エブリイ バンライフ。 エブリイ 快適装備

【追記有り】この2年間スズキエブリイでキャンプに行っているけど、積載量と燃費の良さが最高。

エブリイ バンライフ

改良により魅力をアップしたスズキ新型エブリイについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 【最新情報】スズキ新型エブリイにマイナーチェンジ発売! スズキが「エブリイ」のマイナーチェンジを発表しました。 スズキ・エブリイは、ブランドの軽キャブバン、キャブワゴンとして制作され、大きな室内空間を利用した車中泊など、レジャーに使うユーザーにも人気になっています。 マイナーチェンジした新型エブリイでは、安全装備を大幅に強化することで魅力をアップしています。 安全装備を強化し、「エブリイワゴン」に標準装備、軽商用車「エブリイ」もJOIN、JOINターボ(5MT車除く)に標準装備。 デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストを採用• 軽キャブバン・軽キャブワゴン初となる後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーを搭載• 「PA」「PAリミテッド」にオーバーヘッドシェルフを採用 スズキ新型エブリイの外装(エクステリア)デザイン スズキ新型エブリイの外装は、室内空間を最重視した設計ながら質感がアップされています。 エブリイワゴンのフロントには、メッキグリルやディスチャージヘッドランプを採用することで、デザイン性をアップ。 リアにはLEDテーブランプを採用し先進的な印象に仕上げられているほか、後続車からの視認性も高められています。 ホイールベース:2430mm• スズキ新型エブリイの内装(インテリア)デザイン、車中泊は? スズキ新型エブリイの内装は、広い室内空間により機能性が高められています。 エブリイワゴンの室内サイズは軽キャブワゴンでトップとされ、大きな荷室を持ちながらも、乗員のためのスペースにも余裕が確保されています。 シートレイアウトは、後部座席を前後に180度まで倒すことができるようになっていることで、用途にあわせて多彩な選択が可能に。 純正アクセサリーとして用意されているパーツを使用することで、さらに荷物が積みやすくなるほか、車中泊も快適にこなすことができるようになっています。 トランスミッション:5速MT or 5速AGS or 4速AT• 駆動方式:FR or パートタイム4WD or フルタイム4WD スズキ新型エブリイのエンジンには、軽自動車規格に対応するR06A型660ccエンジンが設定されています。 R06A型ターボエンジンは、3000rpmで最大トルクを発生する使いやすい特性に仕上げ。 エブリイワゴンでは4速ATと組み合わせることで、乗用軽自動車の多くに採用されるCVTより、荷物を積み込んだ際の大きな負荷にも対応できるようになっています。 駆動方式は、リアに荷重がかかった際に大きなトラクションを得られるFRベースとされ、4WDシステムはバンで前後の駆動力を固定することで高い駆動力を発揮するパートタイム4WDと、日常的に使うことができるフルタイム4WDを選択することができるようになっています。 【エブリイ】 FR:19. 【エブリイワゴン】 FR:16. 乗用モデルとなるエブリイワゴンはターボエンジンと後輪駆動レイアウトを採用しながら、16. スズキ新型エブリイの安全装備は? スズキ新型エブリイの安全装備には、スズキの先進安全システム「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載されました。 デュアルカメラブレーキサポートは、夜間の歩行者も検知し、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストなど、最新の安全機能が提供されます。 新型エブリイではこの他、軽キャブバン・軽キャブワゴン初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」、「後方誤発進抑制機能」、「リヤパーキングセンサー」が採用され、安全性がアップしています。 スズキ新型エブリイの価格は? スズキ新型エブリイの価格は、安全装備の充実によりアップしています。 アップ幅は安全装備が全車標準搭載となるエブリイワゴンで5万円ほどとなっており、エブリイバンの非装着モデルでも75,600円のオプションを選択することができます。 JPターボ 標準ルーフ:2WD 1,479,600円、4WD 1,609,200円 ハイルーフ:2WD 1,490,400円、4WD 1,620,000円• PZターボ 標準ルーフ:2WD 1,620,000円、4WD 1,749,600円 ハイルーフ:2WD 1,630,800円、4WD 1,760,400円• PZターボスペシャル 標準ルーフ:2WD 1,695,600円、4WD 1,825,200円 ハイルーフ:2WD 1,706,400円、4WD 1,836,000円 スズキ新型エブリイの発売日は? マイナーチェンジしたスズキ新型エブリイは、2019年6月17日に発売されました。 1964年から販売していた「キャリイバン」の1982年マイナーチェンジ時に上級グレードの車名がエブリイとされましたが、1993年の3代目改良時にキャリイバンがエブリイに統合されました。 車名の「EVERY」の由来は、英語の「どこへでも」からとされ、高い積載性と、キビキビ走る軽快さを兼ね備えたワンボックス車をイメージして命名されました。 カナ表記は、ベースとなった軽トラック「キャリイ」同様、最後の「イ」が大文字になっています。 現行モデルは、バンが6代目、ワゴンが3代目として2015年にフルモデルチェンジ。 荷室長・荷室幅・荷室高・荷室床面長をそれぞれ延ばして荷室を拡大し、助手席前倒し時床面長も拡大。 併せて、タイヤ位置とダッシュパネルを前方に移動したことで5代目と同等の前席乗員スペースが確保されました。 シートスライド量も運転席で65mm、助手席で60mmそれぞれ拡大。 バックドア開口部は高さと幅をそれぞれ拡大すると同時に荷室床面地上高を650mmに低床化するなど、使いやすく仕上げられました。 新型スズキ・エブリイについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

エブリイ 快適装備

エブリイ バンライフ

2019年2月1日(金)〜3日(日)の3日間、千葉県の幕張メッセで開催されていた『ジャパンキャンピングカーショー2019』へモタガレ編集部も行ってきました。 日本全国から最新のキャンピングカーが一同に集う、いわばキャンピングカーのオートサロンのようなイベントです。 来場者の服装もアウトドアギアに身を包んだ方が多く、ペットの入場もOKということで、愛犬と一緒に最新キャンピングカーを楽しんでいる方も多かったです。 豪華なキャンピングカーが出揃う会場内で、ひときわ異彩を放ち、来場者からも注目を浴びるブースを発見! 自動車の二次架装を得意とする、京都府京田辺市のWORKVOX(ワークヴォックス)です。 今回は"バンライフ"というライフスタイルを提案するセドナ・バンライフプロジェクトからタイプ3とレイクサイドの2台を出展していました。 気になるキャンピングカーを発見! アメリカ西部の4大ボルテックスで有名なアリゾナ州にある街『セドナ』から名前を取ったという両モデルですが、雄大なセドナの土地で自分らしい豊かな時間を過ごせるように、という想いが込められているのだとか。 タイプ3は6人乗車可能なタイプ。 無垢のウォールナットでフローリング化されているのが特徴。 レイクサイドはその名の通り湖畔で過ごすひと時をイメージして作られており、カップルや夫婦に向けた1台となっているそう。 クルマの脇にブースを設営することで、炊事も捗りそうなスライドアウトテーブルなどを備えています。 初お披露目となった新作のレイクサイドは2人で使うことを想定。 本物の木材をふんだんに使い、明るい空間が作られていた。 このセドナシリーズは近年、欧米の若い世代を中心に人気が広まっているという"バンライフ"というライフスタイルを表現したシリーズとなっているそうです。 "バンライフ"という文化は現在、欧米の若い世代を中心に広まっており、インスタグラムなどで検索してみるとその投稿の多さと人気に驚くと思います。 基本的には自分たちでバンを作り上げ、車中泊できるようにカスタムするのですが、その際に無垢の木材をつかって、カッコよく仕上げるのがバンライフの共通事項なのだとか。 決して背伸びはせず、自分たちの手の届く範囲内でアウトドアを楽しむ等身大のスタイルや、心の豊かさに重きをおく日本の若い世代にも伝播していくと思った、と田中さんは語ります。 また、そのバンライフというライフスタイルを日本に広めたい!という田中さんの想いから生まれたのがセドナシリーズです。 モノの豊かさより、豊かな時間を過ごしたいと考える人は注目しておきたいバンライフ。 興味が湧いた方はインスタグラムなどをご参考に、バンライフにチャレンジしてみるのもアリかも……!? まるで自室にいるような感覚で、お気に入りの空間ごと移動できる愉しさが実現できるのはバンならではです。 豪華なキャンピングカーと違って見た目は普通のバンだから、日常の買い物なんかにスーパーへ行っても目立つことはありませんし、休日は日常を抜け出せる移動する部屋として立派に機能します。 オンとオフの切り替えをしたい人、1人の時間、家族との時間や大切な人と過ごすひと時を特別なものにしたい人にとってお買い得な1台だと、私は思いました。

次の

エブリイのスタッドレス~純正サイズに適合する商用車用タイヤ7選

エブリイ バンライフ

以前の車でキャンプに向かうときの写真。 荷物を座席にも詰め込んでいた 正直、キャンプの移動のとき、 家出かよって思ってた… 同じ軽自動車なのにこれだけ違う!エブリイさんの車載量ハンパないってー!すごい! 買い物の荷物もたっぷり積める! エブリイの車載量なら食料品たっぷりどころじゃなくて、 ちょっとした椅子やダイニングテーブルなんかも積めます。 自転車も積めます。 だから大きめの家具・家電を積んで帰って来れる! 子ども連れでのお買い物で、帰りの車内がキッツキツなんてこともないし、スペースに余裕を持ってお出かけできます。 大きい買い物をしたときに…。 よいしょ! ふう、助手席を倒してなんとか詰め込んだぜ 私も乗るんだけど いりゅよ (僕もいるよ) …ですよねー と慌てるシーン、以前はあったのですが、エブリイに替えてからは無くなりました。 海水浴後も子どもの着替えをしやすい 身長90センチくらいのわが子なら座席に余裕で立てる 2歳の子どもが座席に立てるくらい車の高さがあるので、子どもの着替えがとっても楽になりました。 沖縄は海に行くシーンも多いです。 到着したら 子どもは車内で着替えさせてしまうとスムーズな流れ。 海レジャーも楽ちんです。 ちなみに少しかがめば大人も立てます。 チャイルドシートに子どもをのせるのが楽になった。 身長100cmくらいまでなら後部座席でもトランクスペースでも、どちらでも余裕で着替えさせられます 子どものオムツ替えもラクラク 後部の荷台が広々なのは良いことがたくさん。 お出かけ中に万が一、 まめ太のオムツを替える必要が出てきても、バッチリです! エブリイのおかげでオムツ危機を何度か回避できています エブリイさまさまです。 子どもの自転車もつめる 全長約3m40センチ、助手席を倒して荷物をつむなら、長さが2メートル60センチちょっとある 子どもの自転車くらいなら、座席シートを倒さずとも積めます。 (大人の自転車は後部座席を倒せば2、3台くらい積めます。 ) サーフボードも積めます。 わが家はサーフィンをしないので細かいことまでは分かりませんが、パッと調べた感じだと 9f程度のボードだと車内に積めるようです。 車載用のアクセサリーもあるので、色々な積みかたができるようです。 なんともアウトドアに強い軽自動車 車中泊できる(らしい) 後部座席のシートを倒すとかなり平らになるので、 キャンプ用の寝袋と寝袋マットを敷けば車中泊もできます! といってもまだ私たちは実践したことないです。 わがやはチャイルドシートを設置しているので車中泊はもう少し先の夢かな…。 しばらくはキャンプ! でもエブリイで車中泊を楽しんでいる人、全国にけっこういらっしゃるんですよね〜!夢がある! 那覇の飲み会のときとか、車中泊できそうやな… キャンプで寒い時とかも最悪、車に逃げ込めるのは心強いです。 それに いざというときの災害時、車中泊できる車を持っているのは安心です。 ちなみにエブリイの広さだと 大人ふたりが横になれるくらいです。 快適とまではいかないですけど、車中泊できるのはアツいですね。 こんなに載せられてコスパも良いんじゃ、そりゃ沖縄で軽バン乗るわな。 欲を言えばもうちょい走って欲しいけど、まぁ車体費がかからないので。 あと私たちは在宅ワーカーでたくさん走行しないので許容してます。 ) もちろんデメリットもあって、背が高くて横風に弱いから「高速でハンドルを取られやすい」だとか、そもそも軽自動車なので「普通車よりも事故時の破損が大きい」だとか、エンジンが前の座席下にあるので「夏場、助手席のお尻のところが暑い」だとか問題もありますが、現時点のわが家にはかなりフィットした車です。 この費用感でアウトドアレジャーの多い沖縄生活をたっぷり楽しめるのは本当に素敵だなって思いますね。 息子も車がお気に入り。 すぐに車名を覚えて。 えぶり、のるー! ってマジでよく言います。 エブリイに乗るのが大好きです。 そんなわけでわが家に大手を振って迎えられたエブリイちゃん、大事に乗って沖縄生活を堪能したいところです。

次の