インターネット ブレイク アウト。 「クラウドが遅い」をSD

トラフィック急増への決定打 ローカルブレイクアウト|【技業LOG】技術者が紹介するNTTPCのテクノロジー|【公式】NTTPC

インターネット ブレイク アウト

「秘文 Device Control」は、デバイスの利用や接続先ネットワークを制御し、機密情報の漏洩を防止する製品です。 このたび独自に開発したインターネットブレイクアウト機能により、昨今需要が高まるテレワーク環境などで、安全なネットワーク利用と快適なクラウドサービス利用の両立を実現します。 また、本機能では、お客様が指定した信頼できるクラウドサービスを直接インターネットに接続して利用することにより、社内ネットワークの負荷を軽減します。 これまで、テレワークなどのリモートアクセスでは、モバイルPCをVPN(仮想プライベートネットワーク)経由で社内ネットワークに接続し、ファイアウォールやゲートウェイを通して、インターネットやクラウドサービスにアクセスすることで、セキュリティを確保してきました。 しかしながら、テレワークやクラウドサービス利用の急増に伴い、ネットワーク帯域のひっ迫や、ファイアウォール、ゲートウェイ、VPNの負荷が激増しており、ネットワークのレスポンス速度の低下など、業務に影響を及ぼしています。 多くの企業にとって、これらへの対処が喫緊の課題となっています。 VPNを含む社内ネットワークの負荷を軽減して対策コストを削減 エンドポイント上でインターネットブレイクアウトを実現するため、テレワーク利用時でもお客様が指定したクラウドサービスについては、VPNを経由せずにモバイルPC から直接、インターネットに接続します。 これにより、VPNも含めた社内ネットワークの負荷を軽減します。 従来、ネットワークの負荷増大に対して、ネットワークの帯域増強や設備増設にかけていた対策コストを削減できます。 快適なクラウドサービス利用と安全なネットワーク利用の両立を実現 インターネットブレイクアウトでは、お客様が指定した信頼できるクラウドサービスだけモバイルPCから直接インターネットに接続させ、それ以外の通信は強制的にVPN経由で社内ネットワークに接続させます。 これにより、セキュアなテレワーク環境と、快適なクラウドサービスの利用を実現します。 テレワーク利用者が、許可されていないネットワークに接続してしまうリスクをなくすとともに、デバイスへの情報の持ち出しを禁止する機能、利用者の操作ログを取得する機能などにより、モバイルPCからの機密情報の漏洩を防止します。 年間利用ライセンスには保守費、サーバーライセンスを含みます。 デバイスの利用制限や接続先ネットワークの制御を行い、データを持ち出させない「秘文 Device Control」、データを暗号化し、漏洩してもデータの中身を見せない「秘文 Data Encryption」、ファイルの失効(閲覧停止)で、相手先に渡した情報の不正利用や流出・拡散を防止する「秘文 Data Protection」の3製品と、サービスモデルで管理者の運用負荷を軽減する「秘文 Endpoint Protection Service」で構成されています。 このたび追加したインターネットブレイクアウト機能は、「秘文 Endpoint Protection Service」でも順次提供予定です。 ピックアップ• 「子どもにも一台持たせる環境」にベストなタブレットはこれ!• ストレージメーカーに聞くHDD取扱いの注意点• 多様化する働き方に合わせて使える機能満載• LAVIE開発者に聞くテレワークに特化した最強のプレミアムモバイルノート誕生の裏側• チャンネルやグループDMの画面からすぐに会話をスタート、画面共有も可能• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• 優勝賞金100万円のeスポーツ大会出場選手の裏事情• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• HUAWEI P liteシリーズの最もお手頃なモデルを詳しく紹介!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! ボリュームゾーンに投入される有力SIMフリースマホ2機種を比較!• このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズは3モデル!• または私はいかにして心配するのを止めてキーボードが打てるようになったか• フレーバーだけでなく、デバイスそのもののデザインや質感にも徹底的にこだわりぬいた• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• これ1台でなんでもこなせるモバイルノート• ゲームも写真も動画も大容量化でストレージは危機的状況• Open NAT機能やゲーミングデバイス優先LANポートなどを搭載!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の

img.directresponse.net:インターネットブレイクアウト機能を追加したセキュリティ対策製品「秘文」の最新版を提供開始

インターネット ブレイク アウト

「秘文 Device Control」は、デバイスの利用や接続先ネットワークを制御し、機密情報の漏洩を防止する製品です。 このたび独自に開発したインターネットブレイクアウト機能により、昨今需要が高まるテレワーク環境などで、安全なネットワーク利用と快適なクラウドサービス利用の両立を実現します。 また、本機能では、お客様が指定した信頼できるクラウドサービスを直接インターネットに接続して利用することにより、社内ネットワークの負荷を軽減します。 これまで、テレワークなどのリモートアクセスでは、モバイルPCをVPN(仮想プライベートネットワーク)経由で社内ネットワークに接続し、ファイアウォールやゲートウェイを通して、インターネットやクラウドサービスにアクセスすることで、セキュリティを確保してきました。 しかしながら、テレワークやクラウドサービス利用の急増に伴い、ネットワーク帯域のひっ迫や、ファイアウォール、ゲートウェイ、VPNの負荷が激増しており、ネットワークのレスポンス速度の低下など、業務に影響を及ぼしています。 多くの企業にとって、これらへの対処が喫緊の課題となっています。 1.VPNを含む社内ネットワークの負荷を軽減して対策コストを削減 エンドポイント上でインターネットブレイクアウトを実現するため、テレワーク利用時でもお客様が指定したクラウドサービスについては、VPNを経由せずにモバイルPC から直接、インターネットに接続します。 これにより、VPNも含めた社内ネットワークの負荷を軽減します。 従来、ネットワークの負荷増大に対して、ネットワークの帯域増強や設備増設にかけていた対策コストを削減できます。 2.快適なクラウドサービス利用と安全なネットワーク利用の両立を実現 インターネットブレイクアウトでは、お客様が指定した信頼できるクラウドサービスだけモバイルPCから直接インターネットに接続させ、それ以外の通信は強制的にVPN経由で社内ネットワークに接続させます。 これにより、セキュアなテレワーク環境と、快適なクラウドサービスの利用を実現します。 テレワーク利用者が、許可されていないネットワークに接続してしまうリスクをなくすとともに、デバイスへの情報の持ち出しを禁止する機能、利用者の操作ログを取得する機能などにより、モバイルPCからの機密情報の漏洩を防止します。 デバイスの利用制限や接続先ネットワークの制御を行い、データを持ち出させない「秘文 Device Control」、データを暗号化し、漏洩してもデータの中身を見せない「秘文 Data Encryption」、ファイルの失効(閲覧停止)で、相手先に渡した情報の不正利用や流出・拡散を防止する「秘文 Data Protection」の3製品と、サービスモデルで管理者の運用負荷を軽減する「秘文 Endpoint Protection Service」で構成されています。 このたび追加したインターネットブレイクアウト機能は、「秘文 Endpoint Protection Service」でも順次提供予定です。 URL:.

次の

【特集】クラウド/データセンターをさらに活用するための最新ネットワークサービス(Part 3)

インターネット ブレイク アウト

ビジネス推進本部 第1応用技術部 コアネットワークチーム 由原 亮太、川畑 勇貴 昨今、企業におけるMicrosoft Office365 以下O365 の採用が進むにつれて、O365を導入する場合の課題が明確になってきました。 その課題の一つがO365の通信は従来の企業ネットワークでは想定されていなかった大量のセッションを張るという点です。 O365の大量セッションの影響により、企業ネットワークインフラにあるゲートウェイルータ、ファイアウォール、プロキシサーバのいずれかに負荷がかかってしまい、インターネット通信の低速化や不安定化を起こして企業業務に支障が出る可能性があります。 本コラムではこのO365通信を最適な通信経路へ変更させる自動化の検討についてご紹介致します。 連載インデックス• Office365通信のローカルブレイクアウトを自動化させる - 前編 -• O365宛て通信に対する経路制御 従来、企業のインターネット通信では支社(拠点)からデータセンタを経由し、インターネットアクセスを実現するのはよく見られる設計でした。 しかしながら、この設計は支社(拠点)から大量のトラフィックがデータセンタを経由してインターネットへ抜けていくことは想定されていない場合があり、O365等の大量のトラフィックを送受信するクラウドサービスの利用には不向きであると言われるようになってきました。 この課題の回避策にはいくつかの手段がありますが、最もシンプルな手段はO365宛て通信を識別し、データセンタにあるファイアウォールやプロキシサーバを経由させずに支社から直接インターネットへ抜ける通信(ローカルブレイクアウト)をさせることです。 ローカルブレイクアウトは、Microsoftが公開しているXML形式のアドレスリストを基にO365通信を識別して経路を曲げ、データセンタを経由させずに支社から直接インターネットアクセスを行う事で従来よりも効率的なO365利用を実現します。 XMLのアドレスリストの中にはO365と通信する際に使用されるIPv4、IPv6、FQDNの一覧が羅列されており、こちらの情報を元にO365通信を制御するための設定をルータ等のインターネット接続機器に入れ込む必要があります。 Office365の宛先情報 提供されているアドレスリストには下記のようにサービスごとにIPv4、IPv6、FQDNの情報がまとめられています。 アドレスリストXMLの構造... このままの状態でも活用することは可能ですが、アドレス形式ごとに並べ替えた方が自動化ツールなどに読み込ませる際に便利です。 そのため、今回はアドレス一覧を利用しやすい形にするためにPythonを用いて分割し、整形してみることにします。 活用しやすい形へ変換 今回は以下4つの手順にてアドレスリストの情報を変換してみます。 [手順] 1. O365アドレスリストの取得 2. O365アドレスリスト(XML)をDict型に変換 3. Dict型に変換後、パースし必要箇所を置換と抽出し配列にする 4. 抽出した配列をCSVファイルとして保存する 2. content. office. request. append [ip4. netmask,ip4. writer f writer. content. office. request. urlopen URL [手順2] XMLの中身はプロダクトの名前ごとにアドレスリスト、、が格納されている構造となっています。 このままでは自動化作業に適さない為、XMLを辞書型へ変換しパースします。 107. 107. 140. 108. officeapps. live. officeapps. live. officeapps. live. 107. 107. 140. 108. officeapps. live. officeapps. live. officeapps. live. com', ・・・] ] ] ] , ・・・] [手順3] 変換したディクト型の構造を元にfor文を使用し、アドレスリストの中から、、のみをそれぞれ抽出します。 コラム後編で、Ciscoルータのコンフィグ自動化のためはIPアドレス、サブネット、ワイルドカードの3要素に置換しIOS-XEのACLに対応させています。 変換したディクト型の階層構造には複数パターンが存在しているため例外処理で複数パターンの処理に対応させています。 抽出結果は配列に返します。 append [ip4. netmask,ip4. writer f writer. 今回は種類によってCSVファイルが3つ作成されるようにしています。 今回のまとめ 変換されたDict型の構造を見抜くのに手間取りましたが、Pythonを使って必要なアドレス情報を抽出し、CSVファイル化することができました。 CSV化することによってAnsibleやChefといった、昨今トレンドとなってきている構成管理ツール等で容易に活用することが可能になります。 本連載の後編では、CSV化したファイルから実際にルータへの設定を自動化させるためのツールや手法について紹介したいと思います。 これによりO365通信のローカルブレイクアウトを自動化させる事が可能になります。 ネットワークの可能性を広げるためにプログラミングスキルを活かして奮闘中。 CCNP• 応用情報技術者 川畑 勇貴 ネットワンシステムズ株式会社 ビジネス推進本部 第1応用技術部 コアネットワークチーム 所属 ネットワンシステムズに入社し、Ciscoミドルエンド・ローエンドルータ製品を担当。 ネットワークに関わる先進テクノロジーの調査、研究に従事している。 執筆者プロフィールに「・CCIE」と載せるべく日々研鑽中。 CCNP•

次の