リンダ フェア スタイン。 リンダ・フェアスタイン『誤殺』

【楽天市場】【中古】 埋葬 / リンダ フェアスタイン, 平井 イサク / 早川書房 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】:もったいない本舗 楽天市場店

リンダ フェア スタイン

免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の

絶叫/リンダ・フェアスタイン 本・漫画やDVD・CD・ゲーム、アニメをTポイントで通販

リンダ フェア スタイン

元ニューヨーク市地方検事補のリンダ・フェアスタイン氏は、エイヴァ・デュヴァーネイ監督のNetflix作品『ボクらを見る目』でフェリシティ・ハフマンが自分を演じた後、自分の経歴が問題視されていることに気が付いた。 5人はレイプ容疑で収監されたが、のちに冤罪だったことが判明した。 だがこの夏、デュヴァーネイ監督の番組がスタートしたとき、フェアスタイン氏は再び世間の注目にさらされ、火の粉が迫るのを感じていた。 実際にPenguin Random Houseの子会社Duttonはこれを実行した。 また、彼女の母校ヴァッサー大学の役員をはじめ、いくつかの要職を追われた。 デュヴァーネイ監督のドラマシリーズでは、フェアスタイン氏はあえて悪役として描かれている。 だがAMCの全5話の新作ドキュメンタリー『The Preppy Murder: Death in Central Park(原題)』の彼女はもっと人情深い。 それは恐らく、自分は被害者の味方だと彼女が考えているからだろう。 18歳のジェニファー・レヴィンさんが殺された事件では、彼女は近年最も激しく中傷誹謗された被害者の側に立って戦った。 だが彼女は、メイリさんが唯一の被害者ではなかったことを見落としていた。 それが問題だ。 それでも、『The Preppy Murder』は善悪に関しては白黒はっきりしている。 レヴィンさんの事件でのフェアスタイン氏は、性差別や女性蔑視に直面して、世間を相手に無茶な戦いを挑んだ地方検事補だった。 この番組は世間の嫌われ者という現在の立場とは相容れない、渦中の人物の別の一面に焦点を当てている。 レヴィンさんの事件と容疑者の扱い、そして本性 1986年、ジェニファー・レヴィンさんはセントラルパークで、ロバート・チェンバーズによって殺害された。 ハンサムで魅力的な19歳の男性は、レヴィンさんが荒っぽいセックスを強要し、事故で死なせてしまったと主張した。 「職場には180人の検事がいました」とフェイアスタイン氏はドキュメンタリーシリーズの中で指摘している。 「そのうち女性は7人です。 あそこでは、それまで殺人事件を担当させてもらった女性は1人もいませんでした。 この仕事は女性には厳しすぎると思われていたんです」。 殺人事件を扱った女性検察官は、彼女が2人目だった。 レヴィンさんに関していえば、裁判への関心が高まるにつれ、彼女の評判が何度も取り沙汰された。 セックス、死、そして殺人容疑者。 全5話中の間、本来の意味が失われるほど頻繁に、容疑者が「ハンサム」だったと繰り返されている。 彼女はセックスに狂った魔性の女だということにされてしまった。 チェンバーズの好青年的なイメージや、レヴィンさんはセックス狂いだったという主張にもフェアスタイン氏は動じなかった。 チェンバーズの経歴を洗い直した彼女は、彼が決して見た目通りの上流階級の青年ではなく、実は麻薬常習者で、麻薬欲しさにしばしば友人の家から金を盗んでいたことを突き止めた。 事実、彼はデヴィッド・フィルヤーという男と組んで知り合いの裕福な家で強盗を働いており、2人で逃走した。 その後フィルヤーは、レイプに失敗した女性を何度も刺し、遺体を置き去りにしたとして1985年に逮捕された。 彼は殺人未遂と暴行未遂、2件の強盗で起訴された。 フェアスタイン氏の後悔 気が付くとフェアスタイン氏は、チェンバーズと彼の弁護団から何度も妨害を受けていた。 彼は証言台に立たなかったため、反対尋問で麻薬常習と強盗を明らかにすることができなかった。 さらに、レヴィンさんのデニムジャケットから採取したDNA検査の結果も法廷に提出することができなかった。 ジャケットからはレヴィンさんの血液と唾液も検出されていた。 フェアスタイン氏は、チェンバーズがジャケットでレヴィンさんの口を覆って窒息死させたと考えていた。 だが当時DNA検査はまだ初期段階で、裁判所はDNAを証拠として採用しなかった。 その頃、チェンバーズはまるでケネディ一族のメンバーのような出で立ちでニューヨーク・マガジンの表紙を飾っていた。 彼の弁護士ジャック・リットマン氏は、レヴィンさんが「セックス日記」をつけていたという嘘の情報を報道陣に流した。 結局、陪審の審議は長引いていつまでたっても評決に至らず、レヴィンさんの遺族は、無効審理となるなら裁判を続けたくない、と語った。 チェンバーズは司法取引に応じて第1級故殺を認め、懲役5〜15年の刑を言い渡された。 ドキュメンタリーの中で、フェアスタイン氏は何度もレヴィンさんを擁護した。 今でも彼女は、若い女性のために正義を果たせなかったことだけでなく、そもそも彼女を救えなかったことを悔やんでいる。 最終話の終わりにフェアスタイン氏はニューヨーク・シティの公園へ足を踏み入れ、1986年当時10代だったレヴィンさんが遺体で発見された木に視線を向けた。 「朝起きて、何度もこう考えました。 いずれの事件も被害者は白人女性だった。 まずはレヴィンさん、その後がトリーシャ・メイリさん。 そして、どちらの事件でもフェイアスタイン氏は被害者女性の味方だった。 だとしても、セントラルパーク・ファイブ事件では5人の男性が刑務所に送られ、人生を奪われた。 その責任はフェアスタイン氏にある。 人種で大きく異なる容疑者の扱い だが元地方検事補は異を唱える。 『ボクらを見る目』初回の放送後、フェアスタイン氏はウォール・ストリート・ジャーナル紙に記事を寄稿して、かつての自分の職務を弁護した。 彼女は記事の中で、デュヴァーネイ監督のミニシリーズは自分の名誉を傷つけ、5人の若者の無実を間違って伝えていると非難した。 フェアスタイン氏曰く、たしかに5人はメイリさんをレイプしなかったかもしれないが、彼女が暴動と呼ぶ騒動のさなか、別の罪を犯していた。 30人以上の暴徒により、ジョギングをしていたメイリさん以外に8名以上が負傷した、と彼女は書いている。 5人はレイプに関しては免罪されるべきだとフェアスタイン氏も認めているが、彼らが働いたとみられる他の罪は見過ごすことはできない、と言う。 5人が犯した罪はさておき、5人とチェンバーズの処遇には雲泥の差がある。 現在の大統領ドナルド・トランプ氏は、メイリさんの事件の後に新聞広告まで出して、ニューヨーク州に死刑を採用するよう呼びかけた。 5人は何年も刑期を務めた後でやっと冤罪が認められたが、チェンバーズは最長15年の刑期を全うした後(素行が良かったことはなかった)、2008年に麻薬容疑でブタ箱に逆戻りした。 2024年までは収監される予定だ。 フェアスタイン氏がヒーローでも、悪役でもないのは確かだが、ただ彼女が両方の事件に関与していた事実は、刑事事件における有色人種と白人の処遇の違いをはっきりと浮彫りにした。 マギー・ヒッキー記者もドキュメンタリーの中でこう回想している。 「街の反対側では1日に殺人が4〜5件も起きているのに、私たちは『どうせ麻薬絡みだろ』と言って、全く気にも留めません。 でも1980年代に、セントラルパークで白人の身に何かが起こったとなれば、誰もが注目したんです」。 関連記事.

次の

元検事補への批判巻き起こる ボイコット、他ケース再捜査呼び掛けも

リンダ フェア スタイン

(ハヤカワ文庫 主人公は,ニューヨーク検察局の性犯罪課の女性課長アレクサンドラ(アレックス)・クーパー34歳である。 お金持ちで美人で独身であり,ボストンから近いマーサス・ヴィニヤード島に別荘を持っている。 この別荘を友人のハリウッド女優に貸したが,この女優がライフルで撃たれ頭を吹っ飛ばされて死んでしまった。 体つきが似ていたので,自分と誤って殺されたのかもしれないと激しいショックを受ける。 ニューヨーク市警からマークという友人が護衛につく。 捜査の参考人としてマークとともに島に行く。 地元の警察とFBIが捜査を行っている。 どうやら,被害者は,一人ではなく男と一緒にいたらしい。 事件の捜査はなかなか進まない。 このミステリが面白いのは,事件が起きてから解決するまでの10日間余りの主人公の仕事と個人生活まで事細かに描写しているからである。 買い物好きで料理の嫌いなアレックスが三食ごとに何を食べるのか,何を着るのかから,自宅から仕事場までタクシーに乗るのか地下鉄なのかまでわかる。 タフで有能の女性検事の仕事の内容,秘書の使い方,検事局内のポリテックスなど実に興味深い。 さらに,ニューヨークで起きる様々な気分の悪くなるような性犯罪も紹介される。 殺人事件についてはいかにも犯人らしい人物は途中で除かれ,意外な人物が主人公に襲いかかることになる。 アレックスはバレーを習っているが,鍛えた技で倒すのかと思ったらそうではなかった。 主人公とその周りの人物がいささか美化されすぎているだろうし,ミステリとしての出来はそれほどでもないが,ともかく楽しめる。

次の