ブラタモリ 浅野 アナ。 「ブラタモリ」6代目アシスタント・浅野里香アナが初登場 法隆寺へ!先輩・桑子アナらの“金言”とは…― スポニチ Sponichi Annex 芸能

浅野里香アナの高校や大学は?カップやスリーサイズなども調査!【ブラタモリ】

ブラタモリ 浅野 アナ

人物 [ ] 生まれの出身。 (現・)国際交流学科卒業。 にアナウンサーとしてNHK入局。 同年、に着任。 、へ異動。 からに異動。 の後任として、『』アシスタントに起用された。 また前任の林田がメインキャスターを務めるでフィールドキャスターとして出演している。 嗜好・挿話 [ ]• 「」に憧れて10歳からを続けている。 趣味は、初任地で始めた茶道のお稽古。 特技はパン作り。 モットーは「有終の美を飾る」。 現在の担当番組 [ ]• (サブキャスター:2020年4月6日 - )と隔週交代• (アシスタント・2020年4月11日 - )。 過去の担当番組 [ ] 松江放送局時代• (2016年6月12日) - 新人お披露目• のニュース・中継・リポート• (2016年12月18日)• 日本の祭り (2017年11月27日) - ナビゲーター• (2018年5月17日) - 「JAPA-NAVI 女性にうれしい! 美肌・健康の里 島根」ナビゲーター 札幌放送局時代• のニュース・中継・リポート• スペシャル 「決戦! 西南戦争 ラストサムライ 西郷隆盛の真実」(リポーター・2018年11月29日)• 一本の道「ギリシャ 山の向こうへ 最果ての石畳を行く」(2019年1月9日)• (2019年2月8日) - 北海道に南下したかなり強い寒気による猛烈な寒さに関するニュースの中で、札幌市中央区の「」の会場から中継で当時の寒さについてリポートした。 (リポーター・2019年3月 - 2020年3月)• (ナレーション・2019年3月24日、7月28日、10月27日)• (キャスター:2019年4月5日 - 2020年3月)• (キャスター・2019年7月26日、10月25日)• なつぞら紀行〜柴田牧場はこうして生まれた〜 (ナレーション・2019年9月28日)• パラ陸上世界選手権2019(スタジオアナウンサー、2019年11月7日 - 11月15日) 東京アナウンス室• (林田理沙の新型コロナウイルス感染拡大防止対策による休演に伴う代理キャスター、2020年4月20日 - 4月24日・5月7日、8日、18日 - 22日)• (進行・2020年4月29日) 同期のアナウンサー [ ]• (盛岡)• NHK札幌放送局. 2020年4月24日閲覧。 NHK アナウンス室. 2020年4月15日閲覧。 聖心女子大学 受験生応援サイト 留学・就職サポート. 聖心女子大学. 2018年8月16日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2020年4月11日. 2019年4月11日閲覧。 NHK松江放送局アナウンスページ• 浅野里香 2020年3月10日. NHK札幌放送局. NHKオンライン. 2020年3月14日閲覧。 デイリースポーツ 神戸新聞社. 2020年4月13日. 2020年4月13日閲覧。 サンケイスポーツ 産業経済新聞社. 2020年4月11日. 2020年4月11日閲覧。 NHK札幌放送局. 2020年4月15日閲覧。 浅野里香 2020年3月10日. NHK札幌放送局. NHKオンライン. 2020年3月14日閲覧。 松江局アナウンサーブログ - NHKオンライン• 東京2020パラリンピック特設ページ - NHKオンライン 外部リンク [ ]• 先代: 6代目アシスタント 浅野里香 - 次代: -.

次の

NHKブラタモリ担当浅野里香アナのプロフィール!出身高校・大学や彼氏について|コレシュン!

ブラタモリ 浅野 アナ

出身地 東京都 生年月日 1994年1月7日 卒業後、2016年にNHKに入局しました。 入局後、最初に配属されたのは、島根県の松江放送局のアナウンス室でした。 松江放送局の地方番組以外にも、『着信御礼! ケータイ大喜利』などにも出演したことがあります。 その後、2018年からは北海道の札幌放送局のアナウンス室へ移動となりました。 『パラ陸上世界選手権2019』のスタジオアナウンサーを務めるなど活躍していました。 そして、2020年からは、東京放送局のアナウンス室へ移動となり、『ブラタモリ』のアシスタントに抜擢されたのです。 地方局が全国各地にあるNHKですが、やはり東京放送局の方が『ブラタモリ』や『紅白歌合戦』の司会など、全国区の番組を担当することが多いので、出世街道を歩んでいると言っても過言ではないでしょう。 浅野里香アナ NHK の身長 浅野里香アナの身長は公表されていません。 しかし、身長はかなり低いのではないかと巷では言われているのです。 今夜は久しぶりの 法隆寺。 新アシスタント浅野里香アナ登場。 どんな感じの人かな、楽しみ。 コロナの影響でロケも止まるらしいからいつまで放送あるんだろうか、、。 — にわとまと snowcat5201 『ブラタモリ』で、タモリさんと並んでいる姿を見ると、5cm以上の身長差があるのではないかと思われます。 タモリさんの身長が 161cmと言われているので、そこから5cmほどの低いとなると 浅野里香アナの身長は156cm前後なのでないかと考えられます。 浅野里香アナ NHK の学歴 NHKに限らずアナウンサーといえば、高学歴の人が多いイメージですよね。 浅野里香アナの学歴も気になるところですよね。 浅野里香アナ NHK の中学や高校 浅野里香アナが通ったと言われているのは、中高一貫校のかえつ有明中学校・高等学校ではないかと言われています。 偏差値は42~48と決して高くはありません。 しかし、独自の時間割など学校としてはかなり評判の良い学校です。 浅野アナもこの学校で、いろいろなことを学んだのでしょう。 見た目に反して気さくなところも、学生生活が大きな影響を与えているのかも知れません。 浅野里香アナ NHK の大学 浅野里香アナは 聖心女子大学国際交流学科を卒業しています。 大学時代は、テレビ朝日が運営しているアナウンススクールの「テレビ朝日アスク」でアナウンサーとしての技術を身に着けていました。 「毎日美女大学」というサイトで取り上げられており、大学時代から美女だと注目も集めていたのです。 浅野里香アナ NHK のブラタモリでの発言や行動が話題に 浅野里香アナは、2020年4月11日放送の『ブラタモリ』初めての出演を果たしました。 その時の発言や行動が話題になっているのです。 浅野里香アナ NHK の聖徳太子を知らなかった 聖徳太子も知らない浅野里香ってアホなのかな? — TaruTaruWizard TaruTaruWizard 法隆寺の回で気になったのは さんの日本史の知識は中学生止まりで、高校・大学で日本史を学んでなく、日本史に興味がなく忘れ去った知識だから、法隆寺で聖徳太子がすぐに繋がらなかった?と思ったけど、そこで進行がつまづくのが「えー……」となってしまい……うーん…… — 名前はまだない。 しかし、浅野アナは「法隆寺」と「聖徳太子」が結びついておらず、わからないと言っていたのです。 それを見た人が驚きの声を上げていたのです。 しかし、これはおそらくジェネレーションギャップでしょう。 最近、学校教育では聖徳太子のことが教科書に載っていないと言うこともあるので、歴史好きでなくても知っているはず、と思われがちですが、教科書によっては、「厩戸王(うまやどのおう)」と書かれていて、聖徳太子とは書いてないという時期があったのです。 浅野里香アナは、まさにそういう世代だったのではないかと思われます。 なので、今回の件だけで、浅野里香アナのことを評価するのは少しかわいそうですよね。 浅野里香アナ NHK の距離感がすごい 浅野里香アナの番組中のタモリさんとの距離感がすごいと話題になりました。 初回の印象ですが浅野里香アナ 歴代比較では 桑子アナ系ですかね 前に出る感強いですね。 タモリとの並び位置 距離感が 近い印象 リンダとは真逆ですね。 まだ初回ですし ロケが滞る可能性もある現状 回をこなしてどう変わるか変わらないか・・・ — Akira somanymensoman4 ブラタモリの浅野里香さん、タモリとの距離がリンダより近い気がする。 密度で攻めるパターンか? ワイはリンダの方が好きだったなぁ〜と。 しかし、いやらしさと言うよりは、おじいちゃんと孫が歩いているような印象で微笑ましいという声もあるほどでした。

次の

ブラタモリ歴代アシスタント女子アナウンサー経歴と学歴まとめ!

ブラタモリ 浅野 アナ

タモリ(74)が街をぶらぶら歩きながら知られざる歴史や魅力、人々の暮らしに迫るNHK「ブラタモリ」(土曜後7・30)は11日から新シーズンに突入。 6代目アシスタントを務める浅野里香アナウンサー(26)が初登場し、奈良・法隆寺を訪れる。 この日のテーマは「法隆寺~なぜ法隆寺は1400年愛され続けるのか?~」。 法隆寺は現存する世界最古の木造建築。 聖徳太子はどんな人だったのか?国宝・釈迦三尊像に隠された秘密を探る。 法隆寺は2つある?その痕跡を訪ね、法隆寺の非公開エリアへ足を踏み入れる…。 浅野アナは聖心女子大学から2016年入局。 松江放送局、札幌放送局を経て、今年度から東京アナウンス室。 番組公式サイトを通して「歴代担当された桑子アナ・近江アナ・林田アナから頂いた『気負わずにタモリさんとの旅を楽しめば大丈夫』という言葉を大切にしつつ、視聴者の皆さんと一緒に驚いたり、感動したりできたらいいなと思っています」と意気込んでいる。 2015年4月に3年ぶりにレギュラー番組(第4シリーズ)として復活。 桑子真帆アナウンサー(31)が3代目アシスタントを担当。 16年4月から近江友里恵アナウンサー(31)が4代目、18年4月から林田理沙アナウンサー(30)が5代目を務めた。 09年10月に第1シリーズがスタート。 08年12月のパイロット版を含め、12年の第3シリーズまで久保田祐佳アナウンサー(37)が初代アシスタント。 15年1月のパイロット版は首藤奈知子アナウンサー(40)が2代目を務めた。

次の