徳永 英明 最後 の 言い訳。 最後の言い訳(徳永英明) / コード譜 / ギター

最後の言い訳

徳永 英明 最後 の 言い訳

実は日本のいくつかの歌はフィリピンの現地語であるタガログ語でカバーされている。 中にはフィリピンで知らない人はいないくらいの有名な曲も存在する! もちろん大半のフィリピン人はそれが元々日本の歌だとは知らないんだけどねw 今回はそんなフィリピンでカバーされている日本の曲を紹介。 カラオケで歌えばフィリピン人との距離を詰める絶好のチャンス! 最後の言い訳 徳永英明の「最後の言い訳」この曲はフィリピンではめちゃくちゃ有名。 そもそもオールドソングだから日本の若い子だと意外と知らないかもしれないけど、フィリピンの場合は若い子でも昔の曲としてかなり認知されているイメージ。 フィリピン版は「Ikaw Pa Rin」というタイトル。 甘い歌声やねー。 Remember Me チューブのRemember Meもタガログでカバーをされている。 実は原曲知らなかったんだけど良い曲やん。 タガログバージョンはこちら ちょっとジャギってる声がまた良いね。 まとめ やっぱりフィリピンパブ全盛期の時代の曲達が多いかな。 最近の曲はカバーって感じじゃなくて日本語のまま伝わってる曲も多い。 例えばアニソン系やONE OK ROCKなんかはフィリピンでもかなり知名度が高い。 でも実は日本の曲のカバーって中国だったりにも結構あって、昔中華系のツアーに参加した時に中国人がカラオケで長渕剛の「乾杯」歌ってて驚いたことがあった。 そのあとに隣の中国人に「あの曲日本の曲だよ」って言ったら「は?日本の曲じゃない。 あれは中国の曲だ!」と頑なに認めなくて「これが中華思想ってやつか、、」ってめっちゃ感じたことがあるんだけど、フィリピン人は「え?そうなの?知らなかったー!良い曲だねー」みたいな感じで和気藹々盛り上がれるから安心して欲しい。 語学学校に通ってる人は先生をカラオケに誘って歌えば盛り上がれること間違いなし!.

次の

徳永英明 最後の言い訳 歌詞&動画視聴

徳永 英明 最後 の 言い訳

概要 [ ] 『』からの・シングル。 同曲のにより『』と、及び系列『』にもそれぞれ初ランクイン・初出演を果たしている。 また、1987年に放映された『ザ・ベストテン』の「年間ベストテン」では第6位に輝き、徳永は同番組に再び登場し歌唱した。 表題曲は1987年の・スーパーHRの(が出演)として採用される。 また発売から10年以上後になってからも、「DAKARA」のCMソングや・エコウィルのCMソングに使われている。 さらに、からまで、で到着時の車内チャイムとして使用されていた。 の歌手が、の歌手がでカバーしている。 これらのカバーでは、曲名は「Don't Say Goodbye」となっている。 作詞を手がけた大津の出身地であるのに歌碑が建てられている。 エピソード [ ]• 徳永の出世作としてもよく知られている楽曲であるが、当作品はとして自身が制作したものでは無かった。 その為に、当時の徳永本人は「正直複雑で、素直には喜べなかった」と語っている。 1987年放送時の『ザ・ベストテン』で当曲披露の際、途中の部分で徳永の後方に座っていた年配の男性達が揃って野球帽を脱ぎ、禿げた頭髪を曝け出すシーンを映し出していた(但し徳永自身は歌唱時に後ろを振り向いておらず、その仕掛けには全く気づかなかったという)。 収録曲 [ ] 全作詞:• 輝きながら… 作曲:、編曲:• タイトル曲、カップリング曲ともに収録• タイトル曲のみ 脚注 [ ] [].

次の

最後の言い訳

徳永 英明 最後 の 言い訳

概要 [ ] 『』からの・シングル。 同曲のにより『』と、及び系列『』にもそれぞれ初ランクイン・初出演を果たしている。 また、1987年に放映された『ザ・ベストテン』の「年間ベストテン」では第6位に輝き、徳永は同番組に再び登場し歌唱した。 表題曲は1987年の・スーパーHRの(が出演)として採用される。 また発売から10年以上後になってからも、「DAKARA」のCMソングや・エコウィルのCMソングに使われている。 さらに、からまで、で到着時の車内チャイムとして使用されていた。 の歌手が、の歌手がでカバーしている。 これらのカバーでは、曲名は「Don't Say Goodbye」となっている。 作詞を手がけた大津の出身地であるのに歌碑が建てられている。 エピソード [ ]• 徳永の出世作としてもよく知られている楽曲であるが、当作品はとして自身が制作したものでは無かった。 その為に、当時の徳永本人は「正直複雑で、素直には喜べなかった」と語っている。 1987年放送時の『ザ・ベストテン』で当曲披露の際、途中の部分で徳永の後方に座っていた年配の男性達が揃って野球帽を脱ぎ、禿げた頭髪を曝け出すシーンを映し出していた(但し徳永自身は歌唱時に後ろを振り向いておらず、その仕掛けには全く気づかなかったという)。 収録曲 [ ] 全作詞:• 輝きながら… 作曲:、編曲:• タイトル曲、カップリング曲ともに収録• タイトル曲のみ 脚注 [ ] [].

次の