アイクラウド ストレージプラン 解約。 iCloud写真をオフにするとiPhoneにある写真やビデオはどうなる?消えたときの対処法と「無効化して削除」の注意点

iCloud写真をオフにするとiPhoneにある写真やビデオはどうなる?消えたときの対処法と「無効化して削除」の注意点

アイクラウド ストレージプラン 解約

SPONSORED LINK iPhone・iPadなどiOS機器を使っている人で、iCloudを全く使っていないって人は少ないんじゃないかと思う(もし使っていないなら、とりあえず使ってみることをお勧めする)。 僕は現在とを使用しており、iCloudのストレージは主にバックアップ用途で利用していた。 だが、無料で使える5GBでは遂に足りなくなったようで、ストレージのアップグレード 追加容量の購入 を行った。 ただ、その時ふと気になった。 追加容量は「50GBが月130円」とかって書いているが、それは1日から起算なのか、当日から起算なのか。 締め日は月末なのか、30日間なのかって話だ。 結論から言えば、契約日から1ヶ月(30日間)のようなのだが、検証結果を紹介しようと思う。 iCloudの追加ストレージの容量と価格 2015年11月現在のiCloudストレージの価格体系は以下となっている。 容量 価格 5GB 無料 50GB 130円 200GB 400円 1TB 1,300円 僕は長年無料で使ってきたのだが、に変えた後から、「Not Enough Storage」というメッセージが表示され容量不足になってしまった(古い端末のバックアップ情報を削除したのに)。 どうしようかなと思ったが、2015年9月に値下げされたばかりで、50GBが一番お得かつお勧めだと感じた。 何せ、年額でも1,500円程度だ。 これで、iCloudバックアップの容量不足が当分発生しないという安心感は大きい。 iCloudバックアップの魅力は Wi-Fi接続時かつ充電中に勝手にバックアップ してくれること。 バックアップの基本は自動化なのでいざという時一番頼りになるバックアップなのだ。 iCloud追加ストレージの料金起算日はいつなのか ただ、気になる事があった。 この料金が発生するのは、契約日からであるのは 「請求がただちに発生」 という記述の通りでわかるのだが、 例えば10月15日に契約した場合、10月分の契約はどこまでなのか。 10月31日(月末)なのか1ヶ月後の11月14日なのか。 それは、契約後の表示で分かった。 僕が契約したのは2015年10月26日。 で、契約容量を変更・解約(ダウングレードオプションを適用)する場合、2015年11月25日までに変更するようにと表示されている。 つまり、iCloudの追加ストレージは 契約日起算で1ヶ月毎の請求 ということになる。 終わりに というわけでiCloudの追加ストレージを契約(アップグレード)する場合は、月初(1日)に契約した方がお得とかは全く無くて、 必要になった時に契約でOK ということになるようだ。 iCloudはサービス開始から4年程経過し、かつての. MacやMobileMe(モバイルミー)と比べて随分安定したクラウドサービスとなった。 特に便利なのはやはりバックアップ機能で、大事な家族の写真などがiPhoneにだけ保存されているという場合、これがあるだけでいざという時の安心感が全く違う。 iPhone・iPadを利用しているなら必ず使って欲しいと思う機能だが、最近は端末も増えて僕のように無料の5GBでは足りない人も多いだろう。 有料ってだけで使うのをやめる人もいると思うが、今は50GBで月130円なので、安心を金で買うという意味でもありかと思う。

次の

【Mac,iPhone,iPad】iCloudのストレージプランの解約・変更は大丈夫ですか?

アイクラウド ストレージプラン 解約

ドコモを通じてiPhoneを契約していますが、クラウド容量のストレージを追加するサービスを二重で契約しているかもしれません。 知恵を貸してください。 今春、iPhoneの機種変更をしました。 キ ャリアはドコモです。 以来、月々の携帯使用料の一部として¥400をドコモに対して毎月支払っています。 しかし今日、iCloudからメールがあり「今月分として50GBストレージプランの請求¥130が発生予定ですが、お支払い情報に問題があり請求処理が完了できません」「このままでは無料の5GBストレージプランにダウングレードします」との旨が書かれていました。 放置していたiCloudのメールボックスを見返すと、「5GBから50GBにストレージを増やすプラン」のサービス料として、春の機種変更以来、毎月¥130が請求されていました。 その¥130は遥か昔にiTuneカードでプリペイドした残高から引き落とされていたようなのですが、残高が不足したためiCloudから連絡がきたようです。 (iTuneカードで課金した事実をすっかり忘れていたので気づきませんでした) そこで、iCloudのストレージを50GBに増やすのに、ドコモの容量UPサービスと、iCloudのサービスを両方契約して、両方お金を支払ってしまっているような気がしています。 機種変更時の手続きをあまりよく覚えていないのですが、ドコモの容量UPサービスを契約しておきながら、いつの間にかうっかり個人でもiCloudで契約しちゃったのでは?と…。 それで、二重課金のような状態になっているのではないかと…。 それとも、このドコモとiCloudの容量UPサービス、および¥130と¥400に支払いは連携しているのでしょうか? 現在、私のiCloudストレージは最大50GBになっています。 しかしよくよく調べてみると、ドコモのストレージプランは元々の5GBに50GBを「追加」するはずなので、現在のiCloud容量は55GBになるはずでは?と推測しています。 なので容量UPサービスは二重契約されているが、「iCloud>ドコモ」のような法則があるのかないのか、iCloudのサービスが有効になっているのではないかと思っています。 結局私はどうしたいかというと、50GBの容量をキープし(55GBにはこだわりません)、 無駄な出費を減らしたいということなのですが、ドコモとiCloudの両方に支払い続けるのが正しいのでしょうか?それともやはり二重契約になってしまっているのでしょうか? iCloudのサービスが適用されているなら、ドコモのオプションは解約し、iCloudに¥130だけを払おうと思います。 こういった内容はまずドコモに問い合わせるべきというのは承知していますが、最近ドコモの店頭で、ちょっと頼りない販売員さんに連続してあたってしまい、一家そろって振り回された記憶があるものですから、おそらくドコモの方にiCloudの話をしても通じないのではないかと思いまして… もしこちらで事情通の方がいらっしゃれば、先にご意見をうかがいたいという次第です。 駄文が長くなりましたが、どうぞよろしくお願い致します。 iCloudは、アップルのiPhoneや、iPadシリーズに提供される、インターネットストレージサービス(クラウド、インターネット上のユーザー保存領域)です。 ----- ドコモのクラウド容量オプション 50GB は、ドコモのユーザー領域 ドコモクラウドの 増量オプションサービスです。 だからドコモクラウドは55GBになっているかと思います。 !わたくしてきには、スゴ得コンテンツに380円以上の価値と魅力を感じて、発足以来継続利用中です。 とはいっても、androidのGooglePlayアプリ群でした。 ----- 一方・・・ Appleのサービスである、iCloudは、アップルIDで利用できるのですが、ドコモクラウドとは何の関係もありません、 iCloudも、無料で利用できるのが5GBまでですね。 おっしゃる通り、iCloudは、ドコモでは何の手続きもできません。 Apple関係の、手続きは、すべてユーザーが独自に、アップルサービスページに、アップルIDでアクセスして、処理する必要があります。 iCloudの領域増量を継続するなら、ドコモクラウドの増量オプションは不要でしょう。 ドコモ電話帳や、ドコモメールだけなら、標準5GBで十分だと思います。 そもそもドコモとiCloudはまったく別のサービスです。 よって料金を二重で払っていることになりますか、併用して使う人も多いです。 違います。 ドコモのクラウド容量が55GBになりますよ、というだけの話です。 無駄な出費になるかどうかは、あなたがクラウドを上手く活用できているかどうかです。 聞く方が間違いだし、ドコモでも教えられません。 iPhoneの機能については全てappleサポートに電話してください。

次の

iCloudの容量購入と解約でバックアップをしよう!

アイクラウド ストレージプラン 解約

iPhoneユーザーから「 iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)をオフにすると写真・ビデオが消えてしまうのでは?」と質問を受けました。 その答えは、iPhoneの状況次第で変わります。 「iCloud写真」のファイルサイズがiPhoneのストレージサイズより大きい場合は一部の写真・ビデオが消えてしまいます。 空き容量不足で iCloudストレージにある写真・ビデオすべてをiPhone本体に保存することができないからです。 iPhoneのストレージサイズと空き容量は、標準の設定アプリで確認できます。 下記の例では、ストレージサイズが64GBで空き容量が21. 68GBです。 iCloudに保存している「写真」のサイズを確認するには、標準設定アプリの上部にある「Apple ID、iCloud、iTunes StoreとApp Store」をタップします。 下記の例では、iCloud写真に348. 9GBの写真とビデオを預けています。 iPhoneのストレージサイズよりも大容量の写真・ビデオをiPhoneに保有できるのは 「iCloud写真」の「iPhoneのストレージを最適化」を有効にしているから。 1の場合です。 iOSのバージョンによっては異なる場合があります。 "iCloud写真"のコピーをこのiPhoneにダウンロードしますか? 空き領域を確保するために最適化された写真とビデオはこのiPhoneから削除されます。 オリジナルの完全版は、"iCloud写真"を使用しているデバイス上では引き続き利用できます。 そして、「iPhoneから削除」「写真とビデオをダウンロード」のどちらかを選ぶことになります。 iCloudにある写真・ビデオをすべて保存(ダウンロード)できるようなスペースがiPhoneにない場合は「写真とビデオをダウンロード」を選んでも、空き容量不足のためエラーメッセージが表示されます。 となると、必然的に「iPhoneから削除」を選択することになります。 「iCloud写真」で「ストレージを最適化」を有効にしている場合は、iPhoneから写真・ビデオが消える可能性が高いと言えます。 「iCloud写真」にある写真・ビデオを選択してiPhone本体にオリジナルデータをダウンロードすることはできません。 どの写真・ビデオをiPhoneに残すか自分で選ぶことはできないのです。 主観ではありますが、iCloud写真を無効にすると最近撮った写真はiPhoneに残り、ビデオやライブフォトなどファイルサイズが大きいデータは消えてしまう傾向にあります。 iCloud写真をオフにして消えた写真やビデオを取り戻すには? 「iCloud写真」を無効化したことでiPhone本体から削除された写真・ビデオはiCloudストレージ上に残っています。 (後述の「無効化して削除」を実行していなければ) スポンサーリンク• iPhoneの「iCloud写真」を再び有効にする• 別のiPhoneまたは、iPad、iPod touch、Mac、Windowsパソコンで「iCloud写真」を利用する 他の機器からiCloudにサインインして「iCloud写真」にある写真・ビデオを同期します。 iPhone、iPad、iPod touchは「iCloud写真」の「オリジナルをダウンロード」を有効にします。 Mac、WindowsパソコンはAppleの公式サポートサイトで手順を確認しましょう。 Webブラウザから「iCloud. com」にサインインする iCloudストレージに保存しているデータをWebサイト「」からダウンロードします。 iCloud写真をオフにしてiCloudストレージを無料プランに戻すには? 「iCloud写真」を無効にしただけではiCloudストレージ上に「iCloud写真」のデータが残っているのでストレージ使用量は変わりません。 ストレージ使用量が5GBを超えている場合は、無料プランにダウングレードしようとすると警告が表示されます。 iCloudストレージの空き容量を増やすには「無効化して削除」を実行します。 スポンサーリンク 参考までに、、、 私は2020年5月10日に「無効化して削除」を実行しました。 直後に、「30日以内にiCloud写真をダウンロードしてください。 」という件名のメールが届きました。 「無効化して削除」実行後から30日間は、「iCloud. com」で iCloud写真をオフにする前に保存された 写真やビデオを確認できます。 2020年6月9日の時点では「無効化して削除」を取り消すこともできましたが、、、 2020年6月10日に「iCloud. com」にアクセスすると、iCloud写真は完全に削除されていました。 「無効化して削除」を取り消すこともできません。 完全削除の直前にメール等で通知されることはありませんでした。 「iCloud写真」を「無効化して削除」しても、他のアプリがiCloudストレージを使用していると無料の5GB内に抑えることができません。 また、無料プランの場合、iPhoneにある写真・ビデオのバックアップにiCloudストレージを使用することが難しくなるので、他のバックアップ方法を検討しておきましょう。

次の