彼女を修道会が死んだ事にしてソニエールが孫として育てたのです。 それはイエスキリストの最後の末裔を守るためだったのです。 真実を知った二人が階段を上がると生き残りのシオン修道会の人達が集まっていました。 その中にはソフィーの祖母もいてソフィーは「おかえり」と迎えられました。 ソフィーと別れたラングドンはルーブル美術館の中庭にあるピラミッドに向かいます。 マリアの棺が収められているのはピラミッドの地下だと想像し祈りを捧げました。

次の

映画「ダヴィンチコード」実話?内容が難しい!あらすじ、キャスト、ネタバレあり

ダヴィンチコードネタバレ

ネタバレ! クリックして本文を読む キリスト教では無いけど2000年 劇中の話では1700年前位に決まった設定らしい 以上続いている教義が覆されたら、衝撃というか世界中大混乱でしょうよ。 隠蔽する方も未来永劫続く大変な作業だろうし、明かそうとする方も明かしたところで劇中にもあったけど信者が何を信じるかってことで、果たして報われるのか?と。 調べてないのですべて実在するのか知らんけど、様々なシンボルや建築物や教会を結びつけてここまで「然もありなん」な物語を作った原作者もすごいなと。 ただ、そこまで中核をなしてる訳でもないので「ダヴィンチコード」っていうタイトルは違和感あったけど。 キリストがどうのって話なのでとにかく合わない人には合わない。 自分にはストーリーは合わなかった。 が、トムハンクスがかなりよい! そして、ヒロインの女のクールなカッコ良さ、え!なんか見たことあるなーと思ったらアメリの子だったのか。 アメリのときの鼻につく表情や演技から一変してこのカッコ良さには脱帽しました。 話の内容がえーそうだったのー!?って驚かせるというよりなんだか置いてけぼりにされて主人公が勝手に閃いていく感じなのでとにかく誰にも感情移入できなかった。 ジャンレノの無駄なかき回しも中途半端。 ネタバレ! クリックして本文を読む 当時流行った映画(原作)というのは知っていたけれど、原作は読んでおらず、敷居が高くて近寄れなかったのですが、たまたま、間違えて、『インフェルノ』を観てしまい(『ザ・インフェルノ』というスリラー映画と間違った…苦笑)、『インフェルノ』はあの、『ダ・ヴィンチ・コード』の2作目だということを知り、1作目の『ダ・ヴィンチ・コード』を慌てて観た次第です。 どこかのレビューで「原作未読でも楽しめる作品」とあったのですが、よそ見はできず、かなり集中力を要求されました。 自宅にて観たのですが(動画サイト)、専門用語が多く字幕についていくのが大変で、10回以上、一時停止やら巻き戻しして、メモをとったりで、文字面を確認してストーリーを追うのに必死でした。 映画館で観ていたら、かなり最初の部分で置いてけぼりになっていたと思います。 原作未読でキリスト教にさほど興味があるわけでもなく、劇場などでサラッと1回観て、「なかなか楽しめた」という方がいたら、尊敬してしまいます。 とはいっても、謎解きのストーリーは次はどうなるかと面白く、最後の晩餐の絵画にあのような秘密が隠されていたとは・・・と感心したりしました。 映画で何度も出てくるオプス・デイ(保守的なカトリックの宗派)やシオン修道会(キリストの血脈を守り続けている秘密結社)の存在がどこまで本当であったのか?などにもちょっと興味をそそられました。 オプス・デイの狂信的な信者であるシラス、ポール・ベタニーが不気味で危ないヤツでしたが、実際のオプス・デイは戒律は厳しいものの、恐ろしいカルト団体ではなく、カソリック教会公認の教団らしいです。 それにしても、ルーブル美術館の館長ソニエール(ソフィーの祖父)、冒頭で銃で撃たれ、息絶える前に、胸に五芒星を描き、ダ・ヴィンチの人体図の形になって死んでいったのですが、実際、死ぬ前にそんなことできるか?、という素朴な疑問があります。 まあ、そこは物語なのかな…。 「ロバート・ラングドン教授シリーズ」第1作。 「エクステンデッド版」DVDで久し振りの鑑賞。 殆ど内容を忘れていたので、ほぼ初見と同じ状態でした 笑 原作は未読です。 一筋縄では解けない暗号の数々も去ることながら、迫り来る追手、教会の黒い思惑、意外な黒幕の存在、とある人物の生い立ちの秘密が複雑に絡み合い、スリルとサスペンスを持続させながらひた走るストーリーに手に汗握りました。 シオン修道会、テンプル騎士団、オプス・デイ、マグダラのマリア、クリプテックス…中二病を刺激して来るようなワードの連続にワクワクしました 笑 それらが縦横無尽に飛び交い、ふとすると置いてきぼりを食らいそうになりましたが、何とか食らい付いてやるぞという熱意が湧いて来ました 笑 しかし、それでもきちんと整理しながら観ないと、それぞれの組織の繋がりが見えなくなったり、歴史的事実がどういう意味合いを持っているのかが分からなくなったりするので集中力が必要ですし、若干の予備知識を持っていた方が良い作品だなと思いました。 世界遺産巡りが流行っているが、その遺産の成り立ち、造形の意味等を勉強してから訪れると、同じものがさらに豊かに語り掛けてくるんだなあと改めて思いました。 行けばいいってもんではない。 映画はぐいぐい押してくる。 コード・サインの意味を解きながらの宝さがしや、 犯人探し と、本当は幾重にも張り巡らされたミステリーのはずなんだけれど、 手掛かりをじっくり吟味する暇を与えずに、 能力者か?といいたくなるような技で、核心にせまっていく。 きっと、原作をかなり端折っているに違いない。 そう、 映画だけをみると、強引な論理で決着させてしまう。 う~ん、予告でかなり謎解きを強調させていたから、肩透かし。 モナリザも関係ないし。 そんな点が評価を下げているのだろう。 というものの、 映画は、誰が味方で、誰が敵か、 名優たちの演技力のおかげもあり、 変な先入観の期待さえなければ、楽しめる。 荒唐無稽に見える各説も、ほう、そんな見方ができるのねと、面白い。 アメリカ人はアメリカ人らしく、イギリス人はイギリス人らしく、フランス人はフランスらしいのもツボ。 シラスの境遇に涙するとともに、シラスにも、心の中だけでだけれどシラスを思ってくれていた人がいて、ほっとしたし、 犯人逮捕の時は、「正義は勝!」って、グーサイン出しちゃった。 原作未読.

次の

映画『天使と悪魔』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ダヴィンチコードネタバレ

ラングドンはソニエールの孫娘・ソフィーと逃げながら謎を解く。 ソニエールはシラスに殺害された。 オプス・デイが得たい(消したい)のはキリストが人間である証拠「聖杯」。 謎を解いた後、ラングドンはさらにルーブルの中庭のピラミッド下にサラの棺があると想像する。 【起】 — ダヴィンチコードのあらすじ1 フランス、パリ。 ルーブル美術館の初老の館長ジャック・ソニエールが、閉館後の深夜の美術館でシラスという男に銃で脅されていました。 ソニエール館長は「サン・シュルピス教会の〝ローズ・ライン〟だ。 その下にある」と答えましたが、シラスは館長を撃ちます。 シラスが去った後、ソニエール館長はラングドンにある秘密を知らせようと考え、腹を撃たれて重傷でありながらも移動をし、手がかりを残しました。 そして、あるポーズを取って亡くなります…。 …ロバート・ラングドンはアメリカ・ハーバード大学の教授をする中年男性です。 ラングドンは宗教象徴学を研究しており、新作『図像の解釈』を出版したため、フランス・パリに渡って講義を開き、サイン会をしていました。 そのサイン会の最中に、フランス警察のコレ警部補がラングドンを訪問し、上司のファーシュ警部が呼んでいると告げます。 「死体に残されたしるしを見て、専門家のあなたのお力を(いただければ)」と言われたラングドンは、昨晩会う予定だったはずの相手・ソニエール館長の遺体写真を見て驚き、サイン会を中止して遺体発見現場に駆け付けました。 遺体発見現場はルーブル美術館の館内2階のグランド・ギャラリーで、なんとソニエール館長は、胸に五芒星のマークを傷で刻み、レオナルド・ダ・ヴィンチの〝ウィトルウィウス的人体図〟のポーズを自ら取って亡くなっていました。 現場にはファーシュ警部がおり、ソニエール館長とラングドンの関係を聞き出します。 実際のところ、ラングドンはソニエール館長とあまり親しくなく、妙な仇名(後に記載)をソニエール館長につけられたことから、ラングドンは「嫌われている」と思っていました。 ところが前日、急にそのソニエール館長から電話をもらい、会うことになったのですが、館長は現れなかったのでした。 そこへ数学の専門家で暗号解読の権威と言われる女性ソフィー・ヌヴー捜査官が現れると、米国大使館の電話番号を渡しながら、生死にかかわることなのですぐに連絡を取ってくれと言われた…とラングドンに携帯電話を渡します。 これはソフィーがラングドンに「ファーシュ警部に気づかれないように動け」というメッセージを与えるための真っ赤な嘘でした。 ラングドンは友人が事故に遭ったとファーシュ警部に嘘をつき、トイレに行くと言って中座します。 ラングドンがトイレに行くとソフィーが先回りしていて、遺体発見現場に残されたALS(血痕反応を見るライト)で見える文字の最後の1行をファーシュ警部がわざと隠したのだと教えます。 そこには「P. ラングドンを探せ」と書かれていました。 ファーシュ警部は、表向きは捜査協力という名目でラングドンを呼び出しましたが、実はラングドンは最有力容疑者になっているのです。 やけに情報に詳しいと思ったラングドンが聞くと、ソフィーはソニエール館長の孫でした。 ただしソフィーとソニエールは何年も疎遠の関係だったのですが、昨日の昼に電話をもらったそうです(ラングドンが電話をもらったのは午後3時)。 ラングドンは残された手がかりから、ソフィーと共にソニエール館長の死の謎と、ソニエール館長が隠したものを読み解こうと考えました。 ファーシュ警部につけられたGPSを外に放ると、緩衝材で石鹸につけたGPSは車の荷台に乗り、遠方まで運ばれます。 ファーシュ警部らがそれを追って出かけた間に、ラングドンはソフィーと2人でルーブル美術館内の絵を見ました。

次の