姫野 佳 発達 障害。 発達障害とグレーゾーン。生きづらいあなたへ。|キクエスト

発達障害ライター×精神科医が送る「なんとなく生きづらい人」のためのライフハック

姫野 佳 発達 障害

ひとつの「ブーム」とも言えるとも思うのですが、発達障害当事者として現状をどう見ていますか? 姫野:良い面と悪い面があるように思います。 良い面としては、発達障害そのものが世間に広く認知されるようになったことで、これまで努力不足で仕事や勉強で力を発揮できなかったと思われていた当事者の方々が、発達障害かもしれないと気がつくことができるようになったこと。 その一方で、発達障害の当事者が集まる会にマルチ商法や新興宗教の信者が紛れ込み、後日勧誘されるケースがあるとも聞きますADHD(注意欠如多動性障害)の方々は、人当たりがよく、いつもニコニコしている人が多かったり、ASD(自閉症スペクトラム症)で物事を客観的に捉えられない傾向がある人は標的にされやすい。 また、なにかあれば「お前アスペ(アスペルガー症候群)なんじゃない? 」などと茶化す人が出てきたのは悪い面ですね。 しかし点数が上がることはありませんでした。 当時は仕方がないと思いSPIテストがない企業の一般職に就き3年ほど働きました。 その後、フリーライターとして働き詰めになった末過労で倒れ、心療内科を受診した際に受けた心理検査で発達障害と診断されたんです。 もちろん先天的な病気ですから、治ることはありません。 一口に発達障害と言っても、注意欠如・多動性障害(ADHD)、自閉症スペクトラム症(ASD)、学習障害(LD)の3種類にわけられます。 ADHDは、注意が散漫になり集中力を欠き、仕事上では記入漏れが多いなどの特徴があります。 ASDは、本音と建前、比喩が理解できなかったりとコミュニケーションに問題を抱える特徴があります。 LDは、知的な問題がないにもかかわらず、読み書きや計算が苦手です。 私の場合は、このLDのために数学ができなかったのです。 ただ取材をしていて感じるのは、人それぞれ程度の差はあれ、ADHDとASDが混ざっている場合が多いですね。

次の

27歳、発達障害で性依存に陥った彼女の真実

姫野 佳 発達 障害

最近、耳にすることが増えてきた「発達障害」という言葉。 その認知度が高まるにつれ、「仕事でミスばかりする」「空気が読めない」「忘れ物が多い」など、日常の悩みごとの原因は発達障害のせいかもしれない……と悩む人も増えてきているそう。 しかし、そうした日々の困りごとの中には、ちょっとした工夫で改善できることもある。 そのような背景のもと、去る3月31日に『生きづらいけど生きのびたい! 「発達ハック」コンテスト』なるイベントがLOFT9 Shibuya 東京都渋谷区 で開催された。 当日は、発達障害の方々が自ら実践して効果があった「ライフハック」を、発達障害当事者の取材を続けるライターの姫野桂氏ら4人が審査し、コンテスト形式で紹介。 その模様をお届けしよう。 その中の一部が「タスク管理うまいで賞」「忘れ物しないで賞」「服選びがラクで賞」など、いくつかの賞として紹介された。 普段はなかなか知ることができない発達障害の「リアルな話」を聞ける機会とあって、会場にはたくさんの来場者が集っていた 「資料づくりがうまいで賞」では、軽度の発達障害特性に悩む当事者の支援団体・OMgray事務局にて代表を務めるオム氏がプレゼンターに。 「パワポ資料をつくる時に、まずは真っ白でいいから『名前を付けて保存』する」という投稿が選ばれた。 オム OMgray事務局代表。 未診断ながら発達障害特性に悩む人々「発達障害グレーゾーン」の当事者会「ぐれ会! 」や「グレーゾーンのための問題解決シェア会」を運営する。 同会が立ち上げたイベントにはこれまで400人以上が参加。 発達・精神障害当事者を中心に、さまざまな人が自己発信できる場「自分プレゼンテーション」も主催する 自身も「資料づくりが苦手でなかなか取りかかれない。 ずっと真っ白の状態で、だいたい当日の朝とかにやる」というオム氏は、「目の前の仕事が楽しくなると、先延ばしにしていたことでもすごく集中できたりするんですけど、直前に手をつけ始めると外的なアクシデントに対応できない。 取りかかるためのトリガーとして事前にファイルだけ作っておき、気が向いたらいつでも取りかかれるようにしておく。 私もすごく共感しました」とコメント。 自身の先送り癖と向き合って編み出した発達ハックを紹介 発達障害ポータルサイト「LITALICO発達ナビ」などを運営する鈴木悠平氏も、「目の前の仕事や出来事に引っ張られて先延ばしにしてしまう人もいれば、完璧主義な傾向が強すぎて、いろいろ考えすぎて最初の作業への着手が遅くなるという人もいます。 まず真っ白のファイルを作るというステップは、小さくていいですね。 とにかくステップを小さくしてラクにしていかないと、特に完璧主義だとキツイ。 タスクリストはそれひとつだけで完結するくらいの細かさまで分けるとやりやすい」と解説し、太鼓判を押した。 鈴木悠平 文筆家・編集者。 1987年生まれ。 株式会社LITALICO、LITALICO発達ナビ・LITALICO仕事ナビ編集長。 NPO法人soar理事。 障害や病気、その他さまざまな要因で生きづらさを感じている人たちと関わりながら、人が物語を通して回復していくプロセス探求・伴走・創出に携わる。 ADHDグレーゾーン、軽度の隠れ吃音あり また、発達障害バー「The BRATs ブラッツ 」の代表である光武克氏が「頑張らなくてもいいで賞」として取り上げたのが、「自分の体調や気力を記録して、頑張れない日を知っておく、頑張れない日があってもいいように準備をしておく」という投稿。 光武克 発達障害バー「The BRATs ブラッツ 」代表。 昼間は予備校のフリー講師として働く傍ら、2017年、高田馬場に同店をオープン。 2018年6月からは渋谷に移転して営業中。 発達障害に関する講演やトークショーにも出演する 「睡眠時間などを記録して曜日ごとの特性を可視化。 頭がどうしても冴えない月曜日があっても、どうやったら仕事が回るかを計算して、スケジュールを組むようにする」など、仕事でさまざまな苦汁をなめ、自分なりのライフハックを編み出すことに腐心してきた投稿者の事例を紹介した。 精神論で解決しようとせず、アプリなどを使い、睡眠の状態や自分の気分にムラがあることを客観的に把握し、その法則を理解するだけでもラクになるとのこと。 「頑張れない日 時間帯 」はそういうものとして受け入れ、その上で対策を立てる方向へシフトしたという投稿者 光武氏は続けて「特にフリーランスの方にあるあるで、僕もフリーランスとして結構いろんなところで仕事するんですが、苦手な職場に顔を出した後や苦手な人と会話をした後は仕事に支障が生じることが多い。 だいたい凹むので」と語り、スケジュールの組み方について「単価の低い仕事をたくさん受注して、結構ガチガチにスケジュール入れちゃう。 かつての自分を振り返ると詰め詰めで予定入れて、それでも無理に仕事していたんですけど。 こうやって、自分の体調が悪い時とかも考慮して、リスクヘッジしておけばよかった」と吐露する場面も。 姫野桂 宮崎県宮崎市出身。 1987年生まれ。 日本女子大学文学部日本文学科卒。 大学時代は出版社でアルバイトをして編集業務を学ぶ。 現在は週刊誌やWebで執筆中。 専門は性、社会問題、生きづらさ。 猫が好き過ぎて愛玩動物飼養管理士2級を取得。 著書に『私たちは生きづらさを抱えている 発達障害じゃない人に伝えたい当事者の本音』 イースト・プレス 、『発達障害グレーゾーン』 扶桑社新書 姫野氏は「ADHD傾向のある人は頭の中でいろんな氾濫が起きがちなので、それを書き出して可視化することで、思ったよりグチャグチャしていないと思えることが大事」と指摘。 予定を書いた手帳を見ること自体忘れてしまうという方が、その手帳に好きなアイドルのブロマイドを入れることで手帳を見る習慣を身に着けたという例も 夫婦で家を運営していくのも職場と一緒 イベント後半には来場者との質疑応答の時間も設けられ、4人の中で唯一の妻子持ちである鈴木氏に「発達障害でありながら人と同居すること」について質問が投げかけられる一幕もあった。 ツイッターでリアルタイムに投稿されてくる質問などにも触れながらイベントを進行 ただでさえ結婚は大きな決断だが、発達障害の当事者取材を重ねてきた姫野氏によれば、発達障害で悩む人の中には、他人と暮らすことに対して特に高いハードルを感じているという人も少なくないそうだ。 当の鈴木氏は「妻は同じ会社の同僚で、発達障害の子どもの支援の専門職なので、非常に理解があるのが大前提としてあります。 なので、生活支援を受けている。 例えば、私が郵便受けを全然見ないから、玄関の電気をつけるところに『郵便受け見た? 』って視覚補助があって。 最近は定着したので外れましたが、そういう環境設計をしてくれる」と苦笑。 「夫婦で家を運営していくのも職場と一緒だと思っていて。 実家とか自分たちの外側の家族関係に対して距離感をどうするかもそうですが、夫婦として一緒にやることとそれぞれ好きにやったらいいところは、なるべく言語化して共有するのが大事」と続けた。 自己理解などに関して人より時間がかかる。 僕も自分はずっと妖怪人間ベムだと思っていましたが、30歳を過ぎてだいぶ人間に近づいてきた感があります。 あと、別のイベントでご一緒した発達障害当事者の笹森理絵さんは、『40になると歳をとって周りもポンコツになってくるから相対的にラクになる』と言っていました 笑。 いま苦しい方も、希望を持って歳をとっていきましょう」と呼びかけて、イベントを締めくくった。 そして、それぞれの生きづらさを改善するために紆余曲折を経て編み出されたさまざまな発達ハック。 これらは暗闘を続ける当事者をはじめ、多くの人たちが抱える生活上の悩みや問題を乗り切る一助にもなり得るだろう。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

テレビで目にした発達障害の番組。そこには“僕のこと”が映し出されていた

姫野 佳 発達 障害

生まれつきの脳の特性により、できることとできないことの差があり、日常生活や仕事において支障をきたす発達障害。 主に不注意や衝動性があるADHD(注意欠如多動性障害)、コミュニケーションに特徴があったり特定のこだわりが強いASD(自閉スペクトラム症)、知的な問題はないのに簡単な計算や読み書きが困難なLD(学習障害)の3種類があり、障害の程度は人それぞれ。 発達障害当事者を取材した(イースト・プレス)を上梓したフリーライターの姫野桂氏と発達障害の妻との絆を描いた(講談社)が話題で、高次脳機能障害当事者の鈴木大介氏との対談。 後編では、発達障害当事者の埋もれてしまっている苦しみの声について切り込む。 確定申告も、自分ではもう無理だと感じ、税理士さんに依頼し始めました。 一気に肩の荷が下りました。 それに、今まで経理業務に使っていた時間に本業のライター仕事を当てれば、それまではスケジュールの都合上断っていた仕事を受けられるようになり、依頼していただく方にとっても都合が良いです。 また、失敗しがちなジャンルの仕事も分かるようになってきたので、それは断った方がお互いのためです。 鈴木 ですよね! 改めて、計算が苦手な特性の姫野さんが確定申告を自力でやろうと思った時点で、尊敬しちゃいますが(笑)。 姫野 何かにつけて「フリーランスだから我慢しなくては」と思っていました。 鈴木 僕なんか逆でした。 フリーになったとき、何年確定申告しなくても法的に問題ないのか、どれだけ安く人に頼めるのかを最初に調べましたから(笑)。 姫野 鈴木さんは高次脳機能障害により、それまでできていたことができなくなりましたよね。 でも、発達障害の人は最初からできません。 できないことに関して褒められないし、「人生なんてこんなもん」と思って生きてきた部分が私は大きいのですが、途中からできなくなった鈴木さんは、とてもショックが大きかったのではないかと思います。 写真:村田克己 鈴木 できなくなったショックよりパニックのほうが大きかったです。 会計時、小銭を数えられなくてひたすらつらいとか。 パニックが苦しいってことは知っていたけど、死んだ方が楽かもってぐらいリアルな苦しさを伴うとは当事者になるまで知らなかったので、途方にくれました。 ショックが少なかったのは、ようやく当事者目線で情報を発信できるようになったというギフト感があったからですね。 姫野 私も周りから見るとパニックに見えないらしいのですが、イレギュラーなことが起こると脳内でパニックを起こして、後から「あのときああ言えばよかった」と思うことがよくあります。 それが検査の結果ASDの傾向として出ていました。 でも、それがもともとの自分なんです。 その調子で31年間生きてきたので。

次の