確定 申告 期限 の 延長。 確定申告期限がさらに延長、4月17日以降も対応 ~ただし原則事前予約制。e

「確定申告」は4月17日以降も受け付け、「期限延長手続き」で柔軟に対応~国税庁が新型コロナ感染拡大状況を考慮

確定 申告 期限 の 延長

コロナウイルスの影響で確定申告の期間延長は元はいつからいつまでだったの? コロナウイルスの影響で確定申告の期間延長は元はいつからいつまでだったのかを見てみましょう。 2020年4月6日の国税庁の発表があるまでは以下の通りに延長発表がありました。 国税庁ホームページより抜粋: 2020年の4月16日(木)が申告所得税や贈与税、個人事業者の消費税の申告〆切延長でした。 コロナウイルスの影響で今回の再延長で確定申告の期間延長はいつからいつまでに変わったの? コロナウイルスの影響で今回の再延長で確定申告の期間延長はいつからいつまでに変わったのかをまとめております。 今回のコロナウイルス感染の騒動で、確定申告の再延長が決定し、2020年4月17日(金)以降も申告が可能になりました。 国税庁ホームページより抜粋: 今回の再延長では、特に期間を設けられずに2020年4月17日以降にも申告を行うことが可能です。 2020年4月17日以降の確定申告の申告相談について コロナウイルスの影響で今回の再延長で確定申告の期間延長はいつからいつまでになっかたかは上記でご確認いただけますが、申告相談はどうなるのでしょうか? 2020年4月17日以降の申告相談については原則として事前予約制になっております。 今までは、先着順でしたが、混雑を防ぐための対応になります。 確定申告再延長に対する疑問 今回の再延長で確定申告の期間延長はいつからいつまでになった?以外の質問も確認しておきましょう。 国税庁ホームページより抜粋: このように、コロナウイルスの影響を受けている皆さんがこの延長の対象になります。 国税庁ホームページより抜粋: 上記でもあったように、特に申告や納付期限は設定されていません。 また振替納税等の振替日は個別連絡が行われるようになっています。 確定申告再延長での皆様の声 コロナウイルスの影響で今回の再延長で確定申告の期間延長はいつからいつまでになったのかどうかということに対する世間の皆様の声を何件か紹介します。 私は残りの1割…🤪 休校延長もあり、いつ出来るか?間に合うか?とドキドキしてたから良かった~😆 — kanon kanon2018 確定申告再延長!神! — しゅ oshushimarun 確定申告期限の再延長が出ました。 今回は、特に期限を切っていないようです。 それにしても、国税庁の通達で「柔軟な」という言葉は初めて見ましたね。 現実に混んでいるところには行きたくないし。 ただ郵送対応等もありますので早めにしてしまいましょう! 【確定申告】コロナの影響で期間の再延長決定!いつからいつまでなのか? 【確定申告】コロナウイルスの影響で期間の再延長決定!いつからいつまでなのか?をまとめています。 今回は.

次の

令和2年確定申告の期限(令和元年分)が延長される!?

確定 申告 期限 の 延長

2020. 2 2019年分、2020年申告の所得税と個人の消費税の申告期限が4月16日まで伸びました。 ) 今回の申告期限延長は、災害による救済法を拡大解釈したものと愚考しますが、実態は「国民統制」を目的とした申告期限延長のように見えますわ。 とある研究会より、「個人確定申告の申告期限を延ばすことが出来る条文をこたえよ」 いいね、そういうの好き。 所得税法、消費税法には、申告期限延長の特例があります。 (法人税・相続税にも適用だけど、今回は所得税・消費税のみの模様。 火災や水害のようなエリアが限定されたものは、課税庁(税務署など)が「このエリアの人は大変だから、申告書の提出期限を延ばすね」と決めることが出来ます。 いちいち法律を変えることは出来ないので、非常時にはそのような柔軟な対応が出来るように法整備が出来ているんですよ~。 他にも、人を特定したりできます。 知らないうちに、「サーバーダウンしたら期限内申告とする」こともあるようです。 2019年1月、地方税のサーバーがダウンしたので、国税もそれに備えてるのかもね。 ***** しかし、当初申告期限で間に合わせたいのが、税理士の本音です。 数年後に見返したとき、申告期限延長したことを忘れて「うわ、所得税の申告書提出日が4月!?期限後申告しちまったの私っ。 今からでも謝罪しなきゃ!」と寿命が縮むじゃん。 まぁでも、終わっていない確定申告、グ妹と自分の申告はゆっくりでいいや・・・・助かったわ・・・・。 あっそうだ!税務申告を政治に利用するのはやめてもらいたい!急に言われて税理士会を含む税務協力団体も税務署も困ってるに違いないよ。 まぁでも、頑張ろう、確定申告!.

次の

確定申告期限を4月16日まで延長 国税庁、新型肺炎で [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

確定 申告 期限 の 延長

国税庁は、令和元年分(2019年分)の申告所得税、贈与税および個人事業者の消費税の申告・納付期限について、4月17日以降も期限を区切らずに柔軟に受け付ける。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により外出を控えるなど、4月16日までの期限内に申告することが困難な人を対象とした措置として、申告書の作成や来署が可能になった時点で税務署へ申し出れば、個別に「申告期限延長」の取り扱いをする。 申告期限延長の手続きとしては、申請書などを別途提出する必要はなく、申告書の余白やe-Taxの「特記事項」欄に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」という旨を付記することとしている。 国税庁では、こうした申告期限延長の手続きに関するFAQも公開。 「令和元年分 確定申告特集」のウェブサイト。 申告・納付期限(所得税が3月16日、個人事業者の消費税が3月31日)が表示されていたページ上部には、「新型コロナウイルス感染症の影響により、納付が困難な方には、猶予制度があります。 お近くの税務署へ、お気軽にご相談ください。 」との説明が記載されている 国税庁によると、4月6日の時点ですでに、昨年比で約9割の申告実績があったという。 申告会場に出向くことなくスマートフォンやパソコンからインターネット経由で申告できるe-Taxの利用増加なども背景にあるとし、国税庁では引き続き、e-Taxの利用も勧めている。 なお、4月17日以降の「申告相談」については、申告会場のような先着順ではなく、原則として「事前予約制」にするという。 また、「還付申告」については5年間申告できることもあらためて案内している。 令和元年分の還付申告ならば、令和6年(2024年)12月31日まで申告可能だ。 還付申告の例としては、給与所得者や公的年金受給者で、医療費控除・寄附金控除(ふるさと納税等)・住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)により還付を受ける人を挙げている。

次の