グレート ディバ イディング 山脈。 高等学校地理B/地誌 オセアニア

グレートディバイディング山脈

グレート ディバ イディング 山脈

45南緯148. 45; 148. 266667座標 長さは3500キロメートル(2,175マイル)、南北 グレートディバイディング山脈や、東ハイランド、オーストラリアの最も実質的な山の範囲と4番目の世界最長です。 範囲の最後には、中央平原には退色する前に以上の 3500キロクイーンズランド州の北東部に密告するDauan島から(2,175マイル)、西、ビクトリアにニューサウスウェールズ州で東部の海岸線は、その後の全体の長さと回転を実行して、ストレッチ西部のビクトリア州でのグランピアンズ。 の範囲の幅は約160キロから300キロ以上に異なります。 [1] シャープは沿岸の低地や東部の高地の間に、オーストラリアの気候は、主に地形性降雨のために、最高の救援、これらの分野に影響して上昇する印象的な峡谷の国を明らかにした[2]。 1鉄道 図書館4. 2道路交通 図書館4. これは山脈、台地、高地や崖の複合体の古代と、複雑な地質学的歴史で構成されます。 陸の地形区分名は、東オーストラリア山脈と呼ばれます。 の範囲の堤流域や河川の流域の間に境界線によって直接東は太平洋に流出し、それらの河川には、マレーには、ドレイン西へダーリング川システムに定義されます。 北部では、カーペンタリア湾に向かって範囲ドレインの西側にある川。 これは、"範囲"をより高く、より頑丈な部品は、必ずしも範囲の家紋の一部を形成しないが、注意しなければならないの支店や姉妹、そこから可能性があります。 この法律において"グレートディバイディング山脈"具体的には範囲の流域稜するか、すべての丘や山々はオーストラリアの東海岸と中央平原や低地の間を含む全体の高地複雑を参照することがあります。 主な範囲とは、範囲の複合体の一部を形成する他の機能を独自の特徴的な名前がある。 [編集]歴史 範囲はもともとオーストラリアの先住民族の本拠地だった。 証拠が飾られ、洞窟、キャンプ場や歩道部と内陸部の沿岸地域間を移動するために使用でその職業のいくつかの場所に残ります。 1788年にヨーロッパ人の入植後、範囲は、英国の入植者の探査や決済に障害された。 ただし、高されない場合、高地の部分は非常に頑丈された。 1813年に、使用可能なルートを最後に直接西方シドニーブルー山脈を越えバサーストにグレゴリーBlaxlandは、ウィリアムローソン、ウィリアムチャールズウェントワース含まれてパーティから発見されました。 (都市ブルーマウンテンの後のそれぞれの男性にちなんで命名された。 )この内陸部のニューサウスウェールズ州の農業地域の発展のスタートとなった。 内陸部のニューサウスウェールズ州の操作が簡単ルートゴールバーンに向かって南西に発見され、ニューカッスルから西。 後続の探検を越えてアランカニンガム、ジョンオクスリー、ハミルトン、ヒュームルートヴィヒシドニー市内中心部、トーマスミッチェルの範囲の周りを行いました。 これらの探検家は主に良い農地を見つけると憂慮した。 後半に1830年代の最も肥沃な放牧地山の範囲に隣接することを検討されていたいくつかの定住した。 これらは、ギプスランドの南にリベリナ地域最大のリバプールプレーンズとダーリングダウンズの北側に含まれる。 ただし、多くの分野は、この日に、リモートのまま様々な道路や鉄道路線、その後の範囲の多くの部品を介して確立された。 たとえば、東部のビクトリア州では1つだけの主要道路の南から北の高地に交差されます。 キングスハイウェイブレードウッドと Bungendore、ニューサウスウェールズ州との間でグレートディバイディング山脈記号.

次の

定義 GDR: グレートディバイディング山脈

グレート ディバ イディング 山脈

のブレインウッド-バンガドール間にあるグレートディバイディング山脈のサイン この山脈は、もともとはの居住地であった。 装飾された洞窟や、海岸地帯と内陸地帯を移動する時に利用されたキャンプサイトや道などによって、彼らがいくつかの場所を占有していたという証拠が残されている。 1788年の西洋人の入植後、これらの山脈は実地踏査やイギリス人の入植者による入植の妨げとなった。 標高はそれほど高くないが、これらの高地は非常に起伏に富んでいた。 1813年に、シドニーからを経由し、バサースト へ直接行けるルートが、およびを含む、の探検隊により発見された。 後にブルーマウンテンの街に彼らの名がつけられている。 これが、ニューサウスウェールズ州の内陸部の農業地域の発展の始まりとなった。 ニューサウスウェールズ州内陸部へのより簡単なルートは、ゴールバーン へ向けて南西へ向かうルート、から西へ行くルートが発見された。 続く実地踏査は主稜線周辺において、、、、およびによって行われた。 これらの探検家は農業地帯に適した土地を見つけることに主に関心を払った。 1830年代後半までに、山脈に面した最も肥沃な牧草地が探検され、入植された。 これらには南部のギップスランド地域とリバーリナ地域を含み、北部のリバープル・プレインズ やダーリング・ダウンズ が含まれる。 様々な道路や鉄道がこの山脈の様々な地域に続けて建設されたが、多くの地域は今日、人里離れたところにとり残されている。 例えばビクトリア州東部では、北から南へ高地を走る主要道路は、一つしかない。 地形 比較的なだらかで、オーストラリアの平均より湿潤な土地であるこれらの高地の一部は、農業や畜産業がよく発達した。 このような地域にはクイーンズランド州のアサートン高原 やダーリング・ダウンズ、ニューサウスウェールズ州のノーザン・テーブルランド 、サザン・ハイランド 、サザン・テーブルランド などがある。 他の高地は農業を行うにはあまりに起伏に富んでおり、林業において利用された [ ]。 さらに、開発されなかった高地の多くの場所は、現在、国立公園に含まれている。 最高峰である 標高2,228メートル を含み、オーストラリア大陸にある高標高地は、ほぼこの山脈の一部である。 ニューサウスウェールズ州南部およびビクトリア州東部の高地は、として知られる。 グレートディヴァイディング山脈の中心部には多くの山頂が点在し、多くのより小さな山脈、山脚、渓谷、谷や重要な平原によって取り囲まれている。 いくつかの有名な平原には、オーストラリア南東部のハイ・プレーンズ 、ビクトリア州のセントラル・ハイランド およびボゴング・ハイ・プレーンズ などがある。 また、アサートン高原やキャンベラ・ワイン地域 、サザン・テーブルランドなどもグレートディバイディング山脈地域であると見なされる。 ダンデノン山脈 、バンニャ山地 、、リバープール山脈 、マックパーソン山脈 およびムーンビ山脈 などはグレートディバイディング山脈を形成する山脈であり、より小さな山脚である。 グレートディヴァイディング山脈を形成する、他の注目すべき山脈および台地はリバープール山脈、マウント・ロイヤル山脈 および、モンエアロ地域 があげられる。 高地のいくつかの山頂が2000m余りの標高がある一方、山脈の地質年代および長年の浸食により、多くの山はさほど急勾配ではなく、ほぼすべての山頂へは登山用品なしに到達することができる。 いくつかの地域、例えばスノウィー山脈、ビクトリア・アルプス、シーニック・リムおよびニューイングランド地域の東部急斜面などの、これらの高地は重要な境界なっている。 他の地域では、この斜面は緩やかであり、地域内ではこの山脈はかろうじて知覚できるほどである。 また、カックス峠、カニンガム峠 、デッド・ホース峠、ナウランド峠 、スパイサー峠 などは、有名な峠である。 ブローハード山より、ビクトリア州オウミーオウ平原を望む 有名な街がクイーンズランド州アサートン、トゥーオンバ、ニューサウスウェールズ州アーミデール、オベロン、ゴールバーン、ビクトリア州オウミーオウなど山脈の高地に位置する。 他の多くの街や市は、低地や高地に隣接した麓に位置している。 街の内外や、多くの遠隔地に住む土地所有者のグレートディバイディング山脈地域へ付随する強い自然史や文化史がある。 集水域 下流域を林業が使うため、環境保護論者との摩擦が生じている。 この山脈はまたオーストラリア東部の水源であり、クイーンズランド州の大部分やを経由し、で貯水される。 山脈沿いの谷は、貯水池や水供給プロジェクト(アッパー・ネピーイン計画 、スノウィー・マウンテン計画 、ワラガンバダム計画 など)にとり水の重要な供給源である。 ブラッドフィールド計画 ではクイーンズランド州南部の沿岸地域から、乾燥地域へ水を輸送する方法が議論されている。 グレートディヴァイディング山脈は、オーストラリアの東部海岸地域から、、海岸地帯から離れ、内陸の平原へ流れる西のマレー・ダーリング流域へ流れるオーストラリア南東海岸流域区域 および、オーストラリア北東海岸流域区域 の集水域を形成する。 山脈の西へ流れる川には、コンダマイン川 、 、ハーバート川 、ラックラン川 、マクドナルド川 , 、マッキンタイア川 およびナオミ川 などがある。 太平洋へ向け東へ流れる河川は、バーデキン川 、クラランス川 、ヘイスティング川 、ハークスベリー川 、ハンター川 、マクリー川 、マリー川 、リッチモンド川 、 、スノウィー川 などがある。 , Sydney, 1984,• Australia:Portrait of a Continent. Richmond, Victoria: Hutchinson Group. Melways, Edition 35 2008, Touring Maps• Brisway, Edition 1, 2005.

次の

NSWの田舎町、マッジーへの逃避行

グレート ディバ イディング 山脈

のブレインウッド-バンガドール間にあるグレートディバイディング山脈のサイン この山脈は、もともとはの居住地であった。 装飾された洞窟や、海岸地帯と内陸地帯を移動する時に利用されたキャンプサイトや道などによって、彼らがいくつかの場所を占有していたという証拠が残されている。 1788年の西洋人の入植後、これらの山脈は実地踏査やイギリス人の入植者による入植の妨げとなった。 標高はそれほど高くないが、これらの高地は非常に起伏に富んでいた。 1813年に、シドニーからを経由し、バサースト へ直接行けるルートが、およびを含む、の探検隊により発見された。 後にブルーマウンテンの街に彼らの名がつけられている。 これが、ニューサウスウェールズ州の内陸部の農業地域の発展の始まりとなった。 ニューサウスウェールズ州内陸部へのより簡単なルートは、ゴールバーン へ向けて南西へ向かうルート、から西へ行くルートが発見された。 続く実地踏査は主稜線周辺において、、、、およびによって行われた。 これらの探検家は農業地帯に適した土地を見つけることに主に関心を払った。 1830年代後半までに、山脈に面した最も肥沃な牧草地が探検され、入植された。 これらには南部のギップスランド地域とリバーリナ地域を含み、北部のリバープル・プレインズ やダーリング・ダウンズ が含まれる。 様々な道路や鉄道がこの山脈の様々な地域に続けて建設されたが、多くの地域は今日、人里離れたところにとり残されている。 例えばビクトリア州東部では、北から南へ高地を走る主要道路は、一つしかない。 地形 比較的なだらかで、オーストラリアの平均より湿潤な土地であるこれらの高地の一部は、農業や畜産業がよく発達した。 このような地域にはクイーンズランド州のアサートン高原 やダーリング・ダウンズ、ニューサウスウェールズ州のノーザン・テーブルランド 、サザン・ハイランド 、サザン・テーブルランド などがある。 他の高地は農業を行うにはあまりに起伏に富んでおり、林業において利用された [ ]。 さらに、開発されなかった高地の多くの場所は、現在、国立公園に含まれている。 最高峰である 標高2,228メートル を含み、オーストラリア大陸にある高標高地は、ほぼこの山脈の一部である。 ニューサウスウェールズ州南部およびビクトリア州東部の高地は、として知られる。 グレートディヴァイディング山脈の中心部には多くの山頂が点在し、多くのより小さな山脈、山脚、渓谷、谷や重要な平原によって取り囲まれている。 いくつかの有名な平原には、オーストラリア南東部のハイ・プレーンズ 、ビクトリア州のセントラル・ハイランド およびボゴング・ハイ・プレーンズ などがある。 また、アサートン高原やキャンベラ・ワイン地域 、サザン・テーブルランドなどもグレートディバイディング山脈地域であると見なされる。 ダンデノン山脈 、バンニャ山地 、、リバープール山脈 、マックパーソン山脈 およびムーンビ山脈 などはグレートディバイディング山脈を形成する山脈であり、より小さな山脚である。 グレートディヴァイディング山脈を形成する、他の注目すべき山脈および台地はリバープール山脈、マウント・ロイヤル山脈 および、モンエアロ地域 があげられる。 高地のいくつかの山頂が2000m余りの標高がある一方、山脈の地質年代および長年の浸食により、多くの山はさほど急勾配ではなく、ほぼすべての山頂へは登山用品なしに到達することができる。 いくつかの地域、例えばスノウィー山脈、ビクトリア・アルプス、シーニック・リムおよびニューイングランド地域の東部急斜面などの、これらの高地は重要な境界なっている。 他の地域では、この斜面は緩やかであり、地域内ではこの山脈はかろうじて知覚できるほどである。 また、カックス峠、カニンガム峠 、デッド・ホース峠、ナウランド峠 、スパイサー峠 などは、有名な峠である。 ブローハード山より、ビクトリア州オウミーオウ平原を望む 有名な街がクイーンズランド州アサートン、トゥーオンバ、ニューサウスウェールズ州アーミデール、オベロン、ゴールバーン、ビクトリア州オウミーオウなど山脈の高地に位置する。 他の多くの街や市は、低地や高地に隣接した麓に位置している。 街の内外や、多くの遠隔地に住む土地所有者のグレートディバイディング山脈地域へ付随する強い自然史や文化史がある。 集水域 下流域を林業が使うため、環境保護論者との摩擦が生じている。 この山脈はまたオーストラリア東部の水源であり、クイーンズランド州の大部分やを経由し、で貯水される。 山脈沿いの谷は、貯水池や水供給プロジェクト(アッパー・ネピーイン計画 、スノウィー・マウンテン計画 、ワラガンバダム計画 など)にとり水の重要な供給源である。 ブラッドフィールド計画 ではクイーンズランド州南部の沿岸地域から、乾燥地域へ水を輸送する方法が議論されている。 グレートディヴァイディング山脈は、オーストラリアの東部海岸地域から、、海岸地帯から離れ、内陸の平原へ流れる西のマレー・ダーリング流域へ流れるオーストラリア南東海岸流域区域 および、オーストラリア北東海岸流域区域 の集水域を形成する。 山脈の西へ流れる川には、コンダマイン川 、 、ハーバート川 、ラックラン川 、マクドナルド川 , 、マッキンタイア川 およびナオミ川 などがある。 太平洋へ向け東へ流れる河川は、バーデキン川 、クラランス川 、ヘイスティング川 、ハークスベリー川 、ハンター川 、マクリー川 、マリー川 、リッチモンド川 、 、スノウィー川 などがある。 , Sydney, 1984,• Australia:Portrait of a Continent. Richmond, Victoria: Hutchinson Group. Melways, Edition 35 2008, Touring Maps• Brisway, Edition 1, 2005.

次の