トゥーム レイダース。 トゥームレイダー ファースト・ミッション : 作品情報

CAST・STAFF|映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』オフィシャルサイト

トゥーム レイダース

激ムズのアクションゲームと言えば この作品 最近は、色々なゲームシリーズの価値を調べています あの作品ってどこまで発売されてるの? どのゲーム機で続編が出てるの? どのくらいで買えるの? こんな疑問を解決できればいいなと思いました。 なので、今調べまくっています。 今回調べたいなと思ったのが、 大人気のアクションアドベンチャー 「トゥームレイダー」シリーズです。 私も5本くらい持っていますが、 昔から大人気の作品でした。 初代の難しさたるや、 まあとんでもなかったです。 そんなシリーズをまとめましたので、 のがし忘れた作品がないか楽しんでください。 基本ルールとしましては 美品 買い取り価格は、30%から60% 在庫なしの商品を含む 画像をクリックすれば、駿河屋さんのその商品のページに飛ぶ 価格は駿河屋さんを参考にしている こんな感じでしょうか 明確な買い取り価格を知りたい場合は、 商品のページに飛んでみて下さい。 レアなゲームを持っている方は、買い取り査定もどうぞ。 あの難易度は 無性にチャレンジしてみたくなる 歴代のトゥームレイダーシリーズをまとめてみたでした こちらから買い取り査定に飛べます 駿河屋さんの「あんしん買取」ならば、 メールで状態を伝えるだけで、 商品を送らなくても、事前に大まかな価格を知ることができますので。 試しにチャレンジしてみて下さい retogenofu.

次の

電撃スパイク『トゥームレイダー: アニバーサリー』製品情報

トゥーム レイダース

👎 Bad• ゲームプレイ面は、『トゥームレイダー 2013 』『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』を経て完成度が非常に高くなっており、探索やパズルにも力が入っている。 今風の遊びやすいゲームプレイと、初期シリーズの作風が見事にマッチしており、『トゥームレイダー 2013 』から始まった三部作のみならず、シリーズの中でも指折りの一作。 👎 Bad• なお、• ライズ オブ ザ トゥームレイダー• シャドウ オブ ザ トゥームレイダー で三部作構成になっている。 さて、ゲームとしてはほぼシューティングゲーム TPS。 トゥームレイダーらしいパズルはサイドミッションのみに限定されており、プレイ時間の大部分は敵とのガンファイトに明け暮れることになる。 理不尽• 稀に暴発するカメラワーク 初期シリーズの中では、一作目『トゥームレイダー 1 』が一番。 シリーズ五作目『』までは、この一作目に追加要素を盛り込んだ内容になっており、 シリーズを重ねる毎にどんどん複雑化してゆき、高難易度化していく。 その点、一作目はシンプル・イズ・ベスト的な良さがある。 【第1位】シャドウ オブ ザ トゥームレイダー• 【第2位】ライズ オブ ザ トゥームレイダー• 【第3位】トゥームレイダー レジェンド• 【第4位】トゥームレイダー 2013• 【第5位】トゥームレイダー 1• 【第6位】トゥームレイダー3• 【第7位】トゥームレイダー4:ラストレベレーション• 【第8位】トゥームレイダー アニバーサリー• 【第9位】トゥームレイダー アンダーワールドs• 【第10位】トゥームレイダー 美しき逃亡者• 【第11位】トゥームレイダー5 クロニクル• 【第12位】トゥームレイダー2 ということになる。 この記事が新米冒険家の参考になれば嬉しい。

次の

トゥームレイダー攻略 [ ララの冒険日誌123Plus! ]

トゥーム レイダース

ニコニコ生放送にてプレイ。 SteamのPC版のため英語オンリー。 PS版を一度クリア済みのため、キーボード操作の縛りでプレイ。 発売:1996年 Eidos(アイドス) (開発:Core Design) 機種:PC (他にも、PS、SS版が発売) ジャンル:アクションアドベンチャー 今回は、PC版の初代『トゥームレイダー』(日本版タイトル:『トゥームレイダース』)のレビューです。 <あらすじ> 女性冒険家「ララ・クロフト」(日本版名「レイラ・クロフト」)が、インカの財宝の謎を解き明かすべく、世界各地の遺跡へと足を運ぶ。 大企業である「ナトラ・テクノロジー」の社長、ジャクリーヌ・ナトラの依頼を一度は蹴ったララであるが、ペルーのインカ遺跡の深部へと入り込んでいくことに。 ペルーのインカ遺跡へと足を運ぶララ。 現地のガイドと共に辿り着くが… 突如襲ってくる狼の群れに、ララの二丁拳銃が火を噴く。 ちなみにこの銃の弾薬は無制限です。 遺跡内へと進入したララ。 この先には一体何が待つのか… <基本概要> イギリスの開発会社による海外ゲーム。 いわゆる「洋ゲー」 ポリゴンの3Dフィールド内を、主人公のララを操作しながら進んでいく。 ステージは舞台である世界各地の遺跡を表現しており、起伏に富んだフィールドが広がっている。 アクション要素とパズル要素が強く、特に高い位置からのミスは落下(即死)に繋がるため、非常に慎重な動作を要求される。 かといって、慎重すぎると逆にトラップ回避が間に合わず、即死するなど全体的な難易度は高い。 (ちなみに、続編の2以降を考えると1が最も難易度は低い。 ) 全体に漂う洋ゲー臭が敷居の高さを醸し出しているが、しばらくするとプレイしたくなるという、不思議な魅力を持っている。 舞台には、インカ、ギリシャ、エジプトなどの遺跡があり、全体的にホラーな雰囲気を持っている。 PC版はPS版やSS版よりも先に発売されているためか、仕様が異なっている。 ・セーブはどこでも自由に可能。 (PS、SS版はクリスタルの場所でしか不可。 ) ・ステージ内でのBGMが無い。 (PS、SS版は随所でBGMが流れた。 ) ・ムービーシーンがPS、SSの方が綺麗。 (PS、SS版の方が後発だからか。 ) ・ゲームプレイ画面はPC版が圧倒的に綺麗。 (性能の関係でPS、SS版は粗い。 ) ・恐らく、PC版の方が敵が多くて硬い。 (正確ではないが、そんな気がする。 ) ・ロード時間はほぼ皆無で、素晴らしくサクサクプレイが可能!(PS、SS版はロード地獄) タイトル画面で「Lara's Home」(ララの家)を選ぶと、チュートリアルが可能。 ここで基本的な操作を練習するのだが、英語版のためよくわからない。 初プレイでは、日本語版をお勧めするが、英語を理解できるなら特に問題なし。 木箱があんなに… 一体何が入っているんだ? 執事に片付けてもらおう。 (ちなみに、執事は2作目から登場する。 ) 画面でも確認できるが、PC版は水面が波打っている。 透明感もあり、水中が綺麗。 (PS、SS版は多分波打っていなかった気がする。 ) <全体的な感想> 『トゥームレイダー』シリーズはPS版で1~5作目までクリア済みのため、基本的な動き方は理解した上でのプレイです。 ただ、今回は多少の縛りプレイ要素として、「キーボードでの操作」としました。 難易度的には、歴代で簡単な部類に属する本作ですが、キーボードだと意外に苦戦。 慣れるまでは、「歩き」、「ジャンプ」、「攻撃」が思うように扱えず、敵の多さも相まってシビアな難易度となりました。 ただ、次第に慣れてくると、キーボードでもパッドと同じ感覚で動くことができるようになり、意外にもサクサク進めることができました。 パッドで慣れている方も、キーボード操作でプレイしてみるのも一興かと思います。 第1ステージ、インカの遺跡。 ここからララの冒険が始まる…。 雪に動物の足跡と思われるものが続いている。 放送では判らなかったかもしれないが、実はこんなに綺麗な画面でプレイしておりました。 放送だと動くだけで画質が乱れてしまうので伝わらなかったかも。 降りた瞬間、狼の群れがぁ! このような展開は本作において日常茶飯事である。 もともと遺跡を舞台にしたアクションといえば、『インディージョーンズ』がありますが、それをゲーム化した感覚を味わえます。 「巨大な岩が転がってきて潰される」なんていうお決まりなパターンも多く、何となく笑ってしまうことがあります。 また、遺跡の空間が広大であり、不気味さも含めて緊張感が続くのもポイントです。 プレイしたことのある方なら解ると思いますが、巨大なアレを見たときは驚きましたね。 インカの遺跡やエジプトのピラミッドといった要素に魅力を感じる方にはお勧めできる作品だと思います。 眼前にたたずむ巨大スフィンクス。 見上げるララに何を問いかけているのだろうか… スフィンクスの顔部分のアップ。 実はこの顔の裏側にララがぶらさがっている。 ゲーム中、なぜかカメラがこの位置に来てしまったので撮影 ハマっているように思えたので、手を離したところ、案の定そのまま落下…。 基本的に、足場には注意する必要があるでしょう。 油断すると崩れて落ちます。 また、曲がり角には注意する必要があります。 勢いよく曲がってみたものの、すぐ先が崖だったりすることがあります。 スイッチを入れる瞬間は細心の注意が必要です。 大抵、どこかの扉が開いた場合は敵がわらわらと群がってきます。 大岩や針トラップ、果てはペンデュラムなどが待ち構えており、発動後は 「これ誰が元に戻すんだ」とツッコミを入れながらも、遺跡の奥深くへと進んでいくのです。 これら広大な遺跡、数多のトラップをかいくぐり、辿り着く先はどこなのか、非常に気になるところです。 個人的に、ゲームの面白さの重要なファクターとして、 「この先に何があるのかが気になる」というものがあると考えています。 こういった探索系のゲームには欠かせない要素のひとつですが、本作においては十分かと思われます。 ポリゴンが粗いものの、ほぼ完成されているララ。 こう見ると、映画版のアンジェリーナ・ジョリーは適役すぎてビビりますね。 ララVSゴリラ 無残にもゴリラはララのジャンピング二丁拳銃の前に倒れてしまった。 PC版とCS(コンシューマ)版との差異を冒頭で書きました。 その一つ、 「BGMが無い」というのが、個人的には残念な部分でした。 これはPS、SS版で追加された要素と思われますが、このBGMが非常に雰囲気を引き立てており、世界観をうまく表現していました。 PC版ではBGMがなく、常に風の音や動物の鳴き声らしき音だけが聞こえていました。 多少寂しいものがありましたね。 その関係で、一度はPS、SS版の『トゥームレイダース』をプレイしてみることをお勧めします。 ロード時間についてはほぼ無く、PSやSS版はロードの長さがネックだと思い知りました。 PC版の最大の恩恵が、この ロード時間の無さにあるかもしれません。 やはり、ストレスなくゲームがプレイできるってのは大事ですね。 細い隙間を伝って進むララ。 足元には溶岩が待ち構えている…。 この距離で熱くないのかというツッコミは受け付けないようです。 ミスるとこんな感じで焼けてしまいます…。 洞窟内にもピラミッドらしきものが。 そして上がっていく難易度。 この辺りはまさに洋ゲーですなぁ。 <攻略メモ> ・チュートリアル(ララの家)の操作は重要。 基本を身につければシリーズ制覇も可能! ・弾薬は惜しみなく使ってOK!(エリクサー使わない症候群の自分には少々キツい。 ) ・メディキットも惜しみなく使うべし! ・視点変更で周囲をよく確認し、怪しい場所はとりあえず向かってみる。 ・ダッシュジャンプとその場ジャンプの距離感を把握すべし。 ・段差などが背景と被って見えにくい場合もあるため注意。 ・セーブはステージ開始時のデータを別に取っておくと安心。 (PC版のみ) ・「ララ派」と「レイラ派」でケンカはしない! 滑り降りていく先に待つものは…? 以上、PC版『トゥームレイダー1』のレビューでした。 続編である『トゥームレイダー2』もPC版を購入済みですので、近いうちに挑戦したいと思っております。 (もちろん、キーボード操作で) シリーズ最新作が発売されたこともあり、『トゥームレイダー』熱が再燃すると良いですね。 『トゥームレイダー1』オープニング(SS版).

次の