イオン カード 20 還元。 イオンカード新規申込で20%還元/最大10万円キャッシュバック!おすすめのカードはどれ?

イオンカード利用で20%還元!d払いであわせて40%還元!エアコン買って6万円節約

イオン カード 20 還元

キャンペーン対象外取引が多いので注意! 「イオンカード」20%還元キャンペーンが魅力的、すぐに飛びつくのは危険です。 対象外取引がすごく多いです。 ・個人間取引がふくまれるもの ・電子マネー ・プリペイドカード・ギフトカード ・携帯電話料金 ・公共料金(電気・ガス・水道・放送・国民年金) >>> 個人で自作自演できそうな、フリマアプリの「メルカリ」や「ラクマ」「ヤフオク」は対象外。 「プリペイドカード」・「電子マネー」へのチャージも対象外取引となっているものが多いです。 「d払い」は対象外取引には書いてないけどおそらく対象外 「PayPay」や「楽天pay」「d払い」等のスマホ決済サービスについては、対象外取引の項目には書かれていないので、一見対象であるかのように見えます。 特に「d払い」は、2019年7月中は20%還元キャンペーンを展開しており、「d払い」にイオンカードを登録して、「d払い」で支払えばダブルで20%の還元を受けることができます。 でも、対象外項目に書かれていないからといって、確実にイオンの20%還元を受け取れるんだと解釈しては危険です。 なぜなら、キャンペーンの注意書きにこのような記述があるからです。 対象外項目は予告なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。 当社が不適当と認めた場合など、キャッシュバック対象外とさせていただく場合がございます。 引用: 対象外取引は随時追加され、対象外取引には書かれてないものでもイオンの判断で対象外にすることができると書かれています。 イオンのさじ加減一つでいくらでも対象外にできるという魔法の言葉が記載されています。 なので、イオンの20%キャンペーン還元に対しては、普通の買い物をしないと対象外になってしまう可能性があるということを頭に入れておいたほうがいいと思います。 クレジットカード25枚保有 ・楽天カード(VISA) ・楽天プレミアムカード(Master card) ・(JCB) ・ヤフーカード(Master card) ・dカード(VISA) ・パルコカード(AMEX) ・京王パスポートカード(VISA) ・出光カードまいどプラス(Master card) ・JMB JQ SUGOCA(Master card) ・オリコ・ザ・ポイント(Master card) ・エムアイカード(AMEX) ・インヴァストカード(VISA) ・TS3カード(JCB) ・セディナカード Jiyu! (JCB) ・ECナビカードプラス(JCB) ・au WALLET クレジットカード(Master card) ・ビックカメラSuicaカード(JCB) ・ファミマTカード(JCB) ・JALカード TOKYU POINT ClubQ(Master card) ・amazon マスターゴールド(Master card) ・ラグジュアリーカード TITANIUM(Master card).

次の

イオンカードが3月1日より20%還元キャンペーンが再開!ただし上限額が5000円に

イオン カード 20 還元

国内小売り最王手であるスーパーのイオンは全国各地に約22,000店舗(グループ店を含む)あり、日常的に利用している人も多いことだろう。 このイオンで買い物する際に特典を受けられるクレジットカードが、イオンカードだ。 多くの券種が発行されているイオンカードだが、基本の還元率が0. 5%と平均的な分、特典内容を把握し使っていくことがポイントになる。 今回はこうした特典内容とともに、イオンカードの中でも、ほかにはない特徴を持つ「イオンカードセレクト」について、お得な使い方を紹介する。 また、イオンカードの新規入会者を対象に、2019年7月1日から9月30日までの期間限定で、利用金額の20%をキャッシュバックするキャンペーンが行われ、話題を集めている。 イオンはもちろん、一般のショッピング利用も対象となり、1人あたり最大10万円の還元を受けられるこのキャンペーンの概要と、参加にあたっての注意点も説明する。 イオンカードは50種類以上。 多くに電子マネー「WAON」付帯 イオン銀行が発行するイオンカードは50枚以上あり、ほとんどすべてが年会費無料だ。 このうち、多くのカードに電子マネー「WAON」が付帯されている。 以下のとおり、カード払いとWAON払いで貯まるポイントが異なる点を覚えておこう。 クレジットカード払い:200円ごとに「ときめきポイント」が1P貯まる(イオングループ以外のショッピング利用の場合) WAON払い:200円ごとに「WAONポイント」が1P貯まる(イオングループ以外のショッピング利用の場合) 「カード払い」と「WAON払い」で貯まるポイントが異なる 「ときめきポイント」は、1,000P以上から1対1の割合で「WAONポイント」に交換可能(交換は500P単位)。 そして「WAONポイント」は1Pごとに、1円分のWAON 電子マネー と交換して買い物に利用できる。 このため、手続きを踏めば「ときめきポイント」もWAONに交換できる。 「ときめきポイント」はこのほか、dポイント、JALマイルへの移行、イオンのショッピングサイトでの支払い充当などにも利用できるが、いずれも最低1,000Pからしか利用できない。 「ときめきポイント」の有効期限である2年以内に20万円以上(イオングループ以外で使った場合)利用しないと、1,000Pに届かず、失効してしまう点は注意しよう。 イオンカードを持つと利用できる7つの特典 続いては、イオンカードで共通する主な特典を以下にまとめた。 重複しているものもあるが、カード払いを対象とした特典と、WAON払いを対象とした特典に分かれている場合があるので、確認しておこう。 (1)「いつでもときめきポイント2倍」(カード払いが対象) 全国のイオン、イオンモール、マックスバリュなどで買い物すると、いつでも200円ごとに「ときめきポイント」が、通常の2倍の2P貯まる (2)「ときめきWポイントデー」(カード払いが対象) 毎月10日に、イオングループ以外での買い物時に、200円で「ときめきポイント」が2P貯まる (3)「イオンシネマ割引特典」(カード払いが対象) イオンシネマの一般料金からいつでも、カード会員と同伴者1人が300円引き。 また、毎月20日と30日は一般料金が1,100円に割引 (4)「お客さま感謝デー」(カード払い、WAON払いが対象) 毎月20日、30日に全国のイオン、イオンモール、マックスバリュなどで、カード払い(カード提示後の現金払いも対象)、WAON払いすると5%オフ (5)「ありが10デー」(カード払い、WAON払いが対象) 毎月10日に、イオンの食料品や衣料品などの対象商品を購入すると、200円利用ごとにカード払いで「ときめきポイント」5P、WAON払いで「WAONポイント」5Pを付与 (6)「G. G感謝デー」(カード払い、WAON払いが対象) 毎月15日に55歳以上の方が、全国のイオン、イオンモール、マックスバリュなどでカード払い、55歳以上限定のG. G WAONで支払うと5%オフ (7)「お客さまわくわくデー」(WAON払いが対象) 毎月5日、15日、25日に、全国のイオン、イオンモール、マックスバリュなどでの買い物にWAONを使うと200円で「WAONポイント」が2P貯まる イオン愛好者にメリットが大きい「イオンカードセレクト」 上記ではイオンカードに共通する特典について説明したが、イオンをよく利用する人にとってメリットが大きい「イオンカードセレクト」について、お得な使い方を説明しよう。 メリット1:「WAON」へのオートチャージでもポイント付与され、二重取り可能 「イオンカードセレクト」は、クレジットカードの「イオンカード」、電子マネー「WAON」、イオン銀行のキャッシュカード、という3つの機能が1枚に集約されたカードだ。 上記で説明した(1)〜(7)の特典に加え、WAONへオートチャージしたときも、200円ごとに「WAONポイント」が1P付与される、という特徴を持っている。 このオートチャージはクレジット払いではなく、イオン銀行の口座残高から行われる。 「WAON」へオートチャージできるイオンカードはほかにもあるが、ポイントが付与されるクレジットカードは「イオンカードセレクト」だけだ。 つまり「イオンカードセレクト」ならば、「WAONへオートチャージしたとき(200円で1P)」、「オートチャージの設定をしたWAONで支払ったとき(200円で1P)」の二重でポイントを獲得することが可能になる。 この方法を使うことで、オートチャージ分が加算されるので、以下のようにポイントが付与される。 ・(7)の「お客さまわくわくデー」:WAON払いで200円ごとに「WAONポイント」が3P付与(1. 5%還元) メリット2:イオン銀行でのさまざまな特典を用意 給与口座や公共料金の振替口座に指定でポイント付与 「イオンカードセレクト」のもうひとつのメリットが、イオン銀行でさまざまな特典が受けられる点だ。 「イオンカードセレクト」保有者が、イオン銀行を給与口座に指定すると「WAONポイント」が毎月10P、公共料金の振替口座としてイオン銀行を指定すると1件あたり「WAONポイント」が毎月5P付与される。 取引状況に応じて、普通預金の金利が最大年0. 15%に また、イオン銀行の普通預金金利は年0. 001%(2019年7月10日現在)だが、同行は毎月の対象取引ごとに得点が加算され、得点に応じて金利優遇などが受けられる「イオン銀行Myステージ」というサービスを実施している。 ステージは以下の4つに分かれている。 ・ブロンズステージ(20点以上):普通預金の金利年0. 03%、他行ATM月1回利用まで無料など ・シルバーステージ(50点以上):普通預金の金利年0. 05%、他行ATM月2回利用まで無料など ・ゴールドステージ(100点以上):普通預金の金利年0. 10%、他行ATM月3回利用まで無料など ・プラチナステージ(150点以上):普通預金の金利年0. 15%、他行ATM月5回利用まで無料など 「イオンカードセレクト」を持っていると、得点アップにつながりやすい環境が整っている。 対象取引は細かく分かれているが、比較的クリアしやすい取引をあげると以下のとおりになる。 ・「イオンカードセレクト」を契約している:10点 ・イオン銀行からカード利用代金の引落しがある:10点〜100点(引落金額による) ・WAONの利用:10点〜100点(利用金額による) ・WAONへのオートチャージの利用:10点 ・インターネットバンキングへ登録:30点 ・給与口座に指定:30点 「イオンカードセレクト」利用者は引落口座をイオン銀行に指定することになるので、月に1回でもカード利用があれば自動的に20点となり、ブロンズステージ(金利0. 03%適用)に到達する。 さらに上記にあげた取引のうち、ほかの4つの条件もクリアすれば100点となり、ゴールドステージに到達(金利0. 10%適用)。 これに加え、月間のカード利用代金が6万円(40点)、WAON利用金額が2万円(30点)あれば150点となり、プラチナステージ(金利0. 15%適用)が適用される。 カード代金の引落口座は、イオン銀行以外は選べない点は注意 「イオンカードセレクト」はこのように、オートチャージでのポイント加算とイオン銀行での優遇、という2点においてほかにはないメリットを得られるカードだが、カード代金の引落口座が、イオン銀行のみとなる点は、よく注意しておこう。 日曜の首都高割引やマイル獲得など、そのほかのイオンカード このほかにも、イオンカードの中には以下のような特徴を持つカードもそろっている。 「休日に車でよく出かける」「JALマイルを貯めたい」「イオンカードに、Suica機能を持たせたい」など、自分の生活スタイルや使い方に合ったカードをあれば、こちらを検討してもよいだろう。 「イオン首都高カード(WAON一体型)」 「イオンカード」と「WAON」の機能が一体となっており、毎週日曜日の首都高の通行料金が20%オフになる 「イオンJMBカード JMB WAON一体型 」 「イオンカード」と「WAON」に加え、JALマイレージバンク(JMB)の機能が搭載。 通常、カード利用200円ごとに「JALマイル」1マイルが貯まる。 「イオンSuicaカード」 「イオンカード」と「Suica」の機能が一体となったカード。 カード払いで貯めた「ときめきポイント」を1,000P以上から、1P=1円の割合でSuicaにチャージできる。 現在実施中! 最大20%キャッシュバックのキャンペーンとは? 最後に、今話題を集めている最大20%がキャッシュバックされるキャンペーンの概要と、これを利用する際の注意点についても触れておきたい。 7月末、8月末、9月末の各7日間のショッピング利用金額が対象 このキャンペーンは、2019年7月1日〜2019年9月30日に各種イオンカードに新規入会した人を対象にしたものだ。 ・7月25日(木)〜7月31日(水) ・8月25日(日)〜8月31日(土) ・9月24日(火)〜9月30日(月) の3つの期間、イオングループはもちろん一般のショッピング利用した金額の最大20%がキャッシュバックされる。 キャッシュバックを受けられる条件は以下の3つ。 (1)各種イオンカードに新規入会 (2)イオンカードの公式アプリ「イオンウォレット」からキャンペーンに応募 (3)クレジットカードの引落口座をイオン銀行に設定 (1)と(2)の条件をクリアするとキャッシュバックの割合は10%、(3)の条件も満たすと20%にアップする。 キャッシュバック相当額は2019年11月下旬に、引落口座に振り込まれる。 キャッシュバックは期間合計で10万円が上限、1回の支払いでは1万円が上限 利用する際は、2つの上限額を覚えておく必要がある。 ひとつは、3つの期間合計で還元されるキャッシュバックの上限が、ひとりにつき10万円である点。 そしてもうひとつは、キャッシュバックは1回の支払いごとに計算され、その上限が1万円である点。 つまり、キャッシュバックの対象となる利用金額の上限は、キャンペーン期間全体をとおして50万円、1回の支払いでは5万円になる。 1回につき5万円を超える商品をカード払いしても、キャッシュバックされるのは1万円止まりになる点は覚えておこう。 また、カード付帯のWAON、Suica利用分はキャッシュバックの対象外になるほか、WAONなど電子マネーへのチャージ、プリペイドカード・ギフトカードや携帯電話料金、公共料金の支払いも対象から外れる。 公式HPに対象外の取引の一覧表が掲載されているので、チェックしておこう。 まとめ イオンカードに共通する特典内容とともに、「イオンカードセレクト」をお得に使うポイントを説明してきた。 繰り返しになるが、カード払いでは「ときめきポイント」、WAON払いでは「WAONポイント」と、貯まるポイントが異なる点は注意が必要だ。 WAON払いをよく利用していると、「ときめきポイント」の存在を忘れがちだが、このポイントは1,000Pからしか移行できないため、マメにポイント残高をチェックし、失効しないようにすることが大切だ。 そして、最大20%、上限10万円のキャッシュバックキャンペーンについては、利用方法によっては大きな還元を受けられる可能性がある。 ただし、説明した注意点に加え、口座残高が不足しているなどで支払いの遅延があった場合はキャッシュバックを受けられなくなる。 遅延を避ける、というのは今回のキャンペーンに限らず、クレジットカードを利用する際の基本的なポイントだが、あらためて押さえておこう。 ご利用上の注意• 本記事は情報の提供を目的としています。 本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。 本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。 したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格. kakaku. html)にご同意いただいたものとします。

次の

20パーセント還元(イオンカード)は終了!次はJCBカードでキャンペーン開催中!

イオン カード 20 還元

こんにちは、カボス です。 【10月追記】 イオンカードは残念ながら9月で終了しましたが、 次は JCBカードで20パーセント還元開催中です。 こちらをご覧ください。 銀行口座と一体となったイオンセレクトカードだけでなく、 非常に多くのカードが対象になりますので、一例として、ご紹介します。 イオンマークのカードってこんなにあるんだね。 イオンウォレットの主な機能は利用明細の確認、ポイント交換などなど。 なので、まだイオンセレクトカードを持っていない方は、 セレクトカード申し込んでしまえば、同時に銀行口座開設可能なので、手間がかからずおすすめです。 デザインは下記の通り、ディズニーverもありますよ。 イオンカード20パーセント還元の注意点は? 前述の三つの条件を達成するのは簡単ですが、注意すべき点があります。 こちらがその利用期間です。 一か月あたり7日間しかないんだね。 そうなんだ。 おもに公共料金やプリペイドカードなどの換金性の高い商品は対象外です。 更に消費税増税前にYahooショッピングで利用可能なクーポンが先着順で配布されています。 から取得できます。 お早めにどうぞ。 spicarisa.

次の