堺 ブレイザー ズ 関田。 堺ブレイザーズ

2018年度男子日本代表チーム 選手・監督・スタッフ|男子日本代表|公益財団法人日本バレーボール協会

堺 ブレイザー ズ 関田

「 11PM」 ウィ!シャバダバ/音楽:三保敬太郎 11. 「 水戸黄門」 ああ人生に涙あり/里見浩太朗、横内正、高橋元太郎 22. 「 スペクトルマン」 スペクトルマン・ゴーゴー/ハニー・ナイツ、みすず児童合唱団 9. 「 レインボーマン」 死ね死ね団のテーマ/キャッツアイズとヤング・フレッシュ 22. 「 変身忍者・嵐」 嵐よ叫べ/水木一郎 19. 「 人造人間キカイダー」 ゴーゴー・キカイダー/秀夕木 20. カバトットのサンバ 2. ミスター・アンデルセン 3. 決断 4. さすらいの太陽 5. オバケのQ太郎 6. 天才バカボン 7. ふしぎなメルモ 8. さるとびエッちゃん 9. 国松さまのお通りだ 10. アパッチ野球軍 11. ルパン三世〜その1 12. 原始少年リュウが行く 13. 樫の木モック 14. 海のトリトン 15. 魔法使いチャッピー 16. がんばれ! 赤胴鈴之助 17. デビルマンのうた 18. ガッチャマンの歌 19. ハゼドン音頭 20. かいけつタマゴン 21. アストロガンガー 22. ど根性ガエル 23. マジンカーZ 24. バビル2世 ディスク: 2 1. 緑の陽だまり 2. ジャングル黒べえの歌 3. ドラえもんルンバ 4. わんさかワンサくん5. ミクロイドS 6. 幸せを呼ぶリミットちゃん 7. たたかえ! キャシャーン 8. ドロロンえん魔くん 9. キューティーハニー 10. おしえて 11. 魔女っ子メグちゃん 12. ゲッターロボ! 新みなしごハッチ 14. おれはグレートマジンガー 15. ジムボタンの歌 16. ポリマー 17. 宇宙製艦ヤマト 18. ぼくらきょうだいてんとう虫 19. がんばれウリクペン救助隊 20. よあけのみち 21. 勇者ライディーン 22. ラ・セーヌの星 23. ガンバの唄 24. 少年徳川家康 25. テッカマンの歌 続々々・テレビまんが主題歌のあゆみ ディスク: 1 1. 宇宙魔神ダイケンゴーの歌 2. われらガッチャマン 科学忍者隊ガッチャマン2 3. よんでいる まんがこども文庫 4. 宝島 5. 星から来た二人 ピンク・レディー物語 栄光の天使たち 6. 夢の舟乗り キャプテンフューチャー 7. きこえるかしら 赤毛のアン 8. 花の子ルンルン 9. 誰がために サイボーグ009 10. ダルタニアスの歌 未来ロボ ダルタニアス 11. ドラえもんのうた 12. くじらのホセフィーナ 13. ザ・ウルトラマン 14. 3人のうた コラルの探険 15. 心に汗を 新巨人の星2 16. 希望よそれは 円卓の騎士物語 燃えろアーサー 17. ガッチャマンファイター 18. 森へおいでよ 森の陽気な小人たち ベルフィーとリルビット 19. 幸せのバビラトラリラ メーテルリンクの青い鳥 チルチル・ミチルの冒険旅行 20. ハローララベル 魔法少女ララベル 21. がんばれ! 宇宙の戦士 宇宙大帝ゴッドシグマ 22. ムーへ飛べ ムーの白鯨 23. おれはアーサー 燃えろアーサー白馬の王子 24. がんばれゴンベ 25. 風になれ! がんばれ元気 ディスク: 2 1. ユカイ ツーカイ 怪物くん 怪物くん 2. ローラーヒーロー・ムテキング とんでも戦士ムテキング 3. おじゃまんが山田くん4. ゴライオン 百獣王ゴライオン 5. ハロー! サンディベル6. ジョリィ 名犬ジョリィ 7. ワイワイワールド Dr. スランプ アラレちゃん 8. タイガーマスク二世 9. 忍者ハットリくん 10. 見たいもの見たい ダッシュ勝平 11. あの子はあさりちゃん あさりちゃん 12. 銀河の青春 機甲艦隊ダイラガー・フィフティーン 13. ゲームセンターあらし 14. パラダイス・ドラキュラ ドン・ドラキュラ 15. テクノボイジャー 科学救助隊テクノボイジャー 16. Lはラヴリー Theかぼちゃワイン 17. おれたちの船出 わが青春のアルカディア無限軌道SSX 18. ぼく,フクちゃんだ「! フクちゃん 19. ミッドナイト・サブマリン 未来警察ウラシマン 20. 君は何かができる キャプテン 21. 恋は突然 愛してナイト 22. 光速電神アルベガス 23. キン肉マンGo Fight! キン肉マン 24. ポケット宇宙 ミームいろいろ夢の旅 25. きてよパーマン パーマン 続々・テレビまんが懐かしのB面コレクション 1. シンドバッドのうた シンドバッドの冒険 2. サウルスくん クムクム 3. ひろしのテーマ 鋼鉄ジーグ 4. 宇宙の王者グレンダイザー UFOロボグレンダイザー 5. 風よつたえて アンデス少年ペペロの冒険 6. パパはやっぱりすばらしい 元祖天才バカボン 7. ローラの子守唄 草原の少女ローラ 8. ははうえさま 一休さん 9. 河のうた ハックルベリィの冒険 10. かあさんおはよう 母をたずねて三千里 11. 星空のガイキング 大空魔竜ガイキング 12. グランプリ・ブギ マシンハヤブサ 13. ゴワッパー5の歌 ゴワッパー5ゴーダム 14. コン・バトラーV 超電磁ロボ コン・バトラーV 15. オリーブの木陰 ピコリーノの冒険 16. 猛と舞のうた マグネロボ ガ・キーン 17. あしたがすき キャンディキャンディ 18. ああ青春よいつまでドカベン 19. わたしはルル リトル・ルルとちっちゃい仲間 20. オカルトハンマーのうた ポールのミラクル大作戦 21. ビートン ろぼっ子ビートン 22. おいでラスカル あらいぐまラスカル 23. 少年マルス ジェッターマルス 24. さすらいの星ジミーオリオン 合身戦隊メカンダーロボ 25. その名もタクマ宇宙パイロット 惑星ロボ・ダンガードA 26. われらの命ソロン号 氷河戦士ガイスラッガー ディスク: 2 1. バレーボールが好き あしたへアタック 2. さがしに行かないか 超合体魔術ロボ・ギンガイザー 3. ランとジャッキー くまの子ジャッキー 4. 父をもとめて 超電磁マシン・ボルテスV 5. なかまっていいな 超人戦隊バラタック 6. 風船少女テンプルちゃん 風船少女テンプルちゃん 7. ホーマーズの歌 一発貫太くん 8. よみがえれ飛雄馬 新巨人の星 9. カニさんカニさん おれは鉄兵 10. レーサーブルース アローエンブレム・グランプリの鷹 11. おまえが選んだ道だから 激走ルーベンカイザー 12. やるぞわれらのゼニゼニチーム とびだせ! マシーン飛竜 13. メイ・フラワー 若草のシャルロット 14. 勇気のテーマ 野球狂の詩 15. 気まぐれバロン ペリーヌ物語 16. われらの旅立ち 宇宙海賊キャプテンハーロック 17. チックルチーコのチャチャチャ 魔女っ子チックル 18. エリカのバラード 闘将ダイモス 19. 一球さん 一球さん 20. 姫のためなら SF西遊記スタージンガー 21. 誰かが前を 偉人物語 22. ごきげんいかが? 紅緒です はいからさんが通る 23. 青い地球 銀河鉄道999 ぼくらのテレビ探偵団Vol. 2 1ぼくらのパーマン 2もーれつア太郎 3忍のテーマ 忍風カムイ外伝 4ジャイアント・ロボ 5キックの鬼 6なんたって18才 7ゲゲゲの鬼太郎 8ウルトラセブンのうた 9佐武と市 10ケンちゃんトコちゃんGO!GO!GO!11ゆけゆけ飛雄馬 12光速エスパーの歌 13アニマル・1 14男一匹ガキ大将 15ママはライバル 16スーパー・ジェッター 17河童の三平 18キャプテン・ウルトラ 19夕焼け番長 20男どアホウ! 甲子園 Vol. 3 1レッツゴー・サザエさん 2カツオくん星を見上げて サザエさん 3ゾーン・ファイト・マーチ 流星人間ゾーン 4おれはガロガ 流星人間ゾーン 5大魔王シャザーン6シャザーン・マーチ 大魔王シャザーン) 7アラーの使者8手のひらに何はなくとも アラーの使メ 9ネコジャラ市の11人10菓子売りソング ネコジャラ市の11人 11ぼくらの町ネコジャラ ネコジャラ市の11人) 12すばらしい星地球 ネコジャラ市の11人 13誠之助武芸帳 妖術武芸 14妖術武芸帳15ポロロン・ワルツ コメットさん 16怪物くんの子守唄 怪物くん) 17怪物くんのクリスマス 怪物くん 18ジャイアント・ロボ・ソング(ジャイアント・ロボ) 19唄う妖怪 河童の三平妖怪大作戦 20江戸っ子のスキャット もーれつア太郎 Vol. 4 1ターザンの歌 密林の王者ターザン) 2オー・ノー・ヤダモン ちびっこ怪獣ヤダモン) 3サンダーマスク4戦え!! サンダー サンダーマスク 5緯度0大作戦 6小さな姉弟 チャコとケンちゃん)7遊星王子8宇宙を駈って 遊星王子 9夕やけの空 新八犬伝)10新八犬伝メインテーマ 11仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌 新八犬伝) 12クレオパトラの涙 クレオパトラ 13ゲリラの歌 クレオパトラ 14ワン・チュー・スリー作戦 15花が好き夢が好き コメットさん 16私の心はとてもちいさい コメットさん 17サザエさん一家 サザエさん 18白いつばめ 忍風カムイ外伝 19キックのあけぼの キックの鬼 20パーマン2号はウキャキャのキャ パーマン 懐かしのアクションヒーロー 1. スタージンガーの歌 SF西遊記スタージンガー 2. 姫のためなら 同 3. 闘将ダイモス 闘将ダイモス 4. エリカのバラード 同 5. 銀河鉄道999 銀河鉄道999 6. 青い地球 同 7. 誰がために サイボーグ009 8. いつの日か 同 9. 夢の舟乗り キャプテンフューチャー 10. ポプラ通りの 同 11. 燃えろ! 仮面ライダー 仮面ライダー 12. はるかなる愛にかけて 同 13. 希望よそれは 円卓の騎士物語燃えろアーサー 14. 花のなかの花 同 15. ああ電子戦隊デンジマン 電子戦隊デンジマン 16. デンジマンにまかせろ! 同 懐かしのテレビまんが主題歌大全集特撮ヒーロー2 1. 魔神バンダーの歌 魔神バンダー 2. バンダー・マーチ〜インストゥルメンタル 3. 笛吹童子 新諸国物語・笛吹童子 4. 笛吹童子 5. どっこい野郎 どっこい大作 6. 明日への出発 同 7. クレクレタコラ クレクレタコラ 8. 不思議な不思議な森の中 同 9. ストラ5 電撃!! ストラ5 10. 5人のチャレンジャー 同 11. ドラゴン 闘ヲ! ドラゴン 12. ロンリー・ドラゴン 同 13. 駆けろバンキッド 円盤戦争バンキッド 14. バンキッド行進曲 同 15. 謎めく宇宙 同 16. 正義の星バンキッド 同 17. まかせてください僕たちに 同 18. 夢の友情飛行 同 19. 駆けろバンキッド TVサイズ 20. 同 カラオケ 21. バンキッド行進曲 同 22. 謎めく宇宙 同 23. 正義の星バンキッド 同 24. まかせてください僕たちに 同 25. 夢の友情飛行 同 26. 同 TVサイズ 27. 駆けろバンキッド 予告用ヴァージョン1〜3 懐かしのテレビまんが主題歌大全集[特撮ヒーロー 1 行けレインボーマン 安永憲自、ヤングフレッシュ(レインボーマン ) 2 ヤマトタケシの歌 安永憲自 (レインボーマン ) 3 死ね死ね団のテーマ キャッツアイズとヤングフレッシュ(レインボーマン ) 4 あいつの名前はレインボーマン キャッツアイズとヤングフレッシュ 5 流星人間ゾーン 子門真人、少年少女合唱団みずうみ(流星人間ゾーン ) 6 流星ビクトリー 子門真人、北原和美(流星人間ゾーン ) 7 ダイヤモンド・アイ ヤングフレッシュ(ダイヤモンド・アイ) 8 ライコウマーチ ロイヤルナイツ(ダイヤモンド・アイ) 9 グリーンマン コールユニゾン(行け! グリーンマン) 10 グリーンマンマーチ 仲とも吉、グリーンピース(行け! グリーンマン) 11 グリーンマンの挑戦状 仲とも吉、グリーンピース(行け! グリーンマン ) 12 戦ヲ! 電人ザボーガー 子門真人(電人ザボーガー) 13 おれの兄弟電人ザボーガー 子門真人(電人ザボーガー) 14 行け! 牛若小太郎 杉浦芳博(行け! 牛若小太郎 ) 15 来るか妖杉浦芳博(行け! 牛若小太郎 ) 16 コンドールマン ヤングフレッシュ(コンドールマン ) 17 ザ・モンスター ベンさいとうとモンスターズ(コンドールマン) 18 怪人二十面相 上条恒彦(怪人二十面相) 19 風と僕のバラード 上条恒彦(怪人二十面相 ) 特撮テレビヒーロー主題歌集 ディスク: 1 1. 超神ビビューン16「われらの超神ビビューン 17. 鉄人ワンセブン20ワンセブン讃歌 21. ジャッカー電撃隊22いつか花は咲くだろ、 東映戦隊ヒーロー15 ディスク: 1 1. バトルフィーバーJ バトルフィーバーJ 2. バトルフィーバー大出撃 同 3. 勇者が行く 同 4. ああ電子戦隊デンジマン 電子戦隊デンジマン 5. ゴーゴーデンジタイガー 同 6. デンジマンにまかせろ! 同 7. 太陽戦隊サンバルカンロボ 太陽戦隊サンバルカン 8. ファイト! サンバルカンロボ 同 9. 若さはプラズマ 同 10. 大戦隊ゴーグル5 大戦隊ゴーグル5 11. ゴーグルロボ 同 12. ストップ・ザ・バトル 同 13. 科学戦隊ダイナマン 科学戦隊ダイナマン 14. ゴーゴーダイナロボ 同 15. 夢をかなえてダイナマン 同 16. 超電子バイオマン 超電子バイオマン 17. バイオロボの歌 同 18. バイオミック・ソルジャー 同 19. 電撃戦隊チェンジマン 電撃戦隊チェンジマン 20. ファイト! チェンジロボ 同 21. ネヴァー・ストップ・チェンジマン 同 22. 超新星フラッシュマン 超新星フラッシュマン 23. フラッシュキング 同 24. ファイティングポーズ,フラッシュマン 同 ディスク: 2 1. 光戦隊マスクマン 光戦隊マスクマン 2. オーラに輝け! グレートファイヴ 同 3. 愛のソルジャー 同 4. 超獣戦隊ライヴマン 超獣戦隊ライヴマン 5. ダッシュ! ライヴロボ 同 6. ライヴボクサーの歌 同 7. あしたに生きるぜ! 同 8. 高速戦隊ターボレンジャー 高速戦隊ターボレンジャー 9. 明日にアクセル! ターボロボ 同 10. タックル! ターボラガー 同 11. ジグザグ青春ロード 同 12. 地球戦隊ファイヴマン 地球戦隊ファイヴマン 13. 五つの心でファイヴロボ 同 14. 兄弟ロボだぜ! スターファイヴ 同 15. ファイヴマン,愛のテーマ 同 16. 鳥人戦隊ジェットマン 鳥人戦隊ジェットマン 17. ジェットイカロス無敵ロボ! 同 18. ジェットガルーダ鳥のロボ 同 19. こころはタマゴ 同 20. 恐竜戦隊ジュウレンジャー 恐竜戦隊ジュウレンジャー 21. 大獣神のうた 同 22. ドラゴンシーザーのうた 同 23. 冒険してラッパピーヤ! 同 24. 五星戦隊ダイレンジャー 五星戦隊ダイレンジャー) 25. 俺たち無敵さ!! ダイレンジャー 同 ウルトラマンスーパーベスト30 1. 「ウルトラQ」〜ウルトラQ2. 大怪獣のうた3. ウルトラマーチ 4. 「ウルトラマン」〜ウルトラマンのうた5. 特捜隊のうた 6. ウルトラマン 7. 「ウルトラセブン」〜ウルトラセブンのうた 8. ウルトラ警備隊のうた9. ウルトラセブン 10. ウルトラ少年のうた 11. 「帰ってきたウルトラマン」〜帰ってきたウルトラマン 12. マット・チームの歌13. 怪獣音頭 14. ウルトラマン 15. 「ウルタラマンA」〜ウルトラマンA 16. タックのうた 17. 「ウルトラマンタロウ」〜ウルトラマンタロウ18. ウルトラ六兄弟 19. ウルトラの母のバラード 20. 「ウルトラマンレオ」〜戦え! ウルトラマンレオ 21. ウルトラマンレオ22. マックのマーチ 23. 星空のバラード 24. 「ウルトラ六兄弟vs怪獣軍団」〜ぼくらのウルトラマン 25. 「ザ・ウルトラマン」〜ザ・ウルトラマン 26. 「ウルトラマン80」〜ウルトラマン80 27. 「ウルトラの戦士vs大怪獣軍団ウルトラマンZOFFY」〜ウルトラマンゾフィ 28. 「ウルトラマン物語」〜ウルトラマン物語〜星の伝説29. 愛の戦士タロウ 30. 「ウルトラセブン」〜ザ・テーマ・ソング・オブ・ウルトラセブン がんばれロボコン!! 1. がんばれロボコン2. おいらロボコン世界一3. おいら天才ロボットだ 4. ロボコンおしゃべりへんちょこりん5. 好き好きロビンちゃん 6. ガンツはおいらの先生だ7. ロボットたちのうた8. おやすみロボコン 9. おれは0点落第生10. ロボコンコンコンぼくらの仲間11. ロボコン音頭 12. ロボコン運動会13. おいらロボコンロボットだい! ロボコンガッツラコン15. おいらロボコンロボットだい! ロボットが町にやって来た! 働くロボットたち 18. 平和な町の昼下がり…19. ロボコン大奮闘20. ゴキブリだ! 愛しのロビンちゃん22. 試練の時23. 今こそ見せるロボ根性! そして大団円25. ロボコンガッツラコン ムーミン 1. ムーミンのテーマ オープニングTVサイズ 藤田淑子 2. 同 エンディングTVサイズ 同 3. ムーミンは昨日 増山江威子 4. スノーク家のしつけ 広川太一郎 5. ちいさなミイ 堀絢子 6. ムーミンは昨日 フルサイズ 増山江威子 7. ムーミンのテーマ 藤田淑子 8. 同 松島みのり 9. ムーミンパパのうた 高木均 10. ノンノンのうた 武藤礼子 11. スナフキンのうた 西本裕行 12. おはようムーミン 玉川さきこ 13. ぼくの名前 同 14. ムーミン・マーチ 玉川さきこ,館野令子 15. おかえりムーミン 玉川さきこ,ヤング・フレッシュ 16. ムーミンのえかき歌 同 17. おやすみムーミン 玉川さきこ,館野令子 18. さよならムーミン 玉川さきこ,館野令子,高木均,高村章子,西本裕行 うる星やつら 1. ラムのラブソング 松谷祐子 2. 宇宙は大ヘンだ! 松谷祐子 3. 心細いな ヘレン笹野 4. 星空サイクリング ヴァージンVS 5. Dancing Star 小林泉美 7. 夢はLove me more 小林泉美 8. パジャマ・じゃまだ 成清加奈子 9. 恋のメビウス リッツ 10. Chance on Love CINDY 11. Open Invitaion CINDY 12. ロック・ザ・プラネット ステファニー 13. エヴリデイ ステファニー 14. 殿方ごめん遊ばせ 南翔子 15. 「Dr. 「一休さん」ははうえさま 藤田淑子 6. 「ブロッカー軍団? 「ブロッカー軍団? 「あしたへアタック! ギンガイザー ささきいさお,東京荒川少年少女合唱隊 2. 紅緒です 関田昇介 3. 「ガンバレ! ぼくらのヒットエンドラン 沢田雅博 5. シャナナナナナ ディック・リー 2. さあ冒険だ 和田アキ子 3. バブルバスガール コニーちゃん 4. パラシューター Folder 5. メロディー 西田ひかる with 加藤和彦 6. いいことあるさ スーパー・ピーキーズ 7. Ja-nay 鹿賀丈史 8. 大人になっても スチャダラパー 9. ピ ピカソ モダンチョキチョキズ 10. Birthday Party gonna be fun 11. キミとボク 鈴木蘭々 12. 花まつり 石井ビューティー ちょんまげ天国 1. ああ人生に涙あり 2. 銭形平次 3. ねがい 4. だれかが風の中で 5. 遠山の金さん(テレビシーン) 6. すきま風 7. ててご橋 8. 風が吹く時も 9. うたかた 11. GIVE UP 12. てなもんや三度笠 13. 花のお江戸のすごいやつ 14. はみだし野郎の唄 15. 江戸の黒豹 16. 風と雲と虹と 17. 暴れん坊将軍 旧オープニング曲 18. 三匹が斬る! 1-M-01A 19. 大江戸捜査網・テーマ(インスト) 20. 大岡越前 オープニングタイトル 21. 服部半蔵 影の軍団 オープニングテーマ 22. 文五捕物絵図のテーマ 23. 荒野の果てに 24. 夜空の慕情 25. 風の旅人 26. 冬の花 27. 旅愁 時代劇グレイトヒッツvol1 1. あゝ人生に涙あり 2. 銭形平次 3. 鞍馬天狗の歌 4. てなもんや三度笠 5. 黒い編笠 6. 江戸の隠密渡り鳥 7. 誠之介武芸帳 8. 大阪城の女のテーマ 9. 遠山の金さん 10. 赤胴鈴之介 11. あんみつ姫 12. だれかが風の中で 13. 熱血猿飛佐助 14. 笛吹童子 15. 子連れ狼 16. 峠のバラード 17. 桃太郎侍の歌 18. 不思議な夢 19. ねがい 20. 明日に生きる 21. いつも君のそばに 22. 風が泣くとき 23. すきま風 ちゃんばらまにあ 1. 一心太助 山田太郎 7. 「必殺! だんご3兄弟 速水けんたろう,茂森あゆみ,ひまわりキッズ,だんご合唱団 2. およげ! たいやきくん 子門真人 3. ピンポンパン体操 杉並児童合唱団 4. 黒ネコのタンゴ 皆川おさむ 5. 山口さんちのツトム君 斉藤こず恵 6. ガラガラヘビがやってくる とんねるず 7. おどるポンポコリン B. クィーンズ 8. ビューティフル・サンデー 田中星児 9. いっぽんでもニンジン なぎらけんいち 10. パタパタママ のこいのこ 11. でたらめな歌 爆チュー問題 13. ビューティフル・ネーム ニューヴァージョン ゴダイゴ 14. めだかの兄弟 わらべ 15. がじゃいも とんねるず 16. 鉄腕アトム 2. 鉄腕アトムマーチ 3. オスパー 4. ユミのうた 5. オバケのQ太郎 6. 僕は正太だい 7. おやすみとうさん 9. わんぱくフリッパー 10. フリッパー・マーチ 11. 魔神バンダー 12. バンダー・マーチ 13. ひょっこりひょうたん島 14. ケロヨンのうた 15. 木馬の歌 16. ドンキッコ 17. ドンキッコ・ソング 18. ヤダモン 19. 紅三四郎 20. 男の紅野 週間アニメ王 1. 「燃える! 『太陽にほえろ!』メイン・テーマ 2. 『太陽にほえろ!』マカロニ刑事のテーマ 3. 『太陽にほえろ!』ジーパン刑事のテーマ 4. 『大都会・闘いの日々』メイン・テーマ 6. 『大都会PARTII』メイン・テーマ 7. 『西部警察』メイン・テーマ 10. 『西部警察PARTII』メイン・テーマ「ワンダフル・ガイズ」 11. 『非情のライセンス』メイン・テーマ 15. 『Gメン'75』メイン・テーマ 18. 『特捜最前線』メイン・テーマ 19. 『大空港』メイン・テーマ「大空港のテーマ」 初CD化 26. 「太陽にほえろ!」 アクション 3. 「太陽にほえろ!」 ゴリさんのテーマ 4. 「大都会PART II」 クロのテーマ 5. 「大都会PART II」 追跡 6. 「大追跡」 メイン・テーマ 7. 「大都会PART III」 メイン・テーマ 8. 「特捜最前線」 挿入テーマ 13. 「ジャングル」 メイン・テーマ 24. 「太陽にほえろ!」 愛のテーマ デカまにあ 1. 「爆走! ウルトラマン全曲集2002 1. Spirit コスモスオープニング Project DMM 2. Beat on Dream on ガイアオープニンブ 菊田知彦 4. WAVES 5. ウルトラマンダイナ 前田達也 6. 君だけを守りたい ダイナエンディング 中島文明 7. ULTRA HIGH ダイナエンディング LAZY 8. Brave Love,TIGA ティガエンディング 地球防衛団 9. ウルトラマンのうた みすず児童合唱団,コーロ・ステルラ 10. ウルトラマン みすず児童合唱団,コーロ・ステルラ 11. ウルトラセブンのうた みすず児童合唱団,ジ・エコーズ 12. ウルトラマンエース ハニー・ナイツ,少年少女合唱団みずうみ 13. ウルトラマンタロウ 武村太郎,少年少女合唱団みずうみ 14. ウルトラマンレオ 真夏竜,少年少女合唱団みずうみ 15. ウルトラマンレオ ヒデタ樹,少年少女合唱団みずうみ 16. MACのマーチ 真夏竜,少年少女合唱団みずうみ 17. 星空のバラード 真夏竜 18. ウルトラマンネオス 前田達也 19. ウルトラセブン21 前田達也 アイドルアニメ主題歌 1. ゴッドマーズ 樋浦一帆 8. 「燃える! キャッツ・アイ 杏里 エレクトリックパーク 1. 石丸電気の歌 2. オノデンボーヤCMソング 3. ハートでさくらや 5. サトームセンCMソング 6. HELLO,SOFMAP WORLD 7. ビックカメラのCMソング 8. ヤマダ電機の唄 9. ヨドバシカメラの歌 最新アニメCD 1. 魔法戦隊マジレンジャー 2. ムリムリ!? ありあり!! INじゃぁな〜い?! あしたになあれ 4. 世界の約束 5. ミッキーマウス・マーチ 6. このゆびとまれ 7. 月夜のポンチャラリン 8. げんき げんき ノンタン 9. 勇気りんりん 10. めぐりあいっていいね 11. はぴねす特急 12. はたらくくるま1 13. 小さな世界 14. 公園にいきましょう 15. 来て来てあたしンち 16. 青春狂騒曲 17. 呪文降臨〜マジカル・フォース 18. DANZEN! ふたりはプリキュア 20. YUME日和 21. ハッスル 22. ひとりっこカバッこ 23. ねこねこしゃんしゃん 24. パンダうさぎコアラ 25. 狼なんかこわくない 26. となりのトトロ 27. はんじゅくコロンブス 28. どんな色がすき 29. きみのなまえ 30. きめたきめた 31. わくわくスーパーマーケット 32. 一週間 33. おおきなくちあけて 34. ごめんねピーマン 35. はみがきじょうずかな 36. サラダでラップ 37. アンパンマンたいそう 38. おしりフリフリ 39. うたっておどろんぱ! はじめの一歩 昭和キッズ8 ディスク: 1 1. ロボット刑事 水木一郎 2. 進めロボット刑事 水木一郎 〈ワンサくん〉 3. わんさかワンサくん シンガーズ・スリー,ロイヤル・ナイツ 4. ピンコラ音頭 シンガーズ・スリー,ロイヤル・ナイツ 5. ワンサくんのママ 堀江美都子 〈奥様土曜ショー〉 6. 恋がほしい 堀江美都子 7. 白い花びら 堀江美都子 〈キカイダー01〉 8. キカイダー01 子門真人 9. 01ロック 子門真人 〈あそびましょパンポロリン〉 10. ふしぎなぼうし 山田美也子 〈ど根性ガエル〉 16. ど根性ガエル音頭 石川進,荒川少年少女合唱隊,千々松幸子 17. ど根性ガエルマーチ 石川進 〈ママとあそぼう ピンポンパン〉 18. おさるがサ 石毛恭子,東京荒川少年少女合唱隊 19. ぼうしをかぶった男の子 石毛恭子,ウィルビーズ 20. ピンクの貯金箱 石毛恭子,東京荒川少年少女合唱隊 21. かくれんぼネッシー 石毛恭子,ウィルビーズ ディスク: 2 1. ミドリちゃん ホーン・ユキ 2. ワンサくんのママ ホーン・ユキ 〈母の曲〉 3. 光りがこぼれる街で 内藤はるみ 4. 悲しみに抱かれて 内藤はるみ 〈おーい太陽っ子〉 5. あったこともない友だち 嶋崎由理,コロムビア コーラス 6. 微笑にふれてみたかい 嶋崎由理,コロムビア コーラス 〈風雲ライオン丸〉 7. 行け友よライオン丸よ 浜ジョージ,ブルーエンジェルス 8. 行くぞ! ライオン丸 和田昭治とヤング・エコーズ 〈ドラえもん〉 9. ドラえもん 内藤はるみ,劇団NLT 10. ドラえもんルンバ 内藤はるみ 〈新造人間キャシャーン〉 11. たたかえ! キャシャーン ささきいさお 12. おれは新造人間 ささきいさお 〈ミラクル少女リミットちゃん〉 13. 幸わせを呼ぶリミットちゃん 大杉久美子,ヤング・フレッシュ 14. センチなリミットちゃん 大杉久美子 〈イナズマン〉 15. 戦えイナズマン 子門真人,コロムビアゆりかご会 16. チェスト! チェスト! イナズマン 水木一郎 〈キューティーハニー〉 17. キューティーハニー 前川陽子 18. 夜霧のハニー 前川陽子 〈マチャアキのシャカリキ大放送〉 19. 小学一年生 坂上忍 20. じゃまするぞ! 坂上忍,松村みゆき 〈生きものばんざい〉 21. みんな友だち 真理ヨシコ,東京荒川少年少女合唱隊 22. ゴレンジャー ささきいさお,堀江美都子,コロムビアゆりかご会 2. おそば屋ケンちゃん 宮脇康之,コロムビアゆりかご会 4. きょうだいっていいな 岡浩也 〈サザエさん〉 5. サザエさんのうた 堀江美都子,サニーシンガーズ,コロムビアゆりかご会 6. あかるいサザエさん 堀江美都子 〈グレートマジンガー〉 7. ビューナスAの歌 堀江美都子 8. ジュンの歌 堀江美都子 〈少年徳川家康〉 9. 少年徳川家康 ニュー・スタジオ・シンガーズ 10. いつか春が… ニュー・スタジオ・シンガーズ 〈冒険ロックバット〉 11. 冒険ロックバット 水木一郎,コロムビアゆりかご会 12. 鉄のプリンス・ブレイザー 水木一郎,コロムビアゆりかご会 〈ラ・セーヌの星〉 13. ラ・セーヌの星 アレーヌ,コロムビアゆりかご会 14. 私はシモーヌ アレーヌ,コロムビアゆりかご会 〈ロンパールーム〉 15. 1,2の3のごあいさつ いのうえみどり,コロムビアゆりかご会 16. あした天気になあれ いのうえみどり,コロムビアゆりかご会 〈ママとあそぼう ピンポンパン〉 17. チュンパラ・ブギ 金森勢,ピンポンパンちびっこ合唱隊 18. ピンポンパンだよ! ピン 酒井ゆきえ,ピンポンパンちびっこ合唱隊 〈がんばれ!! ロボコン〉 19. ロボコン音頭 水木一郎,山上万智子,コロムビアゆりかご会 20. ロボコン運動会 水木一郎,山上万智子,コロムビアゆりかご会 〈海洋博のうた〉 21. イルカ音頭 イルカファミリーコーラス 22. イルカのソナタ イルカファミリーコーラス ディスク: 2 1. テッカマンの歌 水木一郎 2. スペースナイツの歌 水木一郎,コロムビアゆりかご会 〈宇宙円盤大戦争〉 3. もえる愛の星 ささきいさお,コーポレーション3 〈家なき子〉 5. レミのうた フォンテーヌ・ハーモニー 6. バルブランの子守唄 市原悦子 〈とべとべパンポロリン〉 7. 海のだいかぞく 酒井ゆきえ,ピンポンパンちびっこ合唱隊 10. ピンポンパンおうえん歌 酒井ゆきえ,ピンポンパンちびっこ合唱隊 〈秘密戦隊ゴレンジャー〉 11. 赤い力だアカレンジャー ささきいさお 〈ロンパールーム〉 13. 一丁目の角のうさぎさん いのうえみどり,コロムビアゆりかご会 14. お手玉運動会 いのうえみどり 〈少年探偵団〉 15. 行くぞ! BD7 水木一郎,BD7,コロムビアゆりかご会 16. 少年探偵団のうた 水木一郎,BD7,コロムビアゆりかご会 〈UFOロボ グレンダイザー〉 17. グレンダイザー ささきいさお,コロムビアゆりかご会 18. シンドバットのぼうけん 堀江美都子,コロムビアゆりかご会 20. シンドバットのうた 堀江美都子,コロムビアゆりかご会 のこいのこ 1. ヤセタンとコロンタン 2. パタパタママ 3. オノデンボーヤCMソング 4. めくる のせる たべる ボーデンチーズ 5. エバラ焼肉のたれ「今日は焼肉デー」 6. 緑屋 7. 中央自動車工業「パームエアーロータリー」 8. 味の素マリーナ 9. のんびりとメルシャン 10. せんば子狸まんじゅう 11. コメッコ 12. グリコ「カプリソーネ」 13. ヤマギワ住まいの灯りフェア 14. 任天堂「シャルマントランプ」 15. ナショナルエアコンクール&クール 16. サントリーレッド 17. ハートのある機械です 18. 旭食品 19. わたしとあなたの間に 20. まるさんかくしかく 21. 森永スコッチパイ 22. 大正製薬パブロン 23. ドッドウェル「チャム」 24. サンヨーファンヒーター 25. サクラクーピー 26. 味の素プチマリーナ 27. セイカノート プロペラジャグラー 28. 資生堂メイクアップファンデーション 卵のお顔 29. 資生堂メイクアップファンデーション お料理上手 30. 資生堂メイクアップファンデーション 三ツ指ついて 31. レゴ レゴ レーゴ 32. やさしさを忘れず旭タクシー 33. 森永ヨーグルトなかよし 34. SSK オードブルツナ 35. カネボウ モグ 36. 味の素マヨネーズ 37. 苺の花嫁さん 38. 平和な日曜日 幸せをプレゼント 39. お誕生日おめでとう 40. カネボウアイス A 41. カネボウアイス B 42. カネボウ ブーガムランデブー 43. 片岡物産バンホーテンココア 44. セノー ポポーン 45. はたらくくるま 46. ニッカサラダ油 47. 三菱ふとん乾燥機ほすべえ 48. 武田製薬プラッシー 49. サンヨー食品カップスター 50. 吉忠ロマン 51. 浅草玩具ミロゲーム 52. ハクキンカイロ 53. 日本ペイント自分のことは自分でしよう 54. ハウス豆乳SOY200 55. アダム氏とイヴちゃん 56. タカラ パットちゃん 57. 味の素ハイミー 58. 旭化成セルセル 59. お月さまの願い 60. 今ここに 61. きのう きょう あした 62. マクロス 〜「超時空要塞マクロス」より 藤原誠 02. 背中ごしにセンチメンタル 〜「メガゾーン23」より 宮里久美 03. 失われた伝説を求めて 〜「機甲創世記モスピーダ」より アンディ 04. ゴーショーグン発進せよ 〜「戦国魔神ゴーショーグン」より 藤井健 05. 飛翔<NEVER END> 〜「クラッシャージョウ」より西松一博by ARAGON 06. 輝く瞳<BRIGHT EYES> 〜「巨神ゴーグ」より TAKU 07. 黄金戦士ゴールド・ライタン 〜「黄金戦士ゴールド・ライタン」より 宮内良 08. 地球にI Love You 〜「特装機兵ドルバック」より WELCOME 09. 亜空大作戦のテーマ 〜「亜空大作戦スラングル」より 片桐圭一 10. 秘密く・だ・さ・い 〜「メガゾーン23 PART II」より 宮里久美 11. 恋の呪文はスキトキメキトキス 〜「さすがの猿飛」より 伊藤さやか 12. ときめきトゥナイト 〜「ときめきトゥナイト」より 加茂晴美 13. ラブ・ラブ・ミンキーモモ 〜「魔法のプリンセス ミンキーモモ」より 小山茉美 14. おはようスパンク 〜「おはようスパンク」より 井上望 15. 私はマチコ 〜「まいっちんぐマチコ先生」より 今田裕子 16. ヤッターマンの歌 〜「ヤッターマン」より 山本まさゆき 17. オレンジのダンシング 〜「ななこSOS」より 高橋みゆき 18. 見知らぬ国のトリッパー 〜「魔法の妖精ペルシャ」より 岡本舞子 19. 忘れられたメッセージ 〜「レディジョージィ」より 山本百合子 20. ニルスのふしぎな旅 〜「ニルスのふしぎな旅」より 加橋かつみ タイムボカンシリーズ 1. タイムボカン 山本まさゆき,サカモト児童合唱団 2. それゆけガイコツ ロイヤル・ナイツ 3. ヤッターマンの歌 山本まさゆき,少年少女合唱団みずうみ 4. 天才ドロンボー 小原乃梨子,八奈見乗児,立壁和也 5. ヤッターキング 山本まさゆき,スクールメイツ・ブラザーズ 6. ドロンボーのシラーケッ 小原乃梨子,八奈見乗児,立壁和也,セリフ:滝口順平 7. おだてブタ 筒井広志,スクールメイツ・ブラザーズ 8. ドロンボーのなげき唄 小原乃梨子,八奈見乗児,立壁和也,セリフ:滝口順平,富山敬 9. ゼンダマンの歌 藤井健 10. これまたアクダマン 山本まさゆき 11. ゼンダライオン 山本まさゆき 12. わすれっこなしよ 三ツ矢雄二,滝沢久美子 13. オタスケマンの歌 山本まさゆき,少年少女合唱団みずうみ 14. アーウー・オジャママン 山本まさゆき,小原乃梨子,八奈見乗児,立壁和也 15. タイムパトロール隊 ロイヤル・ナイツ 16. がんばれオジャママン 山本まさゆき 17. ヤットデタマンの歌 トッシュ 18. ヤットデタマン・ブギウギ・レディ 鈴木ヒロミツ 19. 逆転イッパツマン 山本まさゆき,ピンク・ピッギーズ 20. シビビーン・ラプソディー 山本まさゆき,ピンク・ピッギーズ 21. トッキューザウルスの歌 山本まさゆき,ピンク・ピッギーズ 22. 逆転王 山本まさゆき 23. いただきマンボ 田中真弓 24. 絶唱カラオケマンの歌 山本まさゆき,ピンク・ピッギーズ (harf 忍者ハットリ君 1. 忍者ハットリくん 2. ねぇハットリくん 3. 忍者体操一、ニン、三 4. ハットリくんマーチ 5. おれはシンゾウひよこの忍者 6. まる秘忍法かぞえ歌 7. ハットリ忍法ニニンのニン 8. ハットリくん音頭 9. ちびっこにんじゃのシンゾウだい 10. 伊賀か甲賀か、甲賀か伊賀か 11. ハットリくん絵かきうた 12. シンゾウくん絵かきうた 13. おれはケムマキ 14. 俺のふるさと伊賀の国 15. まんまるころりん獅子丸だ 16. おさななじみ 17. 呼んでごらんよハットリくん 18. 獅子丸絵かきうた 19. シンゾウの手裏剣ロック 20. ツバメの子もりうた 21. ハットリ忍法あらかると 22. ジングルベル 23. ワシはカゲ千代ニャリン! 25. シシ丸のちくわのうた 26. ウバ・ウバ・ウキャキャ 宮城まりこ 27. 夢をみたの 宮城まりこ (以上 まんが世界昔ばなし) 1978 1 透明ドリちゃん 2 スパイダーマン 3 ルパン三世 4 ルパン三世 5 はいからさんが通る 6 宇宙からのメッセージ 7 ピンクレディ物語 8 野球狂の詩 9 がんばれレッドビッキーズ 10 透明ドリちゃん(エンディング) 11 宇宙海賊キャプテンハーロック 12 宇宙海賊キャプテンハーロック(END 13 ペリーヌ物語 14 魔女っ子チックル 15 魔女っ子チックル END 16 闘将ダイモス 17 闘将ダイモス END 18 SF西遊記 スタージンガー 19 銀河鉄道999 20 科学忍者隊ガッチャマン 21 科学忍者隊ガッチャマン 22 宝島 23 宝島 アニメ(続X3&X4) テレビまんが主題歌のあゆみ 1 異次元ストーリー 夢戦士ウィングマン 2 オヨネコぶーにゃん 3 ゆかいな大脱走 藤子不二雄ワイド 4 夢を勝ちとろう プロゴルファー猿 5 魔訶不思議アドヴェンチャー! コン・バトラーV 超電磁ロボ コン・バトラーV 6 オリーブの木陰 ピコリーノの冒険 7 あしたがすき キャンディキャンディ 8 ああ青春よいつまでも ドカベン 9 オカルトハンマーのうた ポールのミラクル大作戦 10 なぜ? ビートン ろぼっ子ビートン 11 おいでラスカル あらいぐまラスカル 12 さすらいの星ジミーオリオン 合身戦隊メカンダーロボ 13 ランとジャッキー くまの子ジャッキー 14 ホーマーズの歌 一発貫太くん 15 気まぐれバロン ペリーヌ物語 16 姫のためなら SF西遊記スタージンガー 17 青い地球 銀河鉄道999 18 小さな船乗り 宝島 19 さめない夢 赤毛のアン 20 女の子って 花の子ルンルン 21 青い空はポケットさ ドラえもん 22 愛の勇者たち ザ・ウルトラマン 23 レッド・ブルー・イエロー 宇宙大帝ゴッドシグマ 24 イタズラ3人組 がんばれゴンベ 25 おれたちゃ怪物三人組よ 怪物くん 26 おれたちゃクロダコブラザーズ とんでも戦士ムテキング アニメB面2 続々続々々 1 今日も夕やけ おじゃまんが山田くん 2 ふたりで半分こ 名犬ジョリィ 3 アレアレアラレちゃん Dr. スランプ アラレちゃん 4 ねぇハットリくん 忍者ハットリくん 5 青春ダッシュ! ダッシュ勝平 6 私は女の子 あさりちゃん 7 おいら熱帯低気圧! クィーンズ 5. LINDBERG 9.

次の

自動車買取相場はこちら!

堺 ブレイザー ズ 関田

自動車買取相場完全情報サイトへようこそ 自動車の買取価格を自動車の買取相場よりも高額にするための裏技を本音で語っています。 当サイト「自動車買取相場完全情報サイト」をじっくりと読んで、しっかりと実践し、是非この機会に得をして幸せになってくださいね。 お役に立てれば幸いです。 【自動車買取相場が初めての方へ】 自動車の買取や下取りの価格を、買取相場や下取り相場よりも ぐんと高額にする裏技 を内緒で公開しています。 初めての方はまず自動車買取相場を確認してください。 まったくの初心者でも成功する方法 なので気軽にお試しください。 ・・・ 【 第1章】自動車買取相場を知る 自動車の買取のためにはまず、自動車の買取相場を知る必要があります。 同様の無料サービスは他にもありますので、厳選したオススメのものを第2章で紹介致します。 是非、ご活用ください。 CMで有名ということもありますが、とにかく 安心感第1位なのがユーカーパックです。 第一の魅力は、なんと 2000社以上の中から査定額の高いところを選べるということです。 もう少し詳しく言うと、一社ずつ査定を出してくれるということではなくて、2000社以上の登録会社のオークションの参加がまず前提としてあって、その中で一番高額な査定額を出した業者が選べるということなんです。 これだけ業者数が多いと、 査定額が確実に高騰するので、こちらとしてはとってもおいしいわけですね。 第二の魅力は、 よくある一括見積もりに出すと様々な業者から個別に電話などの連絡が来るということがないという点で、余計な手間がなくて便利でいいんです。 個人的にはこの点を一番重視しています。 仕事中であっても平気で電話が色々なところからかかってくるというのは嫌なものですから、 ユーカーパックの利用者側に立った思いやりのあるシステムは、たいへんありがたいことだと思います。 新しいカーグッズを購入する際に、もらった1500ポイントを使うこともできますね。 また、買取価格が他のサイトと同じであれば、 楽天オートを利用した方が1500円分お得になるという点も大事です。 ここで賢明な方は、ピンと来ましたね! 他のサイト 「かんたん車査定ガイド」「カーセンサー」「ズバット車買取比較」「カービュー」 での買取価格を調べて、楽天オートでの買取価格と比較して利用すれば、一番お得になりますね。 じっくりと読んでテクニックを吸収してくださいね。 絶対に役に立ちますから! 自動車買取相場はもうチェックしましたか? さて、少しでも高く買い取って欲しいという場合に、 一番おすすめなのが「ユーカーパック」なのですが、 他にも「カーセンサー」「楽天オート」「ズバット車買取比較」「カービュー」もおすすめです。 このことをまず、頭に入れておいてください。 それでは、 裏技についてお話します。 車を売却したい方は、まず、 複数の無料一括査定サイトを利用して、自動車の買取相場の高値を調べてください。 複数の無料一括査定サイトを利用することで、 比較材料が増えるため、 真の高値を引き出すことができるのです。 利用したからといって 必ず売らなければならないわけではありませんし、出張査定を希望の場合も 一切無料ですので安心してくださいね。 特におすすめの無料一括査定サイトは「ユーカーパック」で、それ以外だと「カーセンサー」「楽天オート」「ズバット車買取比較」「カービュー」が高値が出やすいというのが 私たちの経験からお伝えできることです。 【 第5章】車を売る経験のお話と自動車買取相場 自分の車を少しでも高く売りたいと考えるのは誰もが思う自然なことです。 購入価格と同額での売却というわけにはもちろん出来ませんが、納得できる価格で売却するようにしたいものです。 しかし自分の愛車を買い取ってもらう場合に適切な価格はわかりにくく、実際に車を査定してもらうまで判断出来ないという場合が多いですよね。 車の買取り価格を効率よく知るためには確かに実際に査定してもらうのが一番確実です。 しかし希望している価格帯で売却するためには複数社に対して価格査定を依頼して比較することが効果的です。 実際に一社ずつ依頼していたのでは非常に時間がかかりますが、最近ではインターネット上の一括査定のサービスを活用することで効率よく売却価格を知ることが出来ます。 もちろんインターネット上で車の詳細を知ることは買取業者も出来ませんので、一括査定で知ることのできる価格はあくまで目安のものですが、比較して依頼する業者を絞り込む場合には有効な手段です。 車の売買では高額なお金が取引されます。 慌てて売却するのではなく、きちんと比較した上で売却の交渉を進めることで、交渉も有利に進めることができるでしょう。 車を売る際には車の状態も非常に重要になります。 例えば車のパーツや外装や内装などの状態が買取価格にも影響されます。 趣味で車の改造をされている人もいますが、出来るだけ新車に近い状態を維持することが買取り価格を高くする事に繋がります。 高く売りたいと考えているのであれば注意しましょう。 さらに売却するタイミングも重要になります。 同じブランドの車であれば、新車が発表された時点で、旧モデルの買取り価格は下がる傾向にあります。 やはり新モデルの車に乗りたいと考える人は多いため、需要が少なくなる旧モデルも買取り価格は下がります。 一方で購入するのであれば割安で購入できる可能性が出てきます。 車の新モデルは数年に一度、定期的に発表されますので売却を考えているのであればよく見ておきましょう。 【 第5章第1節】車を売る最適な方法 【 第5章第1節第1項】車を高く売る方法 古くなった場合や、買い換えなどの理由で愛車を売却することがあります。 使う予定がないのであれば以前に乗っていた車を売却することで新車購入の負担を小さく抑えることができるのです。 しかし車を売る際に難しいのが購入する場合とは異なり、中古車の売却価格は一律で決まったものではないという点です。 同じ車を売却する場合でも、買取りを依頼する企業によって査定価格は異なります。 もし一社だけで買取価格の査定を依頼していると、市場適正価格よりも安い値段で売却することになるかもしれません。 一律基準が無い以上、目安となる売却価格を知るためには各社に査定してもらい、値段を比較するのが一番確実です。 車を高く売りたいのであれば、車のディーラーで下取りをしてもらうのではなく、買取り専門業者へ依頼することが高く売るためのコツです。 下取りで売却すると手間が少ないですが、安い値段で売却することになる場合が多いので、できる限り買取業者へ依頼するようにしましょう。 価格比較の際には実際に査定を依頼する前にインターネットのサービスを利用した一括査定を行うと効果的です。 あらかじめ設けられているフォーマットに基づいて車の情報を入力していくことで、複数の企業に対して一回の作業で査定依頼を行うことが出来ます。 もちろん実際に車を見ているわけではありませんので、ここで知ることのできる価格はあくまで参考程度のものですが、企業を比較して絞り込む際には有効です。 【 第5章第1節第2項】車を売る際に利用するサイト 車を売る際には、インターネットの一括査定のサービスを利用すると効率よく価格比較を行うことが出来ます。 購入する際の定価とは異なり、中古車の売却価格は車の状態や人気などで変動しますので一律で決まっているものではありません。 また買取業者によっても価格は変わりますので、少しでも高い値段で売るためには適切な売却価格を知ることが必要です。 適正価格を知らなければ、相場よりも安い値段で売却してしまうことになるかもしれません。 比較の際には同種類の車で、他の人の売却価格を聞くことも参考にはなります。 しかし走行距離や車の保管状態により売却価格は異なりますので、同じ値段で売れるとは限りません。 自分の車の適正売価を知るためには、実際に査定してもらうことが一番確実です。 複数の業者に査定を依頼することで車の適正価格を知ることが可能です。 しかし、実際に複数の業者に車の査定をしてもらうというのは時間がかかりますし大変です。 効率よく参考売価を知るためには、インターネットでの一括査定のサービスを利用すると良いでしょう。 一括査定サイトではインターネット上に準備されているフォーマットに入力することで、複数の企業に対して一括で価格依頼を行うことが可能です。 ここでの価格見積もりは実際の売価とは異なり、インターネットに入力されている情報に基づいたあくまで参考的なものです。 しかし企業の絞り混みや目安となる売価を知る際には非常に便利ですので、有効に活用していきましょう。 【 第5章第1節第3項】首都以外の地域での車の売り方 車を売却するのであれば、やはり人口の多い地域の方が買取業者の数も多くなりますので、売却の際の選択肢も広げることが出来ます。 一方、首都圏以外で特に地方の場合であれば買取業者の数自体が少なくなりますので首都圏とはまた異なった認識が必要になります。 基本的にはインターネットでの一括査定を利用するという点では同じです。 しかし首都圏との違いは買取してもらう企業の数で、限られた選択肢の中から買取業者を選択することになります。 一括査定で利用するサイトとしておすすめなのは、ズバット車買取比較です。 無料での一括査定を提供しているサイトとしては歴史が長く、加盟している買取業者の数も多いです。 全国で150以上の加盟登録がありますので、複数社に対しての一括査定を考えている際に効果的に探すことが可能です。 地方の業者も複数社登録されていますので、地元の買取業者を探す際にも重宝します。 買取価格を比較する際に、買取業者の件数が少ないとあまり高い買取金額は期待できません。 複数社の企業を比較することで自分が希望している買取価格に近づけることが出来るのです。 また依頼する業者の選択以外に車を良い状態で維持しておくことは非常に大切です。 内装や外装だけではなく、車内のパーツや取り扱い説明書まで車に関連する物に関しては出来るだけ購入時点に近い状態を維持しておくと買取価格が上がることが期待できます。 査定前に綺麗に清掃しておくだけでも第一印象が変わりますので心がけておきましょう。 【 第5章第1節第4項】専門性が高い車の売り方 車を中古車として売却するのであれば、需要が少ない専門的な車を売るよりも一般的に乗られている車を売却する方が売りやすく、また高額で売れる可能性があります。 中古車の売却価格は定価に加えて需要を供給のバランスを元に算出されます。 スポーツカーや趣味で利用される事の多い車に関しても同様の事が言えます。 専門性が高い車を売却するのであれば、売却査定前に一括査定で適正な売価を知っておくことが大切です。 ここまでは一般的な車を売却する際と変わりませんが、専門性の高い車の場合はその分野での中古車の買取を得意としている企業がありますので、そのような企業に依頼することも検討するといいでしょう。 改造車も一般的に売りにくい車の一つです。 改造車とは購入後にパーツや塗装などを変更した車の事を言います。 カーナビなど通常に使っていく際に便利な改造であれば、買取価格を上昇させることも期待できますが、個人によって好みが大きく分かれる改造に関してはあまり行わない方がいいでしょう。 場合によっては改造前の状態に戻してから売却することを考えてはどうでしょうか。 改造前のパーツを持っているのであれば、正規のパーツに戻した上で改造パーツについては専用の業者へ売ることでパーツの適正な価格で売却できる可能性があります。 改造の場所によっては元に戻すことが容易ではない場合もあると思いますので一概には言えませんが、比較的改造前に戻しやすい部分に関しては検討してみるといいでしょう。 【 第5章第1節第5項】忙しい場合の車の売却 仕事で忙しくて日中に時間が取れない場合や、直接価格交渉するのが苦手な場合などにおすすめなのがインターネットを利用した売却方法です。 車は高額な取引ですので、最終的な買取価格は車を見るまでは知ることが出来ませんが、目安となる参考価格はインターネットの一括査サイトを利用して知ることが出来ます。 インターネット上のサービスですので時間の心配をすることなく申し込みの手続きを行うことが可能です。 インターネットが繋がる環境であれば作業をする場所を選びませんので、外出先などでも手続きを行うことが出来ます。 一括査定サイトでは手続きを行うことで提携している複数の企業に対して一括で査定依頼をすることが出来ます。 後ほど買取業者からインターネット上に入力された情報に基づきまして簡易的な買取り価格を知ることが出来ます。 確定したものではありませんが、買取価格の目安として利用することが出来るでしょう。 車の一括査定では手続きはインターネット上で行いますが、実際の価格連絡は電話などで行われるケースが多いです。 また最終的な売却価格は現物の車を見ることで算出されます。 カーセンサーのメリットは交渉作業をメールを通して行う事が出来るという点です。 メールであれば一旦連絡を受けてから落ち着いて考えることも出来ますので、電話での交渉が苦手な場合にも有効です。 細かい折衝に関しては直接対面して話をした方が伝わりやすいですが、直接での交渉作業が苦手な場合には有効に利用していきましょう。 【 第5章第1節第6項】現在の車を売る状況 車の人気は根強いものがあり、景気が低迷していた時期にも販売台数が大きく低下することはありませんでした。 しかし売上の面では為替の影響で厳しい状況下が続きました。 車の販売は国内だけではなく、海外への輸出も非常に多いです。 そのため、為替が円高の方向に動きますと企業の収入面で大きな影響を与えます。 車の製造者の立場からしますと輸出の比率が高いため為替が円安傾向になっている方が収益面で好ましいのです。 一方で販売台数という点では根強く、景気が悪くても大きな影響を受けないようです。 これは中古車の需要に対しても同様で、人気のある車の場合は中古車でも購入希望者は多いです。 車は私達の生活に欠かせない乗り物となっており、これからも車の人気は大きく変わらないのではないかと思います。 現在ではインターネットの普及に伴い、遠方からでも中古車の販売状況を知ることが出来るようになりました。 実際に車を購入する際にはもちろん現物を見て車の状態を確認することが欠かせませんが、価格帯や取扱商品などを探すのであればインターネットは非常に便利です。 複数の企業をまとめて調べる際にも時間がかかりませんので、企業を比較する場合にも有効です。 中古車を販売する際に重要なポイントはやはり車の状態をいかに維持するかという点です。 出来るだけ新車に近い状態を維持しておくことが好ましく、またパーツや説明書などの付属品も保管しておくことも欠かせません。 いつか中古車として販売することを考えているのであれば注意しましょう。 【 第5章第2節】車を売るコツ 【 第5章第2節第1項】高く売るポイント 車を中古車として売却する場合、値段は車の状態によって変動します。 つまり一律で値段が決まっているわけではなく、同じ車での保管状況などで価格が変動するわけです。 一般的には車のタイプや発売後の経過年数、走行距離などの情報に基づいて価格が算出されます。 確定したものではありませんが、売却の平均的な価格は決まっているのです。 車を少しでも高く売りたいのであれば、その車が欲しいと思っている買取業者に売却することになります。 買取り業者によって、中古車の得意と不得意がありますので考慮して売却を検討するといいでしょう。 車を高く売るためのコツとしては複数の企業に対して査定依頼を行うことです。 確かに車の売却価格はある程度決まっていますが、一律で同じ値段の査定というわけではありません。 複数社に対して価格査定を依頼することで、車の適正価格を知ることが出来るのです。 比較の際には価格を中心に比較を行い、絞り込んだ上で再度価格交渉を進めるといいでしょう。 このように複数の企業に対して価格査定を行う場合には、インターネット上の一括査定のサービスがおすすめです。 一括査定ではインターネット上のフォームに車の情報を入力することで参考の買取り価格を知ることの出来るサービスです。 一度の入力作業で複数の企業に対して依頼することが出来ますので非常に便利です。 価格交渉を進める際の参考資料として利用するためにも是非有効活用しましょう。 一括査定で企業を集約した上で、実際に車の査定を受けるようにすることで効率よく手続きを進めることが可能です。 【 第5章第2節第2項】個人での売買に関して 車を売る際には中古車の買取り業者や、車のディーラーに売却するのが一般的です。 しかし中には知人やインターネットを通して個人的に売買をしたいと考える人もいるのではないかと思います。 ですが、車の売買では高額なお金が取引されますので、トラブルに繋がりやすいため個人的に売買をすることはおすすめできません。 確かに希少価値のある車を持っているのであれば、価値のわかる人に適正価格で購入した欲しいと思う気持ちはわかります。 しかし少額での取引の一般的な買い物とは異なりますので、やはり専門家に依頼する方がトラブルの防止にも繋がります。 パーツなどを部分的に取引するのであれば問題ありません。 支払い方法をきっちりと決めておけば大きなトラブルに繋がる危険性を小さく出来ます。 また購入後にクレームとならないように売却状況をきっちりと記載した上で、基本的に返品出来ないように定めることも必要です。 どうしても個人的に売買を行うのであれば、後々トラブルにならないように十分注意することが大切です。 トラブルとなりやすいのが金銭の支払いに関することと、購入後のクレームです。 特にインターネットで取引を行うのであれば現物の状況がわかりにくいため、実際の状況をわかりやすくしておくことが重要です。 金銭の支払いに関しては分割ではなく、出来るだけ一括でいただくようにしましょう。 分割での支払いでは支払いが滞った際にトラブルになる可能性があります。 トラブル防止のために一括支払いを条件しておくことをおすすめします。 【 第5章第2節第3項】ローンが残っている場合の売却 車は高額な買い物です。 住宅と同様に一括で購入することは金額的に難しいため、分割支払いで購入するケースが多いと思います。 それでは分割支払いのローンが残っている場合に売却することは可能なのでしょうか。 支払いが済んでない状況で売却することは出来ないように思うかもしれませんが、実際にはローンが残っている状況でも売却することは可能です。 ローンの残高に関しての清算手続きも買取り業者で代行してくれますので、特に心配する必要はありません。 ローン残高が残っている場合の売却方法は以下の方法になります。 まず残高を一括で返済する方法です。 中古車の売却価格から、ローン残高を一括で返済する方法です。 売却価格からローン残高を差し引いたお金がもらえることになります。 この方法では売却金額がローン残高を上回っている必要があります。 残高が超過している場合には反対に差額分を支払わなければいけません。 もしくは新規のローンで組み直すという方法になります。 組み直しになりますので、ローン前には審査がありますので先ずはそれを通過する必要があります。 その他の基本的な手続きに関しては、通常に中古車を売却する場合と同様です。 売却前の一括査定などはきっちりと行い適正価格で売却するようにしておきたいですね。 また通常の売却とは異なるのがローンの返済に関しても同時に行うことになりますので、売却手続きの際にはスムーズに売却出来るように必要な書類を事前に準備しておくといいでしょう。 【 第5章第2節第4項】パーツの売却額について 中古車の売却を検討している際は2種類の売り方があります。 まずは本体を全て売却する方法で、付属品に至るまで全ての部品を売却します。 基本的にはこの売却方法になるでしょう。 もう一つの売り方がパーツを個別に売却する方法です。 これは特に改造パーツを売却する際に有効で、需要がある人に対して売却することで価値に適した値段で売却することに繋がります。 改造パーツを利用したままでは売却が難しい場合や、売却価格が下がる場合があります。 このような場合には、改造パーツを一旦正規パーツに戻した上で、改造パーツを個別の売却するなど考えてみるといいでしょう。 汎用性が高く需要があるパーツに関しては査定額UPに繋がる場合があります。 具体的にはバックカメラやモニターなどは運転時に背後が確認できるようになりますので、非常に便利です。 このようなパーツであれば買取り価格のUPを期待することが出来ます。 他にもカーナビなどの普段の運転の際に利用する頻度の高いパーツに関しては重宝されます。 反対に買取り価格を下げる可能性のあるパーツとしてはタイヤやマフラーの改造です。 基本的に趣味で行う部分の改造のため、このような箇所の改造に関しては通常の買取り価格より下げられる可能性があります。 改造パーツ専門で取り扱っている企業などもありますので、有効に利用して売却しましょう。 また売却の際の事を考えて正規の部品に関しては捨てるのではなく、きちんと保管するように注意しましょう。 【 第5章第2節第5項】車を売る適切なタイミング 車を売却するのであれば売却する時期にも注意が必要です。 車が高く売れるのはやはり需要が多くなる時期です。 季節的に需要が多くなるのは4月の新生活が始まるタイミングと言われています。 就職や進学や転勤などが多くなりますので、4月は人が動く季節であると言えます。 売却を決めているのであれば需要が増えるタイミングに合わせて売却すると価格の上昇につながります。 また車のモデルチェンジに関しても注意が必要です。 車は同系統の車でも定期的にモデルチェンジが行われます。 新モデルが発表されますと、それまでの車は価格が下がる傾向にあります。 車を売ると決めたのであればタイミングに注意しないと売却価格が下がってしまう可能性もあります。 定期的に新モデルは発表されますのでタイミングに注意して売却時期を決めるといいです。 新モデルの発売時期が発表された時点で既に買取価格は下がります。 そのため、タイミングを事前に判断して早めに売却時期を決定する必要があります。 中古車を売却する機会としては家族の増減や職場環境の変化に伴うことが多いのであればないかと思います。 例えば結婚や出産で家族が増えるのであれば人数が多くても乗ることの出来る車が必要です。 荷物を乗せることも想定されますので、小型の車では不便なため買い換えを考えることもあるでしょう。 反対に子供が独立して引っ越しした場合などに大型車から小型車に変更する場合もあります。 買い換えの際には少しでも売却価格を上げたいと考えているのであれば、タイミングに注意して売却時期を決定するようにしたいですね。 【 第5章第2節第6項】車を売却する際の税金 車を所持することで毎年発生する税金としては自動車税というものがあります。 自動車税は4月1日の時点で車を所有している人物が、一年間分の税金をまとめて支払いします。 もし車を売却するのであれば4月1日以前に売却することをおすすめします。 売却することを決めているのであれば余分な自動車税をわざわざ支払う事はありません。 特に排気量の大きい車の場合には軽視することの出来ない税金がかかりますので、ある程度時期的に余裕を見て売却手続きを進めるようにしていきましょう。 反対に中古車を購入するのであれば4月2日以降に購入するようにすることで一年間分の自動車税の節約につながります。 現在の法律では4月1日に一年間の自動車税を納税することに定められていますので、途中で購入したものに対して税金を納税する必要は無いようになっています。 売却することにそのものに関しては税金が課せられることは基本的にありません。 そのため、自動車の売却するのであれば、買取り業者への売却価格が得られると考えて問題ありません。 売却するタイミングに関しては同車種の新型発表に関しても注意しておく必要があります。 基本的に車の売却を決めたのであれば、速やかに売却手続きを行うことをおすすめします。 時間が経過することで買取価格が下がりやすい傾向にあります。 走行距離や経過年数が長くなれば査定でマイナス要因となります。 タイミングを逃さずに売却するように心がけましょう。 【 第5章第3節】車を売却する際の基礎知識 【 第5章第3節第1項】車を売る際に必要な書類 車を売るためには結構多くの書類が必要になります。 スムーズに売却を進めるためにも一つずつ確認して確実に準備しておきましょう。 特に実印登録が済んでいるかどうかは注意しておきましょう。 実印登録の手続きは平日しか受け付けてくれません。 そのため、平日働いていている人関してはどこかで時間を都合して手続きを行う必要があります。 自動車税の納税証明書も必要です。 自動車税は毎年一年間分を4月1日に納税しますので、その証明書を用意することになります。 納税の際にスタンプを押された書類が渡されるはずですので、それを準備すれば大丈夫です。 万が一紛失した場合には納税証明書の再発行をしてもらいましょう。 また実印が登録済みであれば印鑑証明書を準備する必要もあります。 印鑑証明書は買取り業者によって複数枚必要になる場合もありますので、事前に必要枚数を確認しておくと確実です。 この印鑑証明書の手続きに関しても原則的には平日して行われませんので注意が必要です。 車検証についても準備しておくと便利です。 インターネットでの一括査定の際にも入力項目の一つとして車検証の情報がありますので、手元に準備しておきましょう。 このように車の売却の際には様々な書類が必要になります。 他にも取り扱い説明書に関してもきっちりと保管しておくと査定の際にプラスに働きます。 準備に時間がかかりますが、売却手続きをスムーズに進めるためにもきっちりと準備するようにしましょう。 【 第5章第3節第2項】軽自動車の価格 知らない人からすると意外かもしれませんが、軽自動車は維持費が安く設定されていることから需要が多く、売却時の高く売れる可能性があります。 売却に必要な手続きとしては通常の車を売る場合と同様です。 一括査定などで価格比較を行った後に売却する企業を決定して価格交渉に進みます。 軽自動車は大きさは一回り小ぶりですが、運転の際にも大きさであまり心配する必要がありませんし、最近では家族向けで比較的車内の空間を広くとった車が発売されています。 単身者だけでなく、家族用の車としても幅広く利用することが出来るようになっています。 また、トレーワゴンなどのワンボックスタイプの車も一部の人には根強い人気があるために値段が下がりにくく、売却額は高めに設定されています。 売却額以外にも軽自動車は様々なメリットがあります。 まず税金が安く設定されています。 車は年に一回自動車税を支払うように定められていますが、普通車と比べて3分の1以下の格安な値段で設定されています。 税金面でも優遇されているため、出費を抑えたい場合に有効です。 他にも高速道路での料金が軽自動車は割安になっています。 普通車に比べて2割近く安くなっていますので、高速道路を利用する頻度が高い場合には軽視出来ない価格差になります。 デメリットとしては普通車に比べて耐久性に劣りますので、万が一の事故の際には被害が大きくなる可能性があります。 利用方法にもよりますが、軽自動車は費用面で様々な恩恵を受けることが出来ます。 2台目の車の購入を考えている場合にはぜひ検討してみてはどうでしょうか。 【 第5章第3節第3項】車の売却と確定申告 不動産を売却した場合には確定申告を行いますが、同じく高額な売却を行うことになる車の売却ではどうなのでしょうか。 結論としましては、車の売却での得られたお金に関しては税金がかからないようになっています。 そのため確定申告を行う必要もありませんし、税金が課せられることもありません。 例外的なケースとしてはプレミアがついている車を所持していて、購入価格よりも売却価格が高くなる場合です。 このようなケースは稀だと思いますが、希少価値の高く人気がある車を売却した場合所得税が発生する場合があります。 正確には通勤などの生活必需品に関しては例え利益が出ても課税されることはありません。 個人的な趣味やそもそも転売することを目的として所持していた車を売却する場合に利益分が課税対象となります。 通常車を売却する際には何年か経過した車を売却することになりますので、購入当時よりも売却額が安くなります。 そのため、税金に関しては心配することなく売却することが可能です。 また法人の企業として車の維持費を経費として計上することも検討してみるといいでしょう。 例えば車のガソリン代や保険費用、車本体を経費として減価償却することが出来ないかどうか考えてみましょう。 個人店舗などの場合には経費としての計上が難しい場合もありますが、一概に決まっているというわけではなく場合によって異なりますので、まずは会計士などの専門家に一度相談してみるといいでしょう。 【 第5章第3節第4項】車査定時のボディカラー 車の売却価格を査定してもらう場合にボディカラーは価格に影響するのでしょうか。 車にはよく購入されている定番のカラーがあります。 色としては白や黒色、シルバーというデザインの車はよく見かけますが、それだけ人気があり購入される機会が多いということです。 中古車の場合でも同様のことが言えますので、需要が多い定番色というのは買取価格が高く算出される可能性があります。 反対に考えますと定番色以外の車の場合、査定金額が低くなる場合がありますので注意しておきましょう。 特に個人の好みでボディカラーを変更しているのであれば査定価格が下がる可能性は高くなります。 パールやメタリックの色は購入時点では多少割高になる場合が多いのですが、売却する際にはあまり関係なく考慮されません。 購入する際に定番色を意識して購入する必要があるのかと言われると難しいところです。 確かに売却する際には定番色の方が高く売れる可能性はありますが、車が長期間利用することになる所有物です。 実際に自分が利用する際に快適になるように自分の好みの色を選択するほうがいいのではないかでしょう。 購入後に自分で塗装部分の改造を行うのであれば注意が必要です。 趣味でイラストを施しているような車もありますが、自分で利用する分には問題ありませんが、売却する場合には事情が違います。 ペイントを施している車は売却価格で厳しく判断されますので、十分に理解して上で塗装するかどうかを判断するように心がけましょう。 【 第5章第3節第5項】車の査定でマイナスになるもの 中古車を売却する場合、内容によっては買取り価格がマイナスになる要因があります。 パーツなどを正規品とは違うものに変更している場合、多くの場合は買取り価格が下がる要因になります。 従来のパーツを残しているのであればパーツを元に戻した後で売却交渉を行うといいでしょう。 車に凹みがある場合にも価格を下げられる要因になりますが、修理した方がいいのかどうかは難しいところです。 修理に伴う費用よりも買取り価格が上がるのであれば価値がありますが、判断が難しいのであればそのままにしておくほうがいいかもしれません。 買取り業者は提携している修理工場があり、割安価格で修理してもらうことが出来ます。 そのため、ボディが多少痛んでいても無理に直すよりもそのまま売却した方が結果的に高く売れる場合もあります。 ボディや車内の清掃はきっちりと行い、車内の荷物の積み残しにも注意しましょう。 これらは査定に直結する内容ではありませんが、第一印象はやはり大切です。 綺麗に清掃しておくことで清潔感を与えることができますので、丁寧に車を使ってきたと印象付けることが出来るかもしれません。 また臭いに関しても注意が必要です。 特に喫煙家の人や香水を愛用している場合には車に臭いが残っている可能性が高いです。 さらに煙草の影響で内装が変色している場合もありますので、念入りな清掃が必要です。 中古車を売却する際には出来るだけ新車に近い状態を維持しておくことが大切です。 【 第5章第3節第6項】売りやすい車 車はいつ売っても値段が同じというものではなく、タイミングや車種によって値段も異なります。 例えば売却時期であれば、春は車の需要が増えるために高く売れる場合が多くなります。 需要が増えるために必然的に価格が高くなります。 高く売れる理由は引っ越しや部署移動などによって中古車の供給は大きく変わらないのに対して需要が多くなるためです。 車種ではやはり人気のある車が高く売れる傾向にあります。 その点では万人受けするような車の方が売却の際には有利になると言えます。 あまり奇抜な車の場合、売却すること自体が難しくなる恐れがあります。 高く売れる可能性のある車としては人気のある外国車や軽自動車などの種類です。 軽自動車は確かに一回り小型ですが、税金面や高速道路などの料金といって費用の面で優遇されております。 大家族の家庭には向きませんが、家族構成次第ではぜひ検討するといいでしょう。 また小ぶりであるために運転の際にも多少普通車よりも運転しやすいというメリットもあります。 これらのメリットがあるために軽自動車の人気は根強く、意外と高値で売却することが出来るかもしれません。 また車の種類以外にもきっちりとした清掃や付属品の準備も売却の際には大切です。 査定前に抜けているものが無いかきっちりと確認した上で手続きを進めましょう。 売却価格の交渉には一括査定サービスを利用すると効果的です。 一度の手続きで複数の企業に対して査定依頼を行うことができますのでぜひ有効に活用しましょう。 【 第5章第4節】インターネットを利用した車の売り方 【 第5章第4節第1項】車の一括査定サービスとは 中古車を売却した場合には自分の適正な売価を知ることで売却交渉を有利に進めることが出来ます。 しかし中古車の売却価格は定価として決まっているわけではなく、保管状況や人気によって異なりますので適正価格を知ることは簡単ではありません。 売却価格を知るためには実際に査定をしてもらうのが一番確実です。 複数社に査定を依頼することで自分の愛車の平均的な売価を知ることが出来ます。 しかし、実際に複数の企業に査定を依頼することは大変です。 車を査定してもらうには時間もかかりますし、複数社に依頼するのであれば尚更時間がかかります。 このような場合に有効なのがインターネットを利用した一括査定のサービスです。 インターネットの一括査定はインターネットに設けられているフォームに車の情報を入力することで簡易の査定価格を知ることが出来るサービスです。 特徴の一つとして、一度の手続きで複数の企業に査定を依頼することが出来るという点です。 もちろんインターネットに入力された情報に基づいた簡易審査ですので、正確な価格見積もりではありませんがおおまかな価格を知ることが出来ます。 この概算価格に基づいて売却予定の企業を数社に絞りこんで実際の査定へ進めていくと効率よく売却交渉を進めることが可能です。 一括査定では価格を中心に比較して買取り価格の高い企業を優先に選ぶといいです。 また簡易査定と実際の買取り価格が異なる場合もありますので、簡易審査で一社に絞るのではなく何社か候補を残しておき比較することが大切です。 【 第5章第4節第2項】一括査定で実際に査定を受けるまえに 車の査定は売却価格を決定するために大切な内容です。 査定依頼を行う前に準備して万全の体制で査定を受けるように心がけたいですね。 最低限査定を受ける前にきちんと清掃しておきましょう。 見た目だけで判断されるわけではありませんが、第一印象はやはり大切です。 埃まみれの車よりも綺麗に清掃されている車のほうがいい印象を与えることは言うまでもありません。 車が綺麗に清掃されていれば、それだけで大切に扱ってきているという印象を持ってもらえるかもしれません。 またボディだけでなく、車内に関しても注意が必要です。 荷物を積んだままにしているようなことは出来るだけ避けて降ろしていくようにしましょう。 査定がスムーズに進むとともに片付けていることで清潔感を与えます。 また購入した際についている部品はきちんと保管しておくことが大切です。 購入した時点での状態に出来るだけ近づけることで売却価格を上げることにつながります。 これは購入する立場にたって考えれば当たり前のことですよね。 お金を出して購入するわけですから、部品が足りない車に対して高いお金を出そうとは思わないはずです。 そのため個人的な趣味などでパーツを変更しているのであれば正規品のパーツに戻して査定を受けることがおすすめです。 改造用のパーツについては通常の買取り業者へ依頼するよりも、改造車のパーツ専門の店やインターネットなどで売却するほうが本来の価値にあった売却につながる場合が多いです。 【 第5章第4節第3項】高額買取のポイント 中古車を売却するためには希望している買取り価格で売却するために工夫する事が必要です。 売却の際の売却価格は場合によって値段が異なりますので、適正価格を知ることは簡単ではありません。 自分の車の適正価格を知ることで売却の際の価格交渉も進めやすくなります。 先ずなによりも先に行うべきことがインターネット上のサービスを利用した一括査定のサービスを受けることです。 一括査定では入力された情報に基づいて車の概算での買取り価格が連絡されてきます。 この一括査定のメリットは、一度の入力作業で複数の企業に対して同時に査定依頼をすることが出来るという点です。 一社ずつ査定の依頼を受けていては時間がかかって大変ですが、この一括査定を有効に利用することで複数社に対して同時に査定依頼をすることが出来るのです。 もちろんこの段階で連絡されてくる価格はインターネットに入力された情報に基づいて算出されるものですので、必ずしも買取り価格と一致しているとは限りません。 しかし平均的な売却価格を知りたい場合や、企業同時の比較をする際には効果的ですので有効に活用していきましょう。 他にも売却時期も車を売却する際には非常に重要です。 車は定期的にモデルチェンジが行われ、旧モデルの需要に対して影響を与えます。 そのため、車の売却を考えているのであれば新モデルの発表時期には注意する必要があります。 売却しているのを迷っている間に買取り価格が下がってしまう場合もありますので、売却を決めたのであれば出来るだけ速やかに手続きを進めるようにしましょう。 【 第5章第4節第4項】愛車を賢く手放す 車を売却する際にも売却先は幾つもあります。 買取を専門で行っている企業は複数ありますので、最も有利な価格で買取り価格を提示した企業と売却手続きを行っていくといいでしょう。 しかし価格を比較することは時間がかかりますので、インターネットの一括査定サービスなどを上手に利用して幾つかの候補に絞りこんで交渉していくことで効率よく売却手続きを進めることが可能です。 車を売る方法はディーラーに依頼する方法と買取り専門業者に売却する方法に大きく分類することが出来ます。 ディーラーに売却する場合、購入と売却の手続きを同時に進めることが出来ますので便利ですが、中古車の売却価格が安めになる傾向にあります。 そのため少しでも高く売りたいのであればディーラーに依頼するのではなく、買取り業者へ依頼するようにしましょう。 改造車を所持しているのであれば、適した売却方法をするように売却する工夫も必要です。 改造車専門で取り扱いしている企業もありますので、そのような企業に依頼するか、パーツ正規品に戻した上で一般的な買取り業者に売却するかのどちらかの方法をすることになります。 改造車は一般的に需要が少なくなるために価格が下がる傾向にあります。 しかし価値のある改造であれば適した売却をすることで高く売れる可能性もあります。 改造パーツだけであれば、専門店やインターネットでの販売などでパーツが欲しいという人に売却することが出来ますのでぜひ検討してみましょう。 【 第5章第4節第5項】中古車の状態について 車の売却するのであれば、どのような状態かということが非常に重要です。 丁寧に扱われて保存状態がいいのであれば、高価格での売却を期待することも出来る一方で、事故などの都合により大きく痛んでいるのであれば売却で大きなマイナス要因となる場合があります。 事故車を売却する場合には、どのように売却すればいいのか悩みますよね。 多少の傷であれば修理することで売却価格を上昇させる可能性があります。 しかし大きな損傷の場合では費用をかけて修理しても、期待ほど査定金額に反映されない場合があります。 差し引きすると修理前よりも損をしてしまう可能性もありますので、修理した後に査定を受けるかどうかは慎重に判断しましょう。 買取り業者は提携している修理工場があることが殆どで、一般の人が修理するよりも割安で修理を受けることが出来ます。 そのため修理をした後に売却価格の査定を受けても期待しているほど査定金額に反映されないのです。 過去に事故を起こしたことのある車を事故車と呼びますが、事故車は中古車でも売却価格が厳しく判断されやすくなってしまいます。 しかし隠して売却しようとしてもプロの目は簡単にはごまかすことは出来ませんので正直に伝えるようにしましょう。 もし車を高い値段で売却したいのであれば普段から安全運転を心がけて車の状態を維持しておくことが大切です。 もちろん中古車売却以外にも、事故を起こさないために安全運転は大切です。 普段から意識して行うようにしていきたいですね。 【 第5章第4節第6項】一括査定で必要な書類 車を売却する際には複数の書類が必要になります。 査定時点で揃えておかないと審査を受けることが出来ない場合や、査定金額でマイナスに働く場合などがありますので十分に注意するようにしましょう。 査定に必要な書類としては車検証と自賠責保険の証明書です。 これらの書類は車に乗っているのであれば当然持っているはずです。 売却を検討した時点できちんと準備しておきましょう。 他には取り扱い説明書も準備しておくと査定の際に有利に働きます。 使わない場合にも取り扱い説明書やパーツはきっちりと保管して必要に応じて提出出来るようにしておきましょう。 説明書がない場合には査定金額でマイナス要因として判断されます。 また売却する以外にも車でトラブルがあった場合などに説明書を読むことで解決出来る場合もあります。 車内などに保管するように習慣づけておきましょう。 このように、車そのもの以外にも関連する部品や書類なども査定の際には判断材料の一つとして利用されます。 中古車を売却する際には新車に近ければそれだけ売却価格の上昇に繋がりますので、将来的に車の売却を考えているのであれば部品を捨ててしまうことのないように注意する必要があります。 中古車の売買では高額なお金が取引されます。 あとになって後悔することのないように日常的に車の取り扱いには十分に注意するようにしておきたいものですね。 また売却交渉では一社だけではなく複数の企業に対して依頼して比較することも大切です。 【 第5章第5節】車関連のパーツ 【 第5章第5節第1項】車のタイヤについて タイヤは車のパーツの中でも重要なパーツの一つです。 車が走行していく上でタイヤの存在は不可欠です。 タイヤの状態が悪くなればそのまま車の運転に影響を与えますので、定期的に状態をチェックしてベストな状態を維持することが重要なのです。 タイヤには様々な情報が記載されています。 サイズや速度記号、製造年度などの情報が記載されています。 またタイヤの磨耗状態もタイヤを直接見ることで確認出来ますので、定期的に確認するようにしましょう。 タイヤには一般道を走行するタイヤの他にスタッドレスタイヤというタイヤもあります。 これは冬場での走行、特に雪道での走行を想定して作られています。 タイヤにチェーンを巻く対策方法もありますが、スタッドレスタイヤを利用することでも冬場でも安心して走行することが出来るようになります。 車はタイヤがしっかりと地面と接触することで安定して走行することが出来るようになります。 冬場以外でも長期間の走行などでタイヤがすり減っている状態でブレーキを踏んだ場合の停止時間に大きな違いが出てきます。 タイヤは新品の状態が最も制動力が強く止まりやすいのですが、走行距離の増加とともに少しずつ磨耗していきます。 定期検査でもチェックを受けることは出来ますが、自分自身でも定期的に状態を確認しておきましょう。 想定外の事態で急ブレーキを踏んだ場合にも、タイヤの状態次第で定期距離に違いが出るのです。 タイヤのコンディションを維持しておくことが自分自身の安全にも繋がります。 【 第5章第5節第2項】エンジンパーツについて 車は様々な部品が利用されて作られています。 一見必要なさそうな部品であっても安全に走行していくために欠かさない場合もありますので、故障などには十分に注意するようにしましょう。 エンジンは車の部品のなかでも重要な部分です。 車が走るための動力ですので、エンジンがなくては車は動きません。 そのため、非常にデリケートなパーツと言えるでしょう。 趣味の一環として車のパーツを交換される方がいますが、タイヤやボディの塗装など大きな影響を与えない部分の改造であれば大きな問題に繋がらないと思いますが、エンジンに関しては購入時の状態から変更することはあまりおすすめしません。 安全に走行するために最適な状態に設定して販売されていますので、そのままの状態で利用するようにしましょう。 また異常を感じた場合には速やかに修理業者に依頼して一度確認してもらうといいでしょう。 たいした問題でない場合ももちろんありますが、素人判断で決めてしまうのは危険です。 大きな事故に繋がる可能性もありますので、手間ですがきっちりと修理業者に確認してもらいましょう。 またエンジンの交換を行う場合にも、出来るだけプロに相談しましょう。 車の心臓部分とも言える場所ですので、少しの設定ミスが命取りになるかもしれません。 このように他のパーツとは異なりエンジンは非常に重要な部品の一つです。 状態の異常には十分に注意して早めのメンテナンスをするように心がけたいですね。 【 第5章第5節第3項】ブレーキのパーツについて ブレーキは車の速度を減少させる場合や、車を停止させる際に利用する部品です。 加速するアクセルが故障しても大きな事故に繋がる可能性は低いですが、ブレーキの故障は命取りです。 特に早い速度で走行していた状態で車の速度が減速出来ないようになってしまっては非常に危険です。 サイドブレーキなどで多少は制御できるものの、車を停止させることは困難になってしまいます。 そのためブレーキが異常な音を出している場合や、効きが悪くなっている場合には出来るだけ速やかに点検するように心がけましょう。 ブレーキの異常には年数を経たことによる劣化の場合と、なんらかのトラブルによるものに大きく分類することが出来ます。 トラブルを事前に推測することは難しいですが、年数経過による不具合はある程度予期することが出来ます。 一気にブレーキの効きが悪くなるということはありませんので、日々の運転の中でブレーキの効きが悪くなっていると感じれば早めに対応しましょう。 普段の運転に影響を与えない程度のものであっても、急停車の際に大きな影響になります。 運転している際のトラブルはいつ発生するかわかりませんので、予防のためにも早めの対応が肝心です。 ブレーキはエンジンと同様に車の安全に直結する非常に重要な箇所です。 点検もれが大きな事故に繋がる恐れもありますので、日常的に注意して確認して、異常を感じた場合には速やかに専門業者に依頼することが大切です。 【 第5章第5節第4項】ボディ関係のパーツ 最近の車であれば通常に使用する分には耐久性に不安を感じることなく使用することが出来ます。 しかし時間の経過と共に耐久性も変化していきますので、定期的にチェックすることは大切です。 耐久性に不安を感じる変化を見つけたら速やかにメンテナンスするようにしましょう。 万が一の事故などに遭遇した際にもボディの耐久性がしっかりしていれば大事に至らずに済むかもしれません。 ボディのパーツのこの様に耐久性を補強する以外にファッションの一環として行う場合があります。 この場合は車の耐久性には直接関係しませんので、あくまで個人的な趣味として外見を変化させることになります。 改造専用のパーツなども準備されていますので、興味がある人は参考にするといいでしょう。 しかし外観の変更は普段使用する際には支障ありませんが、いざ売却する際には勝手が違います。 ボディを変更すると中古車の売却をするのには不利になります。 中古車を売却する際には新車に出来るだけ近い状態を維持しておくことで買取り価格を高くすることに繋がります。 ボディを改造する場合にも元のパーツは残しておいて戻せるようにしておくといいです。 改造パーツは価値のあるものであれば、パーツだけで売却した方が買取り価格を高くする可能性が高くなります。 ボディを変更すると外観が大きく変わります。 個人的に改造するのにはどんなデザインでも問題ありませんが、売却を想定しているのであればよく考えた上で変更するようにしましょう。 【 第5章第5節第5項】ETCについて 高速道路を走行していると頻繁に高速道路を走行する際に頻繁に料金所でお金を支払う必要があります。 短距離であればそれほど苦にはなりませんが、長距離を走行するのであれば複数回支払う必要が出てきますので煩わしく感じるかもしれません。 そのような悩みを解消してくれるのがETCです。 ETCは通信と料金の管理に関連する規格が統一されているために、どのような組み合わせであっても支障なく高速道路で利用することが出来ます。 識別はカードに基づいて行われますので、車を買い換えた場合にも問題なく利用することが可能です。 車にETCを搭載することで、料金所での支払いを自動化することが可能です。 その場では現金を支払う必要がなく、後日口座から代金が引き落としされます。 高速道路でETCでの支払いを行う際にはETC用のレーンへ行くと利用することが出来ます。 現金での支払いのレーンへ行くとETCを利用できませんので注意が必要です。 バー付近でETCカードの認識作業が行われますので、速度を減速させて通過するようにしましょう。 速い速度で通過しようとすると機械が反応しない場合もありますので、事故に繋がる危険性が出てきます。 ETCでは現金を取り扱う手間から解放されると同時に、多少の割引を受けることが可能です。 高速道路の運営会社としても現金を取り扱う必要のないETCは推進されているために、大きな金額ではないにしても多少利用料を安く軽減ことが可能です。 【 第5章第5節第6項】カーナビについて 車を運転する際にあると重宝するのがカーナビです。 車を運転する際にカーナビがあれば目的地までのルートを案内してもらうことが出来ますので、特に遠方に外出する際に非常に便利です。 GPSに基づいて目的地への具体的なルートを案内してもらうことが出来ます。 注意点としては地図のデータが古い場合適切な案内をしてもらえない場合があるという点です。 定期的にデータを更新するか、新しいカーナビに変更することで対応するといいでしょう。 カーナビは車の運転をサポートするという点で非常に便利なために後付けで搭載することも多い人気のパーツです。 最近ではスマートフォンやタブレット端末をカーナビの代用として利用するケースも増えています。 スマートフォンの多くはGPSを搭載していることからカーナビの代用として利用することが可能です。 通常のカーナビと同様に音声によるガイド機能もありますので、不具合なく利用することが出来ます。 スマートフォンやタブレットをカーナビとして利用することのメリットの一つに地図が自動的に更新されていくという点です。 インターネットを通して定期的に地図が更新されていきますので、古い地図をいつまでも使い続けるという心配も要りません。 GPS機能が搭載されているタブレットを持っている場合にはぜひ検討してみましょう。 利用する際には運転する妨げにならないように固定する部品を準備することをおすすめします。 手で持っていては運転に支障がありますので、安心して運転するためにも準備するといいでしょう。 JCM JCMは、公益法人である中古車販売協会連合会(JU中販連)と各業界を代表する企業20社の出資提携により誕生した。 自動車買取事業のほか、自動車情報誌「カーセンサー」 の営業・制作や、中古車販売店向けコンピュータシステム「JOCAR」の販売、インターネット情報提供事業、「海外赴任ガイド」等、海外生活情報誌の制作・発行など、 数多くの事業を行っている。 車の査定、販売ほど大変なものはありません。 JCMでもそうですが、中古車買取などは比較的低めに出します。 高く提案するのはキャンペーンなどをしている時です。 そこで複数社から見積もりをとります。 それによって比較検討できる材料が一気に増え、また金額が目に見えてわかるので、それを使って他社にプレッシャーをかけることも出来ます。 必ず何処かの会社はキャンペーンなどを実施しています。 そこが狙い目です。 CX-7 マツダが製造して海外で販売しているCX-7(シーエックス-セブン)は中型クロスオーバーSUVである。 2006年春、北米で2007年モデルとして発売され、2006年12月日本において販売を開始した。 CX-7は、スポーツクロスオーバーSUVをコンセプトにしたスポーツカーにSUV機能を融合させた車として人気がある。 スポーツカーのスタイリッシュな価値に、SUVの力強く実用的なところを取り入れている。 外観デザインは、大きく傾斜したAピラーや流れるようなルーフラインで、スポーティさを表現している。 エンジンは、直列4気筒2. 3リッターDOHCにインタークーラーが加わったターボとなっている。 駆動方式はFFと4WDの設定があり、FF車には6速ATが組み合わされている。 4WDシステムは電子制御アクティブトルクコントロールカップリング式を採用し、操縦安定性を高めている。 ABSや横滑り防止機構のDSCも装備されている。 分割可倒式のリアシートで、乗車人数や荷物によってシートアレンジが可能となっている。 駐車支援システムやSRSエアバッグなどの最新の安全装備もついている。 2011年12月日本国内向けの生産を終了した。 (海外向けの生産は継続)。 DEX 富士重工業が販売しているデックス DEX は、小型トールワゴンである。 トヨタ・bBやダイハツ・クーの姉妹車(OEM)で、生産はダイハツ工業池田工場にて行われていた。 車名デックス DEX は、器用さや機敏さを意味する「Dexterity」からの造語であり、スピーディーさやスマートさをイメージしている。 デックス DEX は、2008年11月発売された。 スムーズでパワフルな走りが楽しめ、機能面・デザイン性にも優れた車です。 フロントグリル及びリアのデザインは水平基調となっており、スッキリしている。 タイヤを四隅に配置したロングホイールベース設計により、室内も広々としたスペースが確保されているコンパクトカーです。 シートは用途に応じてアレンジが可能で、リアシートには240mmのシートスライド機構が付き、6:4分割可倒式でリクライニングも可能です。 室内高1330mmなので、背の高い荷物も入り、たっぷり収納できる。 プラズマクラスターイオンによる空気浄化機能で、室内のウイルスや菌の活動を抑制し、車内を清潔に保ちます。 搭載エンジンは、ダイハツ製K3-VE型直列4気筒DOHC16バルブ1300ccで、スムーズな加速と、優れた燃費・排ガス性能を実現している。 小回りが利き、狭い路地や駐車場も安心、街中でも快適に走る事ができる。 デックス DEX は、2011年10月生産を終了した。 HR-V 本田技研工業が生産・販売していたHR-V(エイチアールブイ)は、小型SUVである。 車名HR-Vは「Hi-rider Revolutionary Vehicle」の頭文字から来ている。 HR-V は、1998年9月3ドアの発売を開始した。 「Small is Smart」の発想をもとに、日常生活での使いやすさ、コンパクトさ、軽さに加え、楽しさ(Joyful)も求めた。 GA3型ロゴのシャシをベースにしたスリムなボディを、大径タイヤなどによりSUVらしく車高を上げるという独特の成り立ちである。 ターゲットを若い年齢層に絞り、コンパクトなスタイル、軽快な走りを実現している。 個性的なヘッドライトの形状の外観デザインや、大径タイヤなどを使ったハイライダースタイルとなっている。 ネットポケットをドアライニングとシートバックに装備し、使い勝手が良くなっている。 アイポイントは高めであり、横の方向へのヘッドスペースに余裕がある。 搭載されたエンジンは、D16A型直列4気筒1. 6LSOHCで、グレードにより 16Valve仕様とVTEC仕様とが存在した。 トランスミッションは、マルチマチック(CVT)と5速MTとが設定された。 全車にプリテンショナーシートベルトやブレーキアシストが標準装備されている。 衝撃吸収のボンネットやフェンダーなども採用されている。 2003年10月装備の充実を図るマイナーチェンジが行われた。 2006年2月モデル廃止となり、販売を終了した。 X-7 日産自動車が販売する(X-7)エルグランド ELGRAND は、ワンボックス型の高級ミニバンである。 1997年5月初代エルグランドは、キャラバン、ホーミーなどのキャブワゴンから進化した、日本ではビッグサイズのミニバンとして登場した。 グレードは、最上級から7人乗り「X」、8人乗り「V」、最廉価「J」という構成となっている。 搭載エンジンは、240馬力の3. 5L V6DOHCと170馬力の3L直4DOHCの直噴ディーゼルターボがある。 2WDと4WDがあり、グレードも全タイプにX、V、ハイウェイスターを、FRモデルには本革的サプラーレコンビシートなどを標準装備し、X-リミテッドをラインアップしている。 X-リミテッドと7人定員のハイウェイスターを除く全モデルに、フロント回転対座シートのラウンジパッケージを配備している。 シートはX-リミテッドが前から2-2-3名の7名定員レイアウト、ガソリンのXとハイウェイスターが、セカンドシートがベンチシートの前から2-3-3名の8名定員レイアウトと7名定員レイアウトを選べます。 2010年5月3代目が登場した。 3代目では、駆動方式がFRからDプラットフォームを用いたFFと4WD(オールモード4X4)になることで低床化と全高の抑制が図られた。 2011年11月一部仕様を向上した。 アラウンドビューモニターが改良され、世界初となる「移動物検知」機能を追加した。 アコードクーペ 本田技研工業が生産・販売しているアコード クーペ(Accord coupe)は、クーペ型の乗用車である。 1988年4月初代(CA6型)が登場した。 製造は、アメリカ合衆国オハイオ州のメアリーズビル工場で行われ、左ハンドルの状態で製造・輸入し、日本ではアメリカ車として限定販売された車です。 内装の派手な色使いは、日本車とは一線を画する雰囲気を持っている。 右ハンドルモデルの輸入も始まった。 アコードクーペは、優れた空力特性と快適な居住空間を両立させたボディデザインに変貌した。 全面グリーンガラスやデュアルエグゾーストなどを採用し、スポーティな雰囲気となった。 エンジンは2. 2Lの直4 SOHCと、2. 2LのDOHC VTECの2種類を設定した。 サスペンションの4輪ダブルウィッシュボーン式、FF駆動方式、ミッションの4ATは先代をそのまま継承した。 上級グレードには、BOSE製のオーディオシステムや運転席エアバッグ、ABSを標準装備した。 2012年1月7代目として北米国際自動車ショーに「アコードクーペコンセプト」を出展することを発表した。 アスコット 本田技研工業が生産・販売していたアスコット(Ascot)は、セダン型の乗用車である。 車名アスコット(Ascot)は、「アスコット競馬」や「アスコット・タイ」で知られる英国の地名であり、この地が持つ上品で明るいイメージにちなんで名づけられた。 車体は4ドアセダンだけである。 アスコットは、フォーマルな雰囲気を持つアコードと一線を画し、6ライトウインドの明るい外観とラグジュアリーな演出が施されている。 外観を除き、基本構成はアコードと同じであるが、4WS、本革シートを装着したグレードも設定した。 1997年再び5ナンバーボディに回帰した6代目アコードの登場と共に生産を終了した。 アスコットは、ラファーガと集約され、事実上の後継車は6代目アコードの姉妹車であるトルネオとなる。 インテグラ 本田技研工業が生産・販売していたインテグラ(Integra)は、クーペまたはハードトップ型の乗用車である。 車名インテグラ(Integra)は、「統合する、完全なものにする」を表す「Integrate(インテグレート)」から作られた造語である。 1985年初代インテグラは、クイントがフルモデルチェンジされ、クイントインテグラ(Quint integra)としてデビューした。 1989年2代目にフルモデルチェンジし、単独名のインテグラとなった。 インテグラは、内外装ともに落ち着いた雰囲気を持つスポーティーな車である。 ハイパワーなエンジンにより、走行性能の高い足回りや、レーシングカー並みのシートで本格的な走りが実現できる車となっている。 フロントシートには、航空機の座席にも使用されているレカロ社のバゲットシートを採用し、ブレーキにもこだわりの装備が搭載されています。 インテグラには、歩行者傷害軽減ボディや、頭部衝撃保護インテリア、エアバッグなどの安全装備がされている。 盗難対策として外車で定評のあるイモビライザーも標準装備されている。 1993年3代目が登場した。 2001年7月4代目が登場した。 全幅が1,725mmまで拡大され、インテグラとして最初で最後の3ナンバー車となった。 2006年4月日本での生産中止が発表された。 ウィンダム トヨタ自動車が製造・販売していたウィンダム(WINDOM)は、前輪駆動(FF/FWD)の中型高級車である。 日本国外の基準ではEセグメントに該当し、日本国外では4代目のレクサスESが販売されています。 車名の由来は、英語で「勝つ」という意味の「WIN」と、「状態」を意味する「DOM」を組み合わせ、「勝っている状態」という意味を込めて作られた造語である。 初代ウィンダムは、1991年9月に登場しました。 大ヒットした初代ディアマンテの刺激を受けたトヨタ自動車が、それまでの車格体系から少し逸脱し、「前輪駆動・V型エンジン・米国販売がメイン」などの新しいコンセプトを掲げました。 1996年8月2代目は、ほぼキープコンセプトでモデルチェンジし登場した。 初代と同様にカムリ(VX20系)の車台をベースに作られたピラードハードトップ型で、エクステリアのイメージは初代のものを色濃く残しています。 2001年8月3代目は、カムリと共通の車台を使用し発売が開始されました。 3代目より他のトヨタ製大型セダン同様ドアサッシのあるセダン型となり、初代~2代目との決定的な識別点となった。 2005年11月ウィンダムは日本国内での販売を終了し、フルモデルチェンジしたカムリに統合されました。 日本でのレクサスESとしても発売されないことが決定した。 同時にカローラ店から6気筒エンジンを搭載したセダンが消滅した。 ヴェロッサ トヨタ自動車で生産されていたヴェロッサ(VEROSSA)は、4ドアセダンです。 車名Verossaは、イタリア語の「Vero(真実)」と「Rosso(赤)」からの造語である。 当初は、ビスタ店の専売車種だったので、実質的にはクレスタの後継車としての扱いでした。 ヴェロッサは、イタリアの空気を感じさせるスタイルや特徴のある走りなどが、車にこだわりを持つ人の感性を満たすセダンです。 2003年1月ヴェロッサは、マイナーチェンジし、フロントグリルの意匠などが変更された。 又、明るめの内装色をもつ特別仕様車「エクシード」を発表し、販売に梃入れした。 2004年4月ビスタ店とネッツ店が統合されることになり、ヴェロッサは生産が終了となりました。 欧州車風のクセのある外観から、一部の車マニアには「異端車」と呼ばれていました。 日本国内専用車であるが、もともとマークII3兄弟の需要が多いロシアでの人気が高く、ロシアを中心に海外にも並行輸出された。 ヴォルツ ヴォルツ(VOLTZ)は、トヨタ自動車の車種のひとつである。 トヨタとゼネラルモーターズ(GM)が共同企画し、トヨタが設計・評価を担当していました。 生産は、トヨタとGMの合弁会社である米国のNUMMIで行い、日本に正規輸入されていた唯一のNUMMI製の車である。 ヴォルツの車名の由来は、電圧の単位「VOLT」からの造語である。 カローラのプラットフォームをベースにし、背の高いSUV風のスタイリングが与えられている。 日本では2002年8月初代ヴェルツがスプリンターカリブの後継モデルとしてネッツ店で販売されました。 しかし、価格帯の変更やアメリカ臭のアクの強いスタイリング、逆輸入車へのマイナスイメージなどにより、販売実績は良くなく、ユーザーに敬遠されていたようです。 2004年5月トヨタビスタ店とネッツ店の統合により、ヴェルツは、わずか1年半程度で生産が終了となり、モデル消滅となりました。 車の知名度も低くSUVというジャンルの割に案外人気薄であった。 2007年イストがクロスオーバーとなってフルモデルチェンジしたが、それがヴォルツの事実上の後継者に近いクルマになります。 エアウェイブ 本田技研工業が生産・販売していたエアウェイブ(Airwave)は、ステーションワゴン型の小型乗用車である。 車名エアウェイブは、空気の流れ(風)が感じられる、洗練されたスタイルで、明るく、広く、開放感あふれる室内空間を持ち、自然との一体感を創造する爽快感あふれる車、という意味である。 2005年4月エアウェイブは発売された。 エアウェイブは、生き生きとしたフォルムの外観で、スポーティで安定感のあるシルエットが特徴である。 コンパクトカーのフィットをベースとしたステーションワゴンで、低床による使い勝手の良さと多様なシートアレンジが可能となっている。 余裕のある室内とクラストップレベルのラゲッジスペースを確保している。 独自の装備として、ガラスエリアがルーフの大半を占めるスカイルーフを採用している。 眩しさを防止するプライバシーガラスと断熱性のある高熱線吸収UVカットガラスを融合させ、紫外線や強い日差しからの対策も図っている。 6:4分割可倒式リアシートを装備し、簡単操作により、4つのシートアレンジが可能である。 エンジンは1. 5リッターVTECを搭載し、排出ガス75%低減レベルの認可を取得している。 安全装備はABS、SRSエアバックが標準装備となっている。 2010年8月エアウェイブは生産を終了し、2011年6月にフィットシャトルが発売されるまでは、ホンダの5ナンバーステーションワゴンはストリームのみとなった。 エクシヴ トヨタ自動車が生産・販売していたコロナエクシヴ(CORONA EXiV)は乗用車である。 車名コロナは英語で「皆既日食の時に見られる光環」のこと、EXiVはExtra Impressive(際立って印象的な)を略した造語である。 1989年に初代コロナエクシヴ(T180型)の販売を開始した。 セリカをベースにしたコロナクーペであり、姉妹車には、初代カリーナEDがある。 熟年層向けのイメージであったコロナセダンとは違い、流麗なスタイリングは若年層に大いに受け入れられた。 1993年10月2代目コロナエクシヴ(T200型)となり、4ドアピラードハードトップとなった。 ボディタイプは4ドアハードトップ5人乗り、駆動系はFF(前2輪駆動)・4WD、トランスミッションは4速AT・5速MT、エンジンタイプは3S-GE型直列4気筒(2. 0L)・3S-FE型直列4気筒(2. 0L)4S-FE型直列4気筒(1. 8L)である。 好景気中に開発されたため、現行車と比べても内装と装備品のクオリティは高い。 コロナという名称がついているが、性能的にはどちらかといえばセリカよりの車である。 走りに関しては充分な性能を発揮すると好評である反面、居住空間の狭さから当時主流になりつつあったRV車に押されていた。 1998年4月姉妹車カリーナEDと共に生産を終了した。 エスティマルシーダ トヨタ自動車がかつて製造・販売していたエスティマルシーダ(Estima Lucida)は、ミニバンタイプの乗用車です。 エスティマルシーダとエスティマエミーナとは姉妹車である。 カローラ店では「エスティマルシーダ」、トヨタ店では「エスティマエミーナ」の呼称を用いていた。 1990年に発売された初代エスティマは、ボディサイズが当時の日本では大きすぎて、横幅を何とかしてほしいという声が絶えませんでした。 トヨタでは、日本の道路事情に合うよう5ナンバーサイズのミニエスティマを開発し、1992年ルシーダとエミーナが発売された。 スタイリッシュな外観、広い室内などが人気を呼び、ピーク時ではルシーダは、約1万2000台の月間販売台数を記録した大人気の車になりました。 しかし、1994年10月ホンダからオデッセイが発売されると、販売台数は激減してしまいました。 1999年12月に統合という形で5ナンバーモデルのエスティマルシーダは、エミーナと共に一代限りでモデル廃止となりました。 エレメント 本田技研工業が生産・販売していたエレメント(Element)は、クロスオーバーSUVである。 車名エレメントは、英語で成分、要素を意味することから来ている。 エレメントは、16歳から24歳あたりの若者向けの車として企画され、地上高が高く、かつ室内スペースも広くとったSUVとミニバンの折衷のようなクロスオーバービークルである。 (所在地:カリフォルニア州)でデザインされ、Honda of America Mfg. Inc. のイーストリバティ工場(所在地:オハイオ州)で生産されていた。 アメリカでは2002年12月販売が開始され、個性的なコンセプトやポップなデザインと使い勝手の良さが評価された。 日本仕様としては、2003年4月に初代UA-YH2型が輸入・販売された。 2005年6月サイドシルガーニッシュとカウルトップの形状の変更、エキゾーストパイプフィニッシャーを追加することにより外観を一部変更、運転席シートベルト締め忘れ警告ブザーなどが採用され、形式もCBA-YH2に変更された。 日本では観音開きドアや安っぽく見えるデザインがあまり支持されず、2005年7月に輸入が終了した。 北米仕様も、2010年12月ホンダのアメリカ法人が「2011年モデルをもって、エレメントの生産を終了する」と発表した。 オーパ トヨタ自動車が生産していたオーパ(Opa)は、V50型ビスタ/ビスタアルデオをベースに作られた5ドアハッチバックである。 オーパの車名の由来は、ポルトガル語の「驚き」を表す感嘆詞から来ています。 カテゴリーミックスの車が多い現在ですが、オーパはその草分け的存在で、ミニバンの多機能性に高級サルーンの走りを融合させた車です。 オーパは、コラムシフト化され、ウォークスルーとフルフラットが可能なフロントシート、120mmスライド&ダブルフラット機構を備えた6:4分割式リアシートなど、多彩なシートアレンジを実現しています。 2000年5月に1800ccモデルが先行発売開始、同年8月に2000ccモデルが発売開始されました。 2001年1月特別仕様車「ナビセレクション」が登場しました。 2002年6月マイナーチェンジし、前後席のシートを同色に変更、外観の意匠変更、装備の質感アップを図りました。 「i」Sパッケージに「ディスチャージ(マニュアルレベリング機能付)」を標準装備しました。 ディスチャージヘッドライトは、ロービーム、ハイビーム両方で採用(バイキセノン)されている。 2005年4月に生産終了し、同年12月には、生産済みの在庫の新車登録を完了しました。 カローラセレス トヨタ自動車が開発し、1992年5月から1998年6月までカローラ店で販売していたカローラセレスは乗用車である。 7代目カローラシリーズ(E100型)の派生車としてデビューし、トヨタとしては初のコンパクト(スモール)クラスでの4ドアハードトップ5人乗りである。 姉妹車にトヨタオート店(現在のネッツ店)扱いのスプリンターマリノがある。 カローラセレスは国内専用モデルとして販売されていました。 全長4,365mm・全幅1,695mm・全高1,315mm 、FF(前2輪駆動)、トランスミッション「4速AT・5速MT・6速MT」。 エンジンは5A-FE型搭載のFtype(1500cc)、4A-FE型搭載のXtype(1600cc)、スポーツ仕様の4A-GE型搭載のGtype(1600cc )の3種類である。 6速MTはGtypeのみに採用されている。 ハードトップモデルとして希少な後部ドアガラスが完全に下がる車種である。 4ドアハードトップブームに乗る形で発売されたスタイリッシュ・スポーティー4ドアだが、その後のRVブームの時期になると、4ドアそのものの不人気に加え、その低いルーフが生み出す独特のスタイルと引き替えに失った居住性が災いし、販売成績は下落の一途を辿る。 本家であるカローラ(セダン、レビン)がフルモデルチェンジした1995年にもモデルチェンジされる事なく車両形式E100型のまま継続生産する事となった。 エンジン・ミッション・サスペンション等の主要コンポーネンツはE110型用に改良されたものに変更された。 1998年6月生産終了し、一代限りでモデル廃止となった。 カローラツーリングワゴン トヨタ自動車が生産・販売していたカローラツーリングワゴンは乗用車(ワゴンモデル)である。 トヨタ・カローラの6代目のモデルからカローラツーリングワゴンは登場し、90年代後半はカローラの中でも主力製品であった。 6代目E90型は年間新車販売台数30万8台を達成し、20年間プリウスが抜くまで歴代最多を誇っていました。 7代目カローラE100型が2000年まで販売されていました。 カローラシリーズは数多くのモデルがありますが、その中で最も成功したモデルである。 ボディタイプは5ドアワゴン5人乗り、駆動系はFF(前2輪駆動)・フルタイム4WD、トランスミッションは5速MT・4速AT、エンジンタイプは5E-FE型DOHC16バルブ・4A-GE型・3C-E型ディーゼルがある。 全長4,260mm・全幅1,685mm・全高1,425mmである。 2000年8月のカローラツーリングワゴンシリーズのモデルチェンジに伴い、現在の車名カローラフィールダーに改名され今日に至っている。 平成10年アイドリング規制適合、平成12年排出ガス基準25%提言レベル、積載性能が高く、燃費が良く、走行性能も高いということでトヨタを代表する車の一つです。 マイナーチェンジを数多く繰り返し、現行のフィールダーと同様に現在でも人気が高い車種として知られています。 カローラレビン トヨタ自動車が生産していたカローラレビン(COROLLA LEVIN)は、カローラをベースとした1,600ccクラスの小型スポーツクーペである。 1972年3月初代カローラレビンは、カローラクーペの「SL」や「SR」よりスポーティな「ホットモデル」として登場した。 スプリンタートレノと姉妹車種である。 エンジンは、セリカ1600GTから継承されたもので、2T-G型1600ccDOHCが搭載されています。 1974年4月フルモデルチェンジし、2代目カローラレビンが登場した。 1979年3月フルモデルチェンジし、3代目カローラ「レビン」の名が冠されたのは、3ドアハッチバッククーペの2T-GEU型搭載モデルのみである。 1983年5月フルモデルチェンジし、4代目は後輪駆動となり、4A-GEU型1600ccDOHCエンジンが搭載されました。 1987年5月フルモデルチェンジし、5代目は前輪駆動化され、2ドアに1本化されました。 エンジンはスーパーチャージャー付きの4A-GZE型エンジンを搭載しており、クラス初の電子制御サスペンションTEMSも採用しています。 1991年6月フルモデルチェンジし、6代目はクラスを超えた豪華な内装を施し、ミニセルシオとも呼ばれました。 1995年6月フルモデルチェンジし、7代目は4A-GE型エンジンを搭載し、1997年4月のマイナーチェンジではBZ系に自社開発の6速MTを採用しています。 2000年8月カローラ(セダン・ワゴン)の9代目(E120系)へのモデルチェンジを機に、姉妹車のトレノを含むスプリンターシリーズとともに生産中止となり、モデル消滅となった。 カローラワゴン トヨタ自動車が1996年より販売しているカローラは、基本形のセダンの他、ワゴン、クーペ、バンなどのモデルがあります。 日本国内では4代目モデルの半ばの1982年5月に、カローラシリーズのバリエーションモデルとしてカローラワゴンが追加されました。 日本国外仕様では初代モデルからありました。 初代の当初は、エンジン1300ccのみでしたが、1800ccのディーゼルエンジン搭載タイプが追加されました。 1987年8月2代目にモデルチェンジし、1991年9月3代目にモデルチェンジしました。 カローラワゴンは1997年以降、カローラシリーズの主力級を担う車種となっています。 個人需要だけでなく法人需要においても巧みに汲み取るマーケティングで人気をよんでいます。 カローラワゴンは、2000年8月にフルモデルチェンジし、カローラフィールダーに生まれ変わりました。 カローラフィールダーは、カローラシリーズの中で1番の販売台数を誇り、国内のステーションワゴン市場でも首位をとり、カローラワゴンの人気を引き継いでいます。 キャパ キャパ Capa はトールワゴン型の小型自動車で、 ホンダ ホンダ技研工業 が製造および販売をしていました。 キャパという名称は、Capacity 容量・能力 が由来となっており、 車のイメージとピッタリでした。 キャパは、Jムーバーのシリーズの第1弾でした。 キャパは、ロゴのプラットフォームを 流用および活用することで開発されました。 キャパの車体寸法は、街乗りにおいてコンパクトなベストサイズとなっています。 一方で、キャパはCapacityのイメージ通り、 家族皆で乗ってもゆとりを感じられるような室内空間が再現されており、 デュアルデッキパッケージが基本設計となっています。 1997年の東京モーターショーにて、キャパはJ-MWとして出展されました。 1998年4月にキャパは正式発表されました。 1999年4月に、キャパはようやく販売開始となりました。 同年、キャパはマイナーチェンジされました。 この時のキャパは、4WD仕様となっています。 また、キャパのトランスミッションには、 4速ATとマルチマチックSの2種類があります。 さらに、キャパにはブレーキアシストが追加されています。 2000年にもキャパはマイナーチェンジされました。 この時、キャパのフロントグリルやバンパーが変更されています。 また、キャパのツイッテルの常設グレードが追加されています。 2002年2月にキャパは製造・販売が終了しました。 キャパは全体的にそれほど売れませんでしたが、 カスタムパーツが多くリリースされたことで知られています。 キャバリエ トヨタ自動車が販売していたキャバリエ(Cavalier)は、Dセグメントに属する2ドアクーペ及び4ドアサルーンの車である。 1996年1月キャバリエは、日米の貿易摩擦緩和を図るために販売が開始された。 キャバリエは、すでに1995年に販売されていたシボレー・キャバリエをベースに、仕様変更を施したモデルで、ゼネラルモーターズから輸入する形でOEM供給を受けていた。 4Lでありながら、コンパクトな2ドアクーペボディのアメ車で、カラーリングや、雰囲気が最大の魅力と言えます。 取り回しの良いサイズなので運転がしやすく、居住空間も十分で5人乗車できるのが特徴です。 FFでありながら、操縦性も良く、女性にも扱いやすくなっています。 エンジン音はとても静かで、快適な走りを実現し、高速走行中も問題ありません。 エンジンのパワーは十分満足できる仕様で、とても楽しい車として評価されています。 ただ、アメ車なので、国産車と比べて比較的トラブルも多く、慣れるまでは十分気をつける必要があります。 日本で販売している他のアメ車よりは、かなりアメリカっぽい車と言えます。 2000年には当初予定していた5年間の販売計画を前倒しして、日本国への輸入そのものが打ち切られた。 キュービック いすゞ自動車が製造・販売していたキュービックは、大型路線バス型の自動車である。 キュービックには、大型車の「キュービックLV」と9m大型車の「キュービックLT」の2種類がある。 キュービックはとても特徴的な外観をしており、その外観は「キュービックボディ」と呼ばれている。 「キュービックボディ」は前面に1枚窓、その左右に特徴的な三角固定窓を持ち、運転席の視野を拡大している。 ワイパーは標準ではオーバーラップ式を採用しているが、国鉄バスなど一部では平行運動式を採用している。 日本車ばなれした前面のスタイルは、デザインと機能の調和がとても高い評価を得たフランスの「ベルリエ・PR100」に影響を受けたと言われている。 幾度ものモデルチェンジを行ったモデル末期にはノンステップ車とワンステップ車をラインナップに追加した。 さらに、前面窓側面の三角固定窓をなくし曲面ガラスの2枚窓にしたモデルもオプションで追加された。 2000年5月に「エルガ」にフルモデルチェンジする形で生産を終了した。 クエスト 日産自動車が北米を中心に販売しているクエスト QUEST は、MPVである。 「MPV」と言うのは日本では「ミニバン」と呼ばれることが多い。 1992年初代クエスト(V40型)は、日産・プレーリーの北米向けである、アクセスの後継車として発売された。 初代の一部の年式は日本でも販売されていた。 北米では幾度ものマイナーチェンジやモデルチェンジを経て現在でも販売が続けられている。 2011年発売された4代目(R42H型)からは日本向けに販売されている「エルグランド」の細部に変更を加えた兄弟車として販売されている。 「エルグランド」との主な相違点は4つある。 1つ目は大きさで、全長が185㎜、全幅が120㎜拡大されている。 2つ目はエンジンで、「クエスト」のエンジンはV6の3. 5Lのみになっている。 3つ目は外観で、外観はフロントマスクやリアテールなどのデザインが異なり「エルグランド」にはない、ルーフレールが標準かオプション装備として用意されている。 4つ目は内装で、インパネは共通ですが、アメリカ人の骨格に合わせてシートや足元の広さなどに違いがある。 助手席などのオットマン機能が省略されており、2列目のシートを折りたたむことでテーブルとして使用することが出来る。 Lクラスのワゴンとしても最大級の広さを誇り、かなりスタイリッシュでCMも「都会派ワゴン」的な演出が見られた。 1999年8月マイナーチェンジにより、前後デザインの一部変更と専用内装色やオートレベリング付きHIDヘッドライト装備のスポーティ仕様「ツアラーエディション」が追加された。 3LエンジンのVVT-iの採用や2. 5LエンジンにもECT-iEが拡大される等機能の充実が施された。 エンジンは直4・2. 2L、V6・2. 5L、V6・3Lの3種類が設定されていました。 2Lと2. 5Lには4WDもありました。 クオリスは、基本装備が非常に充実し、前席エアバッグ、ABSなどは全車標準装備となっていた。 オプションには、サイドエアバッグ、プライバシーガラス、スカイフックTEMSなどがありましたが、3Lだけがサンルーフ、TRC、CDナビゲーション付マルチAV、スカイフックTEMSなどが標準装備されていた。 クルー 日産自動車が生産していたK30型クルー CREW は、4ドアセダンである。 1993年7月タクシー専用モデルのみ旧型のまま継続して生産・販売されていたローレルC32型4ドアセダンとブルーバード910型4ドアセダンの後継として登場した。 タクシー専用モデルとして設定されていたC32型ローレル4ドアセダンのシャーシ(フロント)と、Y31型セドリック営業車のシャーシ(キャビン・リア)を組み合わせて、耐久性・信頼性・整備性を向上させ、運転席(右前)と左リアドアの前後寸法を5cm大きく取るなど、最初から小型タクシーとして使用することを前提とした設計となっている。 また、教習車としても使用されている。 グレードは、上から順番に「GLX」「GL」「E-L」「E」の4種類あり、上級グレードに当たる「GLX」や「GL」などは個人タクシーなどで使われることが多く、「E-L」や「E」などは地方の法人タクシーで使用されることが多い。 1994年1月自家用向けグレード「クルー・サルーン」が登場した。 1994年4月パトロールカー仕様を追加した。 2009年6月生産を終了し、16年の歴史に幕を下ろした。 クレスタ トヨタ自動車が生産・販売していたクレスタ(CRESTA)は、高級中型乗用車である。 車名クレスタは、スペイン語で「西洋の紋章の頂に輝く飾り」と言う意味から来ている。 1980年4月初代(X50系X60系)が姉妹車と同じ4ドアピラードハードトップとして登場した。 2代目以降は、マークIIとチェイサーがピラードハードトップだったのに対し、クレスタはセダンとして販売されていた。 1996年9月5代目(X100系)が登場し、2001年まで生産されていました。 いわゆる暴走族といった人達から特に好まれ、ドリフト走行を目的に走行するドライバーからは現在でも高い評価を受けている。 ボディタイプは4ドアセダン5人乗り、駆動系はFR(後2輪駆動)・4WD、トランスミッションは4速AT、エンジンタイプは1G-FE(2. 0L)VVT-Iである。 20代男性と50代以上の男性から好まれて購入された車種であり、購入層については特異な車として知られている。 2001年7月チェイサーと共に生産終了した。 後継車はヴェロッサであるが、販売不振のため2004年4月のネッツ店統合時に廃止され、後継となる車は現在生産されていない。 グロリアワゴン 日産自動車が1959年から2004年まで製造・販売していた「グロリアワゴン」は、上級セダン「グロリア」のワゴンタイプである。 ワゴンタイプが登場したのは1962年2代目(S40型系)からでした。 次にワゴンタイプが登場したのは1979年6代目(430型系)グロリアになってからでした。 1983年に登場した7代目(Y30型系)グロリアにもワゴンタイプはありましたが、1987年に登場した8代目(Y31型系)グロリア、1999年に登場した最終モデルとなる11代目(Y34型系)グロリアになっても「グロリアワゴン」が復活することはありませんでした。 1995年11月 発売モデルは、V6 2Lを搭載した日産の伝統的ステーションワゴン、セドリックワゴン/グロリアワゴンである。 商用4ナンバーバンタイプ同様、115馬力を発生するVG20Eエンジンを搭載、フロアシフトもしくはコラムシフトの4速AT、フロア5速マニュアルからの組み合わせとする。 5ナンバーサイズいっぱいの直線的なボディに、標準「V20E GL」と上級「V20E SGL」はフェンダーミラー、最上級「SGLリミテッド」はドアミラーが装着となる。 SGLリミテッドは、コラムシフトとベンチシートの組み合わせで8名定員、その他は荷室に後ろ向きに備えられたサードシートで、7名定員となる。 コルサ トヨタ自動車が生産・販売していたコルサ(Corsa)は小型乗用車です。 車名コルサは、イタリア語の「疾走、競争」から来ている。 1978年8月初代コルサ(L1型)はトヨタ初のFF車として姉妹車のターセルと共に販売を開始した。 1982年5月2代目コルサ(L2型)が登場した。 姉妹車との相違点は、フロントグリルとリアガーニッシュなどである。 1986年5月3代目コルサ(L3型)が登場した。 1990年9月4代目コルサ(L4型)が登場し、5ドアハッチバックが消滅した。 ボディタイプは3ドアハッチバック・4ドアセダン、駆動系はFF(前2輪駆動)・フルタイム4WD、トランスミッションは3速AT・5速MT、エンジンタイプは2E-LU型DOHC16バルブ・3E-LU型DOHC16バルブ・3E-ELU型DOHC16バルブである。 1994年9月5代目コルサ(L5型)が登場した。 1999年7月コルサの生産は終了しますが、ハッチバックは事実上のスターレットとの統合後継車に当たる「ヴィッツ」、セダンの後継車は「プラッツ」となっています。 コロナクーペ トヨタ自動車が生産していたコロナクーペ Corona Coupe はクーペ型の乗用車である。 1985年8月コロナクーペは登場した。 コロナの名前を冠しているが、同時に登場したカリーナED、セリカとシャーシを共有する姉妹車でもあり、セダン系とは全く別物の車である。 キャッチコーピーは、「ザ・ストリーム・ライナー」(前期型)、「美しいクーペさえあれば」(後期型)であった。 ボディタイプは2ドアクーペで、駆動方式はFFである。 コロナクーペは、T140型コロナ2ドアハードトップの後継車である。 セリカのラインナップがリフトバックのみであり、クーペがなくなったため、その穴埋めの役割も果たしていた。 カリーナEDとセリカの売れ行きが好調なのに対して、同じT160型セリカ譲りのスタイリッシュなスタイルの割りに地味な存在のコロナクーペの売れ行きは不調であった。 1987年8月マイナーチェンジと同時に2000ccハイメカツインカム16バルブエンジンの3S-FELU型が追加され、1600cc車が廃止された。 1989年9月、生産を終了した。 後継車として、4ドアハードトップの「コロナEXiV」が登場した。 コンチェルト コンチェルト Concerto はセダン型の小型自動車で、 ホンダ 本田技研工業 が製造および販売をしていました。 厳密には、1980年代にホンダが イギリスのオースチン・ローバー・グループ ARG後のローバー と 技術提携をしており、その時に共同開発されたのがコンチェルトです。 コンチェルトの意味は、イタリア語の「協奏曲」です。 イギリスとの提携ということで、 コンチェルトはヨーロッパスタイルのクラスレス車です。 ホンダ車の中では、コンチェルトは、 シビックとアコードの間に位置する車格です。 1988年6月に、コンチェルトの初代が発売されました。 この時のコンチェルトは、4ドアセダンのFFでした。 1988年7月には、コンチェルトの4ドアセダンの4WDや、5ドアセダンが発売されました。 1991年2月には、コンチェルトはマイナーチェンジが実施され、 フロントノーズが垂直気味だったり、 テールランプのデザインが変更されたり、 グレードが追加・整理されたりといったことがありました。 この頃はバブルの直後であったせいもあり、 最上級のEXCLUSIVEという4ドアの価格は210万円でした。 1992年10月にコンチェルトは製造・販売が終了し、 コンチェルトの後続のドマーニが発表されました。 サイノス トヨタ自動車が生産していたサイノス CYNOS は、小型2ドアクーペである。 車名サイノスは、英語で「目標」や、「注目の的」などの意味をあらわす「cynosure」からの造語である。 1991年1月初代サイノスは発売された。 サイノスはコルサやターセルのセダンを基本とした小型2ドアクーペである。 北米の「セクレタリーカー」市場に向けて企画されたモデルであり、国内でも販売された。 北米ではターセル2ドアクーペの後継車種になる。 1995年8月モデルチェンジし、2代目サイノスが登場した。 先代を踏襲したデザインでありながらも、上級のモデルとしてレビントレノにより近付いたものとなった。 インテリア面でも、質感を向上させ、上級のグレードにはホワイトメーターを採用し、スポーティなイメージを出していた。 1997年12月マイナーチェンジし、ヘッドライトがマルチリフレクターとなり、衝突安全ボディGOAを標準装備した。 サクシード トヨタ自動車が製造しているサクシード(Succeed)は、ライトバン型、及びステーションワゴンタイプの自動車である。 車名の由来は、英語で「成功する」と言う意味の「Succeed」から来ている。 2002年7月初代が発売された。 サクシードはミディアムサイズの商用モデルを担っていたカルディナバンに替わり、バンとしての使い勝手を念頭に置いた専用設計により開発されたモデルである。 サクシードは、姉妹車のプロボックスに比べ全長で105mm、荷室が20mm長く、最大積載量も、プロボックスの400kgに対して、450kgとなっている。 余分な装備がなく、安価な価格が魅力で、カスタムカーのベース車両として人気があります。 プロボックスでのオプション装備が、サクシードでは標準装備となり、プロボックスよりはやや高くなっています。 足回りは、フロントがL型ロアアームマクファーソンストラット式、リアはラテラルコントロールアーム付4リンク式となっていて、快適な乗り心地を実現しています。 また、衝突安全ボディのGOAをさらに進化させて、全方位からの衝突安全性能を追求している。 サクシードは、ビジネス最前線に最適の資質を与えられた車で、商用車の魅力を最大限につめ込んでいます。 抜群の収容能力を誇る荷室や運転席は、働く人の声が色濃く反映されています。 2012年4月一部改良され、ワゴンにおいて、リア中央席に3点式シートベルトとヘッドレストを標準装備した。 サニーカリフォルニア 日産自動車が1979年から1996年まで製造・販売していたサニーカリフォルニア Sunny California は、ステーションワゴン型の乗用車である。 ボディタイプはステーションワゴンで、セダンタイプの乗用車の「サニー」とプラットフォームを共有している。 1979年セダンタイプの発売から1年2ヶ月遅れで初代(B310型)がサニーシリーズ初のステーションワゴンとして発売された。 1981年2代目(B11型)が登場した。 この頃「ダットサン」ブランドは廃止され、「日産」ブランドに統一され「ニッサン・サニー」に切り替わりました。 1985年3代目(B12型)が登場した。 1990年4代目(Y10型)が登場した。 4代目は、2代目 ADバン・ADワゴンとボディをほぼ共有するため、それと同じ「Y10型」となる。 1996年までの6年間マイナーチェンジなどを重ねて活躍した。 1996年5月に「ADワゴン」と統合し、大規模なモデルチェンジを経て「ウイングロード」として再デビューした。 これにより、実質「サニーカリフォルニア」の名前は消滅した。 サファリ 日産車体が製造、日産自動車が販売していたサファリ(SAFARI)は、四輪駆動車である。 車名サファリ(SAFARI)は、狩猟・探検などの「遠征旅行」の意味のスワヒリ語である。 駆動方法は英語の「four-wheel-drive」の略の「4WD」もしくは「all-wheel-drive」の略の「AWD」と呼ばれている四輪駆動です。 1980年6月初代(160型系)サファリが発売された。 発祥は1951年に販売開始された日産自動車「4W60型パトロール」にまで遡る。 日本のクロスカントリー型四輪駆動車の先駆けとなる車両である。 今では、トヨタ自動車の「ランドクルーザー」と共に国際連合や紛争地域での使用が目立っている。 クロスカントリー用車両のブームが終わった国内でも、愛好者が自家用とするほか、消防、警察、高速道路会社、JAFなどの団体、民間企業で業務用として用いられている。 2010年4代目(Y62型系)は、主にUAEなどの中東市場の富裕層向けとして開発され、同時に日産SUVのフラッグシップと位置づけられた為、堂々かつ洗練されたスタイルとなり、内外装の高級感も増している。 車体寸法と室内容積も大幅に拡大し、初めて背面スペアタイヤを廃止した。 3代目インフィニティ・QXと共通設計でもあり、従来モデルとは性格が大きく変わっている。 国内での販売は2007年に終了しているが、国外向けには今でも「パトロール」という名前で製造・販売が続いている。 スターレット スターレット STARLET は、トヨタ自動車で生産されていた乗用車である。 車名「スターレット」は、英語で「小さな星」という意味を表す名詞「starlet」から来ている。 1973年4月初代スターレットは、2代目パブリカのスポーティーな上級シリーズとして、パブリカ・スターレットの名称で登場した。 ボディスタイルは2ドアのファストバッククーペで、直線的なエクステリアデザインは曲面主体の当時の国産車にあっては新鮮なものだった。 同年10月、4ドアモデルが追加され、トヨタ・スターレットとしてパブリカシリーズから独立する。 1978年2月モデルチェンジし、2代目スターレットは、ハッチバックボディに転換した。 2代目以降は3ドアと5ドアのハッチバックボディを持っている。 1984年3代目は、駆動方式を横置きFFに転換した。 ターボチャージャー付きエンジンを搭載した車も登場し、「かっ跳び」、「韋駄天」など、走りのコンパクトさからこのような異名が持たれるようになった。 1989年12月フルモデルチェンジし、4代目が登場した。 1996年1月フルモデルチェンジし、5代目が登場した。 衝突安全ボディ、"GOA"となる。 1997年各社のレトロ調モデルの追加に合わせ、クラシック風のドレスアップモデルとして"カラット Carat "が登場した。 1998年10月特別仕様車としてカジュアルRV RV風 の"リミックス Remix "(ラシーンに対抗したモデル。 5ドアのみ)もラインナップされ、バリエーションを拡充した。 1999年8月ヴィッツの1300cc車グレード追加と同時に生産・販売を終了した。 スパーキー ダイハツ工業が製造し、トヨタ自動車が販売していたスパーキー Sparky は、セミキャブオーバータイプの乗用車である。 車名スパーキーは、英語で「エネルギッシュな・いきいきとした」と言う意味から来ている。 スパーキーは、2000年9月ダイハツ・アトレー7のOEM供給として発売された。 全長4メートル以下とコンパクトなボディであり、3列シートを装備し、7人乗りができるようになっている。 スライドドアを全車の左右リヤドアに装備している。 外観面では、大型フロントバー、フロントグリルや専用リヤガーニッシュを採用し、インテリア面ではドアトリムや専用のシート表皮、黒木目調のインパネなどを装備することにより、スポーティーさを印象づけている。 セカンドシートとサードシートは折りたたむことができ、床下に収納することができる。 安全面では、デュアルSRSエアバッグ、ABS&アシスト機構付きブレーキなどが標準装備されている。 2002年6月にマイナーチェンジし、エンジンの出力が92psに向上、ロールーフ仕様の追加、ドアミラーの大型化、安全性能の向上、排ガスクリーン化を全車に図った。 2003年9月シェンタの登場を機に販売を中止した。 スプリンター トヨタ自動車が1968年から2002年まで、日本国内で生産・販売していたスプリンター(SPRINTER)は、小型乗用車であり、カローラの姉妹車種であった。 1968年4月初代スプリンター(E15型)は登場した。 「カローラ」を、独立したトランクルームを持つファストバックスタイルのクーペボディとしたモデル「カローラスプリンター」に始まる。 1969年エンジン排気量が1. 2リッターにアップし、型式もKE17型となった。 1070年5月2代目モデル(E20型)となり、カローラとスプリンターがそれぞれ独立した車種として設定された。 1979年3月4代目(E70型)が登場し、ボディタイプはセダン・ハードトップ・3ドアリフトバック・3ドアクーペの4種類である。 1982年8月5ドアワゴンかつスプリンターカリブが発売された。 1983年5月5代目(E80型)が登場した。 1987年5月6代目(E90型)が登場し、ボディタイプは4ドアセダン・5ドアハッチバック(シエロ)・2ドアクーペ(トレノ)・ステーションワゴン(カリブ)の4種類である。 1991年5月7代目(E100型)が登場し、ボディタイプは4ドアセダン・2ドアクーペ(トレノ)の2種類である。 1995年5月8代目(E110型)が登場した。 1992年デビューのマリノは継続生産され、カリブは同年8月にフルモデルチェンジした。 2002年8月カリブの販売が終了となり、スプリンターシリーズの生産は全て終了した。 スプリンターカリブ トヨタ自動車が生産していたスプリンターカリブ Sprinter Carib は、排気量1600~1800ccクラスのステーションワゴンである。 車名カリブは、トナカイの北アメリカでの呼び名、カリブー caribou から来ている。 1982年8月スターションワゴンタイプの車として初代スプリンターカリブ(AL25型)が発売された。 1988年2月2代目(AE90G型)が登場した。 1995年8月3代目(AE110G型)が登場し、2002年まで販売されていた。 スプリンターカリブは、後に人気車種となるクロスオーバーSUVの原型となった車としても知られている。 ボディタイプは5ドアステーションワゴン5人乗り、駆動系はFF(前2輪駆動)・4WD、トランスミッションは4速AT・5速MT・6速MT、エンジンタイプは4A-FE型直列4気筒(1. 6L)・4A-GE型直列4気筒(1. 6L)・7A-FE型直列4気筒(1. 8L)、最大出力は115PS~165PS、全長4,425mm・全幅1,690mm・全高1,490mmである。 3代目(AE110G型)は欧州では「カローラワゴン」の名前で販売されている。 スプリンターカリブは、悪路走行性が高いことが大きな特徴である。 積雪や悪路といった環境でも問題なく走行できる当時の代表的な車でした。 2002年8月ヴォルツの登場により生産を終了した。 スプリンタートレノ トヨタ自動車が生産していたスプリンター・トレノ SPRINTER TRUENO は、1. 6Lクラスの小型スポーツクーペである。 カローラレビンと車台を共用する姉妹車である。 車名トレノは、スペイン語で「雷鳴」の意味から来ている。 スプリンタートレノは1972年3月初代(TE27型)がスプリンタークーペ「SL」、「SR」に対し、よりスポーティなホットモデルとして登場した。 9代目(AE110型)が2000年まで販売されていた。 スプリンタートレノは、一般的なクーペに比べて高性能であることがポイントであった。 ボディタイプは2ドアクーペ4人乗り、駆動系はFF(前2輪駆動)、トランスミッションは5速MT・6速MT・4速AT、エンジンタイプは5A-FE型直列4気筒(1. 5L)・4A-FE型直列4気筒(1. 6L)・4A-GE型直列4気筒(1. 6L)、最高出力は100PS~165PS、全長4,305mm・全幅1,695mm・全高1,305mmである。 スプリンタートレノは初の自社開発6速MTが採用された。 当時販売されていた車の中ではパワーがあり走行性能が高かったため、走り自体に魅力を感じるという人を中心に高い人気がありました。 20008月、9代目をもってトレノの生産・販売は終了した。 スプリンターマリノ トヨタ自動車がトヨタオート店(現在のネッツ店)扱いで販売されていたスプリンターマリノ SPRINTER MARINO は、ハードトップモデルの乗用車である。 スプリンターマリノ は、7代目スプリンターシリーズ(E100型)の派生車としてデビューした。 姉妹車にカローラ店扱いのカローラセレスがある。 スプリンターマリノは1992年に販売が開始され、1998年まで販売がされていました。 ボディタイプは4ドアハードトップ5人乗り、駆動系はFF前2輪駆動、トランスミッションは4速AT・5速MT・6速MT、エンジンタイプは5A-FE型直列4気筒DOHC(1. 5L)・4A-FE型直列4気筒DOHC(1. 6L)・4A-GE型直列4気筒DOHC(1. 6L)、最高出力は105PS~160PSである。 Gtypeのみ6速MTが採用されている。 走行性能の高さは同様のモデルの中でも高いが、居住空間の悪さが、時代と逆行しているところがあった。 ハードトップモデルでは珍しく、後ろのドアガラスが完全に下がる。 衝突安全性の向上のために、当時トヨタ自動車の設計標準化であった「CIAS」(サイアス)が採用されている。 1998年6月生産終了し、一代限りでモデル廃止となった。 スプリンターワゴン トヨタ自動車が販売していたスプリンターワゴンは乗用車である。 スプリンター自体はカローラの姉妹車種として1968年から2002年まで販売されていた。 スプリンターワゴンについては6代目(E90型)が1987年から2002年のE100型まで販売されていた。 スプリンターワゴンは、ワゴンというよりも商用バンとしての利用が多かったことも一つの特徴である。 商用車としてみれば、シンプルで使い勝手が良く乗り易い車に仕上がっている。 商用車として非常に高く評価され、導入されることが多かった車種である。 ワゴンタイプの車としては走行性能が非常に高く、速い車という印象が強い。 ボディタイプは5ドアステーションワゴン5人乗り、駆動系はFF(前2輪駆動)、トランスミッションは3速AT・5速MT・4速AT、全長4,265mm・全幅1,685mm・全高1,435mmである。 スプリンターワゴンという名称で知られますが厳密にいえばスプリンターバンであり、スプリンターワゴンとして別の「スプリンターカリブ」という車種がある。 2002年にスプリンターワゴンの生産が終了し、2002年に後継車として「プロボックス」の販売が開始された。 セプター セプター scepter はトヨタ自動車が1992年から1996年に当時の北米カムリを国内仕様にして、販売していた自動車である。 車名セプターは、英語で「王位」「王権」を意味する「Scepter」から来ている。 セプターは、セダン・クーペ・ワゴンという3タイプが販売され、アメリカではカムリという名称で販売されていた。 セダンは国内生産、クーペとワゴンは逆輸入、という少し変わった販路がとられていた。 ボディタイプは4ドアセダン・2ドアクーペ5人乗り・5ドアステーションワゴン7人乗り、駆動系はFE(前2輪駆動)、トランスミッションは4速AT、エンジンタイプは3VE-FEV型6気筒(3000cc)・5S-FE直列4気筒(2200cc)、全長4,780mm セダン及びクーペ ・4,820mm(ステーションワゴン)、全幅1,770mm、全高1,410mm~1,475mmである。 1995年全車に運転席エアバックを標準装備した。 ステーションワゴンとしてのセプターは走行性能・積載能力ともに満足できるつくりになっている。 セプターは、コストパフォーマンスがなかなかいい車です。 セダンとステーションワゴンタイプの後継車はカムリ・グラシアである。 1996年12月北米での新型カムリ登場で販売を終了した。 セラ トヨタ自動車が1990年から1994年まで販売していたセラ(Sera)は、日本では珍しいガルウイングを採用した1500ccの3ドアクーペである。 ニューライブコンパクトビークルと名づけられたトヨタセラは、最大の特徴であるガルウイングドアを量産車では世界でも数少ない採用で、斜め前方に持ち上げるようにドアを開閉し、乗降する。 ガルウイングドアといえばメルセデス・ベンツ300SLやランボルギーニ・カウンタックに代表される超高級スポーツカーの専売特許であった。 一般レベルで日本初のガルウイングドアを採用したのがセラであり、あくまで雰囲気を楽しむというコンセプトの自動車であった。 車の上部のほとんどがガラスで作られ、当時インパクトの強かった車種として知られています。 265mmである。 リアデザインについても評価が高く、ガラス張りに映える内装とともに評価が高い。 完全に趣味の域の車で、車としての価値は現在でも高い。 セリカ トヨタ自動車が製造・販売していたセリカ Celica は、ハードトップおよびクーペ型の乗用車である。 初代セリカは、日本初のスペシャリティ・カーとして70年代に一世を風靡した。 歴代モデルには斬新なデザインが採用され、北米や欧州にも輸出された。 車名セリカは「天上の、空の、神々しい」という意味のスペイン語のcelicaから来ている。 一番の特徴はデザイン面が斬新であり、モデルが変わる毎に一新されていたことである。 ボディタイプは3ドアリフトバック4人乗り、駆動系はFF(前2輪駆動)、トランスミッションは4速AT・5速MT・6速MT、全長4,335mm・全幅1,735mm・全高1,305mmである。 2006年4月、生産を終了し、1970年から35年以上に渡って続いてきたセリカの車名も消滅した。 ただし北米ではサイオン・tCの名前でセリカ同様の4気筒FF2ドア・スポーツクーペが2004年より販売されている。 セリカは、ハイオク車ながらリッター10キロを維持できる車である。 走行性能が高くデザイン性も高いが、価格帯が低いスペシャルカーなので満足できる車である。 ソアラ トヨタ自動車が1981年に発売したソアラ SOARER は、高級クーペである。 車名ソアラは英語で最上級グライダーの意味である。 ソアラは「メルセデス・ベンツSLクラス」や「BMW・6シリーズ」といったヨーロッパの高級GTカーを目標に開発された。 ソアラは日本でのみ販売され、3代目以降のモデルは輸出仕様である「レクサス・SC」のバックエンジニアリングとなっていた。 ソアラは1981年に初代(Z10型)が発売され、4代目のモデル(Z40型)が2005年まで販売されていた。 ソアラの大きな特徴は高級車に高い走行性能を持たせようと開発され、国内では高級車ながら販売台数を伸ばした車種として知られています。 トヨタ車としては初の18インチアルミホイールとタイヤが採用された。 ソアラは、常に最高の走行性能と高級感を味わえる車として高い評価を受け、レクサスに移行した後の今日も人気が高い車である。 2005年日本でもレクサス・SCとしての販売が開始されたことに伴って絶版となった。 タウンボックス タウンボックスの買取相場はもうチェックしましたか?三菱自動車工業が生産していたタウンボックスは、ワンボックス型の軽自動車(軽キャブワゴン)である。 1999年4月ブラボーの後継車として発売された。 ミニキャブをベースにしているが、軽ワンボックス車としては初の5ナンバー車となった。 グレードは「RX」・「LX」・「SX」の3種類を用意し、全グレードで4ATまたは5MT、2WDまたはパートタイム式4WD、ハイルーフまたはサンルーフが選択可能である。 タウンボックスは、スクエアなデザイン、センターミッドシップエンジンレイアウト、長いホイールベース等により、大人4人が乗ってもゆとりのある広い室内空間と、大容量のラゲッジスペースを確保している。 シートアレンジも多彩で、リアシートを倒すとフラットなラゲッジスペースになり、自転車等の大きな荷物を載せる事が可能です。 前後のシートを倒すとフルフラットにもなる。 タウンボックスは収納力が高く、業務用として使用される事も多い。 フロントドアは幅750mm、スライドドアは幅735mmと開口部が広く、狭い場所でもスムーズに乗り降りできるようになっている。 タウンボックスはパワーがあって走りもスムーズ、小回りも利くので運転が非常にしやすくなっている。 2011年11月販売を終了し、入れ代わりに11月24日にマイナーチェンジしたミニキャブにレジャーユースを想定した「ブラボー」を追加した。 ナディア トヨタ自動車が製造・販売していたナディア(NADIA)は、ミニバン風トールワゴンである。 車名ナディアは、ロシア語の「希望」を意味する「ナディージタ」から来ている。 1998年8月に発売されたナディアは、イプサムをベースに開発された2列シートのミニバン風トールワゴンで、全長はイプサムより短いが、3列目シートがない分、後席シートの足元スペースは広々としている。 スタイルは丸みを帯びたワンモーションフォルムで、内装は高級感と視認性アップを図り、後部シートは可倒式で、多くの荷物が積載可能となっています。 全長4425mmのコンパクトなサイズでありながら、ショートオーバーハング、ロングホイールベース化などにより広いキャビンを確保しています。 リアシートには左右独立で最大180mmのスライド機構を装備している。 タイヤは15インチで、優れた走行安定性を実現している。 グレードは、標準タイプに加えて、内装に高級感のあるLセレクションと、スポーティ感のあるSセレクションがある。

次の

堺ブレイザーズ

堺 ブレイザー ズ 関田

チームの歴史 1950年に全日本実業団選手権で全国初優勝。 第1回の6人制実業団大会を制し、64年の東京オリンピックでは3人がプレー。 日本リーグでも初代王者となった。 新日本製鐵と社名が変わり、本拠地を大阪・堺市に移したあと、小田勝美、田中幹保を中心に黄金時代へと突入。 第7回大会から4連覇を達成し、3連覇も2回を数える。 Vリーグでは第3回、第4回大会を連覇。 2000年12月に地域一体型スポーツ活動を目指した株式会社ブレイザーズスポーツクラブ『堺ブレイザーズ』として新たなスタートを切る。 2005年の第12回大会で堺ブレイザーズとして初優勝。 日本リーグ時代(12回)を含めて通算17回の優勝は参加チーム一。 チームの概要 名前 堺ブレイザーズ チーム名の由来 堺のチームネーム『ブレイザーズ』は、「炎の男たち」と いう意味ですBlazesを辞書で引いてみると、「炎、きらめく光、光輝、激発、興奮とあります。 熟語になると、「Go to blazes」=くたばっちまえ 「Like Blazes」=猛烈に、激しく 「Blazes away」=盛んに発砲する、(仕事などを)どんどんやるといった意味にもなります。 ワイルドで激しい「鉄人」のイメージにぴったりですよね。 「燃えろ!鉄人」という、キャッチフレーズも、昔からずっと使っていますが、これと共通するものでもあります。

次の