宅 建 テキスト おすすめ。 初心者でも宅建の独学は無理じゃない!初心者おすすめのテキスト&勉強法

【2019年版】宅建試験に独学3ヶ月で合格する勉強方法

宅 建 テキスト おすすめ

宅建試験合格はテキスト、問題集選びが重要 宅建試験の令和元年度の合格率が17. 0%である。 独学でも十分合格が狙えるが、そのためには自分に合ったテキスト、問題集選びが重要で、とことんこだわって選ぶことが必要だ。 宅建は非常に人気のある資格試験の定番で、 多くの出版社から多くの教材が出版されている。 この中からおすすめのテキスト、問題集を紹介しようと思う。 おすすめの宅建試験テキスト おすすめの基本書 テキストの中でも、必ず必要となるのが基本書と呼ばれるものだ。 この基本書をメイン教材として宅建試験の勉強をしていくことになる。 この基本書選びが、試験教材選びの中でも一番重要である。 わかって合格 うか る宅建士 基本テキスト(TAC出版) 資格の学校TACの講師が、講義スタイルのやさしい文章で書き上げたフルカラーの宅建試験の基本書。 初めて宅建を勉強する人でも、合格に必要なレベルまで無理なく身につけることが出来るように、理解して覚える工夫が満載の本である。 本の冒頭に『1時間で宅建士試験大づかみ、まずはここから!基本テーマ32』が設けられている。 これを読むことにより、短時間で初学者にも試験の全体像が一気に見通せるように解説してある。 この解説を読むことにより、宅建試験のイメージが整理できるので今後の勉強が効率的に学べるようになっている。 600ページを超えるページ数であるが、中身はやさしい文章、豊富な図表が記載されており、途中で詰まるということがないので、思ったより最後まで読み終わるまでに時間はかからない。 ページ数が厚いので、「民法等」「宅建業法」「法令上の制限」「その他関連知識」とテーマごとに4分冊して持ち運びがしやすいように工夫されている。 本文中には今年度の出題予想箇所や「法改正点」は、アイコン表示で受験者に目立つよう工夫されている。 本の巻末に過去問を厳選して、本試験風にした「厳選過去問プレミアム50」が収録されている。 宅建試験の万能的基本書である。 ユーキャンの宅建士 速習レッスン(U-CAN) U-CANの講師陣が、通信教育で培ったノウハウを凝縮して執筆、編集した宅建試験の基本書である。 理解を助けるイラストや図解を沢山使用していて、難しい法令でも内容がイメージしやすくなっている。 文章中には「重要度」「頻出度」のアイコンが設けられていて、勉強にメリハリがつくような構成になっている。 誰にでもわかりやすい万人向けの基本書となっている。 合格しようぜ! 宅建士2020 基本テキスト(インプレス) 宅建試験をしたいけど、本を開くと眠くなるという人におすすめの基本書。 挫折ゼロで、無理なく楽しく合格するというコンセプトで書かれた本である。 この基本書は会話形式で記載されているので、読み物に近い感覚で最後まで読める本である。 表紙に記載されている『挫折ゼロの定番テキスト』は間違い無く、誰でも苦も無く完読できる。 中身は理解しやすいように豊富な例えと、自然な会話形式で構成されていて、ストレス無く宅建試験の知識が身につく本である。 購入者特典として、「音声講義(mp3)」、「本書全文の電子版(PDF)」、「スマホ単語帳」が用意されていて、スキマ時間も有効に勉強できる仕掛けが設けられている。 おすすめの民法単行本 宅建の中でも民法はきちんと理解していなければ正解するのが難しい科目であり、法律関係の勉強をしたことが無い人には、民法で得点を稼ぐのは難しい科目になります。 明治時代に作られた民法は今まで大きな変更はありませんでした。 しかしこの前大改正が行われ、令和2年(2020年)4月1日から施行されました。 宅建試験問題の法令は、毎年4月1日現在施行されている規定に基づいて出題されます。 よって2020年以降、この改正部分から宅建試験問題が出題される可能性がありますが、大改正前の過去問題では、この部分の学習はできません。 民法がわかった 非常に初歩的なことから民法について解説してあり、非常にわかりやすい本です。 400ページほどありますが、すらすら読めます。 宅建テキストの民法で苦戦している人の、副読本としてもおすすめです。 おすすめの宅建試験問題集 問題集には、過去問と予想(模擬)問題がある。 予想(模擬)問題は毎年6月~8月頃に法改正対応済みしたものが、各種出版社から発売される。 おすすめのテーマ別過去問 過去問は年度別とテーマ別の2種類のタイプがある。 年度別では全分野の勉強を一通り完了させないと、使いこなすことはできない。 テーマ別過去問の方が勉強しやすいのでおすすめである。 ここでは基本書と一緒に使用するテーマ別過去問を紹介しようと思う。 先ほど紹介した基本書と違和感なく使用できる同じシリーズのテーマ別過去問を紹介したいと思う。 基本テキストと同じく、分野別「4分冊」構成で持ち運びしやすい構成になっている。 重要度を星マークで表示し、『わかって合格る宅建士 基本テキスト』該当頁も記載してあり、平行学習がしやすい。 解説では肢に『頻出』、『ひっかけ』のアイコンを表示し、問題の特徴が一目でわかるようになっている。 合格しようぜ! 宅建士2020 音声付きテーマ別ベストセレクト問題集(インプレス) 選び抜いたテーマ別重要問題が『555問』掲載されている。 左ページに1、2問、右ページにその解説という見開きページ構成である。 ボリュームがあるので、途中で息切れにならないように注意が必要だ。 あまり時間をかけずサクサクと読み進め、何回も繰り返し勉強するのが効果的だと思う。 欄外には『読解キーワード』があり、解く上で重要なポイントが簡潔に記載されている。 また解説欄外には『合格ナビゲート』があり、関連する説明がされている。 予想(模擬)問題集 予想(模擬)問題は毎年6月~8月頃に各種出版社から発売される。 これを使用して勉強するメリットは次の2つである。 統計情報、法改正に完全に対応した試験対策できる。 試験と同じような構成になっているので、時間配分等を意識した答案練習ができる。 今の段階では、まだ発売されていないので紹介できないが、試験前には予想(模擬)問題で勉強することが大切である。 テキスト、問題集を使った宅建試験の勉強方法 信じられるテキスト、問題集を選ぶ 宅建試験勉強のためこれから貴重な時間を割いて、テキスト、問題集と付き合うことになる。 テキスト、問題集選びに妥協せず、自分で信じられるものをとことんこだわって選んで欲しい。 そして自分に合ったテキスト、問題集が見つかったら、あとはその教材を信じて勉強するのみである。 宅建試験の問題の法令に関する部分は、その年の4月1日現在施行されている規定に基づいて出題される。 法改正があった場合、きちんと対応した勉強が必要になってくるので、出版社のサポートの有無が重要である。 法改正、正誤情報は大抵の出版社はホームページに掲載されているので、ブックマークに登録しておいて、たまにはチェックしていた方が良い。 テキストとテーマ別過去問の反復が重要 テキストを1回読んだら、達成感がある。 しかしそれだけでは、本試験で合格点を取ることは難しい。 なぜならテキストを1回読んでも、ほとんど記憶に残っていないからである。 テキストと過去問を何度も繰返し勉強し、過去問は全部解けるように勉強しておく。 テキストとテーマ別過去問の地道な繰り返し勉強が、合格への確実な道である。 統計情報は毎年1問出題される 統計では建築着工統計、地価公示、土地白書などが、毎回出題されている。 新しい統計情報で勉強するだけで、貴重な1点が獲得できるチャンスがある。 必ず予想(模擬)問題で、新しい統計情報対策をしておくことが必要である。 10月の宅建試験では勉強の成果を十分発揮し、12月に吉報が届くことをお祈りします。

次の

宅建の学校、おすすめ予備校の比較:LEC、TAC、日建学院

宅 建 テキスト おすすめ

インデックス• 宅建は独学で合格は難しい? 宅建の合格率を見ると毎年だいたい15%前後で推移しています。 この合格率であれば、独学で勉強を行っても合格が難しいという訳ではありません。 宅建資格は独学で勉強している人は多いです。 特に、不動産で働いている方には人気の資格です。 独学でもきちんと参考書やテキストを揃えて、 毎日勉強する時間を作ることができれば、合格できるレベルの資格です。 独学でも合格が難しい資格とは、合格率10%以下の宅建より難易度が高い資格を指します。 宅建は法律系の資格を目指す方の登竜門と言われています。 宅建合格後、行政書士や司法書士、不動産鑑定士などを目指す方が増えています。 宅建の場合は不動産関係での資格となり、 法律関係の入門的な資格にもなりますので、 独学でも十分合格を目指すことが可能です。 もちろん独学で合格する為には対策を立てたり、スケジュールを調整するなど様々な工夫を行うことが重要です。 これから他の難関資格を目指されている方は、国家試験の独特の雰囲気や試験の形式になれるには受験されるのもいいかもしれません。 民法は他の試験の基礎となる問題が出題されるので実力を試すこともできます。 また、法律系の資格が初学で独学で合格する為にはスケジュール調整をした方が、勉強する時間を確保する事ができるので、 社会人の方は宅建の資格を勉強している事を会社に伝えて、残業を断るなどの方法をとると良いでしょう。 なるべく無駄な付き合いを避け、勉強時間を確保することが宅建合格へのポイントでもあります。 学生の方は学業との両立になりますが、遊ぶ時間を控えることで、 独学でも合格を目指せるので学生の内に取得しておくのも一つの手段です。 宅建を取得しておくと不動産業界では就職できる確率が飛躍的に上昇するので、持っておいて損をする事がありません。 給料の査定も上る可能性もありますので、お得な資格になります。 宅建資格をもっているだけで別途手当2万くらいもらえる企業が多いです。 ぜひ、取れるうちにとっておきましょう。 宅建合格に必要な勉強時間は? 宅建合格に必要な勉強時間ですが、200時間から300時間を考えておけば問題ありません。 元々ある程度の知識がある方であれば、更に時間を短縮する事ができる可能性もありますが、 余裕を持って勉強時間を確保しておくほうが精神的にもリラックスして勉強に取り組む事ができます。 あまり時間に余裕がない状態で勉強を続けてしまうと焦りがでてしまうので、注意が必要です。 宅建に合格したいのであれば、宅建の勉強を始める時期は半年前の4月には始めると良いでしょう。 半年ほどの期間があれば、1日あたりに勉強をする時間は1時間半前後で行うことができますし、 休憩を挟みながらでも勉強をする事ができるので、プライベートとの両立を行うことも可能です。 忙しいビジネスマンであれば週末に勉強することも可能ではあります。 1ヶ月や2ヶ月前からでも根を詰めて勉強をする事ができれば、 合格する事も可能ですが勉強に取り組む時間が1日あたり長時間になってしまいますので、 あまりおすすめ出来る方法ではありません。 宅建資格は民法の知識がもともとあれば詰め込み学習も可能です。 過去問から見ても、民法の出題数は多いのです。 また、民法の知識は、宅建業法などの基礎にもなります。 特に社会人の方や学生の方が1日に長時間勉強をすると日常生活にも支障をきたす可能性が出てきますし、 寝る時間を削って勉強に打ち込む事になると体調不良になる可能性も出来ます。 余裕を持って勉強を行うことが出来れば、その様な心配もありませんのでおすすめは 半年前からの学習時間の確保をすることです。 宅建独学におすすめの参考書・テキスト5選 宅建独学におすすめの参考書を5つ紹介します。 どれもわかりやすくまとまっているのでいずれか1つを読み込めば宅建の対策を十分にすることができます。 まずは「」宅建の勉強に必要な内容が漫画形式でわかりやすく説明されているので初心者の方にも理解しやすくなっています。 漫画ですが、基礎の部分を理解しやすく解説していますのでとても参考になる一冊です。 宅建独学におすすめの問題集5選 テキストで暗記した知識もアウトプットしないと試験の時に自分の力になりません。 問題集もセットで勉強することで使える知識に変わります。 問題集選びに困ったら、問題演習は試験の概要を掴むためのものでもあるので過去問を詳しく解説しているものを選びましょう。 ここでは、繰り返し勉強に使える問題集を紹介します。 まずはじめに紹介するのは、「」。 基本的な問題が多く掲載されているので、より宅建の問題を理解することが出来るようになっています。 みんなが欲しかった!シリーズは、参考書と問題集セットになっています。 問題集でわからなかったら、復習が便利なのでセットで購入がオススメです。 まとめ:宅建は対策次第で独学で合格できる! 宅建(宅地建物取引士)は取得が難しいと考えている方が多い資格ですが、対策次第では独学でも十分合格する事が可能です。 合格するためには自分にあったテキストや参考書を選んで、それを元に過去問題集を中心に問題と解いていくことが合格までの近道。 繰り返し問題演習を行い、数々の法律関係を暗記していくようにしましょう。 最初は勉強は面白くなくて挫折する方もたくさんいらっしゃいますが、 徐々に学んでいることがわかるようになると面白くなってくるものです。 勉強をする時間さえ確保する事ができれば、初めての方でも一発合格が出来るようになるので、 日々勉強をする時間だけは作るようにして下さい。 モチベーションが持続できない場合も、1日15分だけでも復習などをして見ましょう。 勉強は継続が重要です。 一発合格ができずに、また再受験をするとテキストと問題集を買い直してもう一度試験を受けると、 約1万円と時間の無駄になってしまいます。 不動産で働いている方は手当ももらえずに年間で数十万円を損することにもなります。 早期に合格するためにも、直前で勉強を初めて焦るよりも長期的な学習計画を立てて勉強しましょう。 根を詰めずに余裕を持って取り組む事ができれば、必ず合格することができる資格です。 難しく感じる必要はありません。 その為にも参考書やテキストは評判などを調べて自分に合った良い物を選ぶようにして、 効率良く勉強をする事が大切になります。 みなさんの合格をお祈りします。

次の

初心者でも宅建の独学は無理じゃない!初心者おすすめのテキスト&勉強法

宅 建 テキスト おすすめ

宅建試験合格はテキスト、問題集選びが重要 宅建試験の令和元年度の合格率が17. 0%である。 独学でも十分合格が狙えるが、そのためには自分に合ったテキスト、問題集選びが重要で、とことんこだわって選ぶことが必要だ。 宅建は非常に人気のある資格試験の定番で、 多くの出版社から多くの教材が出版されている。 この中からおすすめのテキスト、問題集を紹介しようと思う。 おすすめの宅建試験テキスト おすすめの基本書 テキストの中でも、必ず必要となるのが基本書と呼ばれるものだ。 この基本書をメイン教材として宅建試験の勉強をしていくことになる。 この基本書選びが、試験教材選びの中でも一番重要である。 わかって合格 うか る宅建士 基本テキスト(TAC出版) 資格の学校TACの講師が、講義スタイルのやさしい文章で書き上げたフルカラーの宅建試験の基本書。 初めて宅建を勉強する人でも、合格に必要なレベルまで無理なく身につけることが出来るように、理解して覚える工夫が満載の本である。 本の冒頭に『1時間で宅建士試験大づかみ、まずはここから!基本テーマ32』が設けられている。 これを読むことにより、短時間で初学者にも試験の全体像が一気に見通せるように解説してある。 この解説を読むことにより、宅建試験のイメージが整理できるので今後の勉強が効率的に学べるようになっている。 600ページを超えるページ数であるが、中身はやさしい文章、豊富な図表が記載されており、途中で詰まるということがないので、思ったより最後まで読み終わるまでに時間はかからない。 ページ数が厚いので、「民法等」「宅建業法」「法令上の制限」「その他関連知識」とテーマごとに4分冊して持ち運びがしやすいように工夫されている。 本文中には今年度の出題予想箇所や「法改正点」は、アイコン表示で受験者に目立つよう工夫されている。 本の巻末に過去問を厳選して、本試験風にした「厳選過去問プレミアム50」が収録されている。 宅建試験の万能的基本書である。 ユーキャンの宅建士 速習レッスン(U-CAN) U-CANの講師陣が、通信教育で培ったノウハウを凝縮して執筆、編集した宅建試験の基本書である。 理解を助けるイラストや図解を沢山使用していて、難しい法令でも内容がイメージしやすくなっている。 文章中には「重要度」「頻出度」のアイコンが設けられていて、勉強にメリハリがつくような構成になっている。 誰にでもわかりやすい万人向けの基本書となっている。 合格しようぜ! 宅建士2020 基本テキスト(インプレス) 宅建試験をしたいけど、本を開くと眠くなるという人におすすめの基本書。 挫折ゼロで、無理なく楽しく合格するというコンセプトで書かれた本である。 この基本書は会話形式で記載されているので、読み物に近い感覚で最後まで読める本である。 表紙に記載されている『挫折ゼロの定番テキスト』は間違い無く、誰でも苦も無く完読できる。 中身は理解しやすいように豊富な例えと、自然な会話形式で構成されていて、ストレス無く宅建試験の知識が身につく本である。 購入者特典として、「音声講義(mp3)」、「本書全文の電子版(PDF)」、「スマホ単語帳」が用意されていて、スキマ時間も有効に勉強できる仕掛けが設けられている。 おすすめの民法単行本 宅建の中でも民法はきちんと理解していなければ正解するのが難しい科目であり、法律関係の勉強をしたことが無い人には、民法で得点を稼ぐのは難しい科目になります。 明治時代に作られた民法は今まで大きな変更はありませんでした。 しかしこの前大改正が行われ、令和2年(2020年)4月1日から施行されました。 宅建試験問題の法令は、毎年4月1日現在施行されている規定に基づいて出題されます。 よって2020年以降、この改正部分から宅建試験問題が出題される可能性がありますが、大改正前の過去問題では、この部分の学習はできません。 民法がわかった 非常に初歩的なことから民法について解説してあり、非常にわかりやすい本です。 400ページほどありますが、すらすら読めます。 宅建テキストの民法で苦戦している人の、副読本としてもおすすめです。 おすすめの宅建試験問題集 問題集には、過去問と予想(模擬)問題がある。 予想(模擬)問題は毎年6月~8月頃に法改正対応済みしたものが、各種出版社から発売される。 おすすめのテーマ別過去問 過去問は年度別とテーマ別の2種類のタイプがある。 年度別では全分野の勉強を一通り完了させないと、使いこなすことはできない。 テーマ別過去問の方が勉強しやすいのでおすすめである。 ここでは基本書と一緒に使用するテーマ別過去問を紹介しようと思う。 先ほど紹介した基本書と違和感なく使用できる同じシリーズのテーマ別過去問を紹介したいと思う。 基本テキストと同じく、分野別「4分冊」構成で持ち運びしやすい構成になっている。 重要度を星マークで表示し、『わかって合格る宅建士 基本テキスト』該当頁も記載してあり、平行学習がしやすい。 解説では肢に『頻出』、『ひっかけ』のアイコンを表示し、問題の特徴が一目でわかるようになっている。 合格しようぜ! 宅建士2020 音声付きテーマ別ベストセレクト問題集(インプレス) 選び抜いたテーマ別重要問題が『555問』掲載されている。 左ページに1、2問、右ページにその解説という見開きページ構成である。 ボリュームがあるので、途中で息切れにならないように注意が必要だ。 あまり時間をかけずサクサクと読み進め、何回も繰り返し勉強するのが効果的だと思う。 欄外には『読解キーワード』があり、解く上で重要なポイントが簡潔に記載されている。 また解説欄外には『合格ナビゲート』があり、関連する説明がされている。 予想(模擬)問題集 予想(模擬)問題は毎年6月~8月頃に各種出版社から発売される。 これを使用して勉強するメリットは次の2つである。 統計情報、法改正に完全に対応した試験対策できる。 試験と同じような構成になっているので、時間配分等を意識した答案練習ができる。 今の段階では、まだ発売されていないので紹介できないが、試験前には予想(模擬)問題で勉強することが大切である。 テキスト、問題集を使った宅建試験の勉強方法 信じられるテキスト、問題集を選ぶ 宅建試験勉強のためこれから貴重な時間を割いて、テキスト、問題集と付き合うことになる。 テキスト、問題集選びに妥協せず、自分で信じられるものをとことんこだわって選んで欲しい。 そして自分に合ったテキスト、問題集が見つかったら、あとはその教材を信じて勉強するのみである。 宅建試験の問題の法令に関する部分は、その年の4月1日現在施行されている規定に基づいて出題される。 法改正があった場合、きちんと対応した勉強が必要になってくるので、出版社のサポートの有無が重要である。 法改正、正誤情報は大抵の出版社はホームページに掲載されているので、ブックマークに登録しておいて、たまにはチェックしていた方が良い。 テキストとテーマ別過去問の反復が重要 テキストを1回読んだら、達成感がある。 しかしそれだけでは、本試験で合格点を取ることは難しい。 なぜならテキストを1回読んでも、ほとんど記憶に残っていないからである。 テキストと過去問を何度も繰返し勉強し、過去問は全部解けるように勉強しておく。 テキストとテーマ別過去問の地道な繰り返し勉強が、合格への確実な道である。 統計情報は毎年1問出題される 統計では建築着工統計、地価公示、土地白書などが、毎回出題されている。 新しい統計情報で勉強するだけで、貴重な1点が獲得できるチャンスがある。 必ず予想(模擬)問題で、新しい統計情報対策をしておくことが必要である。 10月の宅建試験では勉強の成果を十分発揮し、12月に吉報が届くことをお祈りします。

次の