地味 な 起業。 「地味な起業」で大注目の田中祐一とは?経歴や活躍を徹底分析

「地味な起業」で大注目の田中祐一とは?経歴や活躍を徹底分析

地味 な 起業

田中 祐一著『 』 (SBIクリエイティブ)という面白い本に出会いました。 何がきっかけで購入したのかは忘れてしまったのですが、他の本を 購入した時に、Amazonのお勧めに上がってきたので、面白そうだと 思って買ったのだと思います。 私は本との一期一会を大事にしています。 ちょっとでも興味が 感じられたら、読むか読まないかはともかく必ず購入するように していて、そのおかけで時々こんな楽しい発見ができるのです。 そんな本書の内容をごく簡単にまとめると、一獲千金を狙った 派手な起業をしなくてもよい。 会社を辞めてもいいし辞めずに 副業的な感じでやってもいいのだけれど、大企業のサラリーマンなら 誰でも持っているようなスキルを人のために活かすことで稼ぐことは できる。 それを実践されている著者が、そのノウハウを公開している 本です。 働き方がずいぶん変化してきました。 具体的には、残業することは 悪の代名詞のように言われていますし、大企業であっても副業を 認める会社もたくさん出てきているようです。 一昔前は、起業といえば普通じゃない人が大きなリスクを取って やるサクセスストーリーでした。 そこからの転落話も面白くて、 個人的には1998年に出た板倉雄一郎著『 』(日経BP)が いまでも書名まで覚えているぐらい印象に残っています。 VCでたくさんの会社に投資をして、中には見事にIPO (イニシャル・パブリック・オファリング:上場のことですが、 IPOという言葉をIT関連の方はよく使われますので、覚えておいた 方がいい言葉のひとつになっています)を成功させた会社もあり ますが、多くは倒産するか、倒産はしないまでもとてもIPOは のぞめなくなり、経営者に株式を引き取ってもらうという結果に なりました。 そんなことで成り立つのかと思われるかもしれません が、中には投資金額が10倍以上になることもあるので、ビジネスと してはやっていけるのがVC業なのです。 「地味な起業」はVCともIPOともほとんどは無縁ですが、 そんな人でもうまく生きようと思えば、起業を考えなくてはいけない 世の中になってきているのかなと考えさせられました。 この中でも3番目の「増やすお金」を使いこなさないと上手く 生きられない世の中が、確実に到来しています。 「増やすお金」と いうと一般的には投資をすることが考えられますが、「地味な起業」も その一種だなと思うと面白みがとても感じられました。 ちなみに、 父の時代は、お金持ちになるにはインサイダー情報を使って株で 儲けるかIPOするしかなかったようです。 父も船井総研をIPOしたのは、 お金持ちになりたかったからだと独白していたことがありました。 ちなみに地味な起業をしていると、4番目の「譲るお金」も ユニークな方法でやれることがたまたま本書に出てきます。 ここで 登場するテラ・ルネッサンスに貧乏のどん底時代の土井さんが 寄付をすることでお金回りが良くなったという話があります。 そんなことも含めて考えさせられるエピソードなので、引用して 紹介させていただきます。 これからは、3番目の「増やすお金」と 4番目の「譲るお金」をどう有効に使っていくかが人生を豊かにする 鍵を握っているように感じます。 (引用開始) 「売れる力」を持つことで幅広い範囲で社会貢献できます。 僕も「売れる力」があるからこそ、「やりたい!」と思ったことに どんどんチャレンジできます。 売れる力があれば、モノやサービスを 売るだけではなく人を助けたいと思ったときに資金を集めること だってできます。 たとえば、最近あるプロモーションをお手伝いしました。 ウガンダの「元子ども兵社会復帰プロジェクト」という、紛争などに よって支援が必要な人のために寄付金を集める案件です。 この案件は、すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の 実現を目指している認定NPO法人の 鬼丸昌也さんと一緒に行いました。 結果からお伝えすると、約100人の方からご支援を頂き、 950万円を超える寄付金 をわずか1週間で集めることが できました。 当然、僕もプロジェクトに関わるからには寄付も行いました。 このプロジェクトにはボランティアとして参加しましたが、 「売れる力」があるからこそ、多くの人にご協力頂き、 1つの成果が出せました。 こんなふうに「売れる力」があれば、どんなプロジェクトも 成功確率がぐんと跳ね上がるのです。 地味な起業を続けていき、ステップアップを意識していくなら、 売れる力を身につけて いく必要があります。 (引用終了) 日時: 2019-12-18 15:30.

次の

「僕たちは、地味な起業で食っていく。」読者アンケート

地味 な 起業

レビュー 「起業」というと、カリスマ的な人が「あらゆるリスクを覚悟した上で行う、一世一代の大勝負」というイメージを持つ人が多いと思われる。 が、著者が提唱する「地味な起業」は、そういった「派手な起業」とは正反対の働き方といえる。 「地味な起業」とは、普通の人がコツコツ仕事をこなしながら経済的に自立していく働き方のことだ。 ポイントは、世の中にあふれている「地味な困り事」に着目することである。 著者自身がこの働き方を見出すまでの道のりは、ストレートなものではなかった。 会社員として勤め、その後起業して失敗し、試行錯誤が続く日々のうちに「困っている人を助けることでもお金を稼ぐことはできる」ということに気づいた。 そして地味なサポートで収入を得る経験を繰り返すうちに、「好きなこと」「得意なこと」を見つけ出せなくても、応援したい人を手伝うことでも起業はできると確信したのだった。 本書には、著者が自らの経験から手にした、「地味な起業」の実践メソッドがかなり具体的に記されている。 実際にどのくらいの難易度のどんな仕事があるのか、どんなソフトやツールを使えばいいか、仕事単価はどれくらいか、といったことまで書かれているので、もともと低い「地味な起業」のハードルが、さらに低く感じられるだろう。 「長い人生、今の仕事だけで食べていけるのか」「転職まではふん切れない」「独立する勇気もスキルもない」、そんな仕事やキャリアの悩みを抱える方は、ぜひ本書を開いてみてほしい。 著者の穏やかな励ましに満ちた文章が、読者の背中をそっと押してくれるはずだ。 新潟県出身、芝浦工業大学卒業。 大学卒業後は株式会社NTTデータに就職。 仕事をしていく中で「この会社だけで通用するスキルで一生働いていくのか? 」と葛藤。 起業している先輩に「5年働けばどれだけ優秀な学生も並の会社員になってしまう」と言われたことをきっかけに起業を決意し退職。 コンサルタントを名乗り活動するが、気が弱いことや、自分にカリスマ性がないことから全く稼げない日々が続いた。 結果、起業資金800万円をわずか6カ月で借金100万円にしてしまい自信喪失。 自分を主役にするのではなく、他人を主役にして応援することで感謝の報酬とやりがいを頂けるようになる。 結果、3万円、10万円と少しずつ稼げるようになる。 その後、本格的にビジネスを学び、あるクライアントの売上を10倍に。 それが話題を呼び、裏方の地味な仕事が殺到。 現在は「地味な起業」を含めた、本格的なWEBマーケティングを教えるビジネススクールを開講。 初心者も多く参加する講座にもかかわらず、累計179名の受講生は「30億3238万円」を超える売上アップを成功させている。 具体的なノウハウと、講座の「ゆったりとした雰囲気の良さ」が好評。 この従来型の「起業」を、本書は「派手な起業」と呼ぶ。 一方で、本書が伝える「地味な起業」は、誰かを応援することで稼ぐ。 押し出しの強さも、特別なスキルも必要ないので、始める敷居は低い。 加えて、地味な起業はその後のキャリアの幅も広げてくれる。 今いる会社で働きつつ、地味な起業を合わせてダブルワークをしてもいいし、地味な起業で得た人脈などを活かして派手な起業をしてもいい。 地味な起業には、すごいアイデアも資格も専門スキルも必要ない。 「ウェブデザインができなくて困っている」「宛名書きを手伝ってほしい」というような、世の中に掃いて捨てるほどある、地味な困り事に着目するのが地味な起業である。 1万円、2万円、3万円レベルの細かい仕事をコツコツ積み重ねて、実績をつくっていく。 会社を設立するわけではなく、個人事業主として税務署に開業届を出しさえすればいいので、元手はゼロ円で始められる。 大切なのは巻き込む力ではなく、巻き込まれる力。 いい意味で「受け身」でいればいるほど、いつのまにかいろいろなスキルが身につき、信頼されて大きな仕事をもらえる。 【必読ポイント! 】 「地味な起業」をやってみよう 「地味な起業」の始め方 地味な起業は、人によってさまざまなやり方が可能だ。 普通の会社員をしている人なら誰でもやったことがあるようなことから、一歩踏み込んだスキルが必要な方法まで、幅広くチャレンジできる。 著者は、わかりやすいように、実践法を「マネジメント系」「クリエイティブ系」「コミュニケーション系」の3つに分類している。 この中の1つに取り組んでみるだけでも、すぐに「地味な起業」にチャレンジできるだろう。 人とお金の流れの管理をするため、定期的に数字を報告する仕事が中心となる。 セミナーを開催するときの参加者のリスト管理や、商品の購入者の入金管理などをする「Excelでの数値管理」は難易度が低く、別のいろいろな作業にもひもづきやすいサポートである。 難易度が高いものでは、GoogleやYahoo! などに広告出稿する「広告代行」などがある。 しかしこれも「Google広告 出し方」などで検索すれば、とりあえず広告を出すことはできる。 プロがやるようなレベルではなくとも、低価格でデジタルマーケティングを手伝ってくれる人は、事業をしている人にとってはありがたい存在である。 それに、広告のスキルは、将来本当にやりたいことが見つかったときにも役に立つので、ぜひチャレンジしてみてほしい。 クリエイティブ系 2つ目の「クリエイティブ系」は、モノを作ることが得意な方におすすめだ。 動画や画像、スライドなどの作成が主な仕事である。 会社の会議資料を作成する感覚で仕事ができ、スキルアップに応じて単価も上がっていきやすい。 難易度が低いのは、チラシやホームページなどに掲載する用途の「画像作成」だ。 高度なスキルがなくても、PowerPointやkeynote上で文字を入れて加工するレベルでできる仕事もある。 難易度が上がってくると「スマホ動画作成」や「WEBページ作成」などもある。 ある程度のレベルの「なんちゃってホームページ」でも、2〜3万円で作成すれば依頼主には喜んでもらえるし、むしろ「なんちゃってホームページ」を求めている人も多い。 どうしても専門的なサイトが求められる場合は、自分はディレクションという立場をとってデザイナーに依頼をする。 これについても、クライアントはプロへの依頼の仕方がわからないことも多いので、お金を得ることができる。 また、起業家の代わりにブログやメルマガの文章を書く「ライティング代行」などは、難易度は高いが継続的な受注が可能な仕事である。 コミュニケーション系 人と話すことが得意な方におすすめしたいのが、 革新性 明瞭性 応用性 新しいアイデア、または従来のアイデアに新たな視点を提供できているか 用語・図解などの表現や論理構成が読者にわかりやすく提示されているか 日常業務において、読者が書籍の考えや概念を適用することができるか• 一般的によく知られている従来のビジネス知識の提示にとどまっている。 従来のビジネスの概念や知識に対して、新たな視点はほとんど見られない。 従来のビジネスの概念や知識が大部分を占めるが、いくつかの革新的なアプローチや視点を含む。 新しいメソッド、戦略、概念や視点が内容の大部分を占め、革新性に富む。 全く新しい洞察や視点、または独自のビジネスイノベーションのアイデアが提示されている。 難解な専門用語、長く複雑な文章、不明瞭な言い回しで書かれているうえ、非論理的。 難解な専門用語、長く複雑な文章、不明瞭な言い回しが多く、脆弱な論理構成となっている。 難解な専門用語には適切に注釈が書かれており、明瞭な文章で論理的に構成されている。 テーマを理解するのに役立つ用語説明、概念の図解を含み、論理構成は良く推敲されている。 テーマの理解を助ける用語説明や図解に富み、首尾一貫した強力な論理構成が展開されている。 日々の業務に応用できるようなアイデアやコンセプトはほぼ皆無で、理論的な洞察のみにとどまっている。 理論的な洞察と関連する実際の業務を結びつけるようなアイデアやコンセプトは限定的である。 理論的な洞察が大部分であるものの、いくつかの事例やチェックリストなどを含み、一定の応用性を有する。 多くのフレームワーク、チェックシート等のツール、およびケーススタディを伴う応用性の高いコンテンツを有する。 ビジネスシーンに関連性の高い多くの事例やケーススタディ、実践的なツールを含み、応用性が極めて高い。

次の

誰でも安定して稼げる最強の生存戦略!『地味な起業』の要点まとめ

地味 な 起業

レビュー 「起業」というと、カリスマ的な人が「あらゆるリスクを覚悟した上で行う、一世一代の大勝負」というイメージを持つ人が多いと思われる。 が、著者が提唱する「地味な起業」は、そういった「派手な起業」とは正反対の働き方といえる。 「地味な起業」とは、普通の人がコツコツ仕事をこなしながら経済的に自立していく働き方のことだ。 ポイントは、世の中にあふれている「地味な困り事」に着目することである。 著者自身がこの働き方を見出すまでの道のりは、ストレートなものではなかった。 会社員として勤め、その後起業して失敗し、試行錯誤が続く日々のうちに「困っている人を助けることでもお金を稼ぐことはできる」ということに気づいた。 そして地味なサポートで収入を得る経験を繰り返すうちに、「好きなこと」「得意なこと」を見つけ出せなくても、応援したい人を手伝うことでも起業はできると確信したのだった。 本書には、著者が自らの経験から手にした、「地味な起業」の実践メソッドがかなり具体的に記されている。 実際にどのくらいの難易度のどんな仕事があるのか、どんなソフトやツールを使えばいいか、仕事単価はどれくらいか、といったことまで書かれているので、もともと低い「地味な起業」のハードルが、さらに低く感じられるだろう。 「長い人生、今の仕事だけで食べていけるのか」「転職まではふん切れない」「独立する勇気もスキルもない」、そんな仕事やキャリアの悩みを抱える方は、ぜひ本書を開いてみてほしい。 著者の穏やかな励ましに満ちた文章が、読者の背中をそっと押してくれるはずだ。 新潟県出身、芝浦工業大学卒業。 大学卒業後は株式会社NTTデータに就職。 仕事をしていく中で「この会社だけで通用するスキルで一生働いていくのか? 」と葛藤。 起業している先輩に「5年働けばどれだけ優秀な学生も並の会社員になってしまう」と言われたことをきっかけに起業を決意し退職。 コンサルタントを名乗り活動するが、気が弱いことや、自分にカリスマ性がないことから全く稼げない日々が続いた。 結果、起業資金800万円をわずか6カ月で借金100万円にしてしまい自信喪失。 自分を主役にするのではなく、他人を主役にして応援することで感謝の報酬とやりがいを頂けるようになる。 結果、3万円、10万円と少しずつ稼げるようになる。 その後、本格的にビジネスを学び、あるクライアントの売上を10倍に。 それが話題を呼び、裏方の地味な仕事が殺到。 現在は「地味な起業」を含めた、本格的なWEBマーケティングを教えるビジネススクールを開講。 初心者も多く参加する講座にもかかわらず、累計179名の受講生は「30億3238万円」を超える売上アップを成功させている。 具体的なノウハウと、講座の「ゆったりとした雰囲気の良さ」が好評。 この従来型の「起業」を、本書は「派手な起業」と呼ぶ。 一方で、本書が伝える「地味な起業」は、誰かを応援することで稼ぐ。 押し出しの強さも、特別なスキルも必要ないので、始める敷居は低い。 加えて、地味な起業はその後のキャリアの幅も広げてくれる。 今いる会社で働きつつ、地味な起業を合わせてダブルワークをしてもいいし、地味な起業で得た人脈などを活かして派手な起業をしてもいい。 地味な起業には、すごいアイデアも資格も専門スキルも必要ない。 「ウェブデザインができなくて困っている」「宛名書きを手伝ってほしい」というような、世の中に掃いて捨てるほどある、地味な困り事に着目するのが地味な起業である。 1万円、2万円、3万円レベルの細かい仕事をコツコツ積み重ねて、実績をつくっていく。 会社を設立するわけではなく、個人事業主として税務署に開業届を出しさえすればいいので、元手はゼロ円で始められる。 大切なのは巻き込む力ではなく、巻き込まれる力。 いい意味で「受け身」でいればいるほど、いつのまにかいろいろなスキルが身につき、信頼されて大きな仕事をもらえる。 【必読ポイント! 】 「地味な起業」をやってみよう 「地味な起業」の始め方 地味な起業は、人によってさまざまなやり方が可能だ。 普通の会社員をしている人なら誰でもやったことがあるようなことから、一歩踏み込んだスキルが必要な方法まで、幅広くチャレンジできる。 著者は、わかりやすいように、実践法を「マネジメント系」「クリエイティブ系」「コミュニケーション系」の3つに分類している。 この中の1つに取り組んでみるだけでも、すぐに「地味な起業」にチャレンジできるだろう。 人とお金の流れの管理をするため、定期的に数字を報告する仕事が中心となる。 セミナーを開催するときの参加者のリスト管理や、商品の購入者の入金管理などをする「Excelでの数値管理」は難易度が低く、別のいろいろな作業にもひもづきやすいサポートである。 難易度が高いものでは、GoogleやYahoo! などに広告出稿する「広告代行」などがある。 しかしこれも「Google広告 出し方」などで検索すれば、とりあえず広告を出すことはできる。 プロがやるようなレベルではなくとも、低価格でデジタルマーケティングを手伝ってくれる人は、事業をしている人にとってはありがたい存在である。 それに、広告のスキルは、将来本当にやりたいことが見つかったときにも役に立つので、ぜひチャレンジしてみてほしい。 クリエイティブ系 2つ目の「クリエイティブ系」は、モノを作ることが得意な方におすすめだ。 動画や画像、スライドなどの作成が主な仕事である。 会社の会議資料を作成する感覚で仕事ができ、スキルアップに応じて単価も上がっていきやすい。 難易度が低いのは、チラシやホームページなどに掲載する用途の「画像作成」だ。 高度なスキルがなくても、PowerPointやkeynote上で文字を入れて加工するレベルでできる仕事もある。 難易度が上がってくると「スマホ動画作成」や「WEBページ作成」などもある。 ある程度のレベルの「なんちゃってホームページ」でも、2〜3万円で作成すれば依頼主には喜んでもらえるし、むしろ「なんちゃってホームページ」を求めている人も多い。 どうしても専門的なサイトが求められる場合は、自分はディレクションという立場をとってデザイナーに依頼をする。 これについても、クライアントはプロへの依頼の仕方がわからないことも多いので、お金を得ることができる。 また、起業家の代わりにブログやメルマガの文章を書く「ライティング代行」などは、難易度は高いが継続的な受注が可能な仕事である。 コミュニケーション系 人と話すことが得意な方におすすめしたいのが、 革新性 明瞭性 応用性 新しいアイデア、または従来のアイデアに新たな視点を提供できているか 用語・図解などの表現や論理構成が読者にわかりやすく提示されているか 日常業務において、読者が書籍の考えや概念を適用することができるか• 一般的によく知られている従来のビジネス知識の提示にとどまっている。 従来のビジネスの概念や知識に対して、新たな視点はほとんど見られない。 従来のビジネスの概念や知識が大部分を占めるが、いくつかの革新的なアプローチや視点を含む。 新しいメソッド、戦略、概念や視点が内容の大部分を占め、革新性に富む。 全く新しい洞察や視点、または独自のビジネスイノベーションのアイデアが提示されている。 難解な専門用語、長く複雑な文章、不明瞭な言い回しで書かれているうえ、非論理的。 難解な専門用語、長く複雑な文章、不明瞭な言い回しが多く、脆弱な論理構成となっている。 難解な専門用語には適切に注釈が書かれており、明瞭な文章で論理的に構成されている。 テーマを理解するのに役立つ用語説明、概念の図解を含み、論理構成は良く推敲されている。 テーマの理解を助ける用語説明や図解に富み、首尾一貫した強力な論理構成が展開されている。 日々の業務に応用できるようなアイデアやコンセプトはほぼ皆無で、理論的な洞察のみにとどまっている。 理論的な洞察と関連する実際の業務を結びつけるようなアイデアやコンセプトは限定的である。 理論的な洞察が大部分であるものの、いくつかの事例やチェックリストなどを含み、一定の応用性を有する。 多くのフレームワーク、チェックシート等のツール、およびケーススタディを伴う応用性の高いコンテンツを有する。 ビジネスシーンに関連性の高い多くの事例やケーススタディ、実践的なツールを含み、応用性が極めて高い。

次の