鬼 滅 の 刃 ネタバレ 192。 漫画『鬼滅の刃』ついに十三ノ型の正体判明!192話のネタバレと191話おさらい・193話以降の考察|イツキのアンテナ

鬼滅の刃 192話 ネタバレ 感想 日の呼吸 十三の型の発動条件

鬼 滅 の 刃 ネタバレ 192

鬼滅の刃 第193話のネタバレ! 無惨は自身の経験から、死の縁を垣間見た生き物はより強靭になると知っている。 死を回避するために通常生きていく上では不必要だった感覚や力の扉が開かれると、無惨は戦いの中炭治郎を見据える。 扉を開けぬ者は死に扉を開いた者は強靭になるのだ。 炭治郎は妹の力に頼らずに刀身を赫くした、これは死の縁で扉を開いたのだと無惨は思う。 そして柱たちも各々のやり方で刀身を赫くしたが、これでは縁壱に遠く及ばない。 無惨 (あの男の赫刀は 斬撃は こんなものではなかった) 繋げ ゴウと音を立てながら炭治郎は地面を蹴る。 日暈の龍・頭舞い (にちうんのりゅう・かぶりまい)と火車 (かしゃ)を続けて放った。 これで六つの技が繋がった、これでようやく半分だ。 炭治郎は無惨を見据えて考える。 脳も心臓もぐるぐる動いている、攻撃に押されて胴まで刃が届かないと。 その動きは速すぎて、肺を殴られているみたいに感じる。 四肢は引きちぎられるように痛み、心臓も破裂しそうだった。 夜明けまでは一時間、そう考えるとガクと足から力が抜け炭治郎の体がよろめく。 すかさず無惨の攻撃が飛ぶが、すんでのところでこれを躱した。 集中しろと炭治郎は己を必死に鼓舞する。 今この瞬間の一秒以外考えるな、剣が鈍る手足が鈍ると必死に集中を保とうとしている。 炭治郎 (一秒だ一秒を繋げ 夜明けまでの一秒を繰り出せ) そして宙を舞い幻日虹 (げんにちこう)と灼骨炎陽 (しゃっこつえんよう)を繰り出した。 気付く異変 炭治郎の技の精度が落ちたことを無惨は即座に見抜く。 赫い刃もすぐに元に戻る、所詮此奴もこの程度だと炭治郎を見た。 縁壱のような存在がそうそう生まれてなるものか、そう思いながら攻撃を放つ。 炭治郎はそれを避けきれず、血を吐いたがその次に続けて飛んでくる攻撃をなんとか躱してその次の攻撃も躱した。 その様子に無惨は違和感を覚える。 炭治郎の動きは精彩を欠いていて無惨の目には遅く映る、人間ならば当然動いた分の疲労が足枷となるのだから遅くなっているはずなのだ。 しかし、何故その疲弊し切った手負いの人間一匹に止めを刺せないのかと無惨は自問する。 そして気付く、自身もまた遅くなっているのだということに。 珠世としのぶの策 自身が遅くなっていなければ、一対一でここまで時間はかからない。 そして、二度も止めを刺し損ねないと無惨は思う。 原因はきっと、珠世に違いない。 そう考えた無惨は取り込んだ珠世の細胞に事実を問いただした。 お前は何をした、自分に使った薬は人間返りのものではなかったのかと。 そして細胞から形作られた珠世は、お前に使った薬は人間に戻すものだと応える。 珠世 「それと…言わない 無駄に増やした脳味噌を使って考えたらどうだ?」 意地の悪い笑みとともに続きの言葉を拒絶する珠世の頭を、無惨はグシャと握り潰す。 そしてその細胞に残る記憶を読み取り始めた。 その記憶に登場したのはしのぶだ。 しのぶ 「薬は複数のかけ合わせにしましょう 分解されることは前提で進めるべきです」 そしてしのぶは、ひとつめは人間に戻す薬、そしてそれが効かなかった場合は残った薬がより強力に作用するように細工すると話している。 ふたつめは老化の薬が望ましいと、しのぶはさらに続けた。 珠世の作った薬なら、一分で五十年無惨を追いさせることができると。 老化していく体 記憶を読み取り、無惨ははっとする。 自身が老化し続けていたという事実に、納得していた。 老化の進行を喰い止めるために自身の力が削られ、柱を含め炭治郎たちに梃子摺ったのだ。 珠世が無惨に薬を使ったのが五時間近く前のこと。 薬が効き始めるまでの時間を差し引いたとしても三時間以上は薬が作用していると考えられた。 それはつまり、無惨の老いは九千年分まで達していることを意味している。 もっと早く気づくべきだった、頭髪の色が戻らないことから知ることは出来た。 その時、鴉が夜明けまでの時間が五十九分であることを告げる。 繋がる日 鴉の声を聞いてすぐ、炭治郎は再び無惨へ技を放ち始める。 日の呼吸 飛輪陽炎 (ひりんかげろう)、輝輝恩光 (ききおんこう)、碧羅の天 (へきらのてん)、火車 (かしゃ)、烈日紅鏡 (れつじつこうきょう)、炎舞 (えんぶ)、幻日虹 (げんにちこう)、円舞 (えんぶ)、斜陽転身 (しゃようてんしん)、灼骨炎陽 (しゃっこつえんよおう)、日暈の龍・頭舞い (にちうんのりゅう・かぶりまい)、陽華突 (ようかとつ) ついに十二の技が繋がった。 もっと速く、もっと正確に技を繰り出さなくてはならない。 炭治郎 (繰り返せ この十二の巡りを!!夜明けまで!!) >>• 登録から1ヶ月無料• 600P分(コミック1冊分)の漫画が読める• U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ! 紹介した動画配信サービスに登録しただけで、 2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。 鬼滅の刃 第193話の感想・考察 炭治郎はなんとか戦えるギリギリの状態には違いないと思っていましたが、ここで再びの珠世さんとしのぶさんに目頭が熱くなります。 人間返しの薬に老化の薬を隠している周到さが、さすがですね。 ついに夜明けまで一時間を切りました。 ここからの戦いも注目です! 次回、週刊少年ジャンプの 発売日は2020年2月17日になります。 発売され次第、『鬼滅の刃』最新話のネタバレをしていきますね! 以上、『鬼滅の刃』第193話のネタバレ感想でした。

次の

鬼滅の刃ネタバレ192話最新確定!日の呼吸十三の型で炭治郎が縁壱炭吉をつなぐ!

鬼 滅 の 刃 ネタバレ 192

漫画「鬼滅の刃」ネタバレ192話最新!考察・予想 ネタバレ注意 鬼滅の刃191話 炭治郎覚醒してるし 柱と同期組はボコボコのボコ 岩柱は足ねーし、水柱は腕切られてて、風柱は壁に、蛇柱は足切られてんの?伊之助は、ぶっ倒れてて善逸は足切られてそう…唯一カナヲちゃんだけ生きてんだけど… みんな生きてるよね?そう願いたい。 しかし無惨の攻撃によりカナヲ以外の全員が倒れてしまい…。 間一髪のところで鬼の形相の炭治郎が参戦しました! 無惨戦の行方はどうなるのでしょうか。 ここでは最新192話のネタバレ考察・予想をしていきたいと思います。 柱達や善逸・伊之助の生死は? 前話の最後では、悲鳴嶼、不死川、伊黒、冨岡、善逸、伊之助の6人が一瞬で無惨に投げ飛ばされ、 壁に激突し目も当てられない悲惨な状況となってしまいました。 無惨戦の前線で戦っていた者のうち、カナヲ以外の全員が意識を失いひどい傷を負ってしまったことになります。 カナヲも血を吐きながら無惨の攻撃が速すぎる!と嘆いていましたね…。 鬼殺隊の主力メンバーが一瞬で大打撃を受けるとは、無惨の実力恐るべしです。 赫刀の発現や透き通る世界による弱点の透視により、鬼殺隊が追い上げていくのか…?と思った矢先の出来事に、唖然とされた方も多かったのではないでしょうか。 あれだけのダメージを受けたら通常の人間であれば即死間違いなし、という感じですが安否はどうなっているのか非常に気になりますよね。 物語の設定上、一度に主要なキャラが一瞬で亡くなってしまうということは考えにくいため、おそらく彼らは 瀕死の状態だが生きている可能性が高いです。 しかし、すぐに無惨との戦いに戻れるような状況ではないため、一刻も早く何らかの治療を施す必要があるでしょう。 瀕死状態からの回復には、隠隊員による応急処置では効果が低いため、まずは無惨の攻撃から逃れつつ 安全な場所まで彼らを運び出すことが最優先事項です。 続いて、炭治郎の治療を終えた 愈史郎により、何らかの治療を受けてもらうことになりそうですね。 命は辛うじてあるものの、夜明けまでの無惨戦に大きな貢献をするという展開は考えにくいかと思われます。 第192話でも、急に 瀕死の メンバーが復活し炭治郎の援護をする可能性は非常に低いと推察されます。 せっかく手に入れた無惨攻略のヒントが無意味にならないでほしいと思いますが、今後の展開を注視していく必要がありそうですね! 愈史郎が甘露寺を治療する? 茶々丸を使い柱に薬剤を届けたり、目くらましの札で善逸・伊之助・カナヲを援護する等サポートに徹していた愈史郎でしたが、前話でようやく瓦礫の下から救出され、 炭治郎の回復に大きく貢献しました! 愈史郎は隊員たちの戦力回復において非常に強力な助っ人ですので、この後の行動がどうなるのか、気になるところです。 第192話で予想される行動としては、 柱である甘露寺の治療に取り掛かる可能性がありますね! 現在、甘露寺以外の柱は無惨の攻撃により瀕死の状態、炭治郎と無惨の一騎打ちでは鬼殺隊にとってかなり不利な状況です。 愈史郎の力を持ってしても、すぐに彼らを回復させることは非常に困難であると思われます。 少しでも戦力になる可能性のある甘露寺に応急処置を施し、 炭治郎の戦いの援護に行ける状態にすることが無惨戦勝利への近道となりそうです。 禰豆子がついに炭治郎の元へ? 過去話「匂いのない世界」で、炭治郎の身に起こった危険を察知し、突然目を覚ましどこかへ駆け出していった禰豆子。 第189話の扉絵でも懸命に走り続ける様子は表現されていたものの、前話になっても本編に姿を見せませんでしたね。。 前話本編では、いよいよ夜明けまで1時間となっており、無惨戦が終わりに近づいていることを示しています。 このまま無惨戦が終了するということは考えにくいですので、そろそろ 禰豆子が炭治郎の元へたどり着くのではないかと考えています。 現在、主力メンバーはほぼ瀕死の状態ですが、禰豆子の持つ 「鬼の細胞破壊」の血鬼術があれば、無惨の攻撃による毒の影響を食い止めることができると推察されます。 愈史郎の治療も効果を発揮するとは思いますが、完全に回復させるにはやはり禰豆子の力が必要不可欠!ということで、禰豆子の到着が待ち遠しいですよね。 第192話では、禰豆子の活躍にも期待大です! 無惨戦は最終局面へ? 前話では、炭治郎が無惨へ「もう終わりにしよう」と覚悟の言葉を放っていたため、無惨戦が最終局面を迎えたことを意味していると思います。 炭治郎以外の剣士が戦闘不能状態になっているため、なんとしても炭治郎が無惨を引き留めなければなりません。 しかし炭治郎も顔の半分が鬼のように酷い状況で、このまま一人で戦い続けられるのか微妙なところです…。 第192話では前半は炭治郎と無惨の一対一の戦いの描写、そして後半にはついに危機的状況に陥った炭治郎の前に禰豆子が到着、 禰豆子の血鬼術と炭治郎の日の呼吸で無惨に技を繰り出す…! というところまで一気に描かれるのではないでしょうか…? 次回の展開に期待したいと思います! 漫画「鬼滅の刃」ネタバレ192話最新!感想・予想の声は? 鬼滅の刃最新話読んだみんなの感想 — まふゆ lIlIlIIIlllIIll 前話を読んだファンの皆さんからは、読後の感想とともに第192話に対する予想の声が続々と上がっています。 ここでは、SNSの投稿の一部をご紹介していきます。 自殺だけはするな。 — ポンタマリア oECZwkvMUy4jCmC 鬼滅の刃最新話読んだ俺 最初「よっしゃぁ いけぇ 勝てるぞぉ」 終わり「えっ!? いや…. ええ…」 — Aiy ドル円. マジやとしても愈史郎の幻覚とかそこら辺であって欲しい — けーすけ moromi1130 鬼滅の刃191やばすぎでしょ どーすんだ — Kouki kouki03192016 鬼滅の刃191見たけど すんごいな 言葉失うわ — よーしん nYJuvoniL4GjXlN ファンの皆さんも、前話で柱や主要キャラが瞬殺されたシーンにはかなりショックを受けているようですね! もしやそろそろ無惨を倒せるのでは…?と期待値が高まっていただけに、この展開には驚きを隠せません。 このまま炭治郎と無惨の一騎打ちになるのか、まだまだ予断を許さない状況ですが、引き続き注視していきたいと思います。 義勇さんの刀が飛ばされ、殺されそうになる所を他柱がカバー。 しかし無惨の血がじわじわ効いてきて身体に異変が…。 って時に猫の遣い血清を持って登場!回復! からの伊黒さん赫刀からの痣発現 画像4枚目 …やばいです……!!!! — ゆう 鬼滅の刃 sendai2future31 鬼滅の刃192話「廻る縁(えにし)」のネタバレ最新速報を入手しましたので、追記しました!! このタイトルは、炭治郎の繰り出す技と関係があるとか…? 以下、ネタバレ最新確定速報をお届けしていきたいと思います。 炭吉が緑壱の日の呼吸全型を焼き付ける! 第192話では、まず炭治郎の祖先「炭吉」の記憶を辿る旅の続きが描かれます。 始まり呼吸の剣士である縁壱は、温厚で飾り気のない優しい性格をしており、どこか人を惹き付ける魅力も持っているようです。 炭吉の妻であるすやこは、縁壱に対し「日の呼吸の型を見たい」と頼みますが、縁壱は嫌な顔一つせずに 丁寧に型を披露してくれています。 炭治郎も、炭吉を通じて縁壱の日の呼吸の全型を目にすることとなり、しっかり取りこぼすことなく目に焼き付けようしています! 無惨攻略の鍵となる「日の呼吸の全型」を間近で見るまたとないチャンス、驚くほど美しいその型はまるで夢の中にいるようで、思わず息をのむ炭治郎。 精霊のような華麗な型に、妻のすやこだけでなく子ども達も大喜びの様子でした。 普段は物静かでおっとりした緑壱も、日の呼吸で誰かを笑顔にできることをとても嬉しく思っているようです。 炭治郎の耳飾りの謎が判明! 久しぶりの再会、そして日の呼吸の型を披露してくれたこと、炭吉は感謝の気持ちでいっぱいでしたが、残念ながら別れのときが訪れます。 温かく迎え入れてくれた炭吉に感謝の念を表す縁壱は、炭吉に耳飾りを渡していました。 そう、それは炭治郎が 父から受け継いだあの耳飾りだったのです! 何代もかけて竈門家に伝承されてきた耳飾りは、祖先の炭吉が縁壱から直接受け取ったものだったのですね。 炭治郎の父が大事そうに耳飾りを扱っていたのも頷けます。 耳飾りを炭吉に託した縁壱の様子から、炭吉は「もう緑壱が二度と戻ってくることはないんだ」ということを直感し、何ともやり切れない思いを胸に涙を流します。 縁壱の想いをしっかりと受け取った炭吉は、必ず縁壱の遺したものを子孫たちに受け継いでいくことを心に誓いました。 こうして現在の炭治郎の元に、 耳飾りと日の呼吸が伝えられることとなったのですね! 涙ながらに自身の決意を言葉にする炭吉に対し、とても優しい表情を浮かべながら感謝の意を表する緑壱でした…。 日の呼吸十三の型の真相は「廻る縁」! 炭吉の記憶の中から意識を取り戻した炭治郎、縁壱から受け継いだ日の呼吸の12個の型が寸分の狂いもなく見事に伝承されてきたことを肌で感じることとなります。 竈門の祖先や珠代を縁壱が救ってくれたおかげで、今の鬼殺隊、今の自分があることを知り、炭治郎も深く感謝の念を示します。 しかし炭吉の記憶の中では十三の型の秘密を知ることはできませんでした。 炭治郎が日の呼吸十三の型を繰り出すことは、無惨攻略において非常に重要な鍵となるため、必死に謎の解明を試みます。 ここで非常に重要となるのは日の呼吸の12個の型です。 円舞(えんぶ)からはじまり炎舞(えんぶ)で終わるヒノカミ神楽、初めと終わりが同音であることにもしや意味があるのでは…? 炭治郎は考えを巡らせていきます。 そして記憶の中で父が、夜が明けるまでずっとヒノカミ神楽を舞い続けていたことをふと思い出します。 体の弱かった父が「呼吸」により繰り返し踊り続けていたことは、実は重要な意味があったのではないか、炭治郎の予想は確固たるものへと変わっていきます。 日の呼吸の始まりから終わりまでの 12個の型を繰り返し舞い続けることで、十三の型が完成する…! タイトルの「廻る縁」というのも、この輪廻するヒノカミ神楽を意味していたのです! 無惨戦は最終局面へ! 脳と心臓を複数持つ無惨の体を跡形もなく斬りつけるには、日の呼吸12個の型を夜が明けるまで何度も何度も繰り出し続けることが必要不可欠…。 日の呼吸十三の型の秘密に気づいた炭治郎でしたが、夜明けまで絶やすことなく攻撃を放つというのは、体への負担も相当大きく、重症の自分に達成することはできるのだろうか…と迷いの念が生じます。 あの緑壱ですら、無惨を完全に倒すことはできなかったのです。 無惨の脳や心臓を斬りつけ続けるということが、果たしてできるのか…、しかしそれ以外にみんなを守る方法は無い…。 気を緩めず、散っていった仲間達、家族の無念を胸に、 心を燃やし続けるんだ!とついに決心します。 その間にも、無惨の容赦ない触手が繰り出されていますが、すでに炭治郎は無惨の攻撃速度に追いつき、手にしている 日輪刀で確実に応戦しています! 鬼殺隊の柱ですら歯が立たなかった無惨に対し、ここまで対等にわたりあえるとは…、無惨も悔しそうな表情です。 日の呼吸で戦う炭治郎の姿が、 無惨の目には緑壱の亡霊かのように映っている様子です。 ここで、無惨は柱達を瞬時に倒した 「八本の腿からの触手」で炭治郎へ一撃を食らわせます! あまりの速度に避けきれなかった炭治郎でしたが、ようやく無惨の技の正体に気づいたようです。 竈門家に代々伝わる耳飾り、日の呼吸の全型も縁壱から炭吉に受け継がれたものでした。 炭治郎は縁壱の想いをしっかりと受け止め、日の呼吸で無惨に応戦します! そしてついに明らかになった十三の型の秘密…! 炭治郎は十三の型で無惨を撃破することができるのでしょうか!? 次回の展開も楽しみすぎますね!!.

次の

鬼滅の刃/きめつのやいば最新話192話ネタバレ・画バレ解説・感想+193話考察

鬼 滅 の 刃 ネタバレ 192

青い彼岸花の行方• 禰豆子のが特別な鬼である理由• なぜ炭治郎に記憶が継承されているのか• 鬼の始祖、無惨はなぜ鬼となったのか などなど、まだ明らかになっていない謎も沢山あります。 ただ、柱たちもどんどん倒れていき、再起不能に近い状態に。 鬼滅の刃の物語が最後を迎えている、嫌でもそう感じてしまいます。 でも超絶な人気を誇る鬼滅の刃が、そう簡単に終わる? といった声もあります。 鬼滅の刃には吾峠呼世晴先生の意思が宿っていると思います。 煉獄杏寿郎は鬼としての永遠の命より、人間としての死を選びました。 鬼滅の刃連載にも、この煉獄杏寿郎の選択と近いものを感じます。 ということから、私はこの戦いが本当に最後の死闘になると思います。 物語が終わるとしてもまだ今後、語られていない謎の詳細が明らかになってくるはず。 どちらが鬼かわからないなの意味 無惨の毒によって倒れた炭治郎。 瀕死の状態でしたが、愈史郎の懸命の治療により一命をとりとめました。 一時は脈がなかったのに、再び戦えるまで復活したのはすごいです。 愈史郎が炭治郎に何本も注射したのは、珠世がつくった血清のようなもの。 猫の茶々丸が不死川たち柱に発射したものと同じでしょう。 でも、炭治郎はまだ毒に侵された状態で、顔面が鬼のような状態。 見た目が醜くなってしまい、無惨と炭治郎どちらが鬼かわからないほどです。 この演出は何を意味するのか? 毒に侵されていることを、視覚的に明らかにしておきたいからかも? 毒に侵されている状態って、目で見てわかり難い状態です。 「毒でやられてますよ」 とひと目でわかりやすく伝えるためだと思います。 となると、それが解除される時が来るということ。 しばらくはこの状態で無惨と戦う。 禰豆子が到着して、禰豆子が毒を無効化してくれる。 2人で爆血刀で赫刀化して戦うと いった流れになると予想。 また他の理由として、鬼滅の刃のテーマを表現するためでもあるのかも。 鬼のように強いけど、人間の心は忘れない、のような。 禰豆子もそうですが、鬼の見た目を持ちながら人間の心を持っています。 炭治郎も鬼のような見た目になってしまったけど、心は人間のまま。 そういう尊さを表現する、といった先生の意図もあるのかもしれません。 柱たちの生死は? 形勢有利と思われていた鬼殺隊士たちでしたが、「パギャ」という音と共にほぼ全滅の状態に。 一体どんな攻撃が行われたんでしょうか? カナヲは「速すぎる」といっています。 触手を高速で振り回した? 体を分裂させてぶつけた? 柱の状態を見てみると、• 悲鳴嶼は左足が大腿部から切断。 冨岡は日輪刀を握る右腕ごと切断。 伊黒は切断は不明。 日輪刀は折れているように見えます。 不死川は負傷程度は不明。 かなり遠くまで飛ばされている• 善逸と伊之助も重症そうだが切断は無さそう 伊之助の日輪刀は折れてます。 怪我の状態からみると、鬼殺隊士の四肢が切断されるような、鋭いタイプの攻撃。 「触手を超高速で振り回すような攻撃」だったと思われます。 足や腕が切断している悲鳴嶼と冨岡が心配ですが、実は派手な負傷がないと思っていた、伊黒や不死川の方が危険な状態・・・ とならなければいいんですが・・・どちらにしても心配です。 禰豆子はいつ到着する? 禰豆子の到着まで、もう少しかかるんじゃないかと思います。 無惨の今一番の願いは、禰豆子の日の光の耐性を自分のものにすること。 ということから、禰豆子の到着は「日の出の寸前」になると予想します。 無惨の攻撃に耐える炭治郎!追い詰められるが、日の出まであとわずか!• 禰豆子が到着!炭治郎が優勢に!• 無惨が禰豆子の体の一部喰う?などして、日の光の耐性を手に入れてしまう・・・ といった流れもあるかもしれません。 192話の展開予想まとめ 鬼滅の刃192話の展開予想をまとめると、.

次の