理髪 店 美容 院 違い。 理髪 店 美容 院

美容院と理髪店の違い。僕は今まで1度も美容院に行った事がありません。 |Yahoo! BEAUTY

理髪 店 美容 院 違い

ブリーチと聞くと、脱色したキンキンの髪を想像しがちですが、実は市販のものや美容院で使用するヘアカラー剤使用では、必ず含まれるプロセスなんですよ。 じゃあ、 市販と美容院のヘアカラーは何が異なるのか?次で詳しく説明していきますね。 市販と美容院のカラーリングの違いは大きく二つ! 市販のヘアカラーを試したことのある人はご存知かと思いますが、まず1剤と2剤にわかれた薬剤を混ぜ合わせ、それを髪に塗って馴染ませるのが一般的ですよね。 一つ目のちがいは、この薬剤の強さの違いなんです。 薬剤の強さを、使い分けられるかどうか 一般的にヘアカラーで使われる酸化染毛剤(アルカリカラー剤)と呼ばれるものは、• 髪に色素を入れる薬剤(1剤)• ブリーチ効果を起こす過酸化水素(2剤) この二つを混ぜ合わせて使います。 美容院では、2剤の濃度を髪のコンディションによって使い分けることができます。 既に染まっている毛先はあまり色を抜く必要がないので、ブリーチ効果の弱いもの、新しく生えてきた根元にはブリーチ効果を高くするため高い濃度のもの、と塗り分けをしてくれます。 また、市販のヘアカラーは短時間で効果を出すために、毛に入っていく力が強いカラーに限られますが、美容院では既に染まっている部分用の、ダメージが少なくて済むカラーも揃えています。 これらの、髪のコンディションによって薬剤を塗り分けることが出来る・出来ないが、ひとつめの大きな違いとなります。 ここで補足~「オシャレ染め」と「白髪染め」の違いって? カラー剤の成分について触れたので、ここで普通の「オシャレ染め」としてのヘアカラーと、「白髪染め」ヘアカラーの違いも簡単に説明しちゃいますね。 一般的にオシャレ染めはブリーチ効果が高く、染毛効果はそこそこ。 対して白髪染めは、すでに髪からメラニン色素が抜けて白くなっているので、ブリーチ効果は弱く、染毛効果が高くなっています。 関連記事 かなり差が出る!カラーリング技術の違い さて、話を戻しますね。 上記した薬剤の違いに加え、 美容院・市販のヘアカラーで大きく異なるのが、カラーリングの腕前。 よほどカラーリングに自信のある人は別として、初めての人やロングヘアなどの人は、「自分でうまくできるかな…」と少々心配になってしまいますよね。 実際、セルフのヘアカラーには技術が要ります。 自分では見えにくい後頭部もムラなく薬剤を塗らないといけない• 地肌に近いところは体温が高く、染まりやすいので注意しながら• 地肌から遠い毛先や襟足は逆に染まりにくい• 以前パーマやヘアカラーをした部分は、新しく生えてきた毛とは色の入り方が異なる 関連記事 美容院カラーと市販カラーのメリット・デメリットまとめ 美容院でのヘアカラーは、高いけど仕上がりの良さやダメージの少なさが魅力!対して市販品は、安価さ・時間をとられない手軽さが魅力!だけど… 美容院メリット• 薬剤の使い分けができ、髪や頭皮へのダメージが比較的少ない。 プロの技術力で、なりたいスタイルに近づけてくれる• 自分は寛いでいれば良いだけ• 色もちが良く、カラー後のメンテナンスが楽 美容院デメリット• 値段が高い• 予約日時を決める必要がある• けっこう時間がかかる• 美容師さんに希望をしっかり伝える必要がある 市販カラーメリット• 価格が安く、コンビニやドラッグストアで簡単に入手できる• いつでも、好きな時に時間を選ばずカラーリングできる 市販カラーデメリット• キレイに仕上げるにはそこそこ技術が要る• 色ムラになりやすい、希望の色にならない場合がある• 失敗するとリカバリーが難しい• 髪や頭皮へのダメージは比較的大きい• 色落ちが早い場合がある 比較すると美容室のヘアカラーに軍配!お値段は高くなるけれど、仕上がりや後々のメンテナンスも含めると、 トータルで美容室のヘアカラーには嬉しいメリットが沢山ありますね。 例えば、ズボラで定期的に美容院に通わない筆者は、メッシュ状に染めてもらっています。 すると、生え際から黒い髪が生えてきても、メッシュになったカラーは比較的自然にフェードアウトしてくれるので放っておいてもプリンになる心配がありません笑 敏感肌の人にはオーガニック処方のカラーを使ってくれたり、生え際だけ染めたいなんて人にも、 リタッチと呼ばれる高い技術で対応してくれます。 もちろん、生え際のちょっとした部分を染めるだけとか、忙しくてどうしても美容院に行く時間が取れない!なんていう時は市販のものが便利なんですけどね。 双方メリット・デメリットはあれど、自分の髪のコンディションや生活スタイルに合わせて、使い分けが可能なヘアカラー。 さあ、今回はどっちで染めてみますか?.

次の

理髪店、理容室、美容室、美容院について。

理髪 店 美容 院 違い

美容院とは? 美容師法第二条によると美容所 美容院 とは、 美容師免許を持つ人 美容師 が美容の業を行う施設の事とあります。 「美容」とは、パーマ・結髪 けっぱつ ・化粧等の方法により、 容姿を美しくすることをいい「美容院」または「美容室」とも呼ばれています。 ここからが美容院とは大きく違ってきます! 「理容」とは、頭髪の刈込、顔そり等の方法により、 容姿を整えることをいい「理容室・理髪店・散髪屋・床屋」とも呼ばれています。 笑 分かりやすく言うと、理容師免許を持っている 理容師が働いている お店のことで、こちらも「理容室・理容店・散髪屋」とも呼ばれます。 筆者の体験談も元に説明していきたいと思います! 床屋 理容院 のサービス シャンプー・カット・カラー・パーマ・顔そりがメインです。 ただし、パーマのみで床屋に行くのは男女とも NGで、女性に関してはカットとパーマの組み合わせでも施術してもらえませんでした。 というのが今までの理容師法だったのですが、2015年に 法律が改正され、女性でも理容師にパーマをかけてもらう事が出来るようになりました。 シャンプー・カット・カラー・パーマ以外に、 ヘッドスパ・トリートメント・セット・メイク・着物や浴衣の着付けもしてもらえる所もあります。 カラーはだいたい好きな色にしてもらうことができますし、パーマもデジタルパーマやストレートパーマ等の 沢山の種類があります。 美容院では基本的に顔そりはしてもらえないです。 2015年に法律が改正されるまでは、男性の方は カットのみの施術は受けられませんでした。 なぜ両方とも 髪を扱う所には変わりないのに値段の差がでてくるのでしょうか。 どの位値段は違ってくるのか見てみましょう! 美容院では、 3,000円~で高い所では 6,000円程する所もあります。 なぜこんなに床屋に比べて値段が高いのでしょうか? それは、カラー剤やトリートメントなどに こだわっている所が多く、たくさんの種類を揃えているのが関係しています。 材料を揃える事に コストがかかることや、後は 技術料です。 こだわりの技術・こだわりの薬剤を発信していく為には、見合った料金も必要になってくるということです。 値段とサービス以外にどんな違いがあるのか 値段は倍位違うという事、 サービスの内容も違うという事は分かりましたね! 行ってみてカットしてもらったものの 失敗…では取り返しがつかないので、細かい所まで調べてみました。 従業員の年齢層が違う 美容師の平均年齢は 30歳で、理容店経営者の平均年齢は 60歳を超えています。 美容院は外観も従業員さんも、なんだか お洒落な所が多いですよね! 若いお姉さんお兄さんがたくさんいてキラキラしてて、入るのに緊張するぐらい。 なので一番肝心な事は、自分自身が何を 求めるかです。

次の

美容院・理容院・床屋の違いとは?値段とサービスが違うだけ?

理髪 店 美容 院 違い

違いはカミソリを扱えるかどうか まず、法律で定められている理髪店の定義というのは、「頭髪の刈込み、顔そり等の方法により容姿を整えることと定められています。 その一方で、美容院の定義というのは、「パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること」と定められています。 ですので、美容院の美容師はカミソリを扱えませんが、理髪店の理容師はカミソリを扱うことが法律で許可されています。 つまり、まずカミソリを扱えるかどうか、という違いがあります。 カミソリを扱えるかどうかが違いますので、国家資格も美容師と理容師は別になっているんです。 つまり、美容院と理髪店の大きな違いといえば、顏を剃れるか剃れないかということなんです。 女性の顏剃りは美容院でもできる 近年法律が変わりまして、女性の顏剃りは美容院で施術しても良いことになりましたが、男性の顔剃りはいまだに理髪店のみとなっています。 この顔剃りをしてもらいたいがためにに理髪店に通う方も多いようですね。 違いはさらにいくつかあります。 まず、美容院でのシャンプーは、仰向けが基本となっていますが、理髪店では前かがみになってシャンプーします。 これも大きな違いですよね。 たとえば、髪を洗う場合などは、前かがみのほうがしっかり洗えるそうなのですが、メイクをしている女性が多く訪れたりする美容院などでは顔に水がかからないように、一般的には仰向けのシャンプーとなっています。 さらに、美容院は最近はトリートメントやヘッドマッサージなども取り入れているところも多いですよね。 また、技術的な面でも違います。 たとえば、シザー はさみ の持ち方が違ってきますし、さらにカットの方法も違います。 わかりやすく説明しますと、理髪店ではカットが正確、そしてきっちりとしているイメージですね。 きっちりとした髪型にしたいときに向いています。 しかし、これに対して、美容院は質感、そしてニュアンスを大事にするイメージなので、女性向けといえますね。 ですが、女性が理髪店に行ってはいけない、という決まりはないので、一度行ってみても大丈夫なんですよ。 近年は、オシャレな床屋さんもどんどん増えてきており、女性向けに顔のうぶ毛剃りだったり、さらには襟足のうぶ毛処理などをメニューにしているというお店もありますので、ぜひ興味のある方はチェックしてみてくださいね。

次の